膝の痛み

北九州市小倉北区と小倉南区で膝の痛みを楽にしていくことと、痛みの原因を見つけ出して変えていく事をしています。

 

 

膝の痛みが起きる時には普通は膝ばかり扱いますが、関係する部分が膝以外にもあります。


 

普通は膝の痛みと言うと注射で水を抜いたり、ヒアルロン酸をしたりすることや、関節を動かしたりすることや筋肉を付けた方が良いとかですが、それ以外にも原因があります。


予約する時は必ず『ホームページを見た』とか、『初めてです』と言って電話すると予約がスムーズにいきます。

 

膝の痛みの原因

 

 

階段を上ったり下りたりすることで膝の痛みがあります。
体重をかけると膝が痛いので、できるだけ負担をかけないようにしています。


 

膝の痛みがある方は、ただ膝が痛いとかしか思いません。

 

病院に行っていても、当院で膝を触ると、炎症やハレがあることがあります。


 

膝の炎症やハレは、どうして、わかりますか??


 

膝の炎症やハレがわかるのは、膝を触って比べることです。
比べ方は、左右を比べて下さい。
まずは目で見て。
そして手の平で触って。


 

そんな簡単なことでわかるんですか。


 

簡単じゃありませんよ。
簡単な触り方ですが、触ると難しいです。

 

左右を比べると言うことは、一生懸命、集中して触らないとわかりません。


 

どう言う感じになっているんですか??

 


 

一概には言えませんが、炎症やハレがある側の方が大きく感じます。
また、大きさは変わらないかもしれませんが、ブヨブヨしています。


 

あっ、そうか、炎症やハレですからブヨブヨしていたり、大きい訳ですね。


 

そうですね、全部の膝の痛みが該当する訳ではありませんが。

 

まずは炎症やハレがあれば、そこから解消していきます。


 

 

 

 

膝の痛み

 

膝の痛みには原因があります。
原因がなくて膝の痛みが起きることはありません。
膝の関節は老化すると関節自体が弱い方が膝の痛みになります。
膝の痛みのある方は一時的にヒアルロン酸注入したりすることもいいですが、原因から変えていくことをしないと、関節に油ばかりさしていても原因は変わりません。
どうして膝の痛みが起きたのか、理由があります。
老化だからと言ってしまえば、それまでですが。
膝の痛みは膝が弱い方が起きています。
膝の弱さがない方は膝の痛みになりません。
膝の弱い方が膝の痛みになりますから、膝自体を改善していかないと繰り返し起きたり変形性膝関節症になっていきます。
つまり、膝が変形して曲がってくるということが起こります。
ヒアルロン酸注入をしても油みたいなものなので、油ばかりさしていていいかというとどうかなと思います。
膝の痛みのある方の膝を触ってみると関節がブヨブヨして腫れていることも多くなっています。
片方の膝だけ痛い方は、左右を比べると自分でもわかるかもしれません。
必ず、同じ部分を同じようにして触ってみてください。
大きさやブヨブヨ感があると思います。
場合のよっては硬くてハリがあるとか。
必ず、左右差がありますから、それを比べるようにしてみてください。

トップへ戻る