生理には生理痛が当然だと思わないで

生理の時に生理痛になったりするのは原因がありますので薬で抑えていることは構いませんが同じことがまた次の生理の時に起きてしまうことがあるので何かを変えることをしないと生理痛が楽になったり軽くなることはないと思います。
生理痛

生理痛とは

生理の時に多くの症状が起こりやすい状態を生理痛と言いますが体がだるくなったり腰痛が起きたりか腹部の張りが起きたり、 胃のもたれが起きたりイライラしたり不眠症になったり多くの症状が起きてしまうんですがホルモンの異常だと言われていることもありホルモンの薬を飲んでいることが多くいると思うんですが本当の原因を見つけ出すためにも当院では生理痛の原因を見つけ出すことをしています。

生理痛のある方は

生理痛のある方を検査してみると骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくあるんですが何も原因がなくて骨盤が歪んだり開いたりすることはありませんのでどうして骨盤の歪みが起きるのかということを探さなければいけません。
生理に関係する内臓というのは、子宮と卵巣とホルモン系が主ですから、この三つのうちのどこの部分に何が起きているのかということを見つけ出す必要がありますので、見つけ出すためにも体を整えていくことが大切になります 。
どうして生理痛が起きるのか?
何が原因で生理痛が起きているのか?
生理痛とは
寝込むような生理痛を起こしている方もいますし、ひどい生理痛になっている方もいますので生理痛が起きてしまう原因を見つけ出して、解消していくことができれば生理痛を軽くすることができるでしょうし、生理痛がもしかしたら起こらなくなる可能性もあるんです。

生理痛の原因を見つけ出す

生理痛の原因を見つけ出す為にも、体の崩れがあるのかないのかという問題が大きく関係していますので検査をすることで、体の崩れが、どれぐらいあるのかということもありますし、ひどい崩れを起こしてるかと思いますが、軽い崩れの方もいますので、どこで、どういう風に起きているのかということを考えなければいけないため検査することをしています。
生理痛の症状

体の崩れが起きる原因

生理痛がある時に眠れなかったり体調を落としていることがありますので体調を落としたり眠れなかったり眠りが浅かったりすると体の崩れは必ず起きていますが体の崩れが起きる原因は眠りでも体調落とすことでもなく原因は一つです。
金沢崩れや体調落としたり眠れなかったりする原因は疲れの蓄積です。
しかし中には疲れた蓄積と言っても疲れ何か溜まっていないよと思う方もいるかもわかりませんが疲れというのは特性があって、一過性でしか感じ取ることができないんです。
一過性で感じ取ることしかできないというのは一時的に感じることしかできないんです。

生理痛の原因

例えばですけど
●『今日は仕事が忙しかったから疲れたな〜』と思っても、しばらくすると、徐々に疲れは消えたように忘れていくんですが消えているわけでもないし、残ったままになっています。
生活する時にも布団畳んだり、料理を作ったり洗濯物を干したり掃除をしたりすることでも●疲れは多くなっていくんですが、感じた疲れも、いつのまにか消えたように忘れて行きますが残ったままになっています。
●旅行に行ったり荷物を持ったり温泉に入っても歩いても疲れは生じて行きますが時間の経過とともに消えたように忘れて行きますが残ったままになっています。
● お風呂に入っても暖かさと気持ち良さとさっぱり感で勘違いしてる方が多くいるんですがお風呂に入るっていうことは水で圧迫されてしまいますので疲れが残ったままになっていることがありお風呂から上がったあとに、『ふーっ』という感じで言うのは疲れの状態を表しているものです。
●買い物をするときも車で運転をすることと注意しなければ意識しなければ車の運転はできませんので意識することでも注意することでも車を運転することでも、疲れは生じて行きますし荷物を持ったり歩いたりすることでも、疲れは多くなるばかりなんですが疲れは一過性でしか感じ取ることができないため、しばらくすると消えたように忘れて行きますが残ったままになっています。
●運動しても筋トレをしてもジョギングをしてもプールで泳いでも疲れは多くなるばかりですから息がハアハアなくなること自体が負担になっているということも考えていない方が多くいるんですが筋肉ばかりに負担があっていうことはなく体の負担ということも考えなければいけませんので負担自体が疲れになり、いつのまにか、しばらくすると消えたようになくなっていきますが残ったままになっています。
生理痛の原因

生理痛と疲れやストレス

何をしても疲れは溜まるばかりですし、何もしなくても家でゆくっり、ゴロゴロ、ダラダラゆっくりしていても疲れは多くなりダルクなるばかりです。
人は適度に動かなければだるくなったりすることがあるので普段の生活が一番なんですが動きすぎばすぎるほど疲れはたまっていき疲れが多くなった物を拾おうと言って疲労が溜まったものを蓄積疲労と言いますので、蓄積疲労が多くたまればストレスに変換されてしまい体には悪いダメージとして残って行きます。
勉強をしたりする時でも作れば多くなっていきますし同じ姿勢で座っているだけでも疲れは生じて行きますがしばらくすると消えたように忘れて行きますが残ったままになっています。
これらの現象が骨盤の歪みや骨盤の開きを起こして生理痛の状態を悪化させることになっていきますので、ひどい生理痛が起きる時には骨盤のゆがみは骨盤の開きが起きています。

眠りと生理痛

また眠りが浅い方や不眠症の方も生理痛になりやすく夜に嘔吐する時にすぐ眠れなくて30分も1時間も眠れないとか、夜中に何回も目を覚ますことがあるのが、不眠症ですから、不眠症の方も生理痛がひどくなるのは、体がボロボロになっていることに気がついていないからです。
不眠症とは違って睡眠負債という言葉がありますが睡眠負債は、夜、寝ようとする時に、すぐ眠れて朝まで目が覚めないけど眠りが浅い睡眠しかしていないことです。
生理痛と眠り
眠りが浅いことに気がついていないで寝ながら考え事をしてる時間があっとできなくなっていて目が覚める瞬間に夢を見るから夢の記憶しか残らないため寝ていると思っている方です。
不眠症や睡眠負債の方は痛みやコリなどを感じていない方も多くなっていますので眠れていなければ脳が弱っている現象が起きて脳が弱ることから痛みやコリに鈍感になってしまっているのに気がついていないのに生理痛が起きているか違います。

 

トップへ戻る