生理痛を解消するために

生理の時だからといって生理痛になるのは普通ではあり得ないことですから体の中に原因がありますので原因から改善していくことが一番だと思いますけど多くの方は生理痛薬ばかり使って症状を改善することなく一時的に抑えることばかりしていると思いますので原因から見つけ出す前に体が崩れを整えていくことも必要になります。
生理痛

生理痛とは

生理の時に生理痛で起きたりするのは、原因があって起きていることだと考えなければいけませんが原因を見つけ出すことは大変、難しいことなので、薬ばかり飲んでしまったり病院に行って処方されたホルモンの薬を服用することが多くありますし痛み止めを使ってしまうことも多くあると思うんですが、飲んだら楽になるためそれ以上のことを考えることをしていないと思います。

生理痛が起きるのは体調と体質から

生理の時に生理痛が起きるのは二つの主な原因があると思います。
一つの原因としてあげられることは体質が根底に原因を作っているものなんですが体質の状態の上に体調が重なって起きていますので体質というのは、コロコロ変化するものではなく午前中と午後で変化することもなく、日によって変化することはないんですが、体質は良くなることはなく悪くなるばかりです。
生理痛とは
普通一般的にクリームを塗ったりサプリメントを飲んで体質が変わると言っているものは塗っているだけであり、飲んでいるだけであり、塗ったり飲んだりしてる効果が少し出ているだけですから、そんなものは体質ではありません。

生理痛が起こりやすい体質

生理の時に生理痛になるのは体質が深く関係していますので、根底にあるものというのは体質が深く関係していますから体質を改善することをしないと、何をしても変化しにくく逆に生理痛がひどくなるというよりも他の分野の方に進行するということもあります。
生理痛が起きるのは生理痛が起こりやすい体質があるからですけど、生理痛が起こりやすい体質のある上に体の崩れが日々の変化において関係しています。
生理痛は

体の崩れと生理痛

生理の時に体が崩れが大きくあると、生理痛がひどくなってしまいます。
生理の時に体調を落としていると、生理痛がひどくなります。
生理の時に眠りが浅いと、生理痛がひどくなります。
体質というのはそんなにコロコロコロコロ時間においても、日によっても変化するものではありませんが体調やからだと崩れというのは、午前中と午後でも変化していますし日によっても変化しています。

体調や体質が変わるのは

体調や体質が変わる原因というのは、日常で普段から多くのものが積み重なって言っているんですが気が付いていないんです。
積み重なっているものは日頃から生み出されているものなんですが、一過性でしか感じ取ることができないため無くなったように、または、消えたように思っていますが、残ったままになっています。
しかし病気でもありませんので検査すると雲機会もありませんので、実感でしか分からないんですが実感でしかわからないけど、本人にも、いつまでも感じ取ることができないものなんです。
それは疲れです。
生理痛と薬

疲れの蓄積

疲れというのは、 今日は仕事で忙しかったから疲れたなと思っても、感じた疲れは何もしなくても、いつのまにか時間の経過とともに消えたように忘れて行きますが残ったままになっています。
生活する時でも布団を畳んだり、料理を作ったり掃除をしたり、洗濯を干したり階段を上ったり下りたりすることでも、疲れは生み出されていくんですが、疲れは、いつまでも感じることもなく時間の経過とともに消えたように忘れて行きますが残ったままになっています。
買い物をして歩いてる時でも荷物を持ったりする時でも車の運転をしている時でも疲れは生み出されていくんですが漢字と疲れはいつのまにか時間の経過とともに消えたようになって忘れて行きますが残ったままになっています。
運動しても筋トレをしてもジョギングをしても、体操をしてもストレッチをしても生み出されていくものは、循環は良くなりますし、血行も良くなるでしょうけど、疲れが満たされていきはまっていくことが分かっていないと思います。

気が付ていない疲れやストレスの蓄積

何をしても何もしなくても生み出されていくのが、疲れの蓄積なんですが、人は疲れは、一時的にしか感じ取ることしか、できないため溜まっていることさえわかっていないんです。
検査ができない疲れの蓄積がどんなに日々多く積み重なって言ってもまた次の日を迎えて同じ繰り返しをして365日疲れが完全に消え去ることもなく、ないうちに疲れを多くしてしまっているのが人の体なんです。
疲れがたまるということが分かっているのに人は減らす努力もしていませんしターザンに疲れたら焼肉屋うなぎなどを食べるだけであり食べても内臓の負担になっていることさえ分かっていません。
生理痛と薬

何をしても何もしなくてもたまる

内臓も食べたりすることでエネルギーを生み出してくれますが、消化して働かなければいけないということがないぞうで起きているのに人が生活をして仕事をする時と同じように内臓も働くことで疲れを溜めるということは全然、考えていません。
アルコールを飲んだりする時でも内臓は働いて、アルコールを分解してくれているから飲んだりすることが出来るわけですけど食事も同じように、内臓が働いてエネルギーに変換するという仕事をしているということが分かっていないということなんですが、日々朝と昼と夕方の、ご飯や水分を飲んだりする時でも、内臓が働いているから消化したり分解したりすることをしています。
勝手に内蔵は働いてくれていますが内臓も日々の疲れをためていくということが本当に起きていますので内臓の働きが低下した状態で起きれば骨盤の歪みや骨盤の開きを起こしていきリンパの問題や老廃物が溜まるということは基本的に起こりやすくなっていくのでありとあらゆることが起きていき血液の流れが停滞したり飛んだり汚れたりリンパが流れなかったりすることは必然的ですし神経の中でも停滞気味になっていきありとあらゆることが起きて行くんで。

 

 

トップへ戻る