小顔矯正で顔を小さくしていくなら

小顔矯正

当院は30年の小顔矯正小でボキボキしない痛くない小顔矯正をしています。
当院の小顔矯正は初回から顔が小さくなっていきますが、小顔矯正も一度で終わる小顔矯正はありません。
それには意味があります。
小顔矯正
小顔矯正をする時には検査する事をしていますが、ただ、顔を小さくすれば良いと言う訳ではありません。
最近は、小顔矯正を希望されて訪れる方が多くいますが、検査してみると体調が悪い方が多くいます。
というか、ほとんどの方が体調が悪いです。
体調の悪さと言うのは自分で感じている、感じていないに関わらず、小顔矯正をするときの影響があります。
小顔矯正を希望してきた方も『自分では体調が良いと思っていました」と言う方までいましたが、検査してみると骨盤の歪みは大きく背骨もガタガタして歪みが大きくありました。
顔の変形、浮腫みも多くあるのに、体調が良い訳ありません。目の下にクマまでありました。

体調が小顔矯正に影響

顔が変形している方、体調が悪いです。痛みやコリがなくても。
輪郭が変形している方は、体調が悪いです。痛みやコリがなくても。
骨盤の歪みがある方は体調を落としています。体調の程度があります。
背骨がガタガタ歪みを起こしている方も調子を落としています。
風邪を引いて寝込んでいるだけが体調が悪い訳ではありません。
体調の悪さと言うのは疲れやストレスの蓄積です。
疲れやストレスが多くなれば多くなるほど、歪みは起こります。
疲れやストレスが多くなるとリンパの流れも停滞していき老廃物が多く蓄積していきます。
小顔矯正をする時に体調が重要になるのは、疲れやストレスの蓄積が多くても症状や痛みやコリとしてだけで起きるものではないからです。
小顔矯正
自分の体なのに体調が悪いと言う事がどう言うことなのか、わからない方もいます。
体調が悪いと言うことは内臓の働きも低下させていきます。
内臓の働きが低下すると生理痛、生理不順、便秘、下痢、胃の持たれ、胃炎、肩こり、腰痛、膝の痛み、眠りが浅い、イライラする、など簡単に挙げらせるものが多くあります。
どんなに名医が小顔矯正をしても顔だけ小顔矯正をしても持続する力がありません。
自分で感じないからと言って体調が良いと思わないで下さい。検査は正確にしていますから嘘は言いません。
小顔矯正をしても眠りが浅いと
小顔矯正をしても体調が悪いと言うことは説明しましたが最近は多くの方が眠れていません。
ただ、横になってスースー寝息を立てていれば寝ているのかと言うと違います。
夢を見ている方も寝ています。
いびきをかいている方も寝ています。
無呼吸の方も寝ています。
寝ているだけであって、眠れていると言う訳ではありません。脳から眠ることが眠りです。熟睡とも言います。
眠れていないことも多くの方が考えていません。眠りが出来ていない方、寝ているけど眠りが浅い方が異常に多くいます。
夜に寝たら朝まで目が覚めないから寝ていると思わないで。
眠りと言うのは、そんなものではありません。眠りが出来ていないと大変ことが進行していきますが進行してきている本人はわかりません。
眠りが浅い方は、認知障害、痴ほう、精神を悪くしていきます。脳梗塞や心筋梗塞が完成してしまいます。
病気は完成するか、完成まじかで数値の異常が出ます。それまでは水面下で検査しても分かりません。
眠りが浅いと脳細胞の減少が急速になります。
年齢に関係なく進行していき若い方ほど進行が速くなります。
小顔矯正をする時に眠りも深く関係しています。眠りが浅いと脳疲労が強くなりますから、小顔矯正で顔を小さくしても立った瞬間に崩れていくからです。
小顔矯正
どんなに良い小顔矯正をしても小顔矯正をしたあとに、戻っていきます。
現代に体調からあげていく事ができる施術はありません。
一番、難しいのが体調を上げる事です。
マッサージしても体調を上げることはできません。
点滴をしても注射を打っても体調は上がることはありません。
低周波治療器や電器をしても体調は上がりません。
サプリメントを飲んでも体調は上がりません。
焼肉を食べても体調は上がりません。
ウナギを食べても体調は上がりません。
このように体調を上げるということは簡単ではありません。
当院では体調も上げていく施術をしています。
小顔矯正をする時に初回は体調をあげて行くよりも小顔になることを知ってもらうようにしていますから体調優先よりも顔を小さくしていきます。
本当は体調を上げることで顔を触らなくても小さくすることができます。
体の歪みを整えていくと顔が小さくなります。
骨盤の歪みを矯正すると顔が小さくなります。
背骨のズレを整えると顔が小さくなります。
内臓の働きを上げると顔が小さくなります。
顔を触って揉んでいくと顔が小さくなります。
体質改善で体を直していくと顔が小さくなります(初回からできません)

 

当院では初回から顔が小さくなることで評判の良い小顔矯正をしているんですが顔を小さくするためには美容的な小顔矯正ではなく体を整えていくことで、顔を小さくすることができる小顔矯正をしています。
一般的に美容的な小顔矯正と言うのはエステの小顔矯正を行っているわけですけどエステと小顔矯正を一例で説明すると発汗させるようなことで顔を小さくする小顔矯正だと思います。
小顔矯正

エステの小顔矯正

平成で行っている小顔矯正と言うのは発汗させるようなクリームを塗ってマッサージをしたりタオルを巻いたりラップを巻いたりして、汗をかかせるようなことをしてむくみや脂肪を減らそうとする方法だと思いますのでスティーブなどの暖かい状況当てる事でも脂肪が促されてしまいますので、発汗させて顔を小さくしていくことをしていると思います。
エステの小顔矯正とは違い当院の小顔矯正は発汗させるような小顔矯正をしているわけではありませんのでタオルを巻いたりラップを巻いたりスティームなどの蒸気が出たりする事はありません。
小顔矯正

当院の小顔矯正は

当院でやっている小顔矯正と言うのはまずは体の状態を検査することからしていきますが今まで30年間小顔矯正をしていきましたが顔が全員の方が大きくなっていると言う事実を検査でわかります。
顔が大きくなっていると言うのも検査しないとわからない事なんですが、全員の方が顔が大きくなっているので顔にも体と同じように疲れが溜まると言うことが起きてしまうんです。
体に溜まる疲れと言うのは毎日毎日の生活や仕事をすることで運動することやジョギングすることや歩いたりすることや体動かしていくことをすべてのものに付きまとって生み出されていくものなんですが体に溜まると言う事はわかっていると思いますが体に溜まってもいつの間にか感じなくなってしまっていますので感じなくなったものを消えたと、または、なくなったと思っている方がほとんどです。
しかし、この疲れが完全になくなる事はなく半分以上の疲れが残ったままになっていて、ただ単に感じていないだけなんです。
残った疲れと言うのは体にダメージを与えていくことになりますので体にダメージを与えていく事と言うのは代謝が悪くなりリンパの働きも低下してしまい老廃物が多く溜まると言う事は当然、起きていると言うことです。
代謝が悪くなることも原因があるから悪くなっているわけですから何も原因がなくてリンパの働きが悪くなる事は起こりません。
小顔矯正をしているときに疲れが多く溜まった方ほど顔がぶよぶよでも首が多くなっていたり脂肪が増えて顔が大きくなっているということがありますのでむくみや脂肪を減らすためには体に溜まった疲れを減らすことが大事だと思います。
疲れが溜まった顔を正常に戻していることで顔が小さくなっていくと言う小顔矯正をしています。
小顔矯正


トップへ戻る