肩こりを解消して楽に

肩こりには肩こりが起きる理由が体にあるから肩こりになります。
普通は肩こりというと筋肉のコリと言うことが多いんですが、それ以外も肩こりになる原因があります。
肩こりと言うと代表的なものは筋肉のコリです。この筋肉というのは僧帽筋という筋肉なのでこの僧帽筋からほぐしていくことをしています。
肩こり
上のイラストが僧帽筋と言う筋肉ですが、僧帽筋は首から肩から背中まである大きな筋肉ですから肩こりと同時に首のコリや首の痛みが起きるのは、この大きな筋肉のせいです。
そして肩こりが強く起きる時には体調も同時に落ちていますから、気分まで悪くなったり、頭まで痛くなったり、体が重くなったりすることもあります。

肩こりには原因が

肩こりには筋肉のコリ以外にも原因がある場合が多くあります。
肩こりを起こしている主なものは、筋肉、循環、リンパの流れ、老廃物、背骨の歪み、背骨のズレ、内臓の働きの低下、です。
例えば、筋肉のコリが、どうして起きるのか??
どうして循環が悪くなるのか??
どうしてリンパの流れが悪くなるのか??
どうして老廃物がたまるのか??
どうして背骨の歪みやズレが起きるのか??
どうして内臓が肩こりに関係するのか??
すべてに理由があります。
この理由の為に肩こりが起こります。
肩こり
人それぞれで違う肩こりの原因があります。しかし、ある程度は肩こりというと「これが原因」というものがあります。
この肩こりの原因は、普通一般的に言われている肩こりの原因と違います。
普通一般に言われている肩こりは、表面上の肩こりの理由です。
本当の原因ではありません。
肩こりの原因がわからないから肩をもんだり、低周波治療器や電器をしたり、湿布を貼ったりすることをしています。
確かに、これらも肩こりを楽にすることはできるかも知れません。
肩こりを楽にすることは一時的なものになる場合が多く、肩こりを感じない時も肩こりを起こした原因は進行していくからです。
この奥底で潜んでいる原因から変えていくことをしないと、いつの間にか、と言う事が起こります。
肩こりも原因がなくて肩こりになることはありません。いつも使っている肩ですが、そんなに簡単にコリを起こしていたら大変です。
肩以上に良く使っている足などは歩くたびにコリを起こすことはありません。
歩きすぎて、体重を支えている足なのに「コリ」を起こすことはあまりありません。
足よりは細いですが、手の筋肉もやわではありません。
しかし、何かの理由があるからコリを起こす事もあります。

肩こりは

肩こりというと筋肉のコリなので、この僧帽筋を柔らかくしていきます。
僧帽筋がほぐれてきたら、その先の歪みやズレが見えてきますから、それを検査することで確認して、背骨の歪みやズレを改善することをしていきます。
一つずつ改善しないと検査をしても分かりません。
しかし歪みも、どうして歪みが起きたのか、歪みが起きた原因があります。
この原因まで、つきつめて改善しないと肩こりは戻りやすくなりますし、原因もいつまでも同じままではありません。
原因も進行していきますから原因をみつけて解消することをしないと肩こりを感じなくても原因は進行していきます。
多くの肩こりの方の場合、最終的な原因は筋肉ではなく内臓疲労が原因です。
内臓に疲れやストレスがたまると背骨の歪み、ズレになります。
背骨の歪みやズレが筋肉の緊張とコリを起こしていきます。
一番、肩こりに関係する内臓は心臓、肺、横隔膜、肝臓、胃です。
病気ではありません。
内臓疲労から体の歪み、ズレが起こります。
内臓疲労から骨盤の歪み、背骨の歪みになります。
歪みが起きれば筋肉は骨から骨へついていますから歪んだことで筋肉が引っ張られたり緊張したり緩んだりして筋肉のコリになります。
これが肩こりです。
肩こり

トップへ戻る