小顔矯正なら評判の整体院

当院では初回から顔が小さくなることで評判の良い小顔矯正をしているんですが小顔矯正をしていくときに1番減らすと変化が大きいものはむくみや脂肪なんです。
小顔矯正

浮腫みや脂肪を減らす小顔矯正

浮腫みや脂肪が減らすことができれば減った分だけ顔が小さくなってくれるので評判がいいんですが、むくみや脂肪だけを減らすと言うわけではなくむくみや脂肪が増えた原因も存在しますのでむくみや脂肪が増えた原因も見つけ出して改善していく必要があります。

 

小顔矯正をしていくときにむくみや脂肪が、どれぐらいあるのかで顔が小さくなる度合いが違いますので顔を小さくするためにはむくみや脂肪を減らすと顔が小さくなってくれるんですがむくみや脂肪が、どれぐらいあるのかで個人差が違いますので多くあればあるほど減らすことができれば変化は大きくあると思いますがむくみや脂肪も少ない方もいると思いますので、むくみや脂肪が少ない方の場合変化は少しと言うことになります。

 

しかしむくみや脂肪を減らすためにも、むくみや脂肪がどうして増えてしまったのかと言うことを見つけ出さなければいけませんし見つけ出したら今度は減らすことをしなければいけませんので、また、すぐにむくみや脂肪が増えて元に戻るような小顔矯正では意味はありません。
小顔矯正なら

小顔矯正をしていくときに

小顔矯正をしていくときに1番減らすのはむくみや脂肪を減らせば顔が小さくなると説明しましたがむくみや脂肪がどうして増えるのかと言う原因については特別なものが原因ではなく日常的に普段からあるものが体に蓄積していくのが原因でむくみや脂肪を増やしてしまいます。

 

日常的に普段からあるものが体に積み重ねることで体はダメージを受けて体調悪くして老廃物やリンパの流れの問題を作っていきますので単純にリンパを流せばいいと言うわけでもなく老廃物を流せばいいと言うわけではありません。

 

小顔矯正をしていくときにリンパと言う問題を言うと患者さんがすぐにリンパマッサージをすればいいですかとかリンパを流せばいいですかと簡単に答えてしまいますがリンパマッサージと言うのは単純に流しているだけであり軽いマッサージと同じことをしているので原因を見つけ出すこともなく検査している事はありませんので単純に流してもまたすぐに元に戻ってしまいます。

 

リンパと言うのは普段から流れていなければいけないものなんですがそのリンパが流れていないと言うことで老廃物が溜まっていくわけですけどそこに重大な問題があると言うことも考えていないでただリンパが流れていないからとか老廃物が溜まっているからとしか考えていない方が多くなっています。
小顔矯正とは
流れていなければいけないものが流れないと言う事は大変なことが起きています。

小顔矯正をするときに関係するものは

小顔矯正をするときに日常で多くなるものというのは簡単に言うと誰もが溜まっているものですから全員の方がむくみや脂肪を多くしていると言えますがどこまで多くしているのかという問題があります。

 

小顔矯正をしていくときには疲れが1番の問題なんです。
しかし、疲れと言うと意味もわかっていないのに原因もわかっていないので簡単に考えてしまう方が多くいますので疲れほど、非常に厄介なものはなく困難を極めるものはありません。
疲れの蓄積と言うのは日常で多くなっていきますけど階段を登ったり降りたりするだけでも疲れは多く生み出されてしまいますし、料理を作ったり掃除をしたり片付けをしたり洗濯物を干したり、たたんだりすることでも疲れは多くなりますし車の運転をして買い物をしても荷物を持っても歩いても疲れは多くなってしまいますし、仕事をしたり、バイトで働いたりパートで働いたりすることでも疲れは多く生み出されていきますし、ジョギングをしても筋トレをしてもストレッチをしても体操をしても疲れは多く生み出されていくんですが疲れと言うのは一過性でしか感じ取ることができないため回復したと思っている方やなくなったと思う方が多くいます。

疲れの蓄積と小顔矯正

疲れが多くなってしまうと限界はありませんので疲れがここまでしかたまらないと言う事はありませんから疲れが多くたまればため込むほどストレスに変換されてしまいます。
小顔矯正とは
つまり疲れの蓄積が多くなってストレスに変換されてしまい疲れとストレスの蓄積からむくみや脂肪が多くなると言うことがあるので糖分の摂りすぎは炭水化物の摂取の摂りすぎや油分の取りすぎや運動不足と言うことも考えられない事は無いんですが小顔矯正をするときに顎をよく動かさない体とか硬いものを噛むことがないからとかすぐに飲み込んでしまうことが多くあるため動かさない体とか言うふうに言われますが実は疲れやストレスの方が問題は大きくあります。

 

。疲れやストレスが溜まると洗えるところの働きが悪くなりますので働きが悪くなればリンパの働きや代謝の問題が起きて老廃物が多く蓄積していくということが本当に起きてしまうんです。

疲れやストレスと小顔矯正

疲れやストレスを蓄積ほど悪いものはなくどうやって減らしたら良いのかと言う問題もわかっていないのが現実だんですが疲れやストレスも体でたまると言うことがわかっているんですが体の、どこにたまるのかという問題が1番の厄介なことになります。
体に溜まると言う事はなんとなくわかっていると思うんですが体のどこにたまるのかまた疲れを一時的に感じてもすぐに忘れたように消えたように回復したように思えるでしょうが実は残っているとしたらどうでしょう。

 

溜まるところに多く残ってしまうので自分では忘れてしまったように消えたように回復したように思えるか分かりませんが、そんな事はありません。
いちど生み出されてしまった疲れやストレスが簡単に消える事はなく自分でも気がついていない位多くの疲れやストレスを溜めてしまっていると言うことがあり代謝が悪くなるのは当然ですしリンパの問題や老廃物が溜まってしまうと言う事は必然的に起こりやすくなります。

 

疲れやストレスの蓄積がむくみや脂肪

疲れやストレスが多く溜まれば溜まるほど働きは悪くなりますので働きが悪くなれば太りやすくなったりむくみや脂肪が増えて顔がぶよぶよ状態になっていきます。
顔が今まで30年間してきて正常の大きさの方はいませんので個人差はありますがその個人差を考えても全員の方が顔が大きくなっていますのでストレスを溜めてしまうことが原因で顔は徐々に自分でも気がつかないうちに大きくなっていきます。

 

当院ではその人にもわからない状況を検査することで見つけ出すことをしていますので検査方法は特殊ですから説明してもわからない方も多くいますが聞かれれば説明するようにしていますので簡単にお答えすることをしていますが時間的な余裕はありませんのでそんなことをしているよりも小顔矯正に入ったほうがいいと思います。
小顔矯正と眠り
疲れやストレスは顔にも溜まってしまいますので体に溜まって香りもたまらないと言う事はありませんので顔と体は同じ人の一体化したものですから体にも溜まると言う事は顔にも溜まると言う事は考えられます。

 

顔にたまることが原因で疲れやストレスはむくみや脂肪を増やしてしまう結果になり顔は徐々に大きくなってしまいますが顔が大きくなってしまうのはむくみや脂肪を増やしてしまっただけではありません。

 

疲れやストレスとは別に眠りの問題も確認ができますので全員の方が眠りが浅くなっていますので熟睡ができている方はいません。

熟睡と小顔矯正

脳から眠ることを熟睡と言いますので深い睡眠になってしまうことで眠れていると言うわけですけど多くの方は不眠症とは違って睡眠負債状態になっていますので眠りが浅い方が多くいます。
小顔矯正と眠り
眠りが浅いと言う事は体はガタガタボロボロなんですが脳から麻痺させる物質が出てしまうと痛みやコリと自分の状態を自分で分からなくなると言うことで麻痺したり鈍感になると言うこともあります。

 

眠りが浅いと言うだけで体はボロボロになっていきますのでボロボロ状態と言うのは代謝が悪くなりリンパの働きが悪くなって老廃物が溜まると言う事だけが起きる事はありませんので骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが起きていくんですが歪みや開きやズレがあっても眠れてないと脳が鈍感になっていきますので症状を感じにくい状態が起きていき脳がどうかになると脳からモルヒネに似た物質が出てしまうため症状を感じにくくなり痛みやコリがわからなくなっていると言う方がいます。

トップへ戻る