更年期障害になると

更年期障害を改善するなら薬ばかり頼っていないで原因をみつけることが一番だと思います。
しかし原因も簡単に見つかることがないために安易に薬と服用してと言うことが多く見受けられます。
更年期障害の時に薬を使うことは大切なことですが、当院では原因を見つけて改善することをしています。
更年期障害には原因があります。
更年期障害
更年期障害を楽にすることと、原因を見つけて改善することは違います。
更年期障害を解消していくなら、まずは更年期障害を楽にして、更年期障害を起した原因を見つけ出すことをしています。
更年期障害と言うと昔は女性だけのものでしたが、いつの間にか男性もあると言うことです。
男性も女性もある年齢になるとホルモンバランスが崩れると言うことで起きるのが更年期障害です。
女性は閉経前後の年齢に達すると起こると言われていますが、50代前後だったり、40代でも起きると言われていますし30代でも、60代でも起きるのが更年期障害です。
女性も男性もホルモンが関係した症状が起きている時には更年期障害と言います。
自律神経失調症と同じような症状がおきていることが多くありますから、年齢で差別化されていますから、一概に、決め手となるものはありません。
更年期障害は年齢を見て決めています。
主に50代であれば更年期障害と良い、20代であれば自律神経失調症といいます。
自律神経失調症も更年期障害も調べる機械も検査することもありません。
と言うのも、どちらもホルモンを検査しても同じように反応するからです。
あとは年齢をみて更年期障害か自律神経失調症か、という事です。
更年期障害も自律神経失調症も原因があります。
更年期障害
更年期障害は体調の悪さがあって、ドン底のような体調になっていて、抜け出せません。
当院では検査する事ができますから、検査してみると、わかることがあります。
それは体調の悪さです。体調が悪い時には、必ず自律神経が関係しています。
自律神経と言うのは、内臓、ホルモン、体温、呼吸などをつかさどっている神経です。
この乱れがある時に更年期障害が起こります。この時に必ずホルモン系が強く関与していますから更年期障害と言われます。
ホルモンが強く関係したものが更年期障害。
自律神経が強く関与したものが自律神経失調症です。

更年期障害を解消するには

更年期障害を解消するなら体調の検査から始めていきます。どれくらいドン底なのか。
更年期障害は体調の悪さと体質から起きています。
体調と言うのは疲れやストレスの蓄積がで起きています。疲れやストレスというのは同じ言葉ですがストレスというのは蓄積した疲れです。
更年期障害
体に疲れやストレスがたまるといいますが、この疲れやストレスがどこに蓄積していくのか。
疲れやストレスが蓄積する場所は筋肉にも蓄積しますが、筋肉にたまる何倍も多くたまるのが内臓です。
内臓と言っても病気ではありませんから、病院で検査しても、異常なしと言うことで更年期障害とついたと思います。
病名は病院でつけることしかできません。
自分で勝手に思っていれば別ですが。
更年期障害になれば病院のカルテに書かれます。

更年期障害とは

更年期障害とは体調の悪さが回復しない時に起こります。回復しない限りは長期間、続きます。
閉経があっても、何も症状が起きないうちに閉経した人もいます。
閉経だからホルモンバランスが悪くなるとは、限りません。
閉経前後に体調が無茶苦茶、落ちると更年期障害となります。
程度を超えた落とし方をすると更年期障害になります。
程度を超えた落とし方をする時には、多くの場合、眠りが関係しています。
更年期障害になる前に、寝ているようで寝ていないと言うことで起きます。
切っ掛けは眠りです。
更年期障害になる前に、眠りが出来ていません。寝ているようで寝ていません。
夜に寝ようとすると、すぐに眠れたと言う方もいると思いますが、眠りと言うのは目が覚める覚めないではなく脳から寝ていないと眠りとはいえません。
脳が休養をとることが眠りです。
更年期障害
体はグーグー寝ている状態でも夢を見ると言うよりも寝ながら考え事をしている睡眠をしていると脳が寝ていません。
体は休んでいても脳が休むことができないと、全然、ダメです。
脳が寝ることが疲れやストレスを減らすことができます。
体は休んでいても疲れやストレスは減りません。
人から見て寝ているような状態でも脳が活性化していると寝ていません。
寝ている本人も寝ているからわかりません。
夢を見るときは目が覚める前に見ていると記憶に残ります。
しかし寝ながら考え事をしている睡眠は忘れることが多い睡眠です。
どんなに長く寝ながら考え事をしている睡眠をしていたのか、ということを、目が覚めた瞬間に忘れます。
このため、朝まで目が覚めないから寝ていると言います。
寝ていない方の頭を触ると、わかります。寝ている頭なのか、寝ていない頭なのか。

トップへ戻る