小顔になれる嬉しい小顔矯正

小顔矯正をするときに初回から顔が小さくなる方法をしていますが、初回から顔を小さくするためには何かを減らすことをしないと、顔が小さくなりませんので何を減らすのかと言う問題を説明していきたいと思います。
小顔矯正

1回目から顔を小さくするためには

初回から顔を小さくする方法と言うのは大変難しい方法なんですが、当院では小顔矯正をするときに、むくみや脂肪から減らすことをしているんですが、むくみや脂肪がどうして増えたのかと言う理由があってるから顔にむくみや脂肪が多くなっているわけですから体と同じような感じだと考えています。
小顔矯正をするときにむくみや脂肪から減らしていくと言いましたがむくみや脂肪はどれぐらいあるのかで変化する度合いが違うのは当然だと思いますので大量にある方は1階で全て減らすことができませんがむくみや脂肪を減らすことで減った分だけ小顔になることができるでしょうし、少ししかむくみや脂肪がない方は顔の大きさが少ししか変わらないと言うこともあるかもわかりませんが当院の小顔矯正は減らすべきものはむくみや脂肪だけではないと思っています。
小顔矯正とは

むくみや脂肪がどれぐらいあるのか

小顔矯正をしていくときにむくみや脂肪がどれぐらいあるのかで減る度合いが違うと説明しましたがむくみや脂肪もある度合いを自分で確認することができますけど顔を手のひらで触ってみることもわかる方もいますが親指と人差し指をつまんでみるようにするとわかる場合もありますので顔を触ってるときに親指と人差し指でつまむようにしてどれぐらいつまめるかまたはどれぐらい肌を引っ張ることができるかで、むくみや脂肪の度合いが違ってくると思います。
親指と痺れつまんだ幅がどれぐらいあるのかで厚みが違いますが、ある程度皮膚と光脂肪と筋肉の正常値の度合いがありますのでそんなに幅が太くなる事はないと思いますのでつまんでみる時に大量にあったりまたは、つまんだ部分がぶよぶよしている場合があるのはむくみや脂肪があると言うことを指しますので、むくみや脂肪がどれぐらいあるのかと言う問題を考えなければいけないと思いますし、今まで多くの方がそーゆー確認もできていない状態で、ただ顔を小さくしたいと言うことで訪れているんですが、当院では、考える小顔矯正をしていますので、他人がメジャーで測ったり他人任せにしある程度、皮膚と光脂肪と筋肉の正常値の度合いがありますので、そんなに幅が太くなる事はないと思いますのでつまんでみる時に大量にあったります。
小顔矯正で小顔に

小顔矯正をするなら

小顔矯正をするなら顔に多くなってしまったむくみや脂肪を減らすことが第一なんですがむくみや脂肪がどうして増えたのか理由があるから増えているわけですから理由がなくてむくみは脂肪が増えることはありませんけどむくみや脂肪が増える原因として第一に考えられる事は、一般的には運動不足だとか炭水化物や糖分や油分の摂取や高いカロリーの取りすぎと言うことも考えられるんですが、単純にそれだけではないと思います。
むくみや脂肪が増える原因として考えられるのは、日常で多くなっていく疲れの蓄積も考えられますので、糖分や油分や炭水化物の摂取や高いカロリーの食べ過ぎや運動不足だけではありませんので、疲れの蓄積も自分でも気がついていない位多くの疲れが溜まっていっている場合もありますので、疲れの検査をしてみると、骨盤矯正をしなければいけない状況になっている方も多くいますし、背骨のズレが起きてガタガタ状態になっている方もいます。

むくみや脂肪を増やす原因

むくみや誹謗増やしてしまう原因と言うのは日常で多くなっていく疲れが限界なく溜まっていきますので疲れもここまでしかたまらないと言う事はありませんので、限界なく疲れを溜めても一過性でしか感じ取ることができないため人は感じていないんです。
疲れと言うのも一過性でたまっているときに疲れたと思うでしょうがしばらくすると消えたようになくなったように感じなくなるんです。
感じなくなっているだけであり、蓄積は残ったままになっていますので、すべて残る事はありませんが、大半は残ったままになっていると、日々疲れが多くなるばかりであり限界なく溜まっていくとストレスに変換されてしまい疲れやストレスから顔は大きくなっていきます。
小顔矯正と疲れやストレス
疲れやストレスの蓄積と言うのは誰でもあるものですから、体の流れを悪くしリンパの問題や代謝悪くして老廃物が多く溜まっている現象は、必然的に起きてしまいやすく運動不足や炭水化物や糖分や油分や高カロリーのあるものだけではないんです。
疲れやストレスほど怖いものはなく体にダメージを与えることもなく痛みやコリがないからといって骨盤が歪んでいないと言うことがないし、背骨のズレがないと言うこともありませんが、それらがあると言う事は疲れやストレスの蓄積が多くあると言う事なんですが直結して痛みやコリなどの症状になっていないだけです。

眠りの問題と小顔矯正

眠りの問題も日常で多くなっていく疲れやストレスだけではなく眠りの浅さからもむくみや脂肪が多くなっていき、骨盤の歪みや骨盤の開き、さらに背骨のズレが起きていく現象がありますが、だるいとかきついとか、腰痛や肩こりになっていない方も多くいますので歪みやズレがあっても程度というか段階がありますので、軽ければ感じない場合もあるでしょうけど、眠りが浅いと言う事は脳疲労が積み重なって言うこともありますので痛みやコリに鈍感になっている方もいます。

トップへ戻る