頭痛、頭の痛み、偏頭痛

  • はてなブックマークに追加

最近は多くの方が頭痛、頭の痛み、偏頭痛に悩まされています。これには一つの原因があります。痛みが起きると普通は頭痛薬を使うことがあると思いますが薬は一時的に痛みを押さえているだけです。その時に痛みを押さえても、また、しばらくすると痛みになる事があります。

頭痛が起きた時に薬を使うことは構いませんが、それで楽になるからと言って多用して良いのか、と言う事も考える必要があります。

頭痛、頭の痛み、偏頭痛

今、痛みがある時には、服用しても良いと思いますが、強い痛み出なければ痛みがある時に、予約して下さい。と言うのは検査する事ができますから状態を確認しやすくなるからです。

頭の痛みと言うと色々なものが複雑に関係していることがあります。一つずつでも減らすことをしています。当院では頭痛の方の状態を検査する事をしていますから、しっかりと原因を把握する必要があります。今、痛みが起きていなくても原因を確認することができますが、楽になったか判断することができません。

当院では多くの頭痛の方が来院していますが、痛みがある方も、施術することで痛みが徐々に楽になっていく事ができます。そのため施術途中に痛みの度合いをお聞きする事をしています。その時に、まだ痛いのか、楽になったのか、と言うことも確認しています。

頭痛になる時には

頭痛、頭の痛み、偏頭痛になる時には、ある原因があって痛みになっています。当院では見た目で見て確認できないものを確認しながら施術することができます。

頭痛の方の痛みが起きる時には、体調が落ちています。体調が良い時に、もし痛みがあれば逆に大変です。体調と言うのは実は意味不明なことなんです。

自分で体調が良いと思えば体調は良いのかも知れません。

しかし色々な痛みやコリが無いからと言って体調が良いとは限りません。

体調が良いか、悪いかは疲れやストレスの蓄積度合いで決まります。疲れやストレスが溜まるのは毎日、毎日の生活や仕事、運動、精神的なプレッシャー、緊張と睡眠負債で多くの疲れやストレスが多くなります。

毎日、毎日の生活する事の掃除や食事作ることでも洗濯する事でも買い物して歩く回る時や荷物を持つときでも多くなるものが体にたまるのが疲れやストレスです。何もしていないと言う方もいるかも知れません、そんな事はありません。

疲れやストレスがたまるばかり

 

痛みやコリがないからと言って体調が良いとは限らないし、疲れやストレスを感じていないからと言って体調が良いとは限りません。

特に睡眠負債、睡眠障害がある方が増えていますので、睡眠の問題があると大脳は弱ってダイレクトに痛みやコリ、体調の悪さを感じなくなります。

睡眠負債と睡眠障害

頭の痛みになる方の多くは寝ている積りでも深く寝ていない方がいます。眠りと言うのは大脳が休養を取って寝ている熟睡を言います。

寝ている方を見てスースー寝息を立てていても気持ちよさそうな感じでも脳の中の事までわかりません。見た目だけで判断しています。

人が目を閉じてスースー寝息を立てていると、誰でも寝ていると思います。しかし眠りと言うのは違います。

本当にねているのか

多くの方が夜に寝る時間に寝て朝まで目が覚めないから寝ていると思っています。イビキは眠りが浅い時にかいているということはわかると思います。

夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っている方が多くいます。

睡眠障害、睡眠負債は不眠症とは違いますから不眠症と言うのは夜に寝ようとすると1時間も2時間も眠れなかったりするのが不眠症です。また寝る事が出来ても夜中に何回も目を覚ますのが不眠症です。

睡眠障害、睡眠負債は違いますから夜に寝たら朝まで目が覚めません。

そのため眠りが浅いことに気が付いていません。この方が頭痛、頭の痛み、偏頭痛になっています。

眠りが浅いことに気が付て良いないから体調が良いと思っています。大脳が弱ると痛みやコリにマヒした状態になりますから痛みやコリも感じにくくなります。ただし痛みやコリを感じない限界はあります。

限界まで悪くしたものは、今まで、どうもなかった状態で一気に、ひどい痛みを感じるようになります。

痛みが起きる時には

頭痛、頭の痛み、偏頭痛を楽にするなら薬でもできますが、頭痛を直すことはできません。頭痛、頭の痛み、偏頭痛が起きるときには、原因があります。しかし原因は簡単なことでは起きていません。

筋肉の緊張性の頭痛とか、勝手に想像で言われてしまいます。例えば肩こりからくる頭痛とか、首の痛み、首のコリから起きる頭痛とか眼精疲労から起きる頭痛とか、色々言われますが、どうして肩こりが起きているとか、首の痛み、首のコリが起きているのか、どうして眼精疲労が起きやすいのか、全ては原因があります。

頭痛でも肩こりでも首の痛み、首のコリでも原因があるから起きています。

肩こりから頭痛、頭の痛み、偏頭痛に

当院では頭痛を30年以上臨床と研究しながらしています。

頭痛の原因を見つけ出す為にも体調を上げると言うことは重要になります。体調と言うのは実は意味不明な言葉です。痛みやコリがないから体調が良いと思っているからです。

ダルさや疲れを感じていないからと言って体調が良いとは限りません。

頭痛、頭の痛み、偏頭痛になる時に、体調が落ちている時にしか起こらないからです。もし体調が良いと思っている時に、頭痛が起きれいるとしたら大変なことです。

それこそ病気かも知れません。

その場合は、病院で検査しないといけません。KRI検査やエコー検査などなど。

しかし頭痛と言うのは病気と無関係ではありません。しかし、今ではありません。

テレビの特集の番組で頭痛の半数の方が脳梗塞になっていると言っていました。頭痛の方は予備軍だと言う事です。

しかし、病気も1年や5年や7年でなる事はありません。病気になる為には健康な細胞から病気の細胞に変化していく為には20年前後かかります。

つまり、仮に脳梗塞が進行しても20年前後かけながらなっていきます。

頭痛の方の原因

頭痛、頭の痛み、偏頭痛の原因は総合的に見て体調が悪い時に頭痛になる因子が多いい方が頭痛になります。体調を落としても頭痛の因子がない方は頭の痛みにはなりません。

頭痛になる因子は、いつも進行途中です。進行が止まることはありません。一度、起きたものは痛みがない時でも進行してきています。

ですから頭痛がある時にだけ進行するものはありません。

時々、頭痛を起こしながら徐々に進行していきます。

始めは半年に1回くらいだったのが、2か月に1回の頭痛になったり、いつも頭痛薬を持たなければならない場合もあります。つまり、それほど頻繁に起きていると言う事なんですが。

また、痛みの度合いも違ってきます。ズキズキうずくような痛みになったりします。脈打つような痛みになる事もあります。

どの症状も軽いのから始まります。徐々にひどくなっていく事もあります。しかし多くの症状が頭痛薬を飲むと、しばらくすると収まっていきます。その為、治ったと思います。

しかし頭痛薬は維持的な痛みを押さえているだけです。

頭痛の原因なんか関係ありません。原因を見つけ出すこともしていません。そこを勘違いしないで下さい。

頭痛の原因

最近の頭痛の方の主な原因は睡眠負債、睡眠障害にあります。多くの方の場合、自分で気が付いていない方ばかりです。

睡眠負債・睡眠障害と不眠症は違います。全員の方が不眠症と勘違いしています。不眠症と言うのは夜に寝ようとすると1時間も2時間も目がさえて眠れない方が不眠症です。

また寝つきよりも寝て夜に何回も目が覚める方が不眠症です。

不眠症の特徴として眠れないと言う事です。

しかし睡眠負債・睡眠障害は違います。

睡眠障害と頭痛、頭の痛み、偏頭痛

睡眠障害・睡眠負債から頭痛に

睡眠障害・睡眠負債は寝ています。普通に考えたら良い眠りをしているように思えます。

夜に寝ようとすると、すぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っています。

例えば、夜の11時に寝ている方がいるとします。ほぼ11時に寝てベットに入ります。目覚まし時計を朝、6時にセットします。布団に入ったら、しばらくしたらスースー寝息を立てていきます。6時に寝覚まし時計がなったら目を覚まします。

多くの方が目が覚めないから寝ていると思います。寝ている方を他人が見てもスースー寝息を立てていれば寝ていると思います。

眠りと言うのは、そうではありません。寝ている方を見てスースー寝息を立てていれば寝ていると思うのではなく眠りと言うは大脳が休養を取って寝ていることを言います。

大脳が休養をとる眠りと言うのは熟睡です。

つまり熟睡ができていないと言う事ですが、熟睡ができていないと大脳は急激に結わっていきます。

大脳が弱ってきているのに体調は良いですとは言えません。大脳が弱っていると生命機能も低迷状態になります。そうすると歪みやズレも多く起こります。

肩こり、首の痛み、首のコリ、眼精疲労が多くなります。

大脳の弱りから脳の緊張や硬縮、圧縮が強くなります。これが頭痛になります。

脳の緊張や硬縮、圧縮が頭痛がない時でも収まることはありませんから眠りも浅くなります。

ずっと脳の緊張や硬縮、圧縮が長く起きていると、単純な脳の緊張や硬縮、圧縮だけでは済まなくなります。何かの変化が起きても不思議ではありません。脳血管が固くなったり詰まりやすくなったりすることもあります。

多くの頭痛が現在進行形で起きている方も1度の治療で収まる場合が多くあります。しかし、それで治ったと言う訳ではありません。この時点では痛みを楽にしたと言う感じです。

そこから、さらに原因を見つけ出すことをして、体質改善の施術で直していきます。

頭痛、頭の痛み、偏頭痛とは

頭痛を解消する為には

頭痛の方は、いつも急に頭痛が起きる為に頭痛薬を持ち歩いている方が多くいます。

頭痛薬を持ち歩いていなくても時々、急に頭痛が起きてしまうことが多くあります。

頭痛が起きやすい方は、いつも頭痛に悩まされている方、頭痛薬を持ち歩いている方は、どうして頭痛が起きるのか、考えている方や調べている方は少ないと思います。

それは、しばらくしたら収まるから痛み止めの薬を飲むだけだからです。

本当に、それでいいですか?????

頭痛には頭痛を起こしている原因があります。

その原因も、いつまでも同じままではありません。

頭痛と言うのは頭で起きています。

何か、頭に異常が起きていると言う事があるかも知れません。

異常が起きる時には誰でも病気と考えてしまいますが、急に病気になることはありません。

病気として完成してしまう為には、1か月でもなく半年でもなく1年でも3年でもなく、数十年かかります。

数十年かかりながら徐々に血管や脳細胞の変化が起きていきます。

この進行途中に頭痛として、時々、起きています。

これが頭痛の原因です。

進行途中ですから、今は検査しても病気ではありませんから、病院で検査しても尿検査しても血液検査してもレントゲンを撮っても異常なしの場合が多く見受けられるのは、当然です。

もし検査して異常が見つかれば、もう完成してしまったと言う事です。

頭痛は完成する前に、ならないようにしていく必要があります。

進行も早い方もいれば、進行が遅い方もいます。どこまで完成してしまうか、と言う事もあります。

なんでもかんでもなると断言できませんが可能性が大きくなるのは大変なことになりますから。

当院では癒しや痛み止めをしている訳ではなく直すことをしています。

北九州市八幡東区 40代の女性
数年前から頭痛が時々あって、いつもは頭痛薬で良くしています。ある時、不安になって結構、頭痛がひどい時に病院に行ってMRI検査などをしました。でも異常ないと言うことでした。

院長:
病院の検査は病気の検査なので頭痛はわかりません。もし脳腫瘍や血管問題があればわかりますが、それ以外は異常なしで済まされてしまいます。
患者さんが何かを訴える時には、どこかに異常がありますから、その異常を見つけていくことをしないといけません。
ですから病院は病気になったら良く専門家なので病気以外で起きるものは異常なしか肩こりから起きる頭痛か、首のコリから起きる頭痛、眼精疲労から起きる頭痛、ストレス性の頭痛と言われます。

しかし本当は頭痛には頭痛を起す原因があります。
当院では今現在、頭痛がある方も来院していますが、多くは5分くらいで頭痛が楽になります。
それは検査する事をしているからです。

検査して状態を把握することをしています。

当院では体質改善と言う治療があります。この治療は弱い内臓を若返りさせて強くしていく方法です。

※頭痛が良くなる変化に体調や体力が追い付いていかないと『ダルク』なる方がいます。施術をして体調や体力がついてくるとダルクなりません。
北九州市小倉南区 30代の男性
いつも頭痛が急に起きるので頭痛薬を持ち歩いています。

院長:
この方の頭痛は緊張性の頭痛ということですから、どうして緊張性の頭痛が起きるのか検査して見つける事からしていきます。

頭痛を安易に頭痛薬で抑えてしまうことは構いませんが、頭痛には頭痛を起す原因があります。

検査して原因を見つけていくことをしないと原因もいつまでもそのままではありません。
頭痛というと頭で起きているので頭痛が起きる原因を見つけていくことをしないと頭痛があるとき、ないときにかかわらず頭痛の原因は進行していきます。


当院では体質改善と言う治療があります。この治療は弱い内臓を若返りさせて強くしていく方法です。

※頭痛を改善する変化に体調や体力が追い付いていかないと『ダルク』なる方がいます。施術をして体調や体力がついてくるとダルクなりません。

頭痛には原因があります。

この原因から頭痛・片頭痛が起きています。

頭痛

 

 

頭痛になる原因は、脳疲労です。脳疲労と言うのは、誰でも起こる特別なものではありません。ほとんどの頭痛の原因は脳が弱った時に起きています。 体も弱る事があるように、脳も弱ってしまう事が起こります。

脳が

脳が一度弱り始めると、際限なく弱っていきます。 つまり、限界なく弱っていく事が出来ます。脳が弱ると、イライラしたり、頭がボーっとする、頭痛、クラクラする、ふらふらする、頭が締め付けられる、頭が張る、などの症状が起きやすくなります。

ほとんどの場合、

脳が弱るのは、原因がありますので、この原因は、多くは眠りです。 本人は寝ているつもりでも、寝ていないと言う事が多くあります。 横になって寝ていても、夢ばかり見ていたり、寝ながら考えことをしていたり、などの方が多くなっています。

ただ、寝ているのではなく、脳まで休む睡眠が出来ていないと言う事です。 つまり、熟睡ですね。毎日、熟睡が出来ていれば、頭痛は起こりません。

頭痛、頭の痛み、偏頭痛になるときは
頭痛を体質改善で

頭痛は体質的にも関係しています。 頭痛持ちと言う事がある方が、体調が落ちて悪くなった時に頭痛になります。 この時の頭痛持ちと言うのは、体質です。 頭痛が起きやすい体質があると言う事です。だから、体質から直すことをしないと、薬などで中和していると、多くは脳梗塞につながる事をテレビで言っています。

当院の体質改善アンチエイジング(若返り)の施術は、体を直していく施術法です。体を直していくには、電機や機械ではできません。ましてやサプリメントでは全然意味なしません。

 

歪みやズレから頭痛、頭の痛み、偏頭痛に

 

 

 

当院は北九州市小倉南区・小倉北区、八幡東区、八幡西区、戸畑区、若松区、門司区、下関市、行橋市などから多くの方が来院しています