頭痛、頭の痛み、偏頭痛

  • はてなブックマークに追加

頭痛、頭の痛み、偏頭痛になる時には、あることが頭の中で起きています。それは弱りや炎症やハレです。頭痛がある時には、どうして痛みになるのか、考える必要があります。

痛みがあると多くの場合、薬ばかり飲んで収まるまで待っています。そうすると、しばらくのは痛みがありますが、痛みが徐々に無くなっていきます。この為、薬を飲めば良いと言う感じで持ち歩く方もいます。

頭痛、頭の痛み、偏頭痛

しかし薬は常用するモノではありません。痛くなれば飲むと言うことを繰り返していると原因も、いつまでも同じままではありません。

つまり進行すると言う事です。

頭痛、頭の痛み、偏頭の原因

頭痛になる時には、どうして頭痛になっているのか、と言う事ですが、普通、一般的に首の痛み、首のコリから起きている頭痛とは、肩こりから起きている頭痛とか、目の使い過ぎで起きている頭痛とは適当なことを言います。

多くの方が納得してしまうことが多くありますが、実は重複していると言う事です。肩こりが起こりながら頭痛もある、また、首の痛み、首のコリがありながら頭痛があると言う事です。

頭痛が起きる時には、体調が良い時に起きる事はありません。

頭痛になる時には調子が良い時に痛くなることはありません。

と言うことは、体調が落ちている時に痛みになります。

体調が落ちている、調子が悪くなっていると言う事は、疲れやストレスが多くたまっている時です。

疲れやストレスが増えるのは毎日、毎日の生活、仕事、運動、精神的な緊張、プレッシャー、睡眠負債で多くなるものです。

疲れやストレスがたまっても人は何もしていません。

つまり疲れやストレスがたまりぱなっしだという事になります。

その蓄積した疲れやストレスが問題なんです。

 

 

 

今まで多くの方の頭痛を解消してきましたが、頭痛には頭痛になる原因が頭に存在しています。痛みの原因があるのに、多くの方は頭痛薬で一時的に痛みを抑えたりして治ったと思っています。頭痛薬と言うのは歯の痛みを同じように、一時的な痛み止めですから虫歯が治った訳ではありません。

頭痛には頭痛になる原因があるから頭が痛くなっています。頭痛になる方はクスリばかり使っていますので、徐々に悪化する事もあります。重大なのはテレビの特集で内科の先生が脳梗塞の半数の方は、脳梗塞になる前に頭痛持ちだったといっていました。

頭痛を繰り返しやすく、頭痛持ちの方は、可能性ですが脳梗塞や脳の病気になりやすい方です。それらの病気になる前に、進行途中に時々、痛みを起しています。

脳梗塞になる方、脳の病気になる方は、体質が関係しています。

また、最近は多くの方が不眠症だったり、不眠症ではないけど睡眠負債になっています。

不眠症と頭痛

不眠症とは夜に寝ようとすると寝つきが悪く1時間も2時間も眠れないのが不眠症ですし、夜中に何回も目を覚ますのが不眠症の特徴です。

また夢ばかり見ている場合も不眠症の特徴になります。

不眠症の時間や日数が多くなると、脳は弱っていきます。脳が弱ると興奮状態になりやすくなりますのでイライラしたり、頭がボーとすることや、悩みやすくなり、恐怖感、突然の怒りなども起こりやすくなります。

不眠症の時間が長くなると脳は弱っただけでは済まなくなります。多くの場合、脳炎が起きてしまいます。脳が弱ったり脳が興奮したり脳が炎症やハレを起こすこともありますから脳が損傷を起こす場合もあります。

睡眠負債と頭痛

最近の多くの頭痛の方は不眠症で痛みを起している方と、睡眠負債で痛みを起している方に分けられます。しかし多くの方が睡眠負債だと思っていません。

睡眠負債の特徴が気が付いていない方が異常に多くいると言う事です。睡眠負債と言うのは夜に寝てしまうと朝まで目が覚めません。目が覚めないけど眠りが浅い眠りしかできていません。

睡眠負債の特徴は、朝まで目が覚めないけど、最高に眠りが浅いことです。

眠りとは熟睡の時間だけを言います。熟睡の時間が1日の睡眠である方と、無い方と、少ない方がいます。

眠りとは

1日の睡眠で、どれくらいの時間、熟睡しているのか、と言う問題です。

ただ寝ているのは熟睡ができていません。

寝ている方を見て寝ているとは言えません。

スースー寝息を立てていても寝ているとは言えません。

グーグー寝息を立てていても、脳が寝ているとは言えません。

人は見た目で判断しています。

眠りと言うのは熟睡の時間です。 熟睡の長さです。

1日の眠りのうちに、どれくらい熟睡の時間・長さがあるのか。

熟睡

睡眠負債とは

睡眠負債とは眠りが浅い睡眠の事ですから熟睡ができていない眠りです。睡眠負債は寝ながら考え事をしている睡眠をしています。

寝ながら考え事をしている睡眠は脳が働いている睡眠です。

夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていませんか。

睡眠負債が続くと頭痛、頭の痛み、偏頭痛になります。

睡眠負債から起きるのは痛みだけでは済みません。脳細胞の緊張のレベルではなく大脳の硬縮、萎縮も起こりますし、脳細胞の急激な減少も起こります。

そうすると先将来、精神疾患が待ち構えているか、認知症にもなるか可能性が高くなります。

年齢に関係なくアクセルとブレーキを間違えたり、うっかりが多くなります。

 

眠りとは

 

当院は北九州市小倉南区・小倉北区、八幡東区、八幡西区、戸畑区、若松区、門司区、下関市、行橋市などから多くの方が来院しています