便秘を解消する

  • はてなブックマークに追加

女性に多い便秘なんですが最近男性の方も便秘の方が多くなっていますので、便秘というのはどうして起きるのかという問題があるんですが、多くの形は考えることもなく、便秘薬を飲んで解消することばかりに注目してしまっていたり漢方をしたり、ツボを押したり、サプリメントを飲んだり、お茶を飲んだりという感じでテレビや雑誌などで特集されていることが多く見受けられるため抽象的な方法ばかりに止まっているような気がします。

便秘とは

便秘とは

便秘というのは腸が便を送り出す蠕動運動という運動ができないために便を送れなかったり、水分を吸収しすぎて固くなりすぎて、直腸を通らなかったりということで起きています。

すべて大腸が元気ではないからバランスを崩して水分を多くとりすぎたり、便を前に送り出すことができなくなって、便秘になっているということですから、どうして便秘になるのかというよりも大腸が働かないのかということを考える必要があります。

大腸がしっかり働いてくれていれば便秘になる理由はありません。

大腸が元気だったら正常に働いてくれますので便秘はおこりません。

便秘と大腸の働き

便秘の原因

大腸が正常に働いて元気であれば何事もなく一日に一回や2日に一回の便通があります。
サプリメントを飲んだりマッサージをしなくても便秘薬を飲まなくても普通に正常に便通が起きているはずなんです。

便秘の方は、正常数値を表せば程度というのがありますが 。

わかりやすく説明すると

例えば、大腸の活発数値が、60あれば1日に1回・二日に1回は便通があります。

つまり大腸の元気度がないから便を送れません。

大腸の活発数値が40を切った方は、便秘になり、3日くらい出ません。

大腸の活発数値が35を切ると、5日くらいでなくなります。

大腸の活発数値が30を切ると、一週間くらい便が出ません。

これは説明しやすいように、大まかな数値を書いているだけですけど、参考にしてもらえればと思っています。

大腸の活発数値が35を割ってくると、出すためにも便秘薬が必要になります。

便秘を

大腸の働きの状態

もし大腸の活発数値が60以上あれば、正常の数値ですから便秘になることはありえませんし体調も元気だと思います。

例えば大腸も老化するということがあるとすれば、大腸が老化して高齢になればなるほど働く事が出来なくなっていきますので便秘になる可能性が強くなります。

しかし年齢だからといって、便秘になっている方もいますが、便秘になっていない方もいますので一概に年齢で表すことはできません。

便秘というのは生まれ持った体質が関係していますので、大腸が弱いという体質で生まれてきて疲れやストレスを大腸に多く貯めた方ほど、細胞の変化が徐々に起きて行きますので細胞の変化から大腸の働きが低下していき便秘になっていきます。

疲れやストレスというのは筋肉にもたまりながら内臓に多く蓄積していきますので弱い内臓に蓄積していくと徐々に細胞の変化を起こしていく負のエネルギーに変換されます。

負のエネルギーというのは蓄積した内臓に溜まり細胞を徐々に変化させていきますので細胞が老化していくということで働きが悪くなります。


 

 

便秘が起きて便通が悪くなっている方は腸の働きに問題を抱えていますので、腸の働きの低下から便が出ないことが便秘だということですから、薬ばかり飲んでいたり繊維質がある食べ物を食べたり運動したりストレッチをしたりということをしているようですが、根本的なものができていない限りは効果が出にくくなります。

便秘とは大腸の働きの低下

便秘を考えるためにも腸の働きを改善しなければいけませんので、腸が本当に働いていないのかということも考えなければいけませんし、腸が働かないから腸に便が多く溜まっていると、骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくあると言う事もあります。

腸が元気であればしっかりと便通は良いはずですし、腸が働いてくれているから便が出るということになりますので腸が働かないから便秘になっているということです。

腸の働きが悪いから便秘になる

便秘というのは腸の働きが低下して便を前に送り出す蠕動運動ができないため、便が出てこないということになりますので、大腸に便が多くあればあるほど、骨盤の歪みや骨盤の開きが起きて腰椎の4番目の骨に影響を出しています。

腸に問題があるから便利大量の便が停滞した状態で骨盤の歪みには骨盤の開きになりますので骨盤矯正をすればいいというわけではなく骨盤の歪みや骨盤の開きを解消すれば良いというわけではありませんので逆なんです。

大腸の問題があるから、必然的に安定した状態の骨盤ができることはありませんので、安定した骨盤ができないということは、骨盤の歪みや骨盤の開きがあることになります。

大腸の働きを上げる事

便秘というのは大腸の働きが低下して起きていますので大腸が、働きが落ちている原因として考えられるのは、身体全体に溜まった疲れやストレスが蓄積しているのが原因だと考えるのが一番、妥当だと思いますので、大腸に溜まっている疲れやストレスを減らすことをすれば大腸が徐々に働き出す可能性もあるんですが単純にそれだけでは解消しません。

大腸を元気にするためにも体調を支配している自律神経の調節もしなければいけませんので眠りの問題も深く関係してしまいます。

大腸を自律神経で調節しているのは脳幹の部分に関係がありますので、眠りの問題も深く関係しているということがあるんですが、最近、多くの方が不眠症と睡眠さんになっていますのでどちらかの問題があれば自律神経の働きが低下しているということが起きてしまいますから大腸に働きを促すことができません。

そのため腸だけが原因ではないということもあります。

自律神経というのは脳幹に関係していますので脳幹に関係するということが多くは眠りに問題があることがありますので自律神経を整えていくためにも眠りができていなければ整えられる理由はありません。

便秘

便秘と眠り

大腸と眠りというのは一見関係がないような感じなんですが最近多くの方が眠りの問題を抱えていて気がついていない方も多くいますので眠りの問題ができていないと脳内ホルモンの分泌が多く過剰に分泌されてしまうと麻痺させるホルモンであるモルヒネに似た物質が出てくることもありますので自分の体調が分からなくなっていくんです。

自分の体調が分からないということはどんなに歪みやズレがあっても感じ取ることができませんし風邪をひく元気もなくなっていきます。

もし眠れていて脳幹の部分が元気であれば生命機能の中枢である脳幹が元気だということは自律神経の支配がうまくいっている証拠なんです。

不眠症と便秘

不眠症というのは気がつきやすいんですが夜、寝ようとするときに1時間も2時間も眠れなかったり、夜中に何回も目を覚ましてすぐ眠れる時もあれば、眠れない時もあるし、夢ばかり見て寝た気がしないというのも不眠症の特徴でもありますが、主には目が覚めるのが特徴です。

不眠症の方は大脳やろうかを凄く弱らせて行きますので、弱らせただけではなく疲弊を起こしていたり、衰弱状態になってることも、最近、多く見受けられますので改善するためには、非常に厄介な状況になっている方も多くいます。

眠りというのは、大脳が休養とって大脳自体が寝ていることを言いますので、大脳が寝ていることを熟睡と言います。

つまり脳が寝なければ、寝ているとは言えないんです。

寝ている方を見たら人はスースー寝息を立てて目を閉じていれば、寝ていると思うでしょうが実際は脳が寝ていなければ寝ていることにはなりません。

6時間の睡眠時間がある方が熟睡ができる時間は20分ぐらいだと思います。
6時間の中で寝ている時間が20分ぐらいだということは大脳が寝ている時間も20分になりますので5時間40分は夢を見たり眠りが浅いという睡眠になっているということになります。

睡眠負債と便秘

睡眠負債という方は最近多くの方が睡眠負債状態になっていますので夜寝ようとする時にすぐ眠れて朝まで目が覚めないんですが自分でも寝ていると思うでしょうが実は眠りが浅い睡眠になっていることが多くあります。

眠りが浅ければ歳ほど大脳は弱っていき生命機能の手術であるのかもすごく弱っていますので弱っただけではなく疲弊したり衰弱状態になっている方も多く見受けられます。
大脳が弱ってしまった方ほど自律神経の支配がうまく調節が効きませんので常に働きを促すことができません。

そのために便秘になっている方も多くいます。

睡眠が浅いというのは夜、寝ようとする時に、すぐ眠れて寝てすぐに寝ながら考え事をする時間が圧倒的長くなっていて、時々、夢を見たり寝ながら考え事をしてる時間になって、目が覚める瞬間に夢を見るから夢の記憶しか残りません。

ということを考えれば弱ったり疲弊したり衰弱したりする内臓は大腸だけではありません。

眠りの浅い形は骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくあり背骨もズレてガタガタ状態になっているんですか、脳内麻薬であるモルヒネが多く分泌されてしまうと、痛みやコリを感じにくくなっている方もありますマヒしたものは痛みやコリだけではありません。

弱い大腸に多くのストレスはたまる

毎日毎日の生活や運動することや仕事をする事や精神的な緊張やプレッシャーなどと、不眠症と睡眠負債から多くのストレスが生まれていきますので、ストレスというのは弱い部分にたまる傾向があります。

疲れやストレスは誰でもあるものですから蓄積は多くの方にしているんですがどこが弱いかでたまるところが違います。

つまり大腸が弱い方ほど、ストレスがたまりやすく大腸の働きが低下してしまい便秘になるということです。

大腸が強い方は正常に働いて便を出すことができますので、便秘になる可能性は低くストレスは溜まりにくくなるということがありますので、大腸が弱い方ほどストレスが溜まりやすくたまると働きが低下してしまい、余計に便を送り出すことができません。

便秘と疲れやストレス

普通に食事をしたりすることでも繊維質を取ったりすることでも正常に働いていれば問題はないんですが体調が弱ければ、 分解したり紹介することで内臓は働いてくれていますので内臓が働くことでもストレス(蓄積疲労)が多くなっていきます。

脂っこいもの食べたりお肉を食べたり野菜を食べたり水を飲んだり酸素を吸ったりすることでも正常に働くことで起きるストレスというのは誰でも溜まっていきます。

そのストレスを唯一減らすことができるのが眠りの時間だけなんですが、眠りに問題を抱えている方が多くなっているためストレスを解消できないでいます。

飲酒したりすることでアルコールの分解をするためには、どれほどの内臓が多く働かなければいけないのかということも考える必要もありますし、いつも食べているものでも内臓には正常で元気であれば問題はないんですが、内臓が疲弊したり衰弱したりすることで大変な結果を招いているということがありますが、我々はそれを知ることはありません。

体を整えることから

まずは何と言っても疲れやストレス蓄積と骨盤の歪みや骨盤の開きと背骨のズレと筋肉の緊張や筋肉疲労などを解消していくことを目指していきます。

表面上は主にそういうところなんですが体の中にも問題を抱えていますので、内臓だったりということも確認しなければいけませんが、内蔵の確認というのは病気を確認しているわけではありませんので、内臓に蓄積してしまったストレスの確認と中枢神経系の脳幹と大脳の問題です。

内臓や色々な面を整えていくことで大脳や脳幹の働きも促したり、大脳や脳幹の部分の状態を確認したりすることをして少しずつ良くすることをしています。

便秘でも簡単なことで、いつまでも悩むことはありませんから、便秘でも重大なことが起きている事もあります。

 

 

便秘と言うのは大腸が働かないのが原因です。そこで考えて欲しいのですが、どうして大腸が働かないのか、働きが悪いのか。そこに便秘になっている原因があります。

大腸が正常に働いてくれていれば便通は解消しています。毎日毎日定期的なお通じはあると思います。

例えばですが体にも多くの疲れやストレスがたまっていきます。体にたまる疲れやストレスは毎日、毎日の生活や仕事、精神的なプレッシャー、抑圧、緊張と睡眠負債、運動することで多くの疲れやストレスが多くなるばかりです。

疲れやストレスは弱い部分にたまっていきます。もし疲れやストレスは弱い大腸にたまっていくと働きが正常にできないで便通が悪くなり、お通じが停滞していきます。

疲れやストレスは自律神経にも影響を出しますから大腸の動きが正常にできないこともあります。ありとあらゆる部分に疲れやストレスがたまっていきます。

 

例えばですが疲れやストレスがたまって体調が落ちていると骨盤の歪み、骨盤の開き、背骨のズレが起こります。骨盤の中に大腸や小腸があります。

しかし骨盤の歪み・背骨のズレも原因がなくて起きることはありません。

弱い大腸に疲れやストレスがたまると骨盤の歪み・骨盤の開きになります。骨盤の歪み・骨盤の開きになると自分で起こしたのに、大腸にも影響がかえってきます。

疲れやストレスが大腸にたまっていくと必ず骨盤の歪み・骨盤の開きになります。骨盤周辺の浮腫み、脂肪が多くなります。

便秘を改善しようと思うなら、薬ばかり使っていないで腸の働きのことを考えるようにしてください。
どうして腸が働きが落ちているのかということを考えなければいけません。腸の働きが落ちて便を前に送り出すことができないために、便秘になっている訳ですから、便秘薬を使って出そうということをしていると思います。
どうして便通が悪くなるのかということを考えなければいくら安易に薬だけは使ったりしても、薬を使って出ることは出るかも分かりませんが、腸がどんどん働かなくなっていきます。
大腸がどうして働くことをしないのか、どうして便を送り出すことができないのかということを見つけなければいけませんので、そのためにはまずは体調からあげて体を整えていくということが一番、重要になります。

便通を改善するなら

便通が悪くなって便秘が起きる方は、腸が何らかの上体を起こしているから便秘になっている訳ですから、その原因を見つけ出すためにも色々な部分の働きの低下が体調に影響を出していますので、体を整えていくことからしなければいけないということですから、朝だけではありません。

大腸というのも自律神経という神経で支配されていますので、自律神経の何らかのトラブルということも考えられますし、大腸が働かない訳ですから、大腸自体の問題が起きているということもあるかもわからないということです。
大腸をしっかりと働かせることが少しでもできれば便通が徐々に良くなっていく可能性もあるということですから、大腸に何らかの問題が起きているのを検査をする事で見つけ出すことをしています。

大腸が働くことができないから便が停滞気味になって便通が悪くなっているということで、便秘なんです。
体調が少しでも動いて働くことができれば、便が少しずつでも出やすくなっていくという風に改善策があるかも分かりませんので、そのためにも何からしなければいけないかということを考える必要があるということですね。便秘が起きている方は、便が出ないとだけ思っている方が多くいますが、便が出ないということはどういうことが起きているのかということを考えなければいけませんので、単純にただ便秘だと思うことなく、どうして便が出ないんだということを考えれば、大腸が働きが落ちていると考えた方が自然だと思います

便秘とは

大腸の働きの低下

大腸の働きが落ちると、便を前に送り出すことができませんので、便を前に送り出すことができないと便が出てくることはありません。
まずは便秘になる方は可能性として考えられるのは体調と体質が関係していると思いますので一つは体調が深く関係している方がいますので、体調から上げて整えていくことをしなければいけません。
体調というのは疲れやストレスの蓄積なんですが、最近は多くの方が異常と思えるほど体調を落としていても気が付いていない方が多くなっているんです。
体調というのは疲れやストレスがたまることが原因なんですが、疲れやストレスもたまるところがあるから溜まっている訳ですから、何かの症状が起きてる時には起きている症状の内臓が弱いということがあります。

人の体には弱い部分とそうでもない部分がありますので、そうでもない部分は何も症状を起こすことはないと考えられますが、弱い部分はそうはいきません。
弱い部分には毎日毎日の生活や運動したりすることや、ジョギングをしたりする事やストレッチをしたりすることや仕事をしたりすることで多くの疲れやストレスが生み出されていきますので、生み出されたもの全てどこかにたまるということが起こります。
疲れやストレスの蓄積で生み出された物は筋肉にもたまにながらあるものに溜まっていきます。
疲れやストレスが蓄積するところというのは、例えばですけど、体重が百kgの方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると65キロもの水分が出てきます。

随分に疲れやストレスが溜まるとは考えられませんので、あと残った35キロの中に疲れやストレスがたまるところがあるということなんです。

疲れやストレスの蓄積

35キロの中には神経と血管とリンパの重さと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨の重さと中枢神経系の重さ、内臓の重さしかありませんので、この中で疲れやストレスが溜まりやすいと考えられるのは中枢神経系も内臓の1部ですから、内臓と筋肉になります。
つまり、便秘とは大腸が弱い方が起こしている症状ですから、大腸にも疲れやストレスが溜まるということが起きるということなんです。
弱い大腸に疲れやストレスですが、溜まってしまうと腸は余計に働きや悪くなり働きを低下させてしまいますので、働きを低下させてしまうと便が出ることはあまりないと思います。

腸が働けないからまた腸が働かないから薬を使って出そうとしているわけですけど腸余計に弱らせる結果になってしまっているということもあるかも分かりません。
腸に疲れやすレスが溜まってしまうことが起きると便通が悪くなるのは当たり前ですし、朝の働きが悪い方は特に骨盤の歪みや骨盤の開きが起こりやすくなりますので、骨盤の歪みや骨盤の開きが起これば、腸も影響を受けてしまうということが起こります。
朝に疲れやストレスが溜まって、骨盤の歪みや骨盤の開きになっているのに、骨盤の歪みや骨盤の開きが起きることが原因で逆に自分自身にも影響を出してしまっているということなんです。
ですから、骨盤の歪みや骨盤の開きだけを矯正すればいいというわけではありません。

便秘は体質から

便秘というのは、生まれ持った体質レベルから起きていることもありますので、体質というのは生まれつきの弱さになりますので、生まれつき腸が弱い方が便秘にゆくゆくはなりやすくなっていくということなんです
ある年齢に達するまで、朝は大丈夫なんですが、年齢とともに老化を進めていきますので、老化を進めてしまうと腸は余計に弱くなっていきますので、腸が弱くなることが原因で便秘になります。

若い頃は便秘ではなくてもゆくゆくは便秘になってしまったのは大腸が老化して年をとってしまったために起きている問題なんです。
大腸が弱くなった為に起きている症状というのは、腸に限らず色々な部分に存在しています。
例えばですけど、親が便秘ではなくても起きてしまうのが便秘ですから、代々受け継がれるというのは考えにくいんですが、本当に遺伝子的に大腸が弱い人が便秘になっていますので親が便秘かどうかは関係ありませんので、必ず遺伝的な弱さが関係しています。

親にもし便秘がなければ祖父母に便秘があることもありますので、家計的にわかる方すべてを見てみると便秘の方が少なからずいると思いますので、便秘の方は親からもらった遺伝子の中に大腸が弱いという遺伝子が存在していますので、体調がやばい遺伝子がある方が疲れやストレスを大腸にためてしまうことが原因で便秘になります。

便秘を解消しようと思うなら病院の外来などで薬をもらったりドラッグストアで便秘薬を使うよりも原因から考えていくことをしませんか。

便秘がおきるときには便秘の原因があります。原因を変えようともしないで薬ばかりで抑えているとどんどん腸が働かなくなります。

便秘が起きるのは

腸というのは大変難しくを簡単にはできませんけど、まずは原因から改善するようにしないと便秘はずっと悪いままです。しかし便秘というのは腸で起きていますので、腸が便をうまく送り出していないということになります。

この腸の働きが弱いから便秘になるわけですから、腸が弱いということは 埼将来、腸のの病気になりやすい方だと思います。病気になるというのは可能性などで断言ではありませんから注意してください。

どうして便が先へ遅れないが出てこないかということも考えるようにして下さい。原因があるわけですからこの原因から改善するようにしましょう。

便秘には

 

便通は

便が出ないことを便秘と言いますが、どうして便秘が起きるのか理由がありますのでその理由から改善するようにしていきます。

どうして便が働かないのか腸が働かない原因が何なのか。原因は個人個人違いますのでその原因から変えていくということをしていきます。

便秘というのは病気の病名の一つなので簡単には行きません。

一般的に内臓の病気という感じと同じことです。

腸の働きがわるいから便秘になるわけですからどうして腸の働きが悪くなるかということを合わせて改善していく必要があります。

そのためには腸の硬さが問題になります。腸自体が硬いと、堅いということは腸も動きが悪くなります。

多くの便秘の方はおなかを少しをしてみるとわかりますが便が入っているから堅いと思われる方も腸自体を触ってみると硬い場合が多くあります。

腸自体を触ることは直にはできませんが、腸自体が硬いか腸の粘膜のも硬く動きが悪いということになります。

腸自体を触ることよりも

大腸があるところを押してみると硬さがわかります。

腸は骨盤に沿ってあるので右の骨盤の内側や左の骨盤の内側を押してみてください。左右の違いがあると思います。

多くの場合骨盤の両サイドをしてみると硬さがわかると思います。

腸を動かす神経を働かせる神経、自律神経の支配力の問題です。大腸も勝手に動いているわけではなく神経の支配する力をもらって動いています。

便秘というのは

便秘というのは腸自体の問題と腸を支配している自律神経の問題が大きいようです。

便秘は

①腸自体の硬さ

②腸を支配する神経の問題

この2つです。

しかし、その前に体調が関係します。前の2つは体調の施術の方ではなく、体質の方ですから、

まずは体質を改善するよりも、体質ができる準備が必要です。体質を改善する時には、体調が良くないと進めません。

腸を直すのは

腸を直していくのは体質改善の施術なので、少しずつ腸を柔らかくすることができます。その治療ができる前に体調が悪いとできません。

腸自体柔らかく若返りの治療が体質改善の治療です。そして腸を動かしている自律神経の問題も改善する必要があります。

その準備していくために体調の準備からして多分歪みが起きていると思われる骨盤のゆがみから整えていくことをしています。

腸というのは、骨盤の中に入っている内臓です。骨盤の歪みがあると骨盤の中に入っている内臓はただしく働くことはできません。

 

 

当院は北九州市小倉北区からも多くの方が訪れる徳力整体院は30年の経験があります。