ブログ一覧

肩こり

肩こりとは筋肉のコリ

肩こりを改善しようと思うなら筋肉中心で考えても別に問題はないと思いますが当院の院長の30年の経験から筋肉だけでコリを起こしている肩こりというのは存在していないと思っています。

しかし肩こりの筋肉というのは毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することで多く使っていますので使うことで筋肉疲労は起こります。
普通は筋肉疲労が起きると体の中から筋肉のコリをほぐすホルモンが分泌されて筋肉のコリをほぐしていきます。

肩こりは筋肉のコリから

しかし多くなったものは筋肉の凝りをほぐすことができませんので軽い家でしたら筋肉のコリをほるもんでほぐすことは可能なんです。
しかし筋肉のコリをほぐすホルモンが正常に出ている場合です。
何かのトラブルでホルモンの働きが低下している場合があります。

そして寝ることでも筋肉の凝りをほぐすことはできますが多くの方の場合眠りが浅い方が多くなっていますので眠りが浅いと筋肉のコリを解消することはできません。

肩こりの検査

肩こりになっている方の検査をしてみると確かに筋肉のコリは筋肉疲労が積み重なっていて多くの方に起きていますが必ず筋肉のコリだけではなく背骨のズレが同時に起きています。
どちらが先かと言うと筋肉のコリが起きながら同時進行で背骨のズレも起きていきますので筋肉が緊張したり硬くなることが原因で背骨が引っ張られるということもあるかも分かりませんが多くの場合は逆です。

筋肉というのは骨から骨にくっついていますので骨が動いてずれることが原因で筋肉が引っ張られたり緊張したり緩んだりしていきます。

肩こりになると 

普通一般的には、これが肩こりです。

特に最近は腕や肩や指を多く使うことがありますので使えば使うほど筋肉に力が入り筋肉疲労を起こしていくということは当然だと思いますが解消できないほどの奥の疲れやストレスを溜めてしまっています。
最近は多くの方がスマートフォンや携帯を扱っていますので小さい文字を押したりボタンを押したりすることで力が入っています。

力任せで押すということではなく細い文字やボタンを押すときには力が入ってコントロールをしないと押すことはできません。
小さい部分に腕を指を持っていくということは筋肉をコントロールしていることで持って行くことができます。

多くの生活で筋肉を使っている

筋肉をコントロールする時には力で押すという行為よりも多くの筋力を使っています。
肩こりになる多くの動作というのは色々なものに生活上に存在していますし仕事をする時でも多くの肩こりを起こす原因があります。
例えばキーボードを打ったりすることでも肩こりになります。

買い物をして指や肩に荷物を持つことでも筋肉疲労が起こります。
鉛筆やボールペンを持って字を書いたりする時でも筋肉疲労が起こります。
掃除をしたり窓拭きをしたりするときでも腕や肩や指を使っていますので使うことで筋肉疲労は多くなり肩こりになります。
車の運転をする時でも長期間ハンドルの維持に力を使いますので力を使うことで筋肉疲労顔こり肩こりになります。

寝ている時も

寝ている時に腕枕をしたりする時でも筋肉を使っていますので筋肉を使うことで肩こりになります。
色々な生活上や仕事をすることや運動することでも多くの肩や腕や指を使っていますので使うことが原因で徐々に筋肉疲労をためていき肩こりに進行していきます。

実際に肩こりになるものは多く生活上に存在していますので生活している限り生きている限り筋肉疲労が起きるということなんですが同じことをしても筋肉疲労が起きたりすることもなく肩こりを起こすこともない方がいます。
人というのは筋肉の力もそれぞれ違いますし筋肉の状態も違いますから比べることではありませんが同じことをしても肩がこる方もいれば肩がこらない方もいるということです。

双子でも筋肉の力は違いますので比べるものではありません。
ではどうして肩こりが起きたりするのかということの問題なんですが毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することで疲れやストレスが多く溜まっていきます。

疲れやストレスというのは体に溜まるということは分かっていると思いますが弱い筋肉にたまっていきます。

睡眠負債と肩こり

筋肉も固くなる

肩こりになる方は肩の筋肉が弱いということが言えます。
弱いから筋肉に疲れやストレスが多くたまりやすくなっていき肩こりになります。

筋肉が強い方は肩こりになることはありません。
では筋肉を鍛えればいいのかということになりますが筋肉を鍛えるということは力は増していきますが力を増すことをすればするほど筋肉はどうかして硬くなっていきます。
筋肉が硬くなってしまうといくらもんでもマッサージをしても電気をかけても何をしても柔らかくなることはありません。

筋肉が硬くなるということも永久的に固くなる場合と一時的に固くなる現象があります。
一時的に硬くなる筋肉でしたら揉んだり湿布を貼ったり電気をかけたりすることでも解消するでしょうけど、永久的に硬くなる筋肉は揉んでも何をしても柔らかくなることはありません。

永久的に硬くなる筋肉というのは老化からくる筋肉ですから老化した筋肉は二度と柔らかくなることはありません。
しかし硬くなればなるほど筋肉だけではなく皮膚も固くなっていき中に入っている神経や血管やリンパも固くなっていきます。

筋肉の老化

筋肉も筋肉だけで硬くなることはないということです。
肩こりと言うと筋肉が硬くなることが原因で起きていることをも多くありますので体質改善の治療で筋肉を若返らせることで柔らかくすることもできます。

しかし中に入っている神経と血管も改善することをしないと神経や血管が硬くなると腕や指に行く血行が悪くなったり握力の低下が起きたりということも起こります。
単純に老化から来る握力の低下だけではないということです。

肩こりと言うと長期間肩こりになっている方は徐々にですが筋肉も老化していきます視神経や血管やリンパ管なども流れが悪くなったりすることは当然ですし老廃物が多く蓄積していくということも起こりますが単純に考えてもそれだけでは済まないということです。
ですからいくらうんどうやアスレチックや筋トレなどで鍛えてみても伝えることで一時的にマヒしていくんです。

筋肉疲労

筋肉を鍛えても固くなる

筋肉を鍛えることで徐々に筋肉も硬くなることが起こりますから筋肉自体の伸びがなくなっていきます。

筋肉が柔らかいから筋肉の伸びがありじん帯、筋肉を痛めることはないということなんです。
固くなってしまった筋肉や靭帯は痛めやすく損傷を起こしやすくなっていきます。
肩こりを長期間、慢性化してしまった方はいくら表面上、揉んだり湿布を貼ったり電気をかけたりしても効果が出にくいということがあるということです。

肩こりを感じてしまう時だけ治療に行けばいいというわけではありませんので肩こりを感じてしまってほぐしに行っても徐々に進行していきます。
早めに肩こりの原因を見つけ出すことが一番大切になるということです。
肩こりと言っても単純に肩こりだけではありません。

当院の院長は検査することをできますが多くの方の筋肉を触ってみるとこりは確かにありますが単純に見ても背骨がずれていることが原因で筋肉が引っ張られたり緊張したり緩んだりしていることで肩こりになっていて循環が悪くなりリンパの働きを悪くなって老廃物が多く蓄積しているということです。
しかし肩の部分の背骨のズレが起きるのは何も原因がなくて起きたりすることはありません。

背骨のズレから肩こり

何かの原因があるから背骨のずれが起きて筋肉が引っ張られたり緩んだりすることです。
背骨のズレが起きるのも毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することや体を動かすことで多くなる疲れやストレスが体に溜まることが原因です。

疲れやストレスが溜まると誰でも言うと思いますがどこに溜まったのかということを考えている方は少ないと思いますした待ったものを減らす努力は何もしていません。

疲れやストレスが溜まるとカラオケに行ったりアルコールを飲みに行ったりタバコを吸ったり旅行に行ったりショッピングをしたり美味しいものを食べたり焼肉を食べたり栄養のあるものを食べたりすることが多くあるということなんですが疲れやストレスを減らすことができるのは唯一寝ている時だけなんです。
後は全て体に蓄積しています。

疲れやストレスを減らすことができるのは唯一寝ている時だけなんですが最近多くの方が眠りが浅く寝ているように思っても眠れていません。
眠りというのは大脳が休養とって寝ていることだけを言います。

大脳が休養とって寝ているということは熟睡状態の時間が多くあることです。
夜、寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしてる方が多くいます。
目が覚めないから寝ていると思っている方が多いということです。
眠りというのは人が見てスースー寝息を立てている状態でも大脳の中のことまで考えていません。

肩こりは背骨のズレから筋肉に
睡眠負債

目をつぶって寝息を立てていれば誰でも寝ていると思っているからです。
テレビなどでいびきをかいている方は寝ていないとか眠れていないとか眠りが浅いと言われますがいびきをかいていない時でも眠りがすごく浅い方が多くいます。

夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えていますが夢を長時間を長くを見ていたと思ってもたった数秒の時間だったり数分の時間だったりということです。
夢を長時間1時間も2時間も見ることはありません。

6時間の睡眠時間がある方は夜寝ようとするとすぐ眠れて朝まで目が覚めないからぐっすり眠れたと思っているでしょうが多くの方の場合、寝ながら考え事をしている時間になっています。

寝ながら考え事をしている時間というのは大脳が活発化した状態であり働いている状態ですから大脳が休養とっていません。
大脳をしっかり休めることが眠りなのに眠っている時でさえ夢と寝ながら考え事をしている時間になっています。

寝ながら考え事をしている睡眠

寝ながら考え事をしている時間というのは最悪な睡眠になっていますので大脳が急激に弱っていき痛みやコリを限界まで貯めてしまわないと分からなくなっていきます。
つまり神経の麻痺が起きていきますので大脳が弱ることが原因で脳内麻薬であるモルヒネのような物質が出てしまい痛みやコリを限界まで貯めてしまわない限りわからないということです。

麻痺した状態の方が肩こりとして感じてしまっているとかなり進行していますので厄介な状態になっているという方が多くいますので単純に筋肉をほぐせばいいというわけではないということです。


2018年09月13日

小顔矯正

小顔矯正

人気がある小顔矯正をしていますが多くの方の顔を小さくすることをしていますが小さくするためにはどうすれば小さくなるのかという問題があります。

そして小顔矯正をして行く時には本当に顔が小さくなるのかというのをよく聞かれますし小さくなったら小さくなったで維持することができるのかということを聞かれることが多くありますのでその説明もしていきたいと思います。
小顔矯正をしていく時には多くの方は顔だけと言う感じなんですが小顔矯正をしていくときの顔だけというのは顔面骨という意味がありますが顔面骨というのも顔というのも頭蓋骨の一つです。

小顔矯正とは

つまり小顔矯正というのは頭蓋骨矯正ではありませんが頭蓋骨を小さくしていくということをしていくのが小顔矯正です。
小顔矯正をしていくときには頭蓋骨の顔の部分を小さくしていくことをしていくのが小顔矯正ですからどうやれば頭蓋骨の顔の部分を小さくすることができるのかということです。

当院では小顔矯正をしていく時にはボキボキしたりすることもなく電気などを使うこともなく無理やり顔を押さえつけたりすることもなく顔を小さくすることをしています。
当院ほど小顔矯正をしていくときに安心で安全な小顔矯正はないと思います。

ではどうやって顔を小さくしていくのかという問題なんですが顔を小さくしていくときにはマッサージをするような感じだと思ってもらえれば一番近いと思いますのでマッサージをするような感覚で顔を小さくすることをしていますがマッサージをしているわけではありません。

小顔矯正とは

顔を揉んでいるようなマッサージ間隔で顔を小さくすることができる特殊な技術を持っているからできる技ですからマッサージをしているようにしか見えないと思いますし小顔矯正を受けている方も実際にマッサージをしているような感じだと思うことがありますがマッサージをしているわけではありません。

顔が小さくなる

そして当院では小顔矯正をする前に自分の顔の大きさを覚えてもらうことをしていますが小顔矯正をする前と小顔矯正をした後 比べることができるのが特徴です。

そのためには顔を触って覚えてもらうことをしていますが顔を触るという行為は単純にただ手を当てればいいというわけではなく大きさを測るようにして触らないと小さくなっても分かりません。

小顔矯正をしていくときには顔が10 CM を20 CM を30 CM も小さくなることはありませんので1 CM だったり2 CM だったり3 CM だったりという感じで小さくなっていきますので1 CM 変わってもわかるように触らなければ小さくなったのが分かりません。
そのため簡単なんですが難しい触り方があります。
触り方はすごく簡単なんです。

顔を触って自分で

顔を触るときには自分の顔の大きさや幅、輪郭などの形を覚えておかなければいけません。
小顔矯正をする前の触り方というのは両方の手首を合わせるようにしてくっつけて手のひらと指を広げるようにして顔に当てるだけです。

しかしただ顔に手を当てただけではわかりません。
その時に一番重要なのは左右差を感じようとするということです。

顔の左右差を感じようとして触ると幅や形や大きさが集中力をました状態で手に伝わっていきますのでしっかりとわかりやすくなります。
顔の触り方をしっかりとしておかないと小さくなったのが分かりません。
小顔矯正をする前に院長と向かい合って説明をしますので一度、鏡で見て記憶してもらいます。
というのは触り方が大変難しいからです。

顔の形を確認

鏡を目で見て自分の顔をの出っ張りや張りを覚えてください。
何を覚えればいいのかと言うと例えばですけど右側全体的に顔が大きいような感じがするとか左側は一部分が大きいような感じがするとかという単純なことなんですが、いざ手だけで触ってみると大変難しいのが分かります。
まずは鏡で見て顔の形を覚えること。

顔の形が分かったら目を閉じて手だけで同じように感じるか確認してください。
多くの方が違うことを思うこともあります。
それほど目で見たものが手で触るのが大変難しいからです。
目で見た出っ張り色合いなどが手で触ると違うように感じてしまいます。
どちらを信じればいいのかというのは目で見た方です。

比べることをする

しかし目で見て顔の大きさや形というのは実際にどれぐらい変化したのかということは分かりやすいと思いますが当院ではどうしても手で感じてもらうことをしています。
というのは小顔矯正をした後に顔が小さくなったのがわかったら笑顔が違うからです。
顔を小さくしていくためには自分の両方の手のひらを顔に当てて 感じようとしなければ分かりにくいので手だけで幅を覚えるように練習をしてください。
実際に手で触って小さくなったのが分かるようにしていく小顔矯正をしているから自信があります。
必ず初回から顔が小さくなる小顔矯正です。

しかし小顔矯正をする時には一度で終わることはありませんので多くの方は顔が小さくなったら終わりだと思うでしょうが、それでは維持ができません。
実は小顔矯正と言っても体の状態が深く関係しています。
体の状態というのは疲れやストレスの蓄積です。
顔だけ小さくしても体に多くの疲れやストレスが溜まっていると持続力はありませんし終わった瞬間に戻っていくという方までいました。

疲れやストレスの蓄積

小顔矯正をしていくときには体に蓄積してしまった疲れやストレスの方が一番の問題になりますので多くなればなるほど限界なく溜まっていくのが疲れやすとレスです。
疲れやストレスというのは際限なくある部分に溜まっていきますので限界というのはありませんから毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することやいろいろな物事で多くなるばかりです。

しかし人は疲れたと言う割には減らすことをしていませんし考えることもしていません。
疲れやストレスが溜まってしまうと人は何をするかと言うと美味しいものを食べに行ったり焼肉を食べに行ったりうなぎを食べたりという感じだと思いますしまたサプリメントに頼り切っている方もいるでしょうから栄養と言うと疲れやストレスを減らすことができるのかという問題が考えなければいけないところだと思います。
確かに栄養でもよくなったような気がしますが食べる事で疲れやストレスが溜まる部分に多くの疲れやストレスを溜めてしまう結果になってしまいます。

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスがたまる所

疲れやストレスを溜めてしまう部分というのは内臓です。
しかし内臓と言っても病気と言ってるわけではありませんので何でもかんでも病気というのを関係づけることなく内臓に疲れやストレスがたまると言っているということです。
内臓に多くの疲れやストレスが溜まっていくことが原因で体は補正的に歪みやズレを起こしていきます。

例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたらその100 kg の体をぎゅっと絞ってみると水分が65キロにもなりますので体重の半分以上は水分で構成されているということです。
水分と言っても単純な水というわけではなく血液だったりリンパ液だったり体液だったり色々な水分です。

体のどこに疲れやストレスがたまる

水に何かが溜まるということは考えられませんので後残った部分に疲れやストレスがたまるところがあるということです。
あと残った35 kg の中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と中枢神経系と内臓しか存在していません。
35 kg の中で疲れやストレスが溜まるところというのは筋肉にもたまりなから内臓に蓄積していきます。
内臓に疲れやストレスが溜まることが原因で体は補正的に歪みを起こしていきます。
そして実は小顔矯正をしていくときには疲れやストレスも体にたまりますが体の中でも筋肉や内臓に蓄積していくと説明しましたが本当を言うと顔にも疲れやストレスが溜まっていきます。
顔に疲れやストレスが溜まると顔のむくみが起きたり脂肪が多くなったり顔が変形してありということが起こります。
顔に疲れやストレスが溜まっていくと顔には皮膚や筋肉や靭帯や脂肪や骨しか存在していませんのでこのどこの部分を解消すれば顔が小さくなるのかということを研究していくと確かに脂肪やむくみを減らすことでも少し顔は小さくなっていきますが単純にそれだけでは少ししか小さくすることはできませんし維持することもできません。
顔にできたむくみが脂肪を減らせばいいというわけではありません。
後残ったものは筋肉と靭帯と脂肪と顔面の骨しかありません。

疲れやストレスは内臓に

検査する小顔矯正

当院では小顔矯正をして行く時には検査することをしていますが検査をしてみると多くの方が顔に異常があるということがわかりましたが詳細に細分化してみると皮膚とか筋肉とか靭帯とか骨まで炎症を起こしているということがわかりました。
疲れやストレスが多く溜まっていくと皮膚も筋肉も人体も脂肪も炎症を起こしたり骨まで炎症起こして骨が変形しながら大きくなっていきます。

炎症というのは最低限のものですから炎症の上には晴れという状態がありますしハレの上にはタダレという状態も存在しています。
ここでは一番簡単な炎症と説明をしていますが検査をしてみると段階と言うか悪い状態の多くなればなるほどただれの状態になっている方もいます。
顔に炎症が起きていくと色々な部分が大きく膨らんでいきますので膨らんだ状態が顔に出てしまい顔自体が大きくなっていきます。

正常に戻すことで顔が小さくなる

これを正常に戻すことをしていくのが小顔矯正になりますので単純な小顔矯正ではなく顔に溜まってしまった疲れやストレスを減らすことをしなければ顔を小さくすることはできませんしそれ以上に顔だけではなく体の状態も確認しながら顔に多くの疲れやストレスが溜まっているのに体にたまっていないということはありません。

当院では検査することをしていますので検査をしてみて異常のある部分を見つけて正常に戻していくことをして顔を小さくすることをしていますが多くの方は顎の骨の部分を炎症や腫れやただれの状態になっていますので正常に戻すことで顎の部分は特にスッキリ細く引き締まっていくということが多く見受けられます。

最近は多くの方が疲れやストレスだけではなく睡眠負債状態で大脳を弱らせてしまっていますので大脳が弱った方は痛みやコリを感じにくくなっていくほど麻痺状態になってる方もいます。

睡眠負債と小顔矯正

睡眠負債というのはれているようで眠れていないことなんですが眠りというのは大脳が休養とって熟睡状態になってることを言います。
どんなに人が見て寝ているような感じに見えても格好だけしか考えていません。
人が横になって目を閉じてスースー寝息を立てていると誰でも寝ていると思うでしょうが格好だけではなく眠りというのは大脳が寝ていることだけを言います。
大脳が休養とって寝ていない限りは寝ていません。
夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えていますので夢を長時間見るということはありませんので脳が起こすトリックにはまってしまうと長く夢を見ていたと思いますが実は短時間の夢だということがあります。

睡眠負債と小顔矯正
2018年09月03日

腰痛

ボキボキしない腰痛

痛を改善していこうと思うなら腰痛の原因になっているものを検査することをして見つけ出さなければいけませんが原因を検査することができない方が多くいますので対症療法という治療法が存在しています。
対症療法という治療法は原因何かは関係なく楽にすることを中心にしていく治療のことです。

対症療法と腰痛

対症療法というやり方は湿布を貼ったりしても腰痛を楽にすることはできる可能性もあります。

インドメタシンや炎症や腫れを抑えることができるのが湿布ですから炎症や腫れから起きる軽いものでしたら湿布を貼ったりして急性状態の痛みを抑えることはできます。

しかし原因が残ったままになっていますから腰痛を起こしている原因というのは骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレですから残したままだと進行するということがありますのでこじらせたり坐骨神経痛になったり椎間板ヘルニアになってしまったり脊椎管狭窄症という症状になってしまうこともありますから単純に楽にすればいいというわけではないと思います。

また湿布を貼ることに限らずドラッグストアなどで売っているサプリメントや健康食品は飲んでも腰痛は楽にすることは可能かも分かりませんが栄養や何かのエキスで改善することをしても急性状態の痛みは取れて楽になることはあります。 しかし栄養や何かのエキスで骨盤の歪みや骨盤の開きが取れるとは考えられません。

単純に何かの痛みに効くということですから痛みにとっては何でもいいんだと思います。
頭痛薬と同じで頭痛薬というのは葉の痛み求めてわからなくすることができますし生理痛などに使われる痛み止めも同じことだと思いますから一時的に痛みを楽にしているだけだと思います。

対症療法ばかりして

腰痛と言うと家族の方に揉んでもらったり専門家の先生にマッサージをしてもらうことも有効な手段だと思いますがマッサージというのは筋肉に対して治療をすることですから筋肉だけで腰痛が起きていることはあまりないと思いますが筋肉の炎症や腫れは改善できる可能性もありますし楽になることもあると思います。

鍼灸やつぼを使った指圧ということもありますが指圧がつぼや鍼灸を使うよりも実際に鹿に行った方がいいと思います市骨盤の歪みは骨盤の開きは関係ありません。

整骨院や整体院やカイロプラクティック院で用いられている低周波治療器は電気というものもありますが機械、電気というのは刺激をしているだけですから刺激をしても楽になることがありますが骨盤の歪みは骨盤の開きが変わったわけではなく矯正できているわけではありません。

特に低周波治療器というのは定電流の電気をプラス端子からマイナス端子に流して筋肉を動かしていくことが目的ですからリンパの働きを良くなっている老廃物が多く流れていき循環は良くなります。

しかし原因が取れていないためまた元に戻りやすくなっていきます。

炎症や腫れなどが電気治療器、低周波治療器で取れることはありません。
腰痛は腰の痛みがある時には必ず炎症や腫れが存在していますから炎症や腫れをとるというのをを先にしていかなければいけませんので炎症や腫れが取れていくと筋肉、じん帯の問題を改善していかなければいけません。

腰痛は筋肉からも

腰痛を起こしている筋肉というのは腰周辺の筋肉が全て範囲に入りますので色々な筋肉が腰には存在していますが広背筋の筋肉というのが主だと思います。

腰痛を起こす時にはどうして起きたのかなぜをしていたら起きたのかと聞くと重たいものを持ったりしたら腰が痛くなったとか座って畑の仕事をしていたら立とうとした時に腰が痛くなったとか車の運転をしているとズキズキして腰が痛いとか何かを取ろうとして前かがみになって手を伸ばしたら腰が痛くなったとか下向きに寝て本を読んでいると腰が痛いとか、
布団に寝て朝起きたらいつも腰が痛いとかくしゃみをしただけで腰が痛いとか靴下を履こうとしたら腰が痛くなったとか色々な腰痛の原因だと思われるものが存在していますが、これらは原因ではなくて切っ掛けです。

腰痛になる時にはきっかけとあるものが存在してい両方が揃った時に腰が痛くなります。
必ず片側だけでは起こりませんので両方の物が重なった時に腰が痛くなって腰痛になるということです。

ではもうひとつの原因は何なのかということなんですが、その原因は骨盤の歪みは骨盤の開きなんです。

しかし骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレというのも原因がなくて起きることはありませんので必ず原因が存在しています。

多くの整体院やカイロプラクティック院治療というのは骨盤の歪みや背骨のズレをボキボキしたりすることで改善していくことを持って行きなんですが単純に表面上の歪みやズレを矯正すればいいというわけではありません。

骨盤の歪み・背骨のズレ

整体院やカイロプラクティック院では 、表面上といえば表面上なんですが表面上のものを改善していくことをするために矯正したりボキボキしたりすることをしていくのが整体やカイロプラクティック院です。

後はマッサージをするわけではありませんが筋肉を揉んだり低周波治療器は電気などをかけるのが整体院カイロプラクティック院特徴ですが他とはできないのはボキボキしたりすること、骨盤の歪みや背骨のズレを矯正できるのが特徴です。

しかし当院では他の整体院やカイロプラクティック院とは違いますのでボキボキしたりすることもなく痛いこともなく体を整えていくことをしています。
ではどうして骨盤の歪みや背骨のズレが起きるのかという問題なんですが毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することや体を動かしたりすることや動かさなくても多くなったりするものが原因です。
毎日毎日の生活で運動することで仕事をすることで多くなるものがあります。
それがすべて体に蓄積していくのが原因で骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレになっています。

しかも多くなるだけではなく体のどこかにたまって言っているのが原因なんです。
体に溜まるというものは疲れやストレスです。

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスというのは大変、多くの方に溜まっていますので溜まっていない方はいません。

実は疲れやストレスと説明していますが疲れやストレスというのは同じ意味になります。
疲れの蓄積してたまったものがストレスになりますのでストレスというのも色々な分野があるということです。

精神的なストレスもあれば肉体的なストレスもあれば色々なストレスが存在しています。
すべて疲れという意味になります。

ストレスという言葉を簡単に言う方ほどよくわかっていないのになんとなく使っている場合が多くありますのでストレスという英語はありません。
ストレスというのを誓い意味で探せば抑圧や欲求不満という意味になります。
ストレスが溜まったという時には抑圧が溜まったと言い換えることができますが意味が通じません。

ストレスが溜まったということを欲求不満が溜まったといういえばなんとなくは近づいていきます。

しかしストレスが溜まったという時は精神的なストレスが溜まったのか+肉体的なストレスが溜まったのかという情報が重なった時にストレスが溜まったと言ってることを言いますがカラオケに行っても精神的なストレスが発散できる可能性もあるんですが歌を歌うことでエネルギーを消費してしまいますので肉体的には疲れをためてしまいます。

疲れやストレスの蓄積

多くなるばかり疲れやストレス

旅行や温泉に入っても精神的なストレスは発散ができる可能性はありますが行くためには電車に乗ったり車に乗ったりすることで疲れやストレスが多くなるばかりです。

普通一般的にはストレス発散と言ってるのはエネルギーを発散していることになりますがエネルギーというのはストレスが多く溜まってしまうと偏ってしまいますので偏ってしまったエネルギーを消費してしまったということで全体的に消費傾向を示していることがストレス発散になります。

しかしエネルギーというのは消費してしまうということはよくありません。

エネルギーは多ければ多いほどいいわけです。
しかし多すぎるエネルギーも困ったものになります。

人の体には弱い部分とそうでもない部分というのが存在しています。
そうでもない部分は何も起こすことはありませんし先将来につながることもありませんが弱い部分というのはそうはいきません。

弱い部分というのは疲れやストレスを溜めやすくなっていきますので疲れやストレスを溜めてしまうと体の歪みやズレを起こしていきます。

疲れやストレスが蓄積する場所

例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると水分が65 kg にもなりますので体重の半分以上は水分で構成されているということなんですが水分と言っても単純な水ではなく血液だったりリンパ液だったり体液だったり色々な部分に水が存在しているということです。

水に疲れやストレスが溜まるということはありません。
ということは水以外、つまり35 キログラムの中に疲れやストレスがたまるところがあります。

35 kg の中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と中枢神経系と内臓しか存在していません。

この中で疲れやストレスが主にたまりやすいところというのは中枢神経系も内臓の一部だと考えれば内臓と筋肉になります。
しかし内臓と言っても病気と言ってるわけではなく内臓に疲れやすですがたまると説明しています。

勝手に病気と考えることなくしっかりと説明を聞いてください。
内臓というのは運動したり生活したり体を動かしたりすることでも疲れやストレスを置くためてしまいますが自分で消化したりアルコールなどを分解したりすることでも呼吸したりすることでも多くの仕事をしていますので内臓が仕事をすることが原因で疲れやストレスを溜めてしまうこともあると思います。

内臓疲労が腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどに

ですから体が弱った時にはアルコールの分解がまずできなくなったりすることもありますし油文が多い食事をしたらお腹を壊したということもあると思います。
ですから食べればいいというわけではなく食べたら栄養になりますが内臓がそれをコントロールできるのかということを問題視しなければいけません。

病院というところは病気の専門家の先生がいるところですから病気として完成したものは分かると思いますが完成する前ではわかりませんし完成する少し前だったら数値的な異常が出て気をつけなさいよとかいう感じで言われる可能性もあります。

病院に行う検査というのは病気の検査です。
病気として完成したものが分かります。

健康な細胞から半年や一年で病気の細胞に進行して変化するということはありえません。
健康な細胞から変化していくためには10年や20年かかると言われています。

しかし健康な細胞から病気な細胞に変化して行く途中で色々な症状が起きています。
その時に起きる症状は病気ではありません。

腰痛や肩こりや頭痛や生理痛は生理不順や便秘などで起きている可能性があります。
体に起きる色々な症状というのは必ず何かが関係していますので何かが関係しているということは内臓が関係しているということなんですが病気というわけではなく 弱い内臓に疲れやストレスが溜まっているということです。

弱い部分に疲れやストレスが

人の体は必ず弱い内臓とそうでもない部分がありますので弱い内臓というのは疲れやストレスを溜め安く疲れやストレスを溜めてしまうと骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨が不安定状態になってズレていきます。

腰痛を起こす内臓というのは腎臓です。

腰痛=腎臓というイメージがあるぐらい腰痛は腎臓に関係しています。
腎臓が弱った時に関係する筋肉が存在していますのでこの筋肉というのは骨盤を固定している筋肉にもなりますので股関節の内側から背骨についていたり骨盤の内側についている筋肉です。

その筋肉というのは大腰筋という筋肉と腸骨筋という筋肉になりますので両方合わせて腸腰筋と言います。

この筋肉のバランスが悪くなったのが原因で骨盤が開いたりしていきます。
さらに便秘などで大腸が弱っている方は骨盤が不安定になっています。
生理痛は生理不順がある方は骨盤の下の方の部分が開いたり歪んだりしています。

腎臓と相まって起きるのが骨盤の中に入っている内臓になります。

必ず歪みやズレが起きる時には内臓がなにかのトラブル思った時でありトラブルを持っていくと骨盤の歪みは骨盤の開きになります。

腎臓から腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどに

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院。

2018年08月27日

小顔矯正

初回から顔が小さくなる小顔矯正をしていますが小顔矯正をしていく時にはボキボキしないし痛くもない小顔矯正をしています。
小顔矯正をしていくときには受けに来た本人に顔を触ってもらい変化を体験できるのが特徴です。
小顔矯正

そのために触り方がありますので触り方を説明するようにしていますが簡単な触り方なんですが簡単だと思って触ってしまったかたほど分からないという方がいますので小顔矯正と言っても10 CM 、20 CM 、30 CM も顔が小さくなることはありません。

小顔矯正とは

小顔矯正をしていくときには顔が小さくなるのは1 CM だったり2 CM だったり3 CM だったりという感じだと思いますので1 CM 変わってもわかるように顔を触っておいてください。

小顔矯正に入る前に鏡で見て自分の顔の形を覚えてください。
何を覚えるのかと言うと顔の形というのは左右が対象ではありませんので左右がどれくらい

違うのかということを目で見て確認をするわけです。
必ず顔には左右差が存在していますので左右を確認しながら目で見て覚えるということをします。

左右差というのは例えばですけど右側の顔全体が大きいとか左側の一部分が出っ張っているとかいう感じで左右差が存在します。

顔を鏡で見て

鏡で見てそれがわかったら目を閉じて顔を触ってみてください。
形が同じように感じるかどうかがありますが多くの方が逆を言うこともあります。

鏡で見て目で判断したわけですから同じことを感じなければいけませんので例えば右側が出っ張っているんであれば目を閉じて顔を触っても同じように感じなければいけません。
ということを理解してもらった上で顔を触ってもらいます。

顔を触る時には目を閉じて触った方が分かりやすいという場合もありますのでしっかりと集中しながら顔を触ってみてください。
顔を触る時の触り方なんですが両方の手首を合わせるようにして顎の部分に当てます。
そして手のひらと指を顔にくっつけるだけなんです。

顔の触り方

しかし手のひらと指を顔にくっつけただけでは手を置いているだけですから顔の形をわかっていません。

手を置くだけではなく、手を当てるだけではなく顔の大きさや形を感じようとして触らなければいけませんので左右差を感じ取るようにして触ってください。
左右の違いを感じようとする時には手の感覚神経がよく働きますのでよく働くことが大脳の感覚神経を働かせることにもなりますから左右の違いをしっかりとわかるようにしてもらいます。

これができないとどんなに小さくなっても分かりません。
触り方は簡単なんですが感じようとすることをしないと分かりません。

しかし多くの方が小顔矯正を希望されて訪れますが院長が体調はどうですかとか調子は悪くないですかとか聞くと全員の方が同じ答えを返してきますが院長は検査することができますので検査をしてみると骨盤の歪みや骨盤の開きや背骨のズレが大きくあるのにという逆のことが確認できます。

顔のさわりかた

 

骨盤の歪み・背骨のズレ

骨盤の歪みは骨盤の開きや背骨のズレがあるということは体調の悪さを示しています。
体調が悪い方ほど小顔矯正をしても戻りやすくなりますので維持することは困難になりますし小顔矯正をした後にだるくなる方もいます。

小顔矯正をしたにも関わらず顔を小さくなったぶんだけ体調や体力を奪われてしまう結果になりますので体調や体力の低下でエネルギーない方ほど揉み返しではありませんがだるくなります。

自分で思っているほど体調や体力は良くない方が多くいますがそれを説明するのも自分でわかっていないから厄介なんです。

何も痛みやコリを感じていなければ体調が良いのかということはありません。
疲れていたりだるくないからといって体調が良いとは限りません。
痛みやコリや体調の悪さというのは脳は感じ取ることなんですが最近は多くの方が睡眠負債状態になっています。

睡眠負債と小顔矯正

睡眠負債というのは寝ているようで眠れていないんです。
不眠症でしたら寝ようとすると1時間も2時間も眠れなかったり夜中に何回も目を覚めてしまうという方が不眠症でした。

しかし睡眠負債状態は不眠症とは違い目が覚めにくいのが特徴なんです。
小顔矯正をして行く時には何をして顔を小さくしているのかと言うと検査をしてみると顔にも疲れやストレスが溜まっているということが多くありますので毎日毎日の生活や仕事をすること屋運動することや精神的な緊張を与えられることで疲れやストレスが体に溜まっていきます。

この疲れやストレスが顔にも溜まっているということで顔に溜まっていくと顔には皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨しかありません。

これのどれを取って小さくすれば顔を小さくできるのかということなんです。
顔を小さくすることができるのは体調の悪さから多くなってしまった脂肪やむくみを減らしていくことでも顔は小さくなっていきます。

顔の脂肪と浮腫み

しかし脂肪というのは太りなんですが顔のむくみというのは体調の悪さを示していますのでむくみが多すぎてぶよぶよになっている方もいますし、皮膚が垂れ下がっている方もいます。

体の状態が顔に出てしまっていることが多くありますので特に顔が歪んでいる方は身体全体の状態を表していますのでしばらくの小顔矯正が必要になりますが小顔矯正と言っても美容的な小顔矯正や何かのクリームを塗ったりスチームをかけたりする小顔矯正では長続きはしません。

表面上に何かを塗りながらマッサージをするような感じで小顔矯正を受けているシーンがテレビなどで見られますが表面上をいくらクリームを塗ったり汗を出すようなことをしても効果的にはあまりないと思います。

当院の小顔矯正は異常のある部分を見つけ出して正常な状態に戻していくことで顔が小さくなるという小顔矯正です。

顔を検査する

検査することができますので検査をしてみると小顔矯正を希望されて訪れた方、全員が体調を落としていると説明しましたので体調を落としていると顔にも疲れやストレスが溜まることが多くありますので顔に疲れやストレスが溜まると色々な部分に炎症や腫れを起こしています。

顔の炎症や腫れが起きると特に起きている部分を説明すると骨が炎症起こしています。
しかし顔の骨というのは頭蓋骨の一つでもあります。
顔を小さくしていくということは頭蓋骨矯正ではありませんが頭蓋骨に何らかの影響を与えたりします。

よく考えたらわかると思いますが頭というのは顔と大脳を納めている頭蓋骨に分かれます。
頭蓋骨に影響を与えることなく顔を小さくすることもできますが正常状態に戻していくことで顔が小さくなっていくという小顔矯正をしていますので初回から顔が小さくなっていきますが無理矢理、顔を押さえつけたり痛いということはありません。

小顔矯正を希望されて訪れた方、全員の検査をしてみると 特にですが顔の骨が炎症を起こしているということがありますので顔の骨が炎症を起こしていると骨が大きく左しながら変形していきます。

アゴのラインがスッキリ

特に顎の骨の部分は全員の方が炎症や腫れがひどく骨が変形しながら出っ張っていきますので張った状態を正常に戻すことができれば顔の時に顎のラインが細くをスッキリ引き締まっていきます。

顎の骨が炎症を起こしたり腫れたりしていると骨の変形起こしたりしますので変形したものは簡単には戻ることは普通はありませんが当院ではそういう小顔矯正をしています。
毎日毎日の疲れや仕事をすることや生活することや運動することや精神的な緊張などで疲れやストレスは多くなるばかりなんです。

疲れやストレスというのは体に溜まるということは分かっていると思いますがどこにたまるのかという問題がありますので疲れやストレスは体にもたまりながら顔や頭にも溜まっていきます。

それを見つけ出して検査することができれば正常に戻す可能性ができます。
正常に顔を戻していくことが顔を小さくする結果になっています。
本当に今まで30年間、小顔矯正をしてきて一人も異常が顔にないという方はいません。

全員の方が顔が小さくなっていると説明を加えましたので全員の方が骨の炎症や腫れが起きているということが言えると思います。

骨の炎症やハレ

骨の炎症や腫れというのは大変厄介なものですから一度起きたものは永久的に変わることはありません。

顔の皮膚をつまんで見ると分かると思いますがどれくらい脂肪が多くなっているのかということがわかります。

顔の筋肉というのはそんなに多くはないし分厚くもありませんので顔の皮膚をつまんでみると指先に感じるもの全てが正常なのかということを疑う必要があります。

小顔矯正をしていく時にはマッサージをするような感じで小顔矯正をしていきますがマッサージをしているわけではありませんしマッサージ感覚で顔を小さくすることができる小顔矯正です。

実際に小顔矯正をする時には顔を揉んだりマッサージをしながら小顔矯正をしていくのが当院の特徴でもありますから本当にマッサージを受けるような感じで顔を揉んだりしているだけで徐々に顔が小さくなっていきます。

小顔矯正

 

骨の炎症やハレを解消

小さくなっていく理由は先ほど説明しましたので骨の炎症や腫れを正常状態に戻していくと特に顎の骨はすっきり引き締まっていくという小顔矯正です。

しかし最近は睡眠負債状態の方が多くいますので睡眠負債状態というのは寝ているようで眠れていないことなんですが目が覚めなければ寝ていると勘違いしてる方が多くなっています。

夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えています。
しかしさらに浅い睡眠があります。

浅い睡眠の事を寝ながら考え事をしている睡眠と言います。
寝ながら考え事をしてる睡眠というのは大脳を急激に弱らせていきますので目を覚ますことはありません。

小顔矯正をしていくときに一番、近くにあるものは大脳です。
睡眠負債状態で大脳が弱ってしまっていると影響は大きく顔がぶよぶよしたり皮膚が分厚くなったりたり下がったり顔の変形が起きていきます。

睡眠負債と小顔矯正

大脳が弱ってしまっていると大変な結果を招いていきますので物忘れがうっかりが多くなっていきます。

体にも多くの疲れやストレスが溜まり大脳まで弱ってしまった方は顔が維持することができませんので小さくしてもを取りやすくなりますし立った瞬間に戻っていくという形までいましたので初回はいろいろなことをしてしまうとだるくなってしまう可能性がありますので初回は顔だけ触って小さくすることに専念していきますが顔だけ小さくしても体がだるくなったという方はいます。

小顔矯正をして行く時にはおきぼきもしないし痛くもないし怖くもない小顔矯正をしていますが検査すると正常に戻すことができますので正常に戻せば顔は小さくなっていきます。

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院

2018年08月24日

肩こり

肩こり

つらい肩こりを楽にしていくためには筋肉のこりからほぐしていくようにしていますが慢性化した肩こりを繰り返しやすい肩こりというのは原因があります。
肩こりを繰り返しやすい形や長期間肩こりになっている方は筋肉が徐々に硬くなっていくこともありますので固くなったものは永久的に固くなってしまっていることもあります。
筋肉が硬くなる時には一時的に固くなる場合と永久的に固くなる場合があります。

筋肉が固くなる

筋肉が一時的に硬くなるものは揉んだり肩や首や腕を動かすことでも少しは解消していきますが永久的に固くなったものは何をしても変わることはありません。

永久的に固くなったものというのはほぐそうとしてもほぐれるものではありませんので慢性化した肩こりや長期間、肩こりになっている方ほど筋肉が徐々に硬くなることがありますのでこの現象のことを筋肉の老化と言います。

体が年を取るように筋肉も老化することがあります。
筋肉が老化してしまうと筋肉だけでは済まなくて周辺や筋肉の部分にある神経や血管やリンパなども固くなっていきますし皮膚も固くなっていき脂肪も固くなっていくということが起こります。

筋肉だけが固くなることない

つまり筋肉だけではなく全てのものが硬くなっていくということが起こりますので老化から来る方さはマッサージをしてもモンでも湿布を貼っても取れることはありませんのでマッサージ、低周波治療器をかけている時だけ、しばらくはいいかも分かりませんがまた元に戻ってしまいます。

肩こりを繰り返しやすい方やいつも肩が凝っている方というのは筋肉がどうなっているのかということを考えなければいけません。
単純に何も原因がなくて筋肉が凝ったりすることはありませんから何かの原因が関係していると考えなければいけませんが多くの治療院では検査をすることは大変難しく目で見たものしか分かりませんので対症療法ばかりしていることがあり対症療法というのは原因を改善するのを遅らせる結果になります。

対症療法と肩こり

普通一般的には多くの治療院で肩こりを解消する方法は対症療法になっている場合が多くありますので対処療法というのは原因を探すことはなく見つけることもなく楽にすることをしているだけです。
対症療法というやり方は例えばですけど湿布を貼ったりすることでも一時的に肩こりが楽になることもあります。
ドラッグストアで売っているサプリメントや健康食品を飲んでも肩こりを楽にすることはできます。
家族の方に揉んでもらったり専門家の先生にマッサージをしてもらうことでも肩こりが楽になることもあります。

整骨院、整体院、カイロプラクティック院などで低周波治療器や電気などをかけてもらうことでも肩こりは楽になるでしょう。

対症療法と肩こり

楽にすることが優先

しかし楽になることは楽になることでありそれがまずは前提条件ですが楽になることばかりしていると原因もいつのまにか進行してしまっているという方があります。

原因もいつまでも同じままではいられませんので原因が進行したものが厄介な状態になっているということで単純な肩こりつまり筋肉のこりなのかどうかということを検査しなければいけません。

肩こりには肩こりになる原因がありますが一時的に楽にできる対症療法が多くありますので楽にすることはできるかも分かりませんが原因が残ったままになっているとしばらくは対症療法を受けたら楽になることもあるでしょうけど原因がある場合は進行するということです。

肩こりの原因

多くの肩こりの場合原因が潜んでいますが原因を見つけることは簡単なことではありませんし原因から改善していくということは対症療法をやっているよりも数回から数十回ぐらいかかることもあります。

毎日毎日の生活をすることや仕事をすることや運動することで筋肉疲労をより多く食べてしまっています。
普通は筋肉疲労をためてしまうことで筋肉がより緊張したり疲労したりしますので肩こりになります。

何も原因がなくて肩が凝ったりすることはありませんからどうして肩こりが起きるのかどこから肩こりになっているのかということを見つけ出すことが必要になりますからそのためにも検査することをしています。

今まで30年間肩こりを解消してきて筋肉のコリだけで起きている肩こりというのは見たことがありません。
その先にあるものを見つけ出すことをしています。

筋肉ほ骨から骨へ

筋肉というのは骨から骨にくっついていますので骨が動いたり移動したりすることで筋肉が引っ張られていきます。
筋肉が引っ張られた状態がリンパの働きを悪くなっているが老廃物が多く蓄積していき循環が悪くなるということで肩こりになります。

筋肉のコリが起きるのは多くの場合、背骨がずれていることが多くあります。ですから背骨のズレを矯正することで筋肉は正常に戻る場合もありますので筋肉だけ、ほぐして終わりではなくその先にあるものを見つけ出さなければいけません。
しかし背骨のズレを矯正すればいいというわけではなくどうして背骨のズレが起きたのかという原因が裏側に潜んでいます。

筋肉疲労

背骨のズレ

背骨のズレを起こしている原因というのは毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することやいろいろな物事で多くなっていくものが体に溜まったのが原因です。
体にたまるものというのは疲れやストレスです。

しかし体に溜まると言いましたが体のどこにたまるのかという問題があります。
疲れやストレスというのは例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると水分が65 kg にもなりますので体重の半分以上は水で構成されているということなんですが水と言っても単純な水ではなく血液なったりリンパ液だったりという水です。

水に疲れやストレスが溜まるというのは考えられませんので後残った35 k の中に疲れやストレスがたまるところが存在しています。
35 kg の中にはリンパと神経と血管と皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と中枢神経系と内臓しかありませんのでこの中で疲れやストレスがたまりやすいところというのは中枢神経系も内臓の一部ですから 内臓と筋肉に疲れやストレスが溜まるということです。

内臓疲労が肩こりに

しかし内臓と言うと多くの方が病気というのをイメージしますが病気というわけではなく内臓に疲れやストレスが溜まるということも起きるんです。
付け加えておきますが病院というところは病気の専門家ですから病気として完成したものを血液検査や尿検査で判断することをしています。
話は戻しますが肩こりというのは内臓に溜まった疲れやストレスが原因で体が歪んでしまったのが原因です。
疲れやストレスというのは身体全体にたまりながら弱い内臓に溜まっていきます。
人の体というのは弱い部分とそうでもない部分というのが存在しています。
そうでもない部分というのは肩こりにつながることはありませんが弱い部分には疲れやストレスが溜まりやすく体の内側から崩れることが起こりますので体の崩れから骨盤が歪んだり骨盤が開いたり背骨がずれたりしていきます。

背骨のズレと内臓

特に背骨というのは内臓に直結していますので弱い内臓の部分は何が起こりやすくなります。
何と言っても数ミリだったり1 CM ぐらいのズレなんですが筋肉が引っ張られるのが1cm 引っ張られても緊張やこりが強くなってしまいます。
特に肩こりを起こしているのは肩の部分の骨が関係しますので肩の部分の骨の内臓というのは心臓や肺、横隔膜が中心になります。
つまり疲れやストレスが溜まりやすく肩こりになっている裏側の原因というのは心臓や肺や

横隔膜の何らかのトラブルだと考えられます。
肩こりになりやすい方は胸苦しさや息苦しさや咳が出やすい、胸の辺りで時々チクッとする痛みがあるとかいう方、時々心臓が動悸があるとか言うことが時々起きている可能性があります。

内臓から症状が出ている

特に胸の辺りで時々チクッとする痛みが起きたりする時には心臓に何らかの問題が起きている可能性がありますがいつも起きることはなく忘れてしまった頃に起こます。
最近は多くの方が睡眠負債状態になっています。

睡眠負債状態というのは眠りが浅いのが原因なんです。
不眠症というのは夜寝ようとすると1時間も2時間も眠れなかったり夜中に何回も目を覚ましてしまったりという方が不眠症でしたが睡眠負債状態の方が目が覚めることがありません。
目が覚める事がないために寝ていると勝手に思っている方がいますが眠りというのは大脳が休養とって寝ていることだけをいいます。

大脳疲労が肩こりになる

大脳が休養とっているよ眠りというのは熟睡状態です。
夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えていますので長く夢を見ていたと思っても動画を越すトリックであり数秒の時間だったり数分の時間です。
夜寝ている時にも夢を一回見ているということはなく数回見ている可能性もあります。
しかし圧倒的に時間を多く消費してしまっている眠りというのは寝ながら考え事をしている睡眠です。
寝ながら考え事をしている睡眠というのは目が覚めた瞬間に忘れてしまう睡眠でもあります。
そのため多くの方が気がついていないことが多くあります。
睡眠負債状態や不眠症はどれだけ体を弱らせていくのかということがありますので不眠症や睡眠負債状態の原因を見つけ出さない限りは弱い内臓に疲れやストレスが溜まりやすく肩こりになります。

肩こりには」

睡眠負債から肩こりに

睡眠負債状態の方は徐々に大脳を弱らせていきますし大脳が弱ったら大移動だけでは済まなくて体を弱らせていきます。
弱ったものが弱っただけではすみませんから細胞の急激な現象が起きていきます。
睡眠負債状態というのは負債を返すことはできません。
一度、睡眠負債状態になってしまったものは何かが体の変化を急速に起こしています。

急速に進んでしまったものはいつかは何らかの形で浮上してきます。
睡眠負債状態というのは怖いものがありますが寝ながら考え事をしている睡眠に代表されるように体は色々な状態を起こしていきますが大脳がどんどん弱っていくことが原因で風邪をひきにくくなります。

インフルエンザや風邪の細菌が体内に入っても大脳が元気だから発症させて熱を上げて細菌やウイルスを殺そうとしますし減らそうとします。

大脳が元気だから

大脳が元気でなければ門が空いた状態ですからインフルエンザウイルスや風邪の細菌は入りぱなしになって多くなっていきますが大脳が弱ってしまっていると何も起こりません。

インフルエンザウイルスや細菌などが体内に入った状態で発症しない状態のことを隠れインフルエンザとか隠れ風と言います。
こういう状態で肩こりになっているか違いますので厄介な状態だということですから大脳を元気にしていことをしなければいけませんが大王は色んな所に関係を起こしていますので突き詰めるまで時間がかかります。

簡単には大脳が元気ならない

簡単にはいかないのが大脳の問題から起きる肩こりです。
大脳が弱ってしまうと一番に弱っていくのは心臓や肺や横隔膜になりますか。
最近は肺の形が変わった形まで多くいますので猫背になるほどハイが丸くなっているか違います。

肺の形が変わって横に広がった方もいます。
肺の形が変わってなが細くなったかたまでいます。

2018年08月23日

腰痛を楽にするなら骨盤の歪み・背骨のズレから

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

腰痛は腰の痛みが起こりやすい方や繰り返しやすい方は原因から改善していかないといつまでたっても繰り返し安く痛みが慢性化していきます。
腰痛には腰痛になる原因がありますので原因から改善していかないと表面上の痛みだけ楽にすることをしていても原因が残ったままになっています。

腰痛や腰の痛みと言うと重たいものを持ったりして痛くなったとか何かを取ろうとして体を伸ばした時に腰が痛くなったとか何かをしていて痛めてしまうことが多くありますが裏側には骨盤の歪み、骨盤の開きあります。

骨盤の歪み・背骨のズレ

必ず体というのは何かな症状が起きる時には原因が存在しています。
しかし原因を治すことなく楽にすることができます。

原因を治すことなく楽にすることができるために原因が残ったままになっています。
銀を治すことなくまた見つけることもなく楽にする治療というのは対症療法という治療になります。

多くの治療法が対象療法の治療に入ってしまっているために腰痛を起こしている本当の原因が残ったままになっています。
対症療法という治療法はドラッグストアなどで売っている痛み止めの薬を飲んだりすること屋健康食品やサプリメントを飲んで痛みを抑えることもできます。

家族の方に湿布を貼ったりしてもらっても楽になることもあります。
家族の方に揉んでもらっても楽になることもできます 。
専門家の先生にマッサージをしてもらっても腰痛が楽になることもあります。
低周波治療器や電気などをかけても腰痛は楽になることもあるでしょう。

しかし原因が残ったままになっています。
原因が残ったままになっていると進行していくこともあります。悪さというのはいつまでも同じままではいられませんし同じままではないということなんですが。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどの原因

腰痛には腰痛になる原因がどこかに存在するから腰痛になってしまう理由。
この原因を見つけ出すこともなく楽にすることばかりしているといつのまにか原因は進行してしまい悪化させた状態で出てくるか椎間板ヘルニアとしてててくるか坐骨神経痛として出てくる場合もあります。

腰痛を起こす原因は骨盤の歪み、骨盤の開きです。
骨盤の歪みや骨盤の開きというのは誰でも起きているものなんですが経路があります。

程度というのは軽いものから中程度のものから重症程度のものからひどすぎるものから色々あるということです。
軽いものは何も感じることができませんので痛みになることはありませんがこの段階では誰でもある可能性があり。

しかしここで違うのが大きくなるのか、ならないのかの違いです。
骨盤の歪みが大きくなってしまう時もあれば少し歪みが減ることもあります。
骨盤の歪みが大きくなった時に重たいものを持ったりしたら腰を痛めてしまう結果になりま。

骨盤の歪みが最大限広がった時には何をしても腰痛が起きるきっかけがあれば起きてしまいます。

骨盤の歪みは骨盤の開きが起きる原因は毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することやいろいろな物事で体を動かしたりすることが原因です。

毎日の生活で蓄積するもの

いろいろなものごとで積み重なっていくとものというのは疲れやストレスです。
体には多くの疲れやストレスが溜まっていますので疲れやストレスが溜まっていない方はいません。

人の体は生きている限り疲れやストレスと付き合っていかなければいけませんので生活することで色々な疲れやストレスが体に溜まっていきま。

しかし疲れやストレスも溜まるところがあります。

例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると水分が65 kg にもなりますので体重の半分以上は水分ということなんですが水分といっても血液だったりリンパ液だったり脳脊髄液だったり色々な水が存在しています。
この水が65 kg にもなるということですから水に疲れやストレスが溜まるということはないと思います。

では後残った35 km の中に疲れやストレスがたまるところがあります。

疲れやストレスのたまる所

35キロの中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と中枢神経系と内臓しかありません。
主なものをあげてみてもこの中で疲れやストレスがたまるところがあります。

疲れやストレスがたまるところというのは中枢神経系も内臓の一部ですから内臓と筋肉に疲れやストレスが溜まるということが挙げられます。
内臓に溜まって行く疲れやストレスというのは多くの方々待っているものですから構っていない方はいませんので体を動かしたりすることでも疲れやストレスが内臓に蓄積していきます。

筋肉よりもより多くの疲れやストレスを溜めてしまうのが内臓です。
そして体を動かしたりすることだけではなく人は食べたりしますので食べたり呼吸をしたりすることでも働いてくれていますので働くことで内臓は疲れを溜めていきます。

腎臓疲労から腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどに

体を動かす事だけではなく

食べたものを消化したりアルコールなどを分解したりすることでもすごく働いてくれているのが内臓です。

内臓が働いてくれている時でもエネルギーを消費してしまいますので何もしなくても体を動かさなくても寝ているだけでもお腹は空きます。
内臓が働くことで動くエネルギーを生産してくれたり栄養成分を生産してくれていますが自分自身も動いたり働いたりすることで疲れやストレスが多くなるのは当たり前です。

この疲れやストレスが人の体の弱い部分に泊まっていきます。
人の体には弱い部分とそうでもない部分が存在しています。
そうでもない部分は何も痛みやこりに繋がってしまうことはありませんが弱い部分はそうはいきません。

弱い部分にたまる

弱い部分というのは関節の場合もありますが関節の場合もあります。
弱い部分というのは子供の頃から色々な症状を起こす場合もありますので風邪をひきやすい方は免疫の気管が弱いということになりますので風邪をひきやすくなります。

腰痛になりやすい方は弱い内臓に疲れやストレスが溜まると説明しましたので腰痛に関係する内臓というのは体の中でも色々なものがありますが腎臓になります。
腰痛と言うと必ず腎臓が深く関係していて黒幕になっています。

まず第一に弱い腎臓に疲れやストレスが溜まり徐々に腎臓の働きが低下していきます。
腎臓の働きが低下していくと腎臓に関係する筋肉がバランスを悪くしていきます。
腎臓に関係する筋肉というのは大腰筋と腸骨筋という筋肉です。

大腰筋と腸骨筋という筋肉は股関節の内側についていますのでこの筋肉が収縮起こしたり緩んだりすることで骨盤が開いたり歪んだりしていきます。

骨盤が不安手になると腰痛になる

骨盤が開いたり骨盤が歪んだりすると骨盤が不安定状態になっていきますので不安定状態のある時に重たいものを持ったりすると体を支えることができません。
体を支えることができないためにくしゃみをしても痛めてしまうことがあるということです。

しかしこれらを直さなくても湿布を貼ったりしても良くなることもありますしマッサージをしても良くなることもありますしサプリメントなどを飲んでも楽になってしまうこともありますし低周波治療器をかけても楽になってしまうことはあります。

しかし楽にしても骨盤の歪みは骨盤の開きは残ったままになっていますし骨盤の歪みは骨盤の開きが起きた原因である腎臓の疲れやストレスは残ったままですから腎臓疲労がどんどん進んで行くということも起こります市骨盤の歪みは骨盤の開きが進行するというよりも筋肉、靭帯が伸びた状態ですから伸びた筋肉靭帯は徐々に硬くなっていきます。

骨盤の歪み・背骨のズレから腰が痛くなる

骨盤の歪みや骨盤の開きが起きた時には必ず周辺にある筋肉 、じん帯の影響を受けてしまいます。

骨盤の歪みは骨盤の開きだけで済むかと言うとそういう問題ではなく筋肉靭帯も固く老化していくということが起こります。
これは肩こりの方にも言えます。
肩こりというのも背骨のずれが原因ですから、 筋肉というのは骨から骨にくっついていますので骨が動くことが原因で伸ばされたりして緊張した状態や緩んだりします。

正常な状態から動いてしまうと筋肉はいつまでたっても引っ張られたままで伸び切ったままになっていますので伸びきったままではリンパの働きを悪くなって老廃物が多く蓄積していき循環が悪くなることはもちろんですが伸びきった筋肉もいつまでも同じままではいられませんし若い筋肉ではいられません。

筋肉が固くなる

筋肉も体と同じように老化していきますので筋肉が伸び切ったままでは老化のスピードが急激に早くなっていきます。

また腰痛の原因である骨盤の歪みや骨盤の開きを残したままだとすると脊椎管狭窄症という症状にもなってしまうということもあります。
腰痛を悪化させたものが坐骨神経痛であり椎間板ヘルニアです。
椎間板ヘルニア、坐骨神経痛も特別なものでもありません。

対症療法ばかりして楽にすることばかりしていると色々なものに進行していくということが考えられますがまずは第一に骨盤の歪みは骨盤の開きそして筋肉の状態のものを検査して見つけ出すことをして正常レベルに戻していくことが一番大切になります。

内臓疲労が腰痛になる

最終的には腎臓の部分にも何らかの手を加えなければいけません。
弱い腎臓というのは徐々に疲れやストレスを溜めてしまうと細胞の変化が起きていきますので細胞の変化の起きたものが、先将来の病気に繋がっていきます。
しかし今は病気でもありませんから検査をしても異常なし数値の異常はないということです。

しかし健康な細胞から一気に病気の細胞に半年や一年でなることはありません。
進行していく過程があります。

進行するもの

進行していく過程というのは10年や20年かけながらなっていくんです。
ですから今は病気ではないかも分かりませんが誰でも弱い内臓は進行途中だということです。

人の体は年齢が一才歳をとることもありますが内臓年齢というのがありますので弱い内臓ほど急速に年を取っていきます。

弱い腎臓ほど急速に年を取っていきますので年を取っていきながら時々腰痛として警報を鳴らしてくれているということです。
体に起きる色々な痛みというのは警報ですからよくないことを知らせてくれているんですがこれを急性的な対症療法で痛みだけを楽にしていてしまっています。

対症療法という治療法は直しているわけではなく原因なんかも見つけることもなく楽にすることを目的とした治療法です。

対症療法ばかりしていると

対症療法をしている治療院では楽になったら終わりです。
楽になったことを治ったと言います。
患者さんも楽になったら治ったと思うでしょう。

しかし楽になったらそこから治療を始めることができるんです。
楽になったら治療を始めることができる治療法のことを体質改善と言います。

弱い内臓を少しずつでも強くすることができます。
体質改善の治療は初回からはできません。 体質改善をする準備が必要だからです。
今まで30年間以上、体の治療をしてきて初回から体質改善ができた方はいません。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院

2018年08月21日

骨盤矯正

骨盤矯正とは

当院では初回から骨盤が小さくなる骨盤矯正をしていますが今まで30年以上骨盤矯正をしてきて骨盤が小さくならなかったという方はいませんので一度でというのは無理ですが徐々に骨盤が小さくなっていくという骨盤矯正をしています。
当院の骨盤矯正はボキボキもしないし痛くもない骨盤矯正ですし無理やり押さえつけたりすることもしていません。

骨盤矯正とは

骨盤矯正をしていくときにはマッサージをするような感じで骨盤を小さくすることができますがマッサージをしたりもんだりしているだけで骨盤が小さくなっていくという特殊な技術があるからできる技です。
誰でもできることではありませんのでマッサージをするような感じでと言えば近いと思いますので実際にマッサージをしているわけではありません。

当院の院長は骨盤矯正をして行く時には検査をすることはしていますので検査をしてみると全員の方がある現象が起きています。

今まで院長が骨盤矯正を希望されて訪れた方の全員に対して体調はどうですかとか調子は悪くないですかとか聞くと全員の方が調子は悪くありません体調は悪くありませんと答えますが検査をしてみると骨盤の歪みや骨盤の開きがむちゃくちゃあったりする形ばかりです。

骨盤の歪み・骨盤の開き

骨盤矯正ですから一番矯正しなければいけないものは骨盤の歪みや骨盤の開きです。
骨盤の歪みは骨盤の開きがあると骨盤は大きくなります。
骨盤の歪みは骨盤の開きがあると骨盤周辺に脂肪やむくみが多くなります。

しかし骨盤の歪みや骨盤の開きだけを矯正すればいいというわけではありません。
確かに骨盤の歪みや骨盤の開きを矯正して整えていくことをすると骨盤は小さくなります。
しかし骨盤を小さくなったぶんだけ骨盤の中に入っている内臓はどうなりますか。
特に骨盤の中というのは多くの内臓が存在していますので大腸や小腸、子宮や卵巣の問題が起きたりすることもあります。

仮に正常な骨盤から骨盤を小さくすることをすれば広がった部屋が狭くなるわけですから狭くなったぶんだけ圧迫されたり影響があるということも考えなければいけません。

骨盤の歪み・骨盤の開きの原因

しかし骨盤の歪みは骨盤の開きがどこから起きるのかという問題が一番大きくあります。
姿勢が悪かったり足を組んだり、横座りをしたりすることで骨盤が歪んだり開いたりすることはありません。

骨盤矯正をするためには骨盤だけを矯正すればいいというわけではありませんが骨盤矯正をする時に一番重要になる骨盤の歪みは骨盤の開きがどこから起きるのかという問題が大きくあると思います。

なぜ骨盤が歪んだり骨盤が開いたりするのか。
それは毎日毎日の生活や 仕事をすることや運動することや歩いたりジョギングをしたりいろいろなものごとで多くなるものが体に蓄積していくのが原因です。

疲れやストレスと骨盤矯正

体に蓄積していくものというのは疲れやストレスです。
骨盤矯正をして行く時には一番邪魔になるもの一番に矯正すれば骨盤が変わるものがありますが、それが疲れやストレスです。
疲れやストレスというのは誰でも溜まっているものです。
生きている限り生活している限り仕事をしている限り隣り合わせで付き合っていかなければいけま。

ストレスや疲れがないことは全然ありません。
何もしなくても疲れやストレスは多くなります。
暑い中にいたり、寒い中にいたりすることでも疲れやストレスは多くなっていきます。自律神経が勝手に働いて調節してくれているから生活したり生きていくことができます 。
疲れやストレスがどこにたまるのか。

どこにたまる疲れやストレス

例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると水分が65 kg にもなりますので65キロ部分の水が出てくるということなんですが単純な水ではなく血液だったりリンパ液だったりという水です。

水に疲れや、ストレスがたまるということはありませんので後残った35 km の中に疲れやストレスがたまるところが存在するという事です。
35 km の中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨の重さと中枢神経系と内臓しかありません。
一番よく働いてくれている内臓に疲れやストレスが溜まっていきます。

もちろん筋肉にもたまります。
筋肉よりも何十倍も多くの疲れやストレスを溜めてしまうのが内臓です。
中枢神経系も内臓のひとつです。

内臓に蓄積する

つまり中枢神経系というのは大脳や脳幹や脊髄になります。
骨盤矯正をしていくときには弱い内臓に疲れやすレスが溜まっていきます。
人の体というのは弱い部分とそうでもない部分に分かれます。

そうでもない部分は骨盤の歪みは骨盤の開きに関係することはありません。
弱い内臓というのは疲れやストレスを溜め安く疲れやストレスを溜めてしまうと徐々に細胞を変化させていきます。
疲れやストレスの最終形態が弱い内臓に溜まっていくと内臓の病気になっていきます。

骨盤矯正をしていく時には例えばですけど大腸や小腸が弱いかたは便秘を起こしやすいと思いますので便秘を起こす方は便の停滞が起きていますので明らかに骨盤が歪んだり骨盤が開いたりします。

骨盤矯正で骨盤が小さくなると

生理痛や生理不順がある方も同じことが言えますので生理痛や生理不順がある方は骨盤の下部のあたりが開きやすくなります。
内臓のある位置で骨盤の歪みや骨盤の開きの状態が違います。
大腸や小腸は骨盤の少し上にありますし生理痛は生理不順に関係する卵巣や子宮というのは恥骨の内側にあります。

卵巣や子宮の位置というのは股関節の位置と重なっています。
骨盤矯正をしていくときには女性に多い便秘などを解消しなければいけません。

骨盤矯正をして行く時には生理痛は生理不順を改善する必要もあると思います。
全ては体調と弱い内臓に疲れ、ストレスですが溜まったのが原因で骨盤が歪んだり骨盤が開いたりしていきます。

骨盤矯正とは

単純に骨盤矯正と言ってもただ骨盤を矯正すればいいというわけではなくどこから骨盤が歪んでいるのかどこから骨盤が開いているのか原因は何なのかということ見つけ出さなければ表面上のうわべだけを矯正することになります。

多くの整体院やカイロプラクティック院、エステなどが効果が出ないのはその先にあるものを治療することができない関係です。

特にエステなどは矯正することはありませんので何かのクリームを塗ったりスチームをしたり色々な方法で対症療法ばかりしています。
当院の院長は検査することができますので体調がどの段階なのかということはある程度判断しながら骨盤矯正に入っていきます。

骨盤を小さくすると

初回は骨盤だけ触って骨盤を小さくすることをしていきますが骨盤をマッサージするような感じで揉んでいるだけで骨盤が矯正されていきます。
何もボキボキしなくても矯正はできます。

最近は多くの方が体調が異常と思えるぐらい悪いので体調が悪い方は睡眠負債状態が重なっている方が多くいますが睡眠負債というのは大脳が休養とって寝ている時間が少ないことを言います。

眠りというのは大脳が休養とって寝ていることだけをいいます。
つまり熟睡状態です。
眠れているようで眠れていません。
目が覚めなければ寝ていると思うのは間違いです。
夜寝ようとすると朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしてる方が多くいます。
夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えています。

骨盤矯正をする時には

骨盤矯正をする時には大脳や脳幹などの状態を確認しなければいけません。
というのも大脳や脳幹が弱っていたりストレスをためていることがあるからです。
一番大事な部分にストレスが溜まっていると骨盤矯正をいくらしても維持することはできません。
立った瞬間に歪んで行きます。
これは当院でも経験していることなんですが大脳が弱った方は骨盤矯正をしてもその時には骨盤が正常になるんですがまたすぐに狂いだします。
最近は多くの方が大脳・脳幹を弱らせているぐらいの悪さを持っています。
夜寝ようとする時にすぐ眠れて朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしてる方が多くなっています。

最悪の睡眠をしている方が多くいますので最悪の睡眠というのは目が覚めた瞬間に忘れてしまう睡眠です。

睡眠負債と骨盤矯正

その睡眠の事を寝ながら考え事をしている睡眠と言います。
寝ながら考え事をしてる睡眠というのは目が覚めた瞬間に忘れてしまっている睡眠です。

例えばですけど8時間睡眠時間がある方が寝ようとする時に5分、目が覚める時に2分時間があるとしたら後の時間は夢を見ている時間と寝ながら考え事をしてる時間になっています。
夢というのは長く夢を見ていたと思ってもたった数秒の時間ということですから圧倒的に長く寝ながら考え事をしている時間になっていますので寝ながら考え事をしている時間というのはもうそうに近い睡眠です。
寝ながら考え事をしてる睡眠というのは大変だいのうや脳幹の部分を弱らせていきますので

大脳や脳幹などの中枢神経系を弱らせると大変な結果を招いていけますので単純に疲れやストレスが溜まっただけではなく脳細胞の急激な減少起こしていきます。
はじめのうちは物忘れうっかりが多くなった程度で済みます。
しかし徐々にそれが拡大したり違う形として現れてきます。

睡眠負債と大脳

睡眠負債状態のある方は鬱やパニックの時もなりやすく認知障害にも進行しやすくなっていきますのでブレーキとアクセルを間違えたりすることがあったりパニくることがあります。
骨盤矯正をして行く時には一番重要なものが疲れやストレスの蓄積と睡眠負債状態です。
しかし初回から全てができるわけではありませんので始めは骨盤を小さくすることから始めていきます。

そのためには骨盤の歪みは骨盤の開きを調整することで骨盤を小さくすることをして小尻になります。

また骨盤の骨が炎症を起こしたり晴れたりすることもありますので炎症や腫れを検査で見つけることをすれば正常に戻すことでも骨盤が小さくなっていきます。
骨盤の炎症や腫れが起きると骨盤が大きくなり肥大していきます。

骨盤の骨が肥大する

つまり骨盤が変形状態を起こしていきますので特に変形を起こしやすいところというのは中央の仙骨という骨です。
または一般的には尾てい骨ともいいます。

この骨が炎症を起こしたり腫れたりすると中央の骨が横に広がりますので横に広がることが原因で骨盤が左右に広がります。
最近は骨盤矯正に訪れた方の骨盤を検査してみるとほとんどの方に骨の炎症まで見受けられます。

骨の炎症やハレを正常状態に戻すことができれば骨盤が小さくなっていきます。
また当院では体質改善という治療がありますので体質レベルを治していることで色々な症状が改善されていき骨盤だけではなくウエストまで細くなっていきます。

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院。

2018年08月20日

肩こり

肩こり

肩こりになりやすい方や肩こりを繰り返し安い方などはいろいろな原因が存在していますので安易に筋肉ばかりほぐしていると原因もいつまでも同じままではいられませんので進行していくということが多くあります。
肩こりには肩こりを起こしている原因が存在しますので原因を見つけ出すことをしなければ表面上のこりをほぐすようなマッサージをするだけでは湿布を貼ったりするだけでは肩こりを解消するというグッズを買っても意味はありません。

肩こりとは

肩こりを起こす時にはどうして肩こりを起こしやすいのかということを考えなければいけませんので単純に筋肉に湿布を貼ったりサプリメントを飲んだりマッサージをしたり低周波や電気などをかけたりすることは構いませんが原因は残ったままになっていますので原因を見つけ出していかなければ表面上の距離を楽にすることをしても進行してしまうということもあります。

肩こりを起こしている原因を見つけ出すことは簡単な方法ではないために多くの肩こりを解消するという治療法は対症療法という治療法になっていますので対処療法という治療法は直しているわけではなく楽にする方法をとっているだけです。

2通りの肩こり

治療法というのは二通りあって対症療法という方法と根本療法という方法がありますので多くの治療法というのは根本療法ではなく解消療法になっています。
対症療法というやり方は一番根本療法よりも簡単なやり方ですから原因なんかは見つけ出すこともなく症状のある部分にに対して何かをするというのが対症療法です。
対症療法というやり方は湿布を貼ったりしても楽になることもありますから湿布を貼って治ったと思っているでしょうが実は原因がまだ存在しています。

対症療法とやり方はドラッグストアなどで売っているサプリメントや健康食品は飲んでも楽になることもありますから栄養や何かのエキスが入っている飲み物を飲んで楽になる方法というよりも楽になっているだけであり原因が残ったままになっています。

肩こり解消

肩こりを解消するというグッズなどを買っても普通に動かすことでリンパの働きを良くなり老廃物も流れていきますのでそれ以上のことをしてしまうと余計なものを積み重ねてしまっています。
家族の方にマッサージをしてもらっても専門家の先生にマッサージをしてもらっても肩こりというのは筋肉だけで起きているものは今まで30年間経験してきて一つもありませんので筋肉だけではありませんがしかし筋肉をほぐすことで肩こりは一時的にしろ楽になっていきます。
しかし原因が残ったままになっていますので原因を残したままでいると進行していくということがあるということです。

色々な肩こりの原因になってるものを解さなければまたは解消しなければいけませんがまずは表面上の筋肉からコリをほぐしていくことをしなければいけません。
表面上の筋肉のコリや緊張やリンパの働きを悪くなって老廃物が多く蓄積していき循環が悪くなることで起きるこりを解消していくことをしてその先にあるものを見つけ出すことをしています。

筋肉のコリが肩こり

普通一般的に筋肉のこりと言いますが筋肉のコリだけで起きているものはありませんのでその先にあるものも改善していかなければいけないということなんですが表面上のコリにある筋肉のコリをほぐすことで多くの方よりは楽に感じてしまうために混乱してしまっています。

肩こりというのはどうして起きるのかという意味がありますので肩こりを起こす原因というのは毎日毎日の生活や仕事をすること、運動することやストレッチをすること、歩いたりすることやジョギングをしたりすること屋ショッピングをしたりすることや座っているだけでも車の運転をしている時だけでも多くなっていくものが原因なんです。

いつもいつも体を動かしたりすることでも多くなったりするものであるんですが体を動かさなくても積み重なっていくものがあります。

生活で肩こり

体を動かさなくても積み重なっていくものというのは疲れやストレスです。 疲れやストレスというのは多くの方に蓄積しているものなんですが感じているかと感じていない方がいますので感じていることはわかると思いますが最近多くの方がストレスを感じにくくなっています。
ストレスを感じにくくなっている方はある現象が起きている方なんですがここでは説明はありませんので下の方を見てください。

ストレスを感じにくくなっている方は分かりにくいと思いますが色々な症状というのは限界になった状態で初めて感じてしまっています。
限界になって感じたものはすぐには治りにくく改善しにくいのがあります。
疲れやストレスと説明しましたがストレスというのは意味不明な言葉ですから英語でもありませんので日本人が作った和製英語の一つがストレスです。

ストレスの蓄積

体が疲れたストレスが溜まったと言うと思いますが体に溜まった疲れの蓄積状態がストレスという意味になりますのでストレスというのは蓄積疲労のことを言います。
体には毎日毎日の仕事や運動することやいろいろなものごとでストレスが溜まっていきますのでストレスは溜まるところがあるから溜まっていきます。
ストレスがたまるところというのは例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると65 K の水分が出てきますので体重の半分以上は水分で構成されているということなんですが水分と言っても単純な水ではありませんので血液だったりリンパ液、体液、だったり色々な部分に水が存在しています。
水に何かが起きるということはありませんので水にもストレスが溜まることはありませんから後残った35 kg 方にストレスがたまるところが存在しています。

ストレスがたまる

ストレスが溜まるところというのは神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と中枢神経系と内臓になりますからこの中でストレスがたまりやすいところというのは筋肉と内臓になります。
中枢神経系も内臓の一部ですからもちろん中枢神経系にもストレスが溜まりますが多くは体の内臓に溜まっていきます。

筋肉というのは表面上にあるものなんですが内蔵というのは体の奥の方にあるものですから体の奥のストレスから骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレが起きていきます。

背骨のズレが起きると色々な症状を起こしていきますので肩こりもその一環として起きているということが言えますが背骨がずれることが原因で筋肉は骨から骨にくっついていますので骨が動いたり移動したりすることで筋肉は引っ張られたり緊張したりします。

筋肉疲労から肩こり

筋肉が引っ張られたり緊張したりすることで一時的に固くなっていきますので固くなったものがリンパの働きを悪くなって老廃物が多く蓄積していき循環が悪くなるということで肩こりになります。

肩こりというのは体に溜まったストレスが原因なんですがストレスというのは筋肉にもたまにながら雷蔵に多く蓄積していくということで肩こりに進行していきます。
筋肉のコリだけでしたら単純に揉んだりすることだけでもなく腕を動かしたり首動かしたりすることでリンパの働きを悪くなったものが改善していくと思いますから後は湿布を貼ったり冷やしたりすることも重要なものなんです。

しかしそれだけでは改善できない場合は単純な筋肉疲労や緊張などで起きているコリではないという意味になります。
どうして筋肉が緊張したりコリを起こすのかということを見つけ出さなければいけませんので内臓に蓄積したストレスが原因だということで背骨がずれるということが肩こりに進行していきますがどうして背骨のズレが起きるのかということの問題とどこにストレスが溜まっているのかという問題がありますので体には多くの内臓が存在していますのでその中でどこにストレスが溜まることが原因で肩こりになるのかということを考えなければいけません。

内臓疲労から肩こり

肩こりというのは特にですが内臓にストレスが溜まると説明しましたが内臓も色々の内臓がありますので一番、肩こりになりやすい内臓というのは心臓と肺と横隔膜に関係するものだと思っています。

しかし内臓と言っても病気ではありませんので何でもかんでも病気というのを結びつけることなく内臓にストレスが溜まっていると説明していますので内臓の病気と言ってるわけではありません。
内臓に起きるものとして病気以外では内臓にストレスが溜まっていくということが普通に起きているんです。
しかし色々な検査というのは病気の検査をしていますので病気になっていない限りは何も分かりませんし健康だということで表されてしまいます。
何かの症状を感じているということは病気ではありませんが実際に何かが起きているから肩こりとして感じてしまっているわけですからその原因を見つけ出すことをしなければいけませんが検査というのは病気の検査しかありません。

睡眠負債と肩こり

最近は多くの方がストレス以外では睡眠負債状態の方が多くなっていますので睡眠負債状態が多くなればなるほど色々な症状を表していきますので洗える症状が睡眠負債状態で積み重なっていきます。
積み重なったものが色々な状態を起こしていきますので心臓と灰屋横隔膜の問題から胸苦しさや動悸や不整脈や胸の辺りに一瞬だけチクッとする痛みが時々あるということが起きる可能性もありますが感じていないかと思います。
胸苦しさや息苦しさがいつもあるという方はいませんのでまた胸の辺りで一瞬だけチクッとする感じがいつもしている方はいませんので時々忘れた頃に来るのがチクッとした痛みです。

しかし一瞬で済んでしまうため色々な問題を取り残したままになっている場合が多くありますので色々な問題が重なって行く前に改善していかなければいけないということなんですが睡眠負債状態というのはかなりしつこく寝ているようで眠れていませんので夜寝ようとするとすぐ眠れる市朝まで目が覚めないから寝ていると思っているか違いますがこれが大きな間違いになっています。

寝ているようで眠れてない

夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えているんですが長く夢を見ていたと思ってもたった数分の時間だということなんです。

睡眠負債状態というのは目が覚めないけど寝ながら考え事をしている睡眠になっていますので夜寝ようとするとすぐ眠れて寝ながら考え事をしている時間が5時間も6時間はあって目が覚める瞬間に夢を見ているから夢の記憶しか残りません。

睡眠負債がどれだけ体調悪くしているのかという問題がありますのですごくかなり無茶苦茶と言っていいほど体調が悪くなっていますが睡眠負債状態が重なっていくと脳内ホルモンの分泌が行われて脳内麻薬が多く出てきますので痛みやこりだけではなく自分の体調の悪さを感じ取ることができないぐらいになります。


2018年08月18日

肩こり

肩こりとは

肩こりを楽にしていくためには、肩こりの原因になっているものを見つけなければいけませんが、多くの肩こりを治療するという方法は対症療法という方法になっていますので、直しているわけではなく、楽にしているだけなんです。

肩こりとは

治療法には楽にする治療法と原因を見つけだして治していく方法があります。
対象療法という治療法は原因なんかは関係なく楽にすることを一番にしていく治療法のことですから、湿布を貼っても肩こりが楽に感じることもあるでしょうし、ドラッグストアなのに売っているサプリメントや肩こり解消する薬や肩こり解消グッズや低周波治療器や電気などを当てることでも肩こりを楽にすることができる可能性もありますが、楽にすることばかりしていると原因もいつの間に進行していくということがあります。

肩こりを改善しようと思うなら、原因を見つけ出して解消していくことをしないと多くの問題を残したままになっています。

肩こりを楽にするなら

肩こりを楽にしようと思うなら、検査をする事をして本当に筋肉のコリから起きているのかということを見つけなければいけません。
いつまでたっても肩こりを楽にすることばかり中心にしていると、原因もいつの間にか進行してしまって厄介な状態になっていくということも多く見受けられますので、こじらせたり

悪化させたりとゆうよりも形を違った状態で出てくることも多くあります。
肩こりをこじらせるぐらいならまだいい方です。

肩こりを悪化させる方がまだいい方です。

肩こりの原因

肩こりの本当の原因を知ってしまったら大変なことが起きているということが考えられますのでそのためにも検査をする事をしてどういう状況になっているのかということを確認しなければいけませんが多くの治療院の先生は専門家の先生でもそこまではしていません。
肩こりというのは、肩こりになる原因があるから、肩こりになっている訳です。

肩こりが起きる時には体に多くの疲れやストレスが溜まっている時が考えられます。
自分でも気がつかないうちに体に多くの疲れやストレスが溜まってしまって疲れやストレスがたまることが原因で色々な問題を起こして行っています。

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスというのは、毎日毎日の生活や仕事をすることや、運動することやテレビを見ることや食事を作ったりすることやショッピングをすること、歩いたりすることや掃除をすることでも多くなります。

疲れやストレスと無縁でいることはできませんので、必ず疲れやストレスと隣り合わせで付き合っていなければいけません。

生きている限り、生活している限り、疲れやストレスは付きまとってきますので、疲れやストレスというのは何をしても増えて、多くなるものなんですが、多くの方が疲れやストレスを減らすことをしていません。

美味しい鰻を食べても疲れやストレスは減ることはなく、鰻が美味しかったという感じだけですし、食欲が出たということで済ましています。

疲れやストレスで肩こりに

美味しい焼肉を食べても疲れやストレスとはあまり関係がありませんので、ただ焼肉が美味しかったというだけですし、疲れやストレスが減ることはありません。

カラオケに行っても余計エネルギーを消費しますので、カラオケに行って歌を大声で歌ってもストレス発散という感じと言いますが、ストレス発散よりも疲れを多く食べてしまっているのが現状です。

旅行などに行っても旅行に行く時に電車や車に乗っているだけでも疲れが多くなりますので、温泉に入っても景色を見ても気分は良くなるし、気分転換にはなるでしょうが、体には疲れがたまるばかりです。
この何をしても溜まる疲れやストレスが肩こりの原因になりますので、どうやって肩こりの原因と直結しているのかということを説明していきたいと思います。

どこにたまる疲れやストレス

例えばですけど、疲れやストレスというのは体に蓄積していくと説明しましたが、体のどこに溜まるのかということが問題になりますが、体には何があるのかということを考えてみてください。
例えばですけど、体重が百kgの方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると65キロもの水分が出てきますので体重の半分以上は水で構成されているというわけですけど、水って言って水と言っても単純な水ではなく血液だったりリンパ液だったり細胞の中の水だったりという感じだということなんです。

水に疲れやストレスが溜まるとは考えられませんので、あと残った35キロの中に疲れやストレスが溜まる所があるということなんですが35キロの中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と中枢神経系、内蔵になります。

内臓疲労から肩こり

この中で疲れやストレスが溜まりやすい所というのは、中枢神経系も内臓の1部ですから、内臓と筋肉により多くの疲れやストレスが溜まると考えられます。

毎日毎日の生活することや仕事をすることや運動することで色々なことをしていくと疲れやストレスが生み出されてきますが、生み出された疲れやストレスは筋肉にもたまりながら内臓に蓄積していくということで、体の中から崩れを起こし、まずは筋肉と同時に背骨のズレが起きていきます。
筋肉にも疲れが溜まり、緊張状態になりますので、緊張状態が起きると1時的に少し堅くなりますので、固くなったことが原因でリンパの働きが悪くなり、老廃物が多く蓄積していき、

循環が悪くなっていきますが、筋肉のコリや緊張という状態のものでしたら肩や首を動かしたりするだけでリンパの働きはよくなりますし、老廃物も流れていきますし、循環が解消されるはずです。

筋肉のコリから肩こり

しかし、筋肉の凝りだけではないために解消されないんです。
筋肉のコリや緊張が起きている時には、必ず背骨のズレが伴っていますので、当院の院長も

30年の経験から筋肉のコリや緊張だけで起きている方は1人もいませんでした
必ず背骨のズレが起きているということで、背骨がずれて動くことが原因で筋肉は骨から骨にくっついていますので、骨が動いてしまうことが原因で筋肉は引っ張られてしまいます。

筋肉が引っ張られたり、緩んだりすると緊張が高くなったり、硬くなっていきますので、リンパの働きや悪くなり、老廃物が多く蓄積していき、循環が悪くなっているということが起こりますが、この時に湿布を貼っても楽になる時もありますし、サプリメントを飲んで栄養を多くとっても楽になることもあるでしょうし、低周波治療器などを当てても肩こりは楽になっていくと思いますが、全て原因が残っていますので楽になることばかりしていると背骨のズレが残ったままになっています。

背骨のズレから肩こり

背骨のズレが残ったままになっていると、背骨が徐々に動きにくくなっていきますので、動きにくくなることが固定化を生じさせてしまいますので、固定化になると動かなくなりますから動かないことが原因で血液の流れが悪くなり、リンパの働きが悪くなり神経の流れも悪くなっていきます。

肩こりが起きる時には筋肉の疲労や緊張や硬くなることが1時的に起きていますが、多くの場合背骨のズレが重なって起きていますので、背骨のズレを解消しなければいくら揉んでも電気をかけても湿布を貼ってもサプリメントをかけても意味はありません。
しかし、電気をかけても湿布を貼ってもサプリメントを飲んでも効果はあることもありますから、肩こりは楽になっていきます。

背骨のズレは内臓疲労から

先ほど説明をしたように肩こりというのは内臓疲労から起きるという風に説明をしましたが、肩こりを主に起こす原因は心臓と肺と横隔膜が深く関係していますので、病気というわけではなく心臓や肺や横隔膜が何らかのトラブルを起こした時に背骨のズレが起き背骨のズレが起きることが原因で筋肉が引っ張られて肩こりになります。

肩こりの方を検査をしてみると、背骨の首と肩の部分の骨が歪んだりしていることが多くあり、ズレや歪みが起きているということで、筋肉は緊張を起こしていますので、まずはなんと言っても背骨の部分というのは内臓に直結していますので、歪みが起こしている部分の内臓に関係するところがあります。

背骨のズレというのは、内臓に直結していますので、例えば肝臓がアルコールに関係なく弱っている方は背骨-8番目の骨がずれています。
心臓が弱っている方は、胸椎-1番目と2番目の骨がズレを起こしています

背骨のズレ

肺が弱っている方は咳が出やすく息苦しさが起こりやすくなりますので、共通-3番目の骨が深く関係してずれを起こしています。

しかし、病気ではありませんので、何でもかんでも病気というのを結びつけるのはやめてください。

最近多くの方が眠りが浅い方が異常に多くなっていますので、眠りが浅いと一番に弱ってしまうのは心臓です。
肩こりの方に質問してみると、息苦しさや胸苦しさや咳が多く出ていないかとか、時々胸の

中央のあたりで一瞬だけどチクッとする痛みがないかという風に聞くと多くの方が、そういえばと言われます。

睡眠負債から肩こり

最近多くの方が睡眠負債状態の方が多くなっていますので、睡眠負債状態の方は寝ているようで眠れていないということなんですが、多くの方が目が覚めないから寝ていると勘違いしています。

眠りというのは、大脳が寝ていることだけを言いますので、人が見てスースーに影響を立てているような状態で寝ているとは言えませんし、夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えています。
眠りというのは、熟睡の眠りなんですが、本当に目が覚めた時に寝ているかどうかは寝ている方には分からないと思います。眠りが浅いということは、全ての内蔵が弱っていきますので一番弱りやすい所というのは大脳と生命機能の中枢である脳幹の部分です。

中枢神経系の大脳と脳幹の部分が弱っていくと、生命力は極端に落ちていきますので、大脳が弱ることが原因で痛みやコリを感じにくくなりまひ状態になっていきます。

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院は肩こりを解消しています。

2018年08月14日

小顔矯正

  • はてなブックマークに追加
  • 北九州地区で顔が小さくなる小顔矯正をするならマイナス感覚で顔を小さくすることができることで人気があるカイロプラクティック徳力整体院は北九州市でも30年の経験。

初回から顔が小さくなることで人気のある小顔矯正をしていますが、当院の小顔矯正はボキボキすることもなく痛くもないと思われる、小顔矯正をしていますが、小顔矯正をしていく時にはすべて検査することをして本当に顔が小さくなるのかということを見つけ出すことをして小顔矯正を進めていきます。

小顔矯正

小顔矯正とは

小顔矯正をしていく時には、小顔矯正を希望されて訪れた方が一番疑問に思うのが本当に顔が小さくなるのかということと、小さくなったらなったで維持することができるのか、持続力があるのかということを一番に気にされることをしますので、それを説明していきたいと思います。


小顔矯正をしていく時には、30年の小顔矯正の経験がある院長が小顔矯正をしていきますが、小顔矯正に入る前に自分で顔の大きさを理解してもらうことをしています。
小顔矯正をする前とした後を比べることができるのが、当院の特徴です。

小顔矯正をする前に、顔の大きさをしっかり触って覚えてもらうことをしていますので、小顔矯正をした後で比べることができるのが特徴なんですが、触り方が一番簡単な触り方を説明していますが、簡単なようで難しい触り方ですから簡単に触ってしまうと分からないという方がいますので、本当に顔が小さくなったのを比べることができない方もいます。
小顔矯正を希望されて訪れた訳ですから、必ず顔が小さくなっていくという小顔矯正をしていくためには変化したのがわからないと笑顔が出ませんので、笑顔が出るように分かってもらうような触り方をしています。

顔の触り方というのは簡単なんですが、簡単だと思って触ってしまった方ほどわからないという方がいるのが実情ですから分からないということがないようにしっかりと感じようとしてください。

小顔矯正する前にと、したあと

まず、初めに鏡で見て、顔の大きさや輪郭などを目で見て判断してみてください。
顔というのは左右さが多くの方で違いますので、ほほ骨のあたりの出っ張りや顎のラインの状態などを自分の目で見て比べてもらうことをしています。

そのために、まず鏡で見て、自分の顔の形をしっかりと覚えてもらうことをしています
顔の形をしっかりと覚えるためにも、鏡で見て目で記憶することをしてもらいます
目で見て、顔の大きさで形を覚えたら、その場で顎の部分に両方の手首を合わせるように充てて、手のひらと指で顔を密着させながら大きさを覚えてもらうことをしています。 単純に覚えるだけではなく、どちらが大きいだろうかということを比べてもらうことをしていますが、これが大変簡単ではありませんので簡単に触ってしまった方ほどわからないという方がいます。

小顔矯正の触り方

触り方は凄く簡単なんですが、感じようとしないとわかりません。
顔の大きさというのは、左右差がありますから、左右差を感じようとしないとわかりませんから、先程説明した鏡で見て顔の大きさを確認するという作業を合わせることをしながら目を閉じて手だけで顔を触って同じように感じるかどうかを確認してみてください。
確認することができないと小顔矯正をしてもわからないという方がいますし、なんとなく分かるというよりもしっかりとわかってもらうためのことです。
そのため、簡単ではない触り方で簡単な触り方を説明して触ってもらいます。
小顔矯正を触る時には、両方の手首を顎の部分で合わせるようにして、手のひらと指を顔につけるだけなんです。

ただ、手を当てただけでは分かりません。

そしてさらに手を置いただけでは分かりません。
顔に手を当てて左右差を感じようとするとわかりますが、左右差を感じようとする時に手の集中力と大脳にある感覚神経を働かすことができないとかをただ手を開いていただけになります。

顔に手を当てただけでは分かりませんので、大きさを把握しながら感じようとして右側が出っ張っているなとか左側の1部分ほどほほ骨のあたりが出っ張りすぎているなという感じを記憶しながら触ることです。

顔の形というのは皆さん違いますので、自分の顔の形を手と指の部分を使いながらしっかりと形を覚えるように記憶するということで、左右さを感じようとするというのが一番だと思いますので、左右差を感じながら触ってみてください。

左右さを感じようとして顔を触るということが一番大切になりますので、理解しやすく顔が小さくなったり、変化したりすることで変化したのがしっかりとわかっていきます。
小顔矯正をしていく時にはどうやって顔を小さくしていくのかという方法なんですが当院の院長は三十年以上の小顔矯正の経験がありますのでマッサージをするような感じが一番近いと思いますがマッサージをしているわけではありませんのでマッサージだと思わずに説明をしっかりと聞いてください。

実際にマッサージをするような感じで、顔を揉んでいくと小さくなっていくので、マッサージ感覚で小顔矯正をしていると説明しましたので、マッサージをしているわけではありませんので注意するようにしてください。
当院の小顔矯正をする時には、本当にマッサージをするような感じが一番近いと思いますので、マッサージをするような感じで顔を揉んでいるだけで徐々に顔が小さくなっていくという小顔矯正をしていますが、何回も言えますが、マッサージをしているわけではありません。

マッサージ感覚の小顔矯正

では、どうしてマッサージをするような感じで揉んでいるだけで顔が小さくなるのかということを説明していくと検査をすることができるからです。
検査するというのは、何を検査をするかというと、顔の形というよりも顔に何かの異常が起きていないかということなんですが、今まで多くの方が小顔矯正に訪れていますが、全員と言っていいほど顔に何らかの異常があるということが分かっているからです。
顔の異常のある整えていくことをしていくと、顔が小さくなるという小顔矯正をしているからです。

当院では小顔矯正をしていく時には検査することをして異常のある部分を見つけ出して矯正して整えていくことで顔が小さくなるという小顔矯正をしています。
今まで多くの方の小顔矯正をしてきましたが、院長が調子はどうですかとか体調は悪くないですかとかきくと全員の方が調子は悪くありませんと言われてしまいますので、検査をしてみると本人が感じていないだけで、また分かっていないだけで調子の悪さの状態を示している証拠が見つかります。

調子が悪い証拠というのは、骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくあるということなんですが骨盤の歪みや言葉の開きが大きくあるだけで、体調が悪いということが起きていますが、それ以上に背骨のズレが起きてガタガタ状態の方が多くいるからです。
歪みや開きやズレというのは、体調の悪さを示していますが、体調が悪いというのは疲れやストレスが溜まっている証拠なんですが、疲れやストレスもたまるところがあるから溜まっています。

疲れやストレスと小顔矯正

疲れやストレスというのは、どこに溜まるのか、筋肉にもたまりますが、筋肉よりも何10倍も多くの疲れやストレスがある部分に蓄積しています。
疲れやストレスの蓄積が色々な問題を起こしていき、顔が浮腫んだり大きくなったり、脂肪が増えてしまったりということが起きています。
例えばですけど、体重が百kgの方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみたら体重の65キロの水分が出てきます。
つまり、体重の半分以上が水分だということなんですが、水分と言っても血液だったりリンパ液だったり、細胞の中の水だったりという風に色々な水分が出てきます。
水分に疲れやすいですが、溜まるということは考えられませんので、あと残った35キロの中に疲れやストレスが溜まりやすいところがあるということです。
35キロの中には神経と血管とリンパの重さと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨の重さとあとは中枢神経系脳大脳と脳幹と脊髄と内臓の重さになります。

疲れやストレスの蓄積

中枢神経系脳大脳と脊髄というのも内臓-1部ですから、主に疲れやストレスというのは内臓にたまにながら筋肉にもたまるということですけど、筋肉よりも何10倍も多くの疲れやストレスが内臓に蓄積しているということですから、大脳や脳幹や脊髄にも疲れやストレスが溜まると理解をしてください。
小顔矯正をしていく時に一番邪魔になるものは疲れやストレスの蓄積なんですが、疲れやストレスが内臓に蓄積していくのが多いということですから、周辺の内臓全てが小顔矯正をしていく時の問題になります。

そして最近多くの方が睡眠負債状態になっていますので、睡眠負債状態になるということは大脳が弱ってしまい痛みや凝りを感じなくなってしまいます。
大脳が元気だから痛みや凝りなどを感じますし、自分の体調の悪さを感じ取ることができますが、睡眠負債状態というのは夜寝ようとするとすぐ眠れるし、朝まで目が覚めないから寝ていると思っている方が多い関係で、単純に目が覚めないから寝ているということは言えません。

睡眠負債と小顔矯正

眠りという大脳が休養とって寝ていることだけ眠りといいますので、夢を見ている時間が圧倒的に長くなっていたり、寝ながら考え事をしている時間が長くなっている方は寝ている訳ではありません。
夢というのを目が覚める瞬間に見ているから、記憶に残り覚えていますが、寝ながら考え事をしてる睡眠というのは目が覚めた瞬間に忘れてしまう睡眠なんです
ですから、記憶に残ることが少なく、目が覚めないから寝ていると勘違いしてる方が多くいますが、寝ながら考え事をしてる睡眠というのは最悪な睡眠ですから、起きた瞬間からむくんでいたり顔が大きくなったりということがあります
特に朝、鏡を見た時に顔が大きくなっているような感じがしたり、むくんでいるような感じがした時には眠りが浅いということもあります
小顔矯正と言っても顔だけすればいいというものでもありませんし、体調や悪いのに維持することができるわけはありませんし、眠れていないともっと更に維持することや持続力はないということが言えると思います

北九州地区で小顔矯正をするなら北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから多くの方がきているカイロプラクティック徳力整体院。

2018年08月08日

骨盤矯正

  • はてなブックマークに追加
  • 北九州で骨盤が小さくなる骨盤矯正をして30年になるカイロプラクティック徳力整体院はボキボキしない痛くない方法で骨盤を小さくすることをしています、北九州市で骨盤矯正なら
骨盤矯正とは

骨盤矯正とは

骨盤矯正と言うのは骨盤を小さくしていくことです。骨盤と言うのは骨の事を言います。骨が小さくなるのか、と言う事ですがなりません。では、どうして骨盤を小さくすることができるのか。何をしたら骨盤が小さくなるのか、と言うことが一番の問題です。

骨盤矯正と言うと多くの方が、何となくと言う感じしかわかっていません。

何も考えずに骨盤が小さくなることはありません。どうしたら骨盤が小さくなるのか、考えないと小さくなりません。

ただ骨盤を小さくしたいと言うことを言いますが、どうしたら骨盤を小さくすることができるのか。

骨盤を小さくする方法

①骨盤が小さく見える下着・パンツを履くと骨盤が小さく見えます。

②骨盤矯正を小さくする方法は骨盤の歪み・骨盤の開きを矯正すると骨盤が小さくなります。

③骨盤周辺の浮腫み、脂肪を減らしても骨盤が小さく見えます。

④それ以外のものを矯正する

当院でしている骨盤矯正は2番目と3番目と4番目です。骨盤を小さく見せるのではなく、本当に骨盤を小さくすることをしています。

骨盤矯正をする時には

骨盤矯正をして行くときには検査する事をしています。検査してみると多くの方が骨盤の歪み・骨盤の開きがあると言うことがわかります。

しかし単純に、それだけではありません。

骨盤矯正をする時には自分で骨盤を触っておぼえてもらいます。骨盤矯正に入る前に自分の骨盤の大きさや幅をおぼえてもらう事をしています。

しかし小顔矯正でも同じなんですが簡単に触ってしまう方がいます。骨盤矯正に入る時の触り方が重要なんですが手を当てただけではわかりません。

骨盤矯正といっても10センチも20センチも変わりません。

骨盤矯正で変わるのは1センチだったり2センチだったりです。ですから1センチ変わっても分かるように触ります。

触り方は簡単です。骨盤の横に手を当てているだけです。しかし、これだけではわかりません。手を当てると言うか骨盤を触っただけではわかりません。

骨盤の横に手を当てたら左右差を感じて下さい。左右差を感じようとすると骨盤の幅と大きさが頭に入りやすくなります。

実際に骨盤は左右差があります。例えば右側が大きいとか、左の一部分が出っ張っているとか、左右差があります。

骨盤矯正の触る位置

 

骨盤にある股関節の出っ張りも左右で違います。

足の太さも左右で違います。

顔も左右で違います。

顔はテレビでも確認することができます。顔の歪みが起きているタレントさんが多くいます。鼻の位置、形、そして口の位置、目の位置とかです。

骨盤にも同じことが言えます。顔が違うように骨盤も違うからです。

しかし目で見て判断するよりも、目で見ないで手だけで触ると言うことは簡単ではありません。

骨盤を触る時に目を閉じて感じようとして触って下さい。

骨盤矯正に入る前には自分で骨盤の大きさ、幅をおぼえてもらいます。

そして骨盤矯正をしたあと、比べてもらいます。

スタッフがメジャーで測ることはしません。自分で感じてもらいます。本当に骨盤が小さくなるからできる事です。

当院の骨盤矯正はボキボキしない痛くない骨盤矯正をしています。

骨盤矯正とは

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから北九州骨盤矯正が人気で評判の良い骨盤矯正をしています。

2018年07月18日

整体

  • はてなブックマークに追加
  • 北九州で整体なら30年の経験がある痛くない施術で腰痛、肩こり、生理痛、便秘、首の痛み、首のこり、膝の痛み、頭痛、頭の痛み、偏頭痛などと小顔矯正、骨盤矯正をしている北九州市のカイロプラクティック徳力整体院
ボキボキしない整体

整体とは

整体と言うのは歪みやズレが起きた体を整えていく事です。歪みやズレが起きると腰痛、肩こり、生理痛、便秘、下痢、頭痛、首の痛み、首のこり、膝の痛み、になります。

多くの場合、色々な痛みやコリには歪みやズレが深く関係しています。歪みやズレがなくて痛みやコリになることはありません。

風邪を引いても背骨のズレのズレが有ります。風邪を引くと言うことは一過性ですが背骨の7番目の背骨がズレを起こしています。7番目の骨は免疫に関係する骨です。つまり免疫力低下と言うことで風邪を引いていますが感染状態の時もあります。まだ、発症しているか、発症していないかは背骨のズレには関係ありません。

下痢の時にも背骨の5番目の骨がズレを起こしています。

背骨のズレは感染状態でも起こります。自分で感じていなくても感染していると体は正直に反応します。

暴飲暴食したり、脂分を多く取っていると胃が疲れます。胃が疲れると背骨の5番目がズレを起こします。胃に関係する背骨は5番目です。

心臓が疲れて弱ると背骨の1番目と2番目のズレが起こります。内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。なんでもかんでも病気というのを結びつけることなく疲れやストレスが内臓にたまると言うことが多くあります。心臓に関係する背骨は1番目と2番目です。

アルコールを飲んでばかりいると肝臓が疲れていきます。そうすると背骨の8番目の骨がズレていきます。肝臓に関係する背骨は8番目です。

生理痛の時も腰椎の3番目と5番目の骨がズレを起こしています。3番目は卵巣に関係する背骨です。5番目は子宮に関係する背骨です。

背骨のズレは内臓の弱りをと関係がありますが、病気ではありません。

骨盤の歪み・骨盤の開きは全体的な体調と骨盤になる内臓の関係で歪みや開きになります。

疲れやストレスと内臓

毎日、毎日の生活、仕事、精神的な緊張、抑圧、プレッシャー、睡眠負債で多くなるものがあります。それが疲れやストレスです。疲れやストレスの蓄積が体の歪みになります。体の歪みとは背骨の歪みです。

骨盤の歪み・背骨のズレが起きるということは体に疲れやストレスがたまっています。疲れやストレスがたまることが原因で歪みやズレになりますが、疲れやストレスはたまるところがあります。

疲れやストレスがたまる所は内臓です。

日常的に体を動かく事で疲れやストレスが多くなります。

運動する事でもジョキングすることでも歩くことでも買い物する事でも旅行する時も仕事でも疲れやストレスは多く作られます。

疲れやストレスが作られて、どこにたまるのか、と言うことは考えていません。そしてたまった疲れやストレスを減らすことはどうしていますか。

疲れやストレスがたまると飲みに行ったり、カラオケに行ったり、旅行に行ったりすることでストレス発散と言いますが精神的にはストレス発散になりますが、肉体的にはストレスが発散できないどころかたまっていきます。

減るどころではありません。

例えば飲みに行く事でルコールの分解と脂分の分解に内臓がどれだけ働いてくれるのか、と言う事があります。内臓が働いてくれるから消化できます。内臓が働くことでも疲れやストレスが多くなります。

おいしい焼肉を食べても肉を消化することも脂分を分解する時も内臓が働いてくれています。何もしなくても食べる事でも内臓が働いてくれています。

それ以上に体を動かすことで疲れやストレスが多くなります。

この両方から多くなる疲れやストレスを内臓がためてしまいます。

体はどうやって内臓に蓄積した疲れやストレスを減らしているのか。それは寝ている時ですが、最近は多くの方が睡眠負債になっています。

整体と睡眠負債

睡眠負債と言うのは寝ているようで寝ていないと言う事です。

夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていませんか。

眠りと言うのは脳が寝ていることを言います。つまり熟睡です。

夢は目が覚める瞬間に見ています。目が覚める前に見ているから記憶に残ります。誰が見てもスースー寝息を立てていても頭の中のことまでわかりません。

例えば6時間の睡眠があっても寝付く時間と夢を見る時間が10分くらいです。あとの5時間50分くらいは、どんな睡眠をしているかはわかりません。

目が覚めないから寝ているとは言えません。

単純に寝ていると考えている方は、目が覚めないからと思っています。

睡眠負債で眠りが浅いと脳細胞の急激な減少になっていきます。脳細胞の減少で弱った脳は痛みやコリを感じにくくなります。限界まで悪くしてやっと痛みやコリとして出てくる方もいます。

こじれせた痛みやコリになっている方もいます。

普通は体に疲れやストレスがたまって内臓にも疲れやストレスがたまることが歪みやズレになりますが、単純な疲れやストレスの蓄積だけではなくなります。

脳を弱らせると脳に限らず、内臓の老化が急速に進行していきます。

整体とは

普通の整体では筋肉を揉んでボキボキして低周波治療器や電器をして終了という感じだと思います。

しかしそれだけではダメなんです。

ボキボキするのは骨盤の歪み・背骨のズレの矯正ですが、どうして歪みやズレが起きたのか、見つけ出す必要があります。

疲れやストレスの蓄積が原因で歪みやズレになっているのに専門家の先生も分かっていません。

整体とカイロプラクティックでは歪みやズレだけが中心です。

どうして歪みやズレが起きたのか、と言う事までわかっていません。

整体と体質改善

歪みやズレが起きる所は内臓にたまっていくと説明しました。しかし内臓はそうでもない内臓と弱い内臓があります。

弱い内臓に疲れやストレスがたまりやすくなります。そうでもない内臓には痛みやコリはあまり関係しません。

弱い内臓に疲れやストレスがたまりやすく、疲れやストレスをためてしまうと歪みやズレになり痛みやコリになります。

弱い内臓を強くしていくのが体質改善と言う施術になります。

弱い内臓は遺伝で受け継がれているものです。親が内臓の病気を持っていれば子供や孫も関係しますが、今すぐは病気と言う訳ではありません。

今は弱さです。

例えば肝臓が親が弱くて、それを子供がどれくらい弱さを受け継ぐかで決まりますが、肝臓の弱さがあればアレルギー、アレルギー性鼻炎、花粉症、膝の痛み、外反母趾になります。

病気になっていなくても弱さがあると起こりますから、病名が付いている、付いていないかは関係がありません。

病名がつけて病気として完成しているか、完成していないかですから、弱さがあります。アルコールは早めるだけでアルコールを飲む飲まないは多少の差しかなりません。

 

整体とは

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから整体の施術で矯正することで腰痛、肩こり、生理痛、便秘、首の痛み、首のこり、膝の痛み、頭痛、頭の痛み、偏頭痛などが楽になる矯正をしています。

北九州のカイロプラクティック徳力整体院。

2018年07月09日

ダイエット

  • はてなブックマークに追加
  • ダイエットをするなら基本的な体から整えていく事をしないと効果は上がりません北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院
ダイエット(痩せる・細くなる方法)

ダイエットするなら

ダイエットをするなら体から整えることが重要です。

当院のダイエット(痩せる・細くなる方法)は体重よりも見た目でみて細くなることを優先しています。当院のダイエット法は体を整える事をしていくと徐々に細くなって浮腫み、脂肪が減っていく方法をしています。

ダイエットと言うと浮腫み、脂肪を減らしても体重は減るかも知れませんが、単純にそれだけではなく体を引き締めていく方法でダイエットをしています。

例えばですがダイエット(痩せる・細くなる方法)するには一番の効果を失っていくものがあります。これが多くあると、どんなに良いダイエット(痩せる・細くなる方法)をしても効果が出にくくなります。

ダイエット(痩せる・細くなる方法)をする時に効果を出にくくするものは疲れやストレス、睡眠負債です。

疲れやストレスとダイエット

ダイエット(痩せる・細くなる方法)するなら疲れやストレスの蓄積を考えなければいけません。一番のダイエット効果を失うのは疲れやストレスだからです。

疲れやストレスは毎日、毎日の生活や仕事、精神的なプレッシャー、抑圧、緊張と睡眠負債で多くの疲れやストレスが多くなります。

疲れやストレスがたまっていない方はいません。疲れやストレスをわかっていない方はいます。その方は睡眠負債がある方です。

疲れやストレスはどれだけ多くしてもたまります。つまり限界はありません。ここまでしかたまらないと言う事はありません。

疲れやストレスの蓄積は限界までたまっていきます。疲れやストレスは生活する事でも掃除をすることでも仕事をすることでも、料理を作ることでも、歩くことでも、車の運転をすることでも、買い物をすることで重たいものを持ったり歩いたりすることでも温泉に入ることでも多くなるのが疲れやストレスです。

カラオケに行ってはっせんできるものは精神的な抑圧や緊張の解放です。

旅行に行っても精神的な開放ができますが体には疲れやストレスがたまります。

温泉に入っても精神的な開放ができますが体には疲れやストレスがたまります。

食事することで疲れやストレスが発散できるという方もいますが、これも内臓が働いてくれているからできる事です。内臓が働くと疲れやストレスが多くなります。

体を動かすことでも、疲れやストレスが多くなります。

運動する事でも疲れやストレスは増えていきます。

さらに睡眠負債があると、もっと重なります。

睡眠負債とダイエット

最近は多くの方が睡眠負債になっています。睡眠負債とは睡眠障害なんですが気が付いていない方が多くいます。

不眠症でしたら夜、寝ようとすると寝つきが悪いとか、夜に目が何回も覚めるとかありました。

しかし睡眠障害の方は目が覚めません。

目が覚めないから寝ていると思っています。

眠りと言うのは脳が寝ていることだけを言います。脳が寝ることが熟睡です。目が覚めないから寝ている、眠れていると思わないで下さい。

例えば6時間の睡眠時間があっても5時間50分くらいが寝ながら考え事をしている睡眠になっています。夢は目が覚める瞬間に見ています。目が覚める前に見ているから記憶に残ります。誰が見てもスースー寝息を立てていても頭の中のことまでわかりません。

眠りが浅いと、最高に良いというダイエットをしても効果が出ません。睡眠障害があるのに夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていませんか。

寝ている間に脂肪が多くなります。

寝ている間に浮腫みがおおくなります。それは眠れていないからです。

朝から浮腫みが多くなっていたりしていると眠りが出来ていません。

朝が一番、浮腫みがない

朝が一番、顔が引き締まっているべきなんです。

そして仕事や生活することで浮腫みが多くなるというのは当然です。疲れていきますから。

睡眠障害があると脳が弱っていきます。脳が弱ると脳細胞の急激な減少を招いていきます。

そうするとイライラしやすくなります。

朝から顔が浮腫んでいる、ムクミが多いということは眠りが浅いという事を指しています。

眠りが浅いのに循環が良い訳はありません。

眠りが浅いのに体調は良い訳ありません。

眠りが浅いのにリンパの流れが良い訳ありません。

体調の悪さ

痛みやコリを感じる事でもなく疲れやストレスが多くたまっていると老化も急激に進行していきます。

老化が急激に進行すると体も太りやすくなります。

ダイエット(痩せる・細くなる方法)とは

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院はダイエット痩せる・細くなる方法)を基本的なことからしていきます。

2018年07月05日

整体

  • はてなブックマークに追加
  • 北九州で整体なら痛みやコリの原因になっている歪みやズレを矯正することで整えていくと楽になる矯正をしています。北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院
整体とは

整体とは

整体とは痛みやコリの原因が歪みやズレになると言うことを基本的なものとして捉えて骨盤の歪み・背骨のズレを矯正することで腰痛、肩こり、生理痛、便秘、首の痛み、首のこり、膝の痛みなどを楽にしていく方法です。

整体とは体を整えていく事ですが、体には歪みやズレが起きる原因が色々あります。原因として一番に上げられるものは毎日、毎日の生活、仕事、精神的な緊張、抑圧、プレッシャー、睡眠負債で多くなるものがあります。

それは疲れやストレスです。

疲れやストレスと言っても多くの方に必ずあるものです。疲れやストレスがない方はいませんが感じていない方は多くいますしわかっていない方も多くいます。

疲れやストレスと言うのは

①運動してもストレッチしても筋トレしてもジョキングしても散歩しても多くなっていくものです。

②生活する、掃除する、食事を作る、お風呂に入る、買い物をすることで歩いたり荷物を持ったり、旅行に行ったり、温泉に入ったりする事でも疲れやストレスは多くなります。

③仕事でもデスクワークでも車の運転でも立ち仕事でも疲れやストレスは多くなります。

④精神的な緊張や抑圧でもプレッシャーでも疲れやストレスは多くなります。

⑤食べることで内臓が消化したり分解する時も多くなります。

⑥睡眠負債でも疲れやストレスが多くなります。

これらの蓄積が歪みやズレの原因になります。

しかし歪みやズレの原因になる疲れやストレスは、いったいどこにたまるのか。

色々なことをしたらたまる疲れやストレスは、どこにたまるのか、どうやって減らす事ができるのか。

疲れやストレスがたまる所

疲れやストレスがたまる所と言うのは体にたまっていきますが、体のどこにたまるのか、と言うことが問題です。今まで人は生きてきて考えることもないでしょうが、考えなければいけません。

疲れやストレスのたまる所は一番、重要な部分にたまっていきます。例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。水が疲れやストレスをためることはないと思うので、あとの35キロは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパとあとは内臓と中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)です。

中枢神経も内臓の一部です。つまり疲れやストレスは内臓にたまっていきます。

例えばアルコールや脂分の食事をすると内臓は勝手に働いてくれますが、働くことで運動して疲れやストレスをためていきます。例えば呼吸も酸素を吸って肺で血液に酸素を混ぜてくれますから血中酸素が増えてくれます。

人は生活することで疲れやストレスをためていきます。

睡眠負債と内臓

最近は多くの方が寝ているようで眠れていません。眠りと言うのは大脳が寝ていることだけを眠りと言います。大脳が休養を取って寝ていることを眠りと言いますが寝ていても寝ながら考え事をしている睡眠をしています。

大脳が寝ている睡眠を深い睡眠で熟睡と言います。

夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていませんか。夢は目が覚める瞬間に見ています。目が覚める前に見ているから記憶に残ります。誰が見てもスースー寝息を立てていても頭の中のことまでわかりません。

眠りが浅いと大脳が弱っていきます。大脳が弱ると色々な痛みやコリを感じなくなります。院長から『体調はどうですか』、と聞かれると多くの方が「体調は良いです」とか「体調は悪くありません」と言います。検査して調べてみると骨盤の歪みが大きくあったり、背骨がガタガタで体調の悪さを示していますが、感じていないと言う事です。

大脳が弱りすぎると脳内ホルモンもモルヒネに似た物質が多く出てしまいます。これは脳内麻薬と言われるものですから、痛みやコリも感じなくなります。

感じないから体調は良いと思っています。

場合によってはハイテンションになります。ハイテンションになると痛みやコリは感じません。

だから背骨が歪みやズレを起こしているにも関わらず体調は良いと思っています。本当に体調が良いか、悪いかは検査することで判断していきます。

 

整体とは歪みやズレを矯正

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから北九州市整体で体を整える

2018年06月29日

カイロプラクティック

  • はてなブックマークに追加
  • カイロプラクティックとは危険なこともなくボキボキすることもなく痛みやコリの原因になっている歪みやズレを矯正することで整えていき楽にする方法がカイロです。北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイ
カイロプラクティック

カイロプラクティックとは

カイロプラクティックと言うのはボキボキして骨盤や背骨を矯正する事ですが当院ではボキボキすることもしていません。痛くもないカイロプラクティックをしています。

カイロプラクティックの技術の中にはありませんが当院のカイロプラクティックの技術はマッサージするような感じで矯正ができることにあります。

マッサージするような感じでと説明しましたがマッサージをしている訳ではありません。当院の院長である私もマッサージして矯正ができるとは思いません。

他の方ではマネできない矯正ですからマッサージ感覚で骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレの矯正ができます。

しかし体を整えると言うことは体力が必要ですから体力のない方ほどダルクなることがあります。これは揉み返しとは違いますが、似たようなものだと思って下さい。できるだけ早く楽にするようにしていますが、体力がない方ほど回復が遅れます。

自分で思っているほど全員の体力が落ちています。特に疲れやストレスの蓄積が多かったり睡眠負債があると体力は良いことはありません。

特に小顔矯正、骨盤矯正に訪れた方、全員が無茶苦茶といって良いほど悪いと言う事も起きています。院長から「体調はどうですか」と聞くと全員が「体調は良いです」と答えますが検査してみると全員が奈落の底のような体調、ドン底のような体調をしています。

自分の体調の悪さを感じていませんし、わかっていません。

自分の体調がわかっていない方、感じていない方は睡眠負債が多くあると脳の弱りからモルヒネに似た物質の分泌が多くありマヒした状態になっています。

モルヒネは麻薬物質ですから痛みやコリに鈍感になりマヒしてきます。マヒして感じないから体調が良いと思っている方が多くいます。

体調が良ければ骨盤の歪みはありません。

体調が良ければ背骨のズレはありません。

当院では検査する事ができます。検査してみると多くの方は背骨のズレがありガタガタです。

カイロプラクティックとは

カイロプラクティックと言うのは痛みやコリの原因になるのは歪みやズレにあると言うことを考えながら体を整えることをして痛みやコリを楽にする方法です。

カイロプラクティックの適応症は色々ありますが多くの痛みやコリは歪みから起きています。

例えば、腰痛、肩こり、生理痛、便秘、首の痛み、首のこり、膝の痛みなどは歪みが原因で起きている症状です。体に起きる色々な痛みやコリは歪みが原因で起きています。

しかし歪みを矯正しなくても楽にすることはできます。

しかし楽にすることと、直すことは違います。

カイロプラクティックは楽にすることは、もちろんですが体を直す事をしています。

しかし多くのカイロプラクティック院でも体を直す治療ができていません。ボキボキしても直している訳ではありません。ボキボキ音は骨が動いているものではありません。

ボキボキ音とは指のボキボキすることと同じです。指をボキボキして矯正したと思う方はいません。

ボキボキと聞こえるのは椎間板にたまった疲れやストレスが多くなると気泡が多くなりますから気泡が弾ける音です。

確かに気泡が弾けるだけでも楽になりますが、本当の骨の矯正ではありません。骨の矯正とは骨が癒着、固着した状態を矯正する時に言います。

ボキボキして骨が動くことはありません。気泡が弾けている音がボキボキと聞こえます。

カイロプラクティックと内臓

カイロプラクティックの対象にしている歪みは、どうして起きるのか、どこから起きるのか、と言う事がりますが、それな毎日、毎日の生活、仕事、精神的な緊張、抑圧、プレッシャー、睡眠負債で多くなるものがあります。

毎日、日常で多くなるものは疲れやストレスです。

疲れやストレスは体にたまると言うことは知っていると思います。疲れやストレスがどこにたまるのか。ということが問題なんです。

疲れやストレスは筋肉にもたまりながらある部分に何十倍もたまります。ある部分と言うのは内臓です。

内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。なんでもかんでも病気というのを結びつけることなく疲れやストレスが内臓にたまると言うことが多くあります。

例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。あとは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパとあとは内臓と中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)です。

この中で疲れやストレスがたまりやすい所は筋肉と内臓です。中枢神経も内臓の一部です。

筋肉よりも体の中にあるのが内臓です。食べたものを消化する時に内臓が働いてくれています。内臓が働くと疲れが生まれることもあります。内臓の疲れはどこにたまるのか内臓にたまります。例えばアルコールや脂分の食事をすると内臓は勝手に働いてくれますが、働くことで運動して疲れやストレスをためていきます。

例えば呼吸も酸素を吸って肺で血液に酸素を混ぜてくれますから血中酸素が増えてくれます。

つまり内臓も仕事をして働いていますから、働くと疲れやストレスが生まれます。この疲れやストレスがたまるのが内臓です。

あとは日常に体を動かす事、仕事することでも疲れやストレスは多くなります。つまり疲れやストレスがたまるばかりなんですが、疲れやストレスを減らす事ができるのは寝ている時だけです。

しかし

睡眠負債とカイロプラクティック

最近は多くの方が睡眠負債になっています。唯一、疲れやストレスを減らす事ができるのは寝ている時だけです。

眠りと言うのは脳が休養を取って寝ていることが眠りです。脳が休養を持っていない限りは眠れていません。

夢は目が覚める瞬間に見ています。目が覚める前に見ているから記憶に残ります。誰が見てもスースー寝息を立てていても頭の中のことまでわかりません。

疲れやストレスと睡眠負債

疲れやストレスが多い方は歪みが大きくあります。

睡眠負債のある方は歪みがかなり大きくあります。

両方が多くたまっていると体は大変な状況です。

睡眠負債が多くなると脳は弱っていきます。脳が弱ると痛みやコリを感じなくなります。どんにひどい状況が起きていても本人は感じません。

 

 

 

 

 

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティックで歪みを矯正することで楽にしています。

2018年06月26日

肩こり

  • はてなブックマークに追加
  • 北九州で肩こりを楽にするならコリの原因から解消することが大切です。肩がコルのは原因があります。多くの場合、原因は背骨のズレです、筋肉だけ解消しても楽になりますが北九州市のカイロプラクティック徳力整体院
肩こり

肩こりを楽にすること

肩こりを楽にする為には色々な方法がありますが、肩こりと言うと筋肉のコリばかり注目が集まってしまって筋肉のコリばかり楽にしていますが、確かに筋肉のコリを解消すると肩こりは楽になります。楽になると言うよりも楽に感じます。

本当の肩こりを楽にすることは肩こりの原因から直していくことを考えるようにして下さい。

肩こりを楽にすることと、肩こりを直していく事は違います。

肩こりを楽にすることは楽にする事であり、肩こりを直すことは直すことです。

直すことと楽にする事は同じではありません。

筋肉を揉んだりすることは楽にすることです。マッサージなどで筋肉を揉んだりすることは癒しの一種ですから肩こりを直している訳ではありません。家族の方のマッサージと専門家の方のマッサージの違いはあります。原因を残したままになっています。

湿布を貼ったりしても楽になることはあります。湿布を貼ったりするとインドメタシンと言う薬剤や何かのエキスの効果で肩こりは楽になることもあります。原因を残したままになっています。

ドラックストアで売っているサプリメント、医薬部外品でも肩こりは楽になることもあります。栄養やビタミンと肩こりに効果があるエキスと言う効果があるもので楽になります。原因を残したままになっています。

低周波治療器や電器でも肩こりは楽になります。低電流の電気でプラス端子からマイナス端子へ電気を流すことで痛みやコリが散ってわからなくなります。リンパの流れが良くなって老廃物が多く流れていきます。循環が良くなりますが、元に戻りやすく原因を残したままになっています。

肩こりにはコリのなる原因があります。

肩こりとは

肩こりとは筋肉のコリと、どうして筋肉のコリが起きたのか、と言う原因があります。肩こりがどうして起きたのか、と言う原因を見つけ出す必要がありますが、多くの方の場合、専門家の先生も原因はわかりません。

原因がわからないから低周波治療器や電器をしています。また筋肉をもんだりしています。どうして筋肉が硬くなるのか。

湿布を貼ったりすること、マッサージすること、サプリメント、医薬部外品を飲むこと、低周波治療器や電器をすることは原因を見つけることができない方がしています。

肩こりの原因を見つける為にも検査する事をしないと見つかりません。検査と言っても病院の検査ではありません。

病院の検査は病気の検査ですから血液検査、尿検査、レントゲン検査、エコー検査、MRI検査などは病気の検査になります。

当院で行う検査は筋肉のコリの検査から始めて行きます。本当に筋肉のコリが起きているのか、を検査で見つけて解消することから始めます。

もちろん多くの方は筋肉のコリがあります。筋肉のコリから解消して、次に進みます。

次には背骨のズレですね。背骨のズレが起きていると筋肉は骨から骨へ引っ付いていますから骨が動くことで筋肉は引っ張られます。それがコリになります。

しかし、何も原因がないのに背骨のズレを起こすことはありません。背骨のズレが起きるのは原因があるから背骨のズレが起こります。

背骨のズレと肩こり

背骨のズレが起きると筋肉が引っ張られて肩こりになりますが、筋肉が引っ張られるとリンパの流れが悪くなり老廃物が多くたまると循環が悪くなります。

何も原因がないのにリンパの流れが悪くなることが起きると大変です。

背骨のズレは姿勢でも起こりません。猫背でも背骨のズレにはなりません。背骨は中枢神経を守っています。姿勢で背骨のズレが起きると守れなくなります。

では、どうして背骨のズレが起きるのか、と言うと、それは疲れやストレスの蓄積です。毎日、毎日の生活、仕事、精神的な緊張、抑圧、プレッシャー、睡眠負債で多くなるものがあります。それが疲れやストレスの蓄積です。

疲れやストレスはたまる所があります。筋肉にもたまりながらある部分にたまっていきます。

ある部分と言うのは内臓です。例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。あとは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパです。あとは内臓と中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)です。

中枢神経も内臓の一部です。この中で疲れやストレスがたまりやすい所は筋肉と内臓です。

内臓は体の中にありますから体の中から崩れていきます。これが背骨のズレになります。そうすると肩こりになります。

疲れやストレスの蓄積が内臓にたまっていって背骨のズレが起きて筋肉のコリが起きて肩こりになります。

内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。なんでもかんでも病気というのを結びつけることなく疲れやストレスが内臓にたまると言うことが多くあります。

肩こりを解消する為には

肩こりを解消しようと思うなら肩こりの原因になっている内臓にたまった疲れやストレスを減らす事です。

① 筋肉のコリから解消すること

② 背骨のズレを解消すること

③ 内臓にたまった疲れやストレスを減らすこと

④ 体質改善で弱い内臓を強くしていくこと

肩こりを直していくなら、この4点です。

ですから筋肉のコリだけ解消して楽になっても多くが残っています。

肩こりのおおもとの原因は体質的な弱さがある方が肩こりになります。肩こりを起こしやすい体質、肩こり体質、

肩こりを改善

肩こりを改善するなら直していく事からしています。しかし初めから直していく事はできません。まずは肩こりを楽にすることからしていきます。

肩こりとは

 

 

 

北九州肩こりを楽にするなら原因から解消することが大切です。北九州市肩こり解消はカイロプラクティック徳力整体院

2018年06月21日

小顔矯正

  • はてなブックマークに追加
  • 北九州で小顔矯正をするならボキボキもしない痛くない顔が小さくなる矯正をしている30年になる北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院
小顔矯正とは

小顔矯正とは

当院では初回から顔が小さくなる小顔矯正をしています。小顔矯正をして行くときには顔を無理やり押さえつけたりすることなく小顔矯正をしています。小顔矯正をする時には、本当に顔を無理やり押さえつけたりすることなく顔を小さくする小顔矯正をしています。

当院の小顔矯正は、顔を正常に戻していく小顔矯正ですから、無理な小顔矯正はしていません。今まで30年間の小顔矯正では多くの方も顔を小さくすることをしてきましたが、全員の方が顔が小さくなっています。

顔を小さくしていく為には小顔矯正の一番、天敵になるものから減らす事をしていかなければ、どんなに効果がある小顔矯正をしても意味はありません。小顔矯正をする時には2つの悪いものがあります。

2つの小顔矯正をする時の問題

一つは疲れやストレスの蓄積

もう一つは睡眠負債です。

この2つが多く体にたまっていると、顔だけではなく体にも影響があります。小顔矯正で顔だけ小さくなっても体に脂肪や浮腫みが多かったり、骨盤の歪み・背骨のズレがあると顔の小ささが良く見えません。小顔矯正をする時には体も深い関係があります。

自分の体の骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレがあるという事は疲れやストレスの蓄積で起きています。疲れやストレスは限界なく多くしてしまいます。疲れやストレスの蓄積には、ここまでしかたまらないと言う事はありません。奈落の底のように疲れやストレスはたまります。底なし沼のように疲れやストレスはたまります。

顔だけ小さくしても体はブヨブヨでは意味ありません。そのためしばらくの通院が必要ですが体を整えたり歪みやズレを解消したり体質改善をしていくと体は変わって引き締まっていきます。

当院の小顔矯正は全身をしていく小顔矯正をしていますから、顔だけ小さくしても顔は顔だけが大きい訳ではありません。

小顔矯正に関係するものを減らすことが重要です。小顔矯正をしている専門家の先生も知らない、わからない方も多くいます。

疲れやストレスと小顔矯正

小顔矯正をして行くときには体に蓄積して多くなってしまったものを減らす事です。疲れやストレスはどこでもたまり蓄積していきます。

例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。あとは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパしかありません。

あとは内臓と中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)です。

この中で疲れやストレスがたまる所というのは筋肉にもたまりながら内臓にたまっていきます。内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。なんでもかんでも病気というのを結びつけることなく疲れやストレスが内臓にたまると言うことが多くあります。

例えばアルコールや脂分の食事をすると内臓は勝手に働いてくれますが、働くことで運動して疲れやストレスをためていきます。人が呼吸する事でも血液の中に酸素を多く混ぜることでも肺が働いてくれるから血中酸素が多くなります。もし肺が働かなかったら大変なことになります。しかし内臓が疲れやストレスをためても減らすことを考えていません。

この疲れやストレスの蓄積が顔に脂肪や浮腫みを多くしています。

小顔矯正と睡眠負債

小顔矯正をするときには睡眠負債も深く関係しています。睡眠負債があると脳が弱っていきます。夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていませんか。夢は目が覚める瞬間に見ています。目が覚める前に見ているから記憶に残ります。

しかし寝ながら考え事をしている睡眠があります。脳が休養を取って寝ていることが眠りです。脳が休養を持っていない限りは眠れていません。寝ている方を見てスースー寝息を立てていても気持ちよさそうな感じでも脳の中の事までわかりません。

眠りと言うのは目が覚めないから寝ていると言う訳ではありません。脳から寝ていないと脳は日増しに疲れやストレスをためて弱っていきます。

脳が弱ると頭痛、頭の痛みになったり肩こり、腰痛、腰の痛みなどの症状も起こしますが生理痛、便秘がひどくなるかたもいます。

しかし睡眠負債がおおくあると痛みやコリも感じません。痛みやコリが感じない所ではなくインフルエンザになっても発症はしません。隠れインフルエンザになり周りに移しています。脳が元気だから発症します、脳が元気だから熱が上がります。

脳で細菌やウィルスを減らします。熱を上げることで。

小顔矯正を受けるときには自分で顔を触っておぼえてもらいます。他人がメジャーで測ることなく自分で小さくなったのがわかるようにしています。

そのため小顔矯正に入る前には自分で顔を触ってもらいますが、簡単なようで簡単ではありません。簡単だと思って触った方ほど小さくなっても分からないと言う方がいます。

小顔矯正をする時には例えばですが顔を触って左右差を感じてもらいます。顔の左側が全体が大きいとか、右側の一部が出っ張っているとか。左右差があります。顔は左右が対称ではありません。

左右差を感じようとすると脳の感覚神経が働きます。手だけで触った方は変化しても分かりません。そのため今でも左右差を感じようとして触ってみてください。

小顔矯正と疲れやストレスと睡眠負債

小顔矯正をして行くときには一番の邪魔なものは疲れやストレスと睡眠負債です。

これが多くなると持続力はありません。維持することもできません。

多い方は小顔矯正が終わった瞬間に崩れていきます。

そのため小顔矯正だけではなく体も重要になります。

しかし初回は顔だけ触って小さくしていく事をしていきます。小顔矯正ですから顔を小さくしていくことから始めないといけませんから。

2回目か3回目の時には顔だけではなく体も正常に戻していく事をしないと効果が持続しません。

小顔矯正とは

 

 

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから小顔矯正なら北九州のカイロプラクティック徳力整体院。

2018年06月11日

整体

  • はてなブックマークに追加
  • 整体と言うのは歪みやズレが起きた所を整えていくことで痛みやコリを楽にする方法です。北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院
整体とは

整体とは

整体とは歪みが起きた部分を矯正して整えていく方法です。どうして歪みを整える必要になるのかと言うと疲れやストレスがたまっていくことが原因で歪みになるからです。

体には毎日の生活による疲れやストレスが多くたまっています。生活上でたまる疲れやストレスは多くあります。掃除することも疲れやストレスはたまります。洗濯することも多くの疲れやストレスをためています。料理する時も疲れやストレスが多くなります。買い物も疲れやストレスが多くなるものです。

運動しても筋トレしても疲れやストレスは多くなります。多くの方が勘違いしていますが運動や筋トレは筋肉を鍛えているだけです。疲れやストレスを減らすことなく逆に疲れやストレスが増えていきます。筋肉を鍛えることで疲れやストレスは多くなります。脂肪は燃焼するかも知れませんが浮腫みは増えていきます。浮腫みが増えるときには疲れやストレスが多くたまって体調が悪くなります。体調と体力は違います。多くの方が筋肉を鍛えることが体力を向上させるような感じで言いますが上がることはありません。筋肉を鍛えることはは筋肉を強くしているだけです。

サプリメント、医薬部外品を飲んでも栄養ですから栄養は健康補助食品ですから食べるもので摂取することが一番です。栄養がある焼肉を食べてもウナギを食べても食欲が増しているだけで体調は上がりません。体力も付きません。焼肉、ウナギで上がれば病院に入院しているかたは全員、病院食として食べています。サプリメント、医薬部外品を飲んでも体に蓄積した疲れやストレスは減りません。

マッサージしても低周波治療器や電器をしても体にたまった疲れやストレスは減りません。

一番、減らすのが難しいのが疲れやストレスを減らす事なんです。

疲れやストレスと整体

疲れやストレスがあるから、たまるから何かの痛みやコリなどの症状が起きています。しかし疲れやストレスがたまらない生活はありません。

生活するだけではなく疲れやストレスは仕事でも多く蓄積していきます。そして最近、多くなっているのが睡眠負債です。

睡眠負債が多くなると体全身が老化していきます。

疲れやストレスの蓄積が多いと老化が促進して早くなります。疲れやストレスは歪みやズレを起こす原因であり内臓の老化を早めてしまいます。

内臓が老化して最終形態は病気です。しかし病気になるときは半年や1年ではなるものではなく10年、20年かけながら細胞の変化が起きて病気になります。

健康な細胞から病気の細胞になるには10年以上かかります。しかし人は親から作られます。精子と卵子が結合して生まれますから親の遺伝子、DNAが深く関係しています。

赤ちゃんが生まれてくると目元が親に似ているとか言いますよね、これが遺伝(DNA)です。これは内臓も似ていることを言います。

人の体は似ています。人の内臓には弱い部分と、そうでもない部分があります。

そうでもない内臓は何も起こしませんが、弱い内臓ほど疲れやストレスをためやすく、疲れやストレスを多くためると細胞の変化が起きて老化していきます。この老化途中の内臓に疲れやストレスが多くたまって溢れた時に痛みやコリになります。

これが腰痛、肩こりなどの原因です。

睡眠負債と整体

生活でも仕事でも睡眠負債でも疲れやストレスは多くなります。疲れやストレスを減らす事ができるのは唯一、寝ている時だけです。

寝ていると言っても夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていませんか。目が覚めないから寝ていると言う事はありません。

夢は目が覚める瞬間に見ています。目が覚める前に見ているから記憶に残ります。眠りと言うのは脳が休養を取って寝ていることを言います。

脳が寝ていない睡眠が多くなっています。いくら体は寝ている状態でも脳が寝ていません。脳が寝ていないのは夢よりも寝ながら考え事をしている睡眠をしています。

寝ながら考え事をしている睡眠は目が覚めることもなく、目が覚めた時には、忘れています。夢は記憶に残りますが寝ながら考え事をしている睡眠は記憶にも残りにくくなります。

眠りと言うのは脳から寝ていないと寝ていません。

誰が見てもスースー寝息を立てていても頭の中のことまでわかりません。見た目だけで判断しないで下さい。また寝ている方も目が覚めないから寝ていると思わないで下さい。

一番、難しいのが睡眠負債を直すことと疲れやストレスを内臓から減らす事です。

体を整える整体

湿布を貼ったりマッサージしても低周波治療器や電器をしても刺激です。当院でも刺激をしますが当院の整体は検査することをしていきます。

検査する整体が特徴ですから検査すると一つずつ反応しますから一つずつ解消していく事ができます。病院の検査の血液検査、尿検査、レントゲン検査、エコー検査、MRI検査のようにすべて一度にわかるものではありません。

一つずつ反応が出てきますから、ある一つが良くなると2番目のものが反応してくるという方法で解消していきます。

多くの方は初回では体調が悪いのが普通です。その体調の悪さがどこまで悪いのか、どの段階まで悪くなっているのか、と言うことで違います。

多くの方は軽く考えています。奈落の底のような体調、ドン底のような体調と言われると多くの方が「私がですか」と言います。

睡眠負債があれば落ち方が大きくなるのは当然です。

整体は体を直していくこと

睡眠負債の方は急激な脳細胞の減少が起きていきます。脳細胞が減ったものは増えることはありません。脳細胞が減っていくと普段できていることも、いつかはわからなくなります。

出来なくなるのではなくわからなくなります。

脳細胞の減少はイライラしやすくなるし、頭痛、頭の痛み、夜、寝ようとすると寝つきが悪いとか、夜に目が何回も覚める、パニックになる、精神的に病む、不安が多くなる、会話が頭に入らない、会話が成り立たない、認知症、痴ほうに進行しやすくなります。

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑門司若松、行橋、下関市などから整体で体の歪みを整えると痛みやコリが楽になります。

2018年06月05日

腰痛

  • はてなブックマークに追加
  • 腰痛を楽にするなら骨盤の歪み・背骨のズレから改善しないと骨盤の歪み・背骨のズレが腰痛、腰の痛みの原因ですから北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院
腰痛、腰の痛み

腰痛、腰の痛みは

腰痛、腰の痛みが起きたら炎症やハレがありますから温めないで冷やして下さい。お風呂に入ったりすることなく急性状態では安静をして下さい。つまり休養を取ると言うことが一番です。お風呂に入ることは慢性状態になると構いません。急性状態や痛みが強い時にはお風呂は良くありません。入浴している時からズキズキしてきたりお風呂から上がった後に痛みが強くなることもあります。

急性状態では休養を取った方が安全です。

腰痛、腰の痛みが慢性化したり長期間になると何をしても治りませんが急激な悪化はしないので何をしても良いです。冷やしても温めても構わないと思います。

何よりも急性状態では休養をとることをお勧めします。何でもかんでも日本人は休養をとれませんから、たまには休むことも必要です。

強い腰の痛みが取れても本当は大変な状態で腰痛、腰の痛みになっています。体が痛みを起す時には痛みだけではありません。もしかしたら、ここで休んでおかないと死んでしまうかも知れません。

体が何かの痛みを起こす時には警報が鳴っている時です。警報の中でも非常警報の時に腰痛、腰の痛みになります。それを逃がしてくれているのが痛みです。

痛みがある部分は圧力が高くなっています。圧力が低くて痛みになることはありません。しかし圧力が固くなってしまった原因があります。この原因が非常警報です。

なにか体に良くないことが起きているから骨盤の歪み・背骨のズレを起こして腰痛、腰の痛みになります。これを腰痛だと簡単に考えて湿布を貼ったり、マッサージをしたり低周波治療器や電器をしたりする事は簡単です。

しかし、その陰に潜んでいるものは湿布を貼ったり、マッサージをしたり低周波治療器や電器をしたりする事をしても変わっていません。腰痛、腰の痛みの痛みが圧力を下げることで楽になるでしょうが。

腰痛、腰の痛みとは

腰痛、腰の痛みが起きる時には病院にいったり、湿布を貼ったりマッサージしたりサプリメントを飲んだり低周波治療器や電器などをしても痛みが楽になることはありますが原因を見つけることなく施術していますから、原因なんか関係ありません。

ただ痛みを楽にすることをして行けば良い訳ですから。患者さんも痛みさえと言う感じで来ますが。

腰痛、腰の痛みが良くなっても楽になっても心不全で死んだら意味ありません。心臓で圧力が高くなれば心臓に負担がきています。病気ではありません。負担が起きても心不全はあります。可能性です。

腰痛、腰の痛みに限らず痛みが起きている時には体は弱っています。体が弱るのも、どこが弱っているのか、と言うことを見つけることも必要だと思います。

しかし病気ではありません。内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。なんでもかんでも病気というのを結びつけることなく疲れやストレスが内臓にたまると言うことが多くあります。

腰痛、腰の痛みが良くなっても楽になっても脳梗塞で死んだら意味ありません。脳の血管に圧力が上がって起きることもあるかも知れません。可能性ですが。

腰痛、腰の痛みが起きているときには圧力が高くなっています。圧力を下げることはマッサージしても下がります。圧力を下げることは湿布を貼ったりしても下がります。圧力を下げることは低周波治療器や電器をしても下がります。

圧力ばかり下げることをしていると原因も、いつままでも同じままではありません。原因は進行していくと言う事です。

圧力を下げることを対症療法と言います、原因なんかみつけることなく楽にする方法です。

腰痛、腰の痛みには原因があります。原因をみつけて解消する事をしていかないと原因も同じままではありません。

腰痛、腰の痛みの原因

腰痛、腰の痛みの原因は毎日の生活、仕事で多くたまるあるものが原因です。これは誰でもあるものです。ない方は一人もいません。全員に有るものですが、それは疲れやストレスです。

毎日の生活、仕事で多くたまる疲れやストレスが筋肉にもたまりながら内臓にたまっていきます。例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。あとは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパ管しかありません。あとは内臓と中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)です。

つまり筋肉にも疲れやストレスはたまりながら、その何十倍も疲れやストレスが内臓にたまっていき、骨盤の歪み・背骨のズレになります。

姿勢で骨盤の歪み・背骨のズレが起きることはありません。

体の内部から崩れていき骨盤の歪み・背骨のズレになります。さらに大きく歪みやズレが起きると誰でも椎間板ヘルニアになります。

毎日の生活、仕事で多くたまる疲れやストレスは多くなるばかりです。しかし疲れやストレスをためておきながら減らす事はしていません。

疲れが溜まったら焼肉を食べたりウナギを食べたりケーキを食べたり脂分やアルコールを飲んだりしています。

余計に内臓に負担を強いています。内臓に負担をかかっているのに、さらに上乗せで負担を強制しています。

悪循環をしていることさえ考えもせずに。

人は動くことでも疲れやストレスが多くなります。

運動する、筋トレすることでも疲れやストレスは多くなります。

仕事することでも疲れやストレスは多くなります。しかし減らすことはしていませんしできていません。

疲れやストレスと腰痛、腰の痛み

疲れやストレスの蓄積が腰痛、腰の痛みになります。しかし疲れやストレスがたまっても腰痛、腰の痛みにならない方がいます。

疲れやストレスは自分の弱い内臓に多く蓄積していきます。内臓には弱い内臓とそうでもない内臓があります。弱い内臓は体質的に弱い内臓です。

体質的に弱い内臓は生まれつきです。体質と言うのは生まれに関係しています。生まれつきある弱い内臓に多くの疲れやストレスがたまって老化しながら進行していきます。進行して完成したら病気ですから、今は進行途中ですから病気ではありません。未病です。

いまだ病気にあらず、です。

しかし弱い内臓は日々の疲れが溜まりやすくなっていますから、疲れやストレスがたまって限界を超えると骨盤の歪み・背骨のズレを最大に起こします。

最大に骨盤の歪み・背骨のズレが起きると腰痛、腰の痛みになります。軽い骨盤の歪み・背骨のズレは何も起こしません。いつでも骨盤の歪み・背骨のズレがあります。誰でも骨盤の歪み・背骨のズレは普段から起きています。

骨盤の歪み・背骨のズレには段階が

しかし程度が軽いと痛みやコリにはなりません。

疲れやストレスが多くたまっていくと骨盤の歪み・背骨のズレが大きくなります。

骨盤の歪み・背骨のズレが大きくなった時に重いものを持ったりすると体を支えることができないで腰痛、腰の痛みになります。

骨盤の歪み・背骨のズレが大きくなった時に体に合わない布団で寝ていると腰痛、腰の痛みになります。

骨盤の歪み・背骨のズレが大きくなった時に車の運転を長くしていると同じ姿勢でいることで骨盤の歪み、背骨のズレが大きくなると腰痛、腰の痛みになります。

骨盤の歪み・背骨のズレが大きくなった時にクシャミをしただけで腰痛、腰の痛みになります。

骨盤の歪み・背骨のズレが大きくなった時に靴下を履こうした時に急に腰が痛くなってしまいます。

骨盤の歪み・背骨のズレが大きくなった時にデスクワークで座っているだけでも腰痛、腰の痛みになります。

骨盤の歪み・背骨のズレがない方は腰痛、腰の痛みにはなりません。

骨盤の歪み・背骨のズレを起こしているのは腎臓が弱い方ですが腎臓といっても病気ではありません。ですから病院で血液検査、尿検査、レントゲン検査、エコー検査、MRI検査してもわかりません。もし、わかれば病気です。

病気出ない状態で腰痛、腰の痛みは起きています。

腰痛、腰の痛みとは

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから北九州市のカイロプラクティック徳力整体院は腰痛、腰の痛みを楽にする為に努力しています。

2018年05月28日

骨盤矯正

人気がある骨盤矯正

骨盤矯正とは

当院では骨盤矯正をしていく時にはボキボキもしないし痛くもない骨盤矯正をしています。今まで多くの方の骨盤を小さくすることをしてきましたが骨盤矯正をわかっていない方が多くいます。そのため骨盤矯正を知ってもらう為にも骨盤矯正を説明していきたいと思います。

骨盤矯正と言うのは骨盤を小さくすることです。骨盤を小さくすることで小尻になることができます。骨盤と言うのは骨です。骨を小さくすると言う事ですよね。骨盤の骨が小さくなるのかと言うとなりません。正常な骨が小さくすることができたら良いでしょうが、骨盤の骨を小さくすることが可能でしたら大変なことです。

もし骨盤の骨が小さくできたら、すごく色々な部分に影響が出ます。もちろん、頭痛、頭の痛み、肩こり、腰痛、腰の痛み、噛み合わせ、生理痛が悪化、ひどくなる生理不順、出ない便秘、膀胱炎、尿漏れになる方も出てしまいます。骨盤に関係する部分、全てに影響が出ます。骨盤は土台ですから土台が狂えば大変です。頭がい骨まで影響が出ます。

正常な骨盤から、骨盤を小さくすると言うことは不可能ですし、できる方がいても、したらいけません。

安全な骨盤矯正は

しかし無理やりする骨盤矯正ではなく検査する事ができる先生がしている骨盤矯正が一番、安全です。

当院では骨盤矯正をする時には検査する事をしていますから無理な骨盤矯正はしていませんが、今まで多くの方を30年間で骨盤矯正をしてきましたが、正常な骨盤を初回から見たことがありません。

骨盤矯正をする時には検査していきますが検査してみると異常がある骨盤ばかりです。一人も正常な骨盤の方はいません。この正常ではない骨盤を整えていく事ができれば骨盤が小さくなります。

それを見つけていく為には、まずは骨盤の歪み・骨盤の開きの矯正だけではダメなんです。多くの骨盤矯正をしている施術院が骨盤の歪み・骨盤の開き矯正ばかりしています。確かに骨盤の歪み・骨盤の開きでも矯正して整えると骨盤は小さくなります。

そして骨盤周辺の浮腫み、脂肪も減っていきます。それだけではありません。

最近は骨盤矯正を希望されて予約した方は、検査してみるとわかることがあります。普通は起こらないことが起きています。普通では考えられないことです。

それは骨自体が炎症やハレを起こして肥大して変形しています。

骨盤矯正とは

骨盤矯正をする時には一番、関係するものは、

① 体調

② 骨自体が炎症やハレを起こして肥大して変形

③ 睡眠負債    の3点になります

この3つとも多ければ多いほど骨盤を小さくしても維持することはできません。持続力もありません。3つとも多くすれば多くしてしまう事ができるものです。限界なく蓄積させてしまうものです。

①の体調とは多くの方が落ちています。院長から「体調はどうですか」と聞かれて、多くの方が「体調は良いです」とか「体調は悪くありません」と言います。そこで体調を検査してみると大変なことがわかります。

大変なこととは体調が奈落の底のような体調、ドン底のような体調をしています。これには理由があります。最近は多くの方が寝ているようで寝ていません。夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると単純に思っています。

夢は目が覚める瞬間に見ています。目が覚める前に見ているから記憶に残ります。しかし寝ながら考え事をしている睡眠と言うものがあります。寝ながら考え事をしている睡眠は目が覚めた瞬間に忘れてしまいます。そのため目が覚めないから寝ていると思います。

夜中に何回も目が覚めればわかるでしょうが、目が覚めないから寝ていると思います。これが睡眠負債です。睡眠負債は睡眠障害になり脳が弱っていきます。脳が弱ると痛みやコリも感じませんしハイテンションになります。ハイテンションになると疲れ知らずです。疲れることをしても筋肉痛は起こりますが、体調の悪さは感じなくなります。

だから

体調が良いと思っています。

インフルエンザになっていても脳が弱ると熱が上がりません。インフルエンザになっているとも思いません、このことを隠れインフルエンザと言います。隠れシリーズには色々あります。隠れ心筋梗塞もあります。隠れ脳梗塞もあります。

睡眠負債の方が骨自体が炎症やハレを起こして肥大して変形しています。

場合によってはお腹を少し押さえられると痛みがある方もいます。普段は何も感じなくても押さえたら痛いと言う方も多くいます。

眠りが浅い方、睡眠負債の方は頭を触るとわかります。

最近は多くの方が

睡眠負債と骨盤矯正

骨盤矯正をする時には一番の邪魔なものは睡眠負債の脳の弱りです。睡眠負債が起きると日増しに脳が弱っていきます。脳が弱ると骨盤の歪み・背骨のズレが必ず起きていますが痛みやコリとして感じていません。

脳が弱ると目の下にクマがある方もいます。

顔にも骨盤にも周辺に浮腫み、脂肪が多くあることもあります。

睡眠負債が多くあると、戻しても整えても戻りやすくなります。その時に骨盤が小さくなっても崩れやすくなります。

骨盤矯正とは

 

北九州市小倉南区小倉北八幡東、八幡西、戸畑門司若松、行橋、下関市などから骨盤矯正で人気があって評判の良い骨盤矯正をしている北九州のカイロプラクティック徳力整体院。

2018年05月23日

カイロプラクティック

カイロプラクティック

カイロプラクティックとは

カイロプラクティックと言うのは痛い怖い荒いと言うイメージがありますが、これは以前、テレビでゲームの罰ゲームで芸能人がボキボキされて痛がる事をしていたからです。

カイロプラクティックと言うと代名詞がボキボキする矯正だと思われてしまいましたがカイロプラクティックが日本中に広まることにもありました。しかし今だに以前のイメージがあります。

カイロプラクティックと言うのは手の技と言う意味がある背骨・骨盤矯正術です。痛みやコリは骨盤の歪み・背骨のズレから起きていますから、唯一、骨盤の歪み・背骨のズレから矯正して整えていく事ができる方法です。

しかし骨盤の歪み・背骨のズレを矯正しなくても楽にすることはできます。何もボキボキしなくてもカイロプラクティックを受けなくても痛みやコリを楽にすることはできます。その楽にする方法とは湿布を貼ったりすることでも痛みやコリは楽にすることができるからです。

湿布を貼ったりするとインドメタシンや鎮痛効果がある薬効で痛みやコリを楽にして抑えることができます。スースーしたり冷たいなどの冷やすことでも痛みやコリは変わるからです。こらは炎症やハレをおさえて楽にしていく方法ですが、どうして痛みやコリが起きたのか、と言う事まで考えていませんし見ていません。痛みやコリが起きている時には炎症やハレも解消しなければいけませんが、どうして痛みやコリが起きたのか、どこから炎症やハレが起きたのか、と言う原因があります。炎症やハレが起きて痛みやコリになる為には原因が存在しています。原因も炎症やハレをおさえてしまえば楽になりますが、原因もいつまでも同じままでは居られません。つまり進行があると言うことですし、もうスタートを切っていると言う事です。

これがこんどは形を変えて出てきます。

痛みやコリと言うのは先将来の問題に関係があります。先将来と言うのは1年後かも知れませんし5年後、10年後かも知れません。また20年後かも。

体に痛みやコリが起きるときには

体に何かが起きる時には、必ず病気でも疲れやストレスの蓄積で体調が落ちた状態でも体質が関係しています。体質とは簡単に言うと遺伝的な要素があるものであり、家系的な弱さです。体質はクリームを塗っても変わりません。サプリメントを飲んでも体質は変わりません。食べるものを食べても体質は変わりません。

何をしても変わることはなく悪くなるばかりなのが体質です。体質と言うのは年齢とともにではなく年齢以上に悪くなっていきます。年齢以上に体質が悪くなるから病気になります。

例えばアトピー方は体質はアトピー体質です。親から受け継いだ体質が親はアトピーが出ていなくても膵臓が弱い体質があります。アトピーは膵臓の弱さがあるから起きています。膵臓の弱さがある遺伝がアトピーになります。

アトピー体質の方は体調を落とすと悪化してひどくなります。体調が良い時にはアトピーは少し落ち着きます。

膵臓が弱い方は糖尿の家系です。下痢や腹痛を起こしやすく肝臓肌、ノドの渇き、目の疲れなどを起こしやすくなります。

生まれつき背骨の胸椎6番目が歪みを起こしています。6番目は膵臓に関係する部分です。膵臓が弱いから6番目がズレています。6番目がズレているから膵臓が弱く生まれています。

糖尿の病気がある方は胸椎の6番目が生まれつき背骨のズレがあります。

アトピー方向に行かなくても膵臓が弱ければ下痢、軟便、ノドの渇き、乾燥肌、目のカスミを起こしやすくなります。

カイロプラクティックとは

カイロプラクティックとは骨盤の歪み・背骨のズレを矯正して整えていく事をしていますが、低周波治療器や電器を使うカイロプラクティック院は技術に問題があります。

カイロプラクティックの技術を補うために低周波治療器や電器を使います。当院も昔は低周波治療器や電器を使っていました。開業から10年くらいは低周波治療器や電器を使っていましたがある時、低周波治療器や電器とは何をしているのか研究することを思いつきました。

低周波治療器や電器は定電流の電気をプラスからマイナスへ流して筋肉を刺激しているだけです。筋肉を刺激することでリンパの流れが良くなり老廃物が流れますが、すぐに戻ります。

低周波治療器や電器をすればするほど患部は悪くなっていきます。

電気による刺激を受ければ受けるほど筋肉は硬くなっていきます。固くなると痛みやコリを感じません。昔の灸と同じです。やけどするくらいお灸で神経を焼いていきます。そうすると痛みやコリを感じません。

人は痛みやコリを感じなければいけません。痛みやコリを感じて体調の悪さ、調子の悪さを判断することができます。

しかしあることが起きていると感じなくなります。

睡眠負債

睡眠負債があると脳が弱っていきますから脳が弱ると痛みやコリを感じません。

夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていませんか。

夢は目が覚める瞬間に見ています。目が覚める前に見ているから記憶に残ります。

しかし目が覚めないから寝ていると思うのは違います。

目が覚めなくても寝ながら考え事をしている睡眠をしています。そのため検査する事ができますから検査すると奈落の底のような体調、ドン底のような体調をしている方が増えています。

背骨のズレはカイロプラクティック

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティックなら北九州市でカイロプラクティック徳力整体院。

2018年05月18日

小顔矯正

  • はてなブックマークに追加
  • 北九州で小顔矯正なら初回から顔が小さくなることで評判が良くてボキボキしないから人気がある北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院
小顔矯正

初回から小さくなる小顔矯正

当院では初回から顔が小さくなる小顔矯正をしています。本当に初めから顔が小さくなりますが1回で終わる小顔矯正はありません。

① 小顔矯正をしていく時には、本当に顔が小さくなるのか??

② 維持することができるのか?? 

と言うことが一番、気になると思います。

①: 本当に顔が小さくなるのか、と言う疑問ですが、本当です。それも自分で実感してもらうようにしていますので、自分で小さくなったのがわかるようにしています。分かるようにしていますが小顔矯正と言っても10センチも20センチも変わることはありません。1センチだったり2センチだったりと言う感じで変化していきます。特に顔の脂肪、浮腫みは減っていきます。そしてアゴの部分は変わります。アゴの部分がスッキリして細く引き締まっていきます。それも、ご自分で分かるようにしています。

②:小顔を持続させる力、維持する力がある方が維持することができますし持続させることができます。当院で顔を小さくすることをしてあとは維持できるか、持続させる力があるかは自分に原因があります。当院では小顔矯正をして顔を小さくする事をしたわけですから、あとは自分の体に原因があります。自分の体を調整したりすることで数回かかります。

と言う事です。

小顔矯正の初回は

小顔矯正をする時の初回は顔だけ触って小さくすることに専念していきます。当院の小顔矯正は20分くらいの小顔矯正ですが、時間が長くても効果はありません。短時間で集中して顔を変える事が出来なければ、その日は、もう変わりません。

時間を長くしても逆に顔は小さくなりません。それを知らない方がマッサージ見たいにして時間を変けているだけです。

当院では今まで30年間、小顔矯正をしてきましたが、多くの方の顔を小さくすることに成功しています。小顔矯正をして顔が小さくならなかったと言う方はいません。

しかしハッキリ言って顔が小さくなっても分からなかったと言う方はいます。これだけ小さくしても分からない?と思う方もいます。

当院では小顔矯正をしていく時には鏡で見るよりも手の感覚を大切にしています。他人がメジャーなどで測ることなく自分の手で顔を触ってわかるようにしています。

その触り方は簡単なんですが、わかるのは簡単ではありません。

顔の触り方

小顔矯正をする時には顔を触って大きさ、幅、形などをおぼえてもらいます。小顔矯正を受ける前の顔の大きさを直前に触っておぼえておかないと変化がわかりません。

触り方は簡単なんですが、

①アゴの部分に両方の手首を合わせます。

②合わせたらアゴの部分を触ります。

③あとは手のヒラ全体と指で顔を触るだけです。

これだけですが、簡単に触ると何も感じていない方がいます。ただ手を当てただけではわかりません。先ほども書いたように大きさ、幅、形をおぼえると言いましたから、おぼえないとわかりません。

そのおぼえる為には数学を解くよりも難しいことですが左右差を感じるようにしてもらいます。

例えばですが顔の右側が全体が大きいとか、左側の一部が大きいとか、顔には形が色々あります。この色々ある顔の形を覚える事なんです。

テレビでタレントさんや漫才の方の顔の形を見て下さい、大きさも形も色々です。顔をじっと見て怒られないのはテレビだけですから。人の形を見るのは、簡単です。目で見ることができますから。

しかし目で見ないでおぼえることは大変、難しいようです。そのため当院では2回、触り方を練習しています。

練習のタイミングは、デスク越しに練習する時と小顔矯正をする台に上向きに寝てもらって、一度さわってもらいます。

2度しても手だけで触って感じようとしない方はわかりません。手だけで触らないで手と脳で感じようとして触って下さい。

一番は左右差を感じようとすると頭が働きます。頭、つまり脳が働かないと感覚神経は機能しません。そうすると顔が小さくなっても分かりません。

持続力・維持するのは

持続力、維持することは体の調子にあります。体の調子とは体調です。体調とは疲れやストレスの蓄積度合いです。

体に疲れやストレスが多くなっていくと体は補正の為に色々な痛みやコリを起こしていきます。痛みやコリは骨盤の歪み・背骨のズレから起きています。

疲れやストレスの蓄積=骨盤の歪み・背骨のズレが起きる=痛みやコリになる、のが普通です。

しかし最近は、これに睡眠負債が重なっています。睡眠負債が重なって積み重ねが多くなると脳が弱っていきます。脳が弱ると脳疲労になり脳がさらに弱ると脳衰弱になります。

脳の弱りは痛みやコリを麻痺させてしまいます。

脳の弱りは体調が落ちても分からなくなります。

脳が弱ると風邪をひくこともできません。

脳が弱るとインフルエンザウィルスが体内に侵入して増えても発症しません。隠れインフルエンザになります。

脳が元気だから脳が熱を上げていきます。脳が元気ではないと熱を上げてウィルスを減らす事もできません。ウィルスは熱に弱いからです。脳もそれをしているから熱を上げていきます。しかし脳に力がないのに熱を上げると熱で脳はやられて死亡になります。

脳が弱っていても限界までためてやっと出た熱に負けてしまうと言う事です。限界までと言うことは危険です。

小顔矯正をする時には

小顔矯正をする時にはマッサージ感覚で顔を小さくすることができます。マッサージ感覚と言うのはマッサージではありません。実際にマッサージをして顔が小さくなることはありません。

小顔矯正をする時にはマッサージするみたいにして顔を揉んでいくと顔が小さくなります。

しかし小顔矯正でも体が歪んでいるのに顔だけしてもと言う事があります。

疲れやストレスの蓄積が大きいと、戻りが大きくなります。そして小顔矯正をしたあとダルクなります、ダルクなるのは顔を小さくすると言うとは変化が大きいからです。変化の変わる方に体調や体力を取られると「ダルク」なります。

また、夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っている方ほど「ダルクなる」こともあります。夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると聞くと良い睡眠をしているように思えるでしょうが、実は寝ていても眠りが浅い眠りがあります。

眠りが浅い睡眠をしている方ほど脳疲労が起きています。脳疲労は体調、体力を低下させています。奈落の底のような体調、ドン底のような体調になっている方もいます。しかし初回からどれだけの体調か判断することは大変、難しくわかりません。

わからない為、小顔矯正をしたあと「ダルク」なる方がいます。体調や体力を回復させていく治療を当院でしていくと、徐々に上がってダルクなることは無くなります。

睡眠負債から落ちた脳の力・内臓の力は治療しない限りは上がりません。

サプリメントでも医薬部外品でも病院の点滴でも上がることはありません。

 

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから多くの方が小顔矯正にきています。

2018年05月14日

肩こり

  • はてなブックマークに追加
  • 北九州でつらい肩こりを筋肉から楽にしたら肩こりの下痢を見つけることも大切ですから、コリがどこから起きているのか北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院
肩こり

肩こりを楽にする

肩こりを楽にする為には筋肉のコリから解消することをしています。肩こりと言うと筋肉のコリもありますから筋肉のコリから減らすようにして楽にすることもしています。しかし検査してみると筋肉のコリの方もいますが、肩こりと言うのは筋肉のコリだけで起きている方は多くいません。しかし筋肉のコリを揉んだりして楽にすれば楽になることもあります。しかし楽にすることと肩こりを原因から見つけ出して直していくこととは違います。肩こりには原因が潜んでいます。

簡単には見つからない原因が潜んでいますから筋肉ばかりに注目してほぐしています。見た目で見ても表面上にあるのは筋肉だから筋肉から起きているコリだと多くの方が疑いもせずマッサージをしたり、筋肉を揉んだり、低周波治療器や電器をしたりして一時的に肩こりを楽にすることをして「肩こりを直した」とか「肩こりが直った」と思っています。

確かに湿布を貼ったりしても肩こりは楽になることもあります。肩こりが楽になるサプリメントを飲んでも医薬部外品を飲んでも、それなりの効果があるから売っています。肩こりと言うとマッサージしたりしても楽になるからある訳です。針を刺しても肩こりは楽になるでしょうが。ツボを押しても肩こりは楽になることもあります。低周波治療器や電器をしても肩こりは楽になることもあります。

しかし楽になることと、肩こりの原因を見つけ出して直していく事は違います。

肩こりと言うと

肩こりが慢性化して長く肩こりを感じている方は筋肉の疲労が強くあります。筋肉疲労があるからリンパの流れが悪くなって老廃物が多く蓄積していきます。筋肉が疲労していると流れが悪くなるのは当然、起こります。

しかし長く肩こりになっている方、慢性化した肩こりがある方、肩こりを繰り返している方などは、筋肉が硬くなっていきます。この筋肉の硬さは老化による固さです。老化した固さは揉んでもマッサージしても低周波治療器や電器をしても、その時だけです。しかし限界を超えて筋肉が固くなると肩こりを感じなくなってしまいます。

肩こりになっても、肩こりを起こしても肩こりとしても感じません。肩こりがあるのにわからなくなります。筋肉が硬くなりすぎて周辺にある神経が肩こりを感じてくれません。そうすると手の握力が低下したり、つかみそこなったり、手のコワバリが起きていきます。

腕や手への血流も落ちていきます。筋肉が次第にハリがなくなってフニョフニョになっていきます。腕回りが細くなって筋肉が萎えていきます。

これが筋肉から起きる肩こりです。

筋肉以外で起きる肩こり

肩こりと言うと筋肉のコリと言うイメージですから筋肉ばかりほぐしていますが、筋肉だけで起きる肩こりはないと思っています。確かに毎日の生活や仕事などで肩や腕、指を多く使っている割には筋肉を癒すことはしていません。

筋肉のコリが強すぎて骨がズレると言うこともあるかも知れませんが、多くはないと思います。筋肉から骨がズレると言うよりも骨がズレると筋肉は骨から骨へくっ付いていますから骨が動くと筋肉は引っ張られていきます。引っ張られて緊張が高くなったり緩んだりします。これが肩こりになります。もちろん、この時にはリンパの流れも悪くなって老廃物が多くたまっています。

しかし背骨のズレも姿勢や猫背で背骨のズレになることはありません。背骨の中には中枢神経がありますから、簡単にズレると中枢神経を守れなくなります。背骨のズレると中枢神経である脊髄も少なからず影響を受かますから。

簡単には背骨のズレが起きることはありません。

しかし、

姿勢、猫背で背骨のズレが起きることはありませんが、体の中からはどうでしょう。体の中から崩れることはないのか、と言う事ですが。

これは大変、多くあります。

体の中から崩れていくと

体の中に原因があって肩こりになることがあります。体の中の原因と言うのは何が原因なのか、なんですが。これは体に蓄積している疲れやストレスです。体が疲れた、とかストレスがたまったと簡単に言いますが、これが原因です。

体には毎日の生活、仕事などで多くの疲れやストレスがたまっていきます。この疲れやストレスがどこにたまるのか、と言うことが問題になります。疲れやストレスは筋肉にもたまりますが。

例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。あとは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパ管、と、あとは内臓と中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)です。

この中で疲れやストレスがたまる場所を探すと筋肉とあとは内臓と中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)です。つまり疲れやストレスは筋肉にもたまりながら内臓と中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)にたまっていきます。

内臓と中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)

特に内臓と中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)です。つまり疲れやストレスは病気ではなく内臓と中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)にたまっていきます。

内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。なんでもかんでも病気というのを結びつけることなく疲れやストレスが内臓にたまると言うことが多くあります。

暴飲暴食でも胃が疲れたとか言いますよね。これと同じことが起きていきます。例えば呼吸も酸素を吸って肺で血液に酸素を混ぜてくれますから血中酸素が増えてくれます。肺が働いてくれているから酸素を取り込んでもらえます。

固いものを噛むとアゴが疲れたと言うようにと、ここでも疲れが生まれています。食べたものを消化する時に内臓が働いてくれています。内臓が働くと疲れが生まれることもあります。内臓の疲れは どこにたまるのか、それは内臓にたまります。

例えばアルコールや脂分の食事をすると内臓は勝手に働いてくれますが、働くことで運動して疲れやストレスをためていきます。我々は簡単に食事をしていますが。

生活する事でも疲れが多くなります。

仕事でも掃除でも、食事を作ることでも洗濯する事でも歩くことでも運動する事でも、疲れやストレスが多くなります。

また食事することでも消化する事でも内臓が働いて疲れが多くなります。

何をしても疲れやストレスが多くなるばかりなんです。ですから特別なことをしなくても疲れやストレスが多くなります。

この疲れやストレスの蓄積が骨盤の歪み・背骨のズレになります。疲れやストレスが肩こりを起こす部分に多くたまると骨盤の歪み・背骨のズレになり肩こりになります。

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから肩こりを楽にする為には肩こりの原因になっているものを見つけ出すこと。北九州市からも多くの方が。

2018年05月10日

腰痛

  • はてなブックマークに追加
  • 北九州で腰痛を楽にするなら骨盤の歪み・背骨のズレから解消することをしないと残したままだと繰り返しやすくなりますし原因は違った形をして出てきます。北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラク
腰痛、腰の痛み

腰痛とは

腰痛腰の痛みが起こりやすい方、腰痛、腰の痛みを繰り返す方、腰痛、腰の痛みが解消しない方の原因から解消していくこと。

腰痛、腰の痛みと言うと切っ掛けで起きることが多くありますが、普段から骨盤の歪み・背骨のズレは起きています。しかし骨盤の歪み・背骨のズレがあっても何も感じませんし痛みもありません。

骨盤の歪み・背骨のズレがあっても程度があります。

大きく骨盤の歪み・背骨のズレがある時もあれば、軽く骨盤の歪み・背骨のズレがあるときもあります。

大きく骨盤の歪み・背骨のズレがある時は、クシャミしただけで腰痛、腰の痛みになります。

大きく骨盤の歪み・背骨のズレがあると眠りが浅かっただけで朝、目が覚めて腰痛、腰の痛みになることもあります。

骨盤の歪み・背骨のズレがあっても程度が軽いと腰痛、腰の痛みにはなりません。

腰痛、腰の痛みになる時は骨盤の歪み・背骨のズレが大きくあって切っ掛けが必要です。

切っ掛けとは

腰痛、腰の痛みを起こす切っ掛けとは、重いものを持ったり、体を捻ったり、前かがみの姿勢をしたり、同じ姿勢を続けたり、座り仕事をしたりすることです。

骨盤の歪み・背骨のズレが大きくあって体を支えることができない姿勢が切っ掛けです。

長く座っていても骨盤の歪み・背骨のズレが大きくなる時もあります。

前かがみで状態を支えることができないと腰痛、腰の痛みになります。

腰痛、腰の痛みになるのは、骨盤の歪み・背骨のズレ切っ掛けの両方が揃ったときに起こります。

 

骨盤の歪み・背骨のズレの原因は

骨盤の歪み・背骨のズレの原因は内臓にあります。内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。なんでもかんでも病気というのを結びつけることなく疲れやストレスが内臓にたまると言うことが多くあります。

内臓に疲れやストレスがたまると体の中から崩れていき骨盤の歪み・背骨のズレになります。

中枢神経を守っている背骨が姿勢でズレることはありません。

骨盤の歪み・背骨のズレの原因は、例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。あとは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパ管しかありません。

あとは内臓と中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)です。

つまり骨盤の歪み・背骨のズレを起こす原因は内臓にたまった疲れやストレスが原因です。疲れやストレスが内臓にたまっていくと体は中から崩れていきます。

これが骨盤の歪み・背骨のズレを起こしていきます。

つまり内臓疲労が腰痛、腰の痛みの原因になります。

しかも弱い内臓が腰痛、腰の痛みに関係する方が、腰痛、腰の痛みになります。

弱い内臓に疲れやストレスがたまりやすくなって骨盤の歪み・背骨のズレになり腰痛、腰の痛みになります。

腰痛、腰の痛みになる内臓は特に腎臓です。つまり内臓の病気ではなく、弱い腎臓に疲れやストレスがたまると骨盤の歪み・背骨のズレになって腰痛、腰の痛みになります。

腰痛、腰の痛みの方は、必ず骨盤の歪み・背骨のズレがあります。

しかし骨盤の歪み・背骨のズレを改善しなくても腰痛、腰の痛みは楽になることもあります。

サプリメントを飲んでも医薬部外品を飲んでも、マッサージをしても低周波治療器や電器をしても、整体、カイロプラクティック院でもボキボキしても腰痛、腰の痛みは楽になります。

しかしサプリメントを飲んでも医薬部外品を飲んでも、マッサージをしても低周波治療器や電器をして腰痛、腰の痛みが楽になっても骨盤の歪み・背骨のズレは残りますし腎臓の蓄積した疲労は取れていません。

整体、カイロプラクティックの施術でも骨盤の歪み・背骨のズレは解消させることもありますが、腎臓疲労まで解消できません。

当院では

腰痛、腰の痛みの原因を

当院では腰痛、腰の痛みの原因を見つけ出して変えていく事をしています。その為には炎症やハレから解消しないと、先のものが検査できませんから、炎症やハレから解消していきます。

①炎症やハレから解消

②骨盤の歪み・背骨のズレを改善

③内臓疲労解消

などの3つが初めの腰痛、腰の痛みの施術になります。

そして弱い内臓を強くする体質改善という施術があります。

体質改善は初めからできません。

ある程度腰痛、腰の痛みが楽になってからの施術になります。

腰痛、腰の痛みとは

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから腰痛を楽にする為には骨盤の歪み・背骨のズレから整えていくこと。

2018年05月07日

ダイエット

  • はてなブックマークに追加
  • 誰が見てもスースー寝息を立てていても頭の中のことまでわかりません。
ダイエット、痩せる為には

ダイエットして痩せる

ダイエットして痩せる為には、痩せると言う事はどんなことでしょう。

ダイエットと言うのは体重計ばかり気にして減らすことばかりしていませんか。確かに体重計のメモリばかり気にしてストレスを与えて痩せる方法もあります。

体重をノートに書いていることで気になってストレスになって痩せる方法もあります。

色々なストレスを与えて痩せる方法があります。

また、サプリメント、ダイエット食品などで痩せようとする方法があります。

運動や筋トレで痩せる方法もあります。

痩せるレシピなどでダイエットしようと思う方もいます。

リンゴダイエット、バナナダイエットなどで痩せようとする方もいます。

あとは食事制限をして痩せようと思う方もいるでしょう。

どんなに効果があることでも、

基本的なことを忘れていませんか

基本的なこととと言うのは体調です。自分の体調がどんな状態なのかです。

体調と言うのは意味不明な言葉です。

自分で体調が良いと思えば体調は良いかも知れません。自分で体調は悪くないと言う方は体調が悪くないかも知れません。

当院では本人にもわからない体調を検査する事ができます。体調を検査することは誰でもできるものではなりません。

病院では病気の検査をしています。血液検査、尿検査、レントゲン検査、エコー検査、MRI検査は病気の検査です。もし病気になっていれば陽性反応がでて病名が付きます。

当院で行う検査は病気の検査ではありません。

体調の検査、歪みの検査、背骨のズレの検査なんですが。

体調が悪いと骨盤の歪み・背骨のズレが大きくあります。

調子が落ちていると、骨盤の歪み・背骨のズレが大きくあります。

疲れやストレスが蓄積していると、骨盤の歪み・背骨のズレが大きくなります。

眠りが浅いと、骨盤の歪み・背骨のズレは最大に大きくなります。

疲れやストレスがたまっていたり、骨盤の歪み・背骨のズレがあると、いくらダイエットしても痩せにくく戻りがあります。

例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。あとは35キロが骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパ管しかありません。

あとは内臓、中枢神経です。

つまり疲れやストレスは筋肉にもたまりながら内臓にたまります。内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。なんでもかんでも病気というのを結びつけることなく疲れやストレスが内臓にたまると言うことが多くあります。

全てはダイエットしても効果がないのは内臓に関係があります。内臓というのはホルモン系も関係しています。

しかも最近は多くのい方が夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っています。

眠りが浅いと体調は奈落の底のような体調、ドン底のような体調です。

単純に目が覚めないから寝ていると思っています。夢は目が覚める瞬間に見ています。目が覚める前に見ているから記憶に残ります。

不眠症は寝つきが悪い、眠りが浅い、夢ばかり見る、夜に目を覚ます、寝た感じがしないなどです。

しかし、自分で気が付かない不眠症があります。これが睡眠負債です。目が覚めないから寝ていると思っています。

この睡眠のことを寝ながら考え事をしている睡眠といいます。寝ながら考え事をしている睡眠は目が覚めた瞬間に忘れています。

目が覚めないけど頭の中は妄想に近い睡眠です。

誰が見てもスースー寝息を立てていても頭の中のことまでわかりません。単純にスースー気持ちが良さそうな睡眠をしていると思っているだけです。

眠りと言うのは脳から寝ていることです。脳が寝ていないと眠れていません。

脳から寝ている方は疲れやストレスが減りやすくなりますから太りにくくなります。

ホルモンバランスも悪くないと思います。

脳から寝ている時に内臓に蓄積した疲れやストレスが減っていきます。脳から寝ていないとハイテンションになり痩せにくくなります。

疲れやストレスが多く蓄積した方ほど、太りやすくなります。浮腫みも多くなります。

そして脳が弱るとホルモン、内臓の疲弊が強くなりますからダイエットしても痩せません。

ダイエット、痩せるなら

ダイエットして痩せるなら体から整えていく事で痩せて細くなります。当院のダイエット法は体を治していくダイエットをしています。

1度では無理ですが、徐々に痩せて細く引き締まっていく体を作ります。

まずは1回目でウエストを細くしていきます。そいsて小顔、小尻にもしていきます。

体が細くなれば体重は変わらなくても、あとで体重はついてきます。

人から見て、友人から見て、家族の方から見て細くなってきたね、と言われるのが優先です。

体の皮下脂肪が減っただけでも痩せてきたと人は思います。

浮腫みが減ってきても痩せたと感じる方がいます。

何よりも見た目から変えるダイエットをしています。

 

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院はダイエットをして痩せる為に。

2018年05月01日

骨盤矯正

  • はてなブックマークに追加
  • 北九州で骨盤矯正をするなら1回目から骨盤が小さくなることで人気がある北九州市のカイロプラクティック徳力整体院
骨盤矯正

人気がある骨盤矯正

骨盤矯正をするなら当院が一番です。と言うのは初回から骨盤が小さくなるからです。

今まで多くの方の骨盤矯正をしてきましたが、一人も骨盤が小さくならなかったと言う方はいないからです。

しかし骨盤矯正を希望されてきた方の多くは骨盤矯正というものを知りません。

骨盤矯正をするから骨盤を触って下さいと言うと骨盤がどこなのか、知らない方もいます。

骨盤矯正と言うのは骨盤を小さくすることです。

骨盤を小さくすると言う事は骨を小さくしていく事です。骨盤の骨が小さくすることが骨盤矯正ですが、骨盤の骨が小さくなるのか、と言うと「いいえ」です。

正常な骨盤が小さくなったら大変です。しかもたった20分くらいの骨盤矯正で骨が小さくなったら、変です。

手術して骨を削れば可能でしょうが。そんなことをしていたら大変です。大変な大手術になります。

美容整形で骨盤の骨を手術して削ることをすると入院期間と費用が大変ことになります。

手術しなくても

当院の院長の骨盤矯正は他とは違いますから、同じように考えないで下さい。当院の院長である私は特殊な技術を有しています。

自分で言うのも変ですが、私が骨盤矯正をしていく時には、本当に骨盤が小さくなっていきます。

骨盤を小さくしていくのも、しっかりとした理論がありますから安心です。

しかし今まで骨盤矯正に訪れて骨盤が小さくなった方の中で骨盤矯正をしたあと、だるくなったと言う方はいます。

これは骨盤矯正をして骨盤が小さくなった変化に体力がついていかないと起きる現象です。

初回の方は自分で思っている以上に体力が低下しています。

体力が低下していいる事さえ、感じていない方が多くいます。

院長が「体調はどうですか」とか、「体調は良いですか」と聞かれると、全員が「体調は良いです」と言います。

それで検査してみると、異常に体調が悪くなっていますから、骨盤の歪み・背骨のズレがあります。さらに歪みが大きくなって椎間板ヘルニアになっている方もいます。

普通は骨盤の歪み・背骨のズレがあると腰痛、肩こり、生理痛、便秘、首の痛みと首のこり、膝の痛み、になります。

痛みやコリが起きているのに感じていない方が増えています。

体調が悪いのに、わかっていない方が増えています。

この方は睡眠負債の方です。睡眠障害の方は睡眠障害ですから、脳が弱っています。

夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思わないで下さい。

目が覚めないから寝ていると思わないで下さい。

単純に目が覚めないから寝ていると思わないで下さい。

不眠症でしたら寝つきが悪い、眠りが浅い、夢ばかり見る、夜に目を覚ます、寝た感じがしないなどが不眠症でした。

しかし、最近の不眠症は信じられないでしょうが、目が覚めない方が不眠症です。不眠症と言うよりも睡眠障害です。

睡眠とは脳が寝る事です。

睡眠とは脳が休養を取ることです。

睡眠は脳が寝る事なんです

誰が見てもスースー寝息を立てて寝ていても脳の事までわかりませんよね。寝ている本人も寝ていますから、わかりません。

夢は目が覚める瞬間に見ています。目が覚める前に見ているから記憶に残ります。

しかし1時間も2時間も長く夢を見ることはありません。

夢を見たとしても、1秒くらいの夢を脳は長く感じるように見せています。

例えば6時間の睡眠時間があっても5時間50分くらいが寝ながら考え事をしている睡眠になっています。

寝ながら考え事をしている睡眠は妄想に近い睡眠です。

目が覚めなくても寝ながら考え事をしている睡眠をしている方が体調が良い訳ありませんが、その体調は無視して骨盤矯正で小尻になりたいと言う方が多くいます。

本当は骨盤矯正よりも体調や眠りの方が問題なんですが。

と言うのも寝ながら考え事をしている睡眠は脳細胞の急激な減少を招いていくからです。脳細胞が減ったものは増えません。

もう2度と脳細胞の減少があると増えることはありません。脳細胞の減少は、初めは、物忘れ、うっかりが多くなります。

 

 

 

北九州骨盤矯正をするなら初回から骨盤が小さくなることで評判の良い人気がある北九州市のカイロプラクティック徳力整体院

2018年04月25日

肩こり

  • はてなブックマークに追加
  • 北九州市で肩こりを楽にするならコリを楽にしたら、そこから肩こりの原因を見つけていくことをしています。北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院
肩こり

肩こりを解消

肩こりを楽にしていく為には関係する所があります。肩こりに関係する所は筋肉のコリ、背骨のズレ、その他です。

肩こりと言うと筋肉のコリですが、何も原因がなくて筋肉のコリが起きることはありません。筋肉のコリが、どうして起きるのか、原因があります。

しかし我々は気が付いていない状態でいつも肩を使っています。家事をする時も包丁で野菜や肉を切ったりする時も、洗濯で洗濯物を干す動作も、掃除をする時も肩や腕を多く使います。何もしていないと言う方はいますが、そんなことはありません。

生活上でも多くの肩こりを起こすことを積み重ねていますし、仕事でも腕や肩を使うことを多くしています。

この腕や肩を使うことの積み重ねが肩こりになっています。

最近はスマホの捜査でも腕や肩を使っています。

ゲームをしたりすることでも肩や腕を酷使していますから積み重ねが肩こりに進展しています。

例えば家で横になって寝ている時も腕を頭の下に置くこと(腕枕)も肩には負担になります。

ショッピングをして重たいカートを押したりすることも肩こりに関係していますし、買い物した物を持つことでも積み重ねれば肩こりになります。

車の運転をしている時もハンドルを持つ動作は力が入っていないようで力が入っていますから筋肉疲労になります。

肩こりは筋肉疲労

肩こりは筋肉疲労から起きています。普段の何気ないことが積み重なって筋肉疲労になり肩こりになります。

筋肉疲労を積み重ねることが肩こりの原因です。筋トレしてもあとに残るのは筋肉疲労です。

運動しても筋肉に疲れやストレスはたまります。何をしても筋肉に疲れやストレスが多くなっていきます。

その筋肉疲労が減ることは減りますが、多くは残ることもあります。

体の状態で違いますが、筋肉疲労はホルモンで解消しています。副腎から出るホルモンで筋肉疲労を減らしています。

特に寝ている時に筋肉疲労は取れていきますが、脳から寝ていないと解消してくれません。

最近は寝ているようで眠れていない方が増えています。

夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思わないで下さい。単純に目が覚めないから寝ていると思わないで下さい。

目が覚める方の方が寝ている場合もあります。短時間でも寝ていることもあります。目が覚めない方のほうが寝ながら考え事をしている睡眠をして脳が寝ていません。

夢は記憶の残るのは目が覚める瞬間に見るからです。目が覚める1秒、3秒前に見るのが夢として記憶の残ります。

夢は、目が覚める前しか見ません。

あとは脳が寝ているか、寝ていないかで違いますが、誰が見ても寝ていると思われていても脳の中までわかりませんよね。

体はスースー寝息を立てていても、誰が見ても気持ちが良いと思う睡眠をしても、寝ているとは言えません。

頭の中のことまではわからないと言う事です。

寝ていないと

寝ていないと、眠れていないと体調はすごく悪くなっていきます。奈落の底のような体調、ドン底のような体調をしていきます。

奈落の底のような体調、ドン底のような体調をしている方ほど、落ちていることさえも分からない方もいます。

普通は体調が落ちたら感じます。どこかが痛いとか、つらいとか、わかります。

しかし、最近は、痛みやコリ、体調の悪さを感じない方が増えています。体調が感じない方が限界まで悪くなってやっと肩こりとして感じてくる方もいます。

肩こりが肩こりとして起きるときには肩こりを感じる部分だけが落ちていることはありません。

全体が調子を落としながら、肩こりに関係する部分を狂わしています。しかし眠れていないと軽い時でも分からなくなります。程度が軽い時でも普通は何かを感じます。

しかし寝ながら考え事をしている睡眠をしていると脳疲労起きて肩こりを感じなくなります。痛みやコリに鈍感になります。

鈍感になった方がブレーキとアクセルを間違えたり、逆走したりしています。間違えた程度では済みません。

何かを取ろうとして事故を起こしたりしています。

また会話が成り立たなくなります。イライラしやすくなる方もいます。

時々、何言っているか分からなくなる方もいます。

肩こりと体調

肩こりを起こしている方は体調を落ちして肩こりになります。全身の調子を落として時に肩こりになる部分の調子を起こすから肩こりになります。

肩こりを感じている所だけが悪い訳ではありません。

体には何かの痛みやコリなどの症状が起きる時には痛みやコリを感じている部分だけが悪いことはありません。

全身に何かが起きています。そして肩こりを感じる部分で特に調子落として肩こりになります。

肩こりを起こす時は筋肉のコリだけではありません。

肩こりを起こす時には筋肉のコリと背骨のズレが有ります。どちらかと言うと筋肉のコリが起きた原因は背骨のズレにあることが多いようです。

背骨がズレる原因は身体にたまった疲れやストレスが原因です。

疲れやストレス

疲れやストレスは筋肉にもたまりますが筋肉以外にも蓄積していきます。

例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。あとは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパ管しかありません。あとは内臓です。大脳も内臓です。しかし内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。

疲れやストレスと言うのは内臓に蓄積して体は歪みやズレを起こしていきます。

つまり体の内部から崩れていきます。

①体に疲れやストレスがたまる、筋肉にも疲れやストレスがたまりながら内臓に蓄積していきます。

②肩こりに関係する内臓に多くの疲れやストレスがたまっていくと背骨のズレが起こります。

③背骨のズレが起きると筋肉は骨から骨へくっ付いていますから骨が動くと筋肉は緊張していきます。

④骨が動くから筋肉は緊張して筋肉疲労になりリンパの流れが悪くなり老廃物が多く蓄積して循環が悪くなり肩こりになります。

肩こりとは

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから肩こりを楽にする為に多くの方が来院しています。

2018年04月16日

小顔矯正

  • はてなブックマークに追加
  • 北九州で小顔矯正をするなら小顔効果がある専門家の先生がいる30年になるカイロプラクティック徳力整体院
小顔矯正

人気がある小顔矯正

当院では初回から顔が小さくなることで人気があります。小顔矯正をする時には、痛くない怖くない危険な事もない小顔矯正をしています。

当院の小顔矯正は、小顔矯正を受けている方が変化がわかるようにしているのが特徴です。自分で顔が小さくなったのがわかるようにしています。

そのため小顔矯正をする前にあることをしてもらいます。そうしないとわかりませんから。

小顔矯正に入る前にしてもらうことは、自分で顔を触っておぼえてもらう事です。

しかし簡単なことではありません。と言うのは鏡で見ることも構いませんが、当院では両方の手で感じてもらうようにしています。

手を顔に当てて小さくなったのがわかるようにしています。

簡単なことではありませんから、時々、わからないと言う方がいます。しかしわからない方も、本当に顔が小さくなっています。

ですから、できるだけ顔が小さくなったのがわからないと言うことがないようにしています。でも未だ全員がわかってくれません。

当院では小顔矯正をした時に顔が小さくなると言うことがわかってもらう為に小顔矯正に入る前に1回と、施術台に寝てもらって、もう一度、顔を触ってもらうようにしています。

つまり2度、顔を触っておぼえてもらいます。

小顔矯正をする時の顔の触り方

小顔矯正をする時の顔の触り方は、アゴの部分で両方の手首を合わせて顔全体を触ります。

小顔矯正の触り方

上の写真のように顔に手を当てます。手首を合わせた方が位置が決まります。手を動かすとわかりずらくなります。アゴの部分に手首を当ててアゴの部分と手のヒラと指を顔に密接させます。

手のヒラや指が浮いていないか確認して下さい。

そして最後に左右差を感じるようにして下さい。一番は左右差を感じることが大切になります。

左右差を感じようとすると手だけではなく、脳が働きます。脳が働いていくとしっかりと今の顔の大きさや幅をおぼえることができます。

左右差を感じようとしてみてください。顔は左右が対象ではなく、つまり顔の左右は同じではありません。

例えば、顔の右側が全体が大きいとか、左側の一部分だけが出っ張っているとか、必ずあります。

あとは顔の皮膚を引っ張ってみて浮腫み度合いを確認して下さい。浮腫みはさわっただけよりも皮膚を引っ張った方がわかります。

もう一度、触っておぼえることができる

小顔矯正には自信があるから、小顔矯正に入る前に、もう一度、顔を触っておぼえることしてもらいます。

施術するベットに上向きで寝てもらって、小顔矯正に入りますが、小顔矯正をする前に、もう一度、顔を触っておぼえてもらいます。

先ほどは、ご自分だけで触ってもらいましたが、今度は院長が協力しながら顔を触ってもらいます。

施術する台に上向きに寝てもらって顔を触ってもらいます。先ほどと同じようにして触ります。

ご自分の両手の上から院長が手を重ねます。この時に院長から「こう触って、ここら辺が大きいですねよ」とか言います。

顔の触り方と言うのは、大変、難しく簡単ではありません。

この時も顔の左右差を感じるようにして下さい。

顔の幅、大きさをおぼえたら

自分の顔の大きさをおぼえたら小顔矯正に本格的に入ります。当院の小顔矯正は本当に痛くない小顔矯正ですから安心です。

小顔矯正をする時には初めから顔が小さくなる効果があります。だから、顔を触っておぼえてもらいます。

小顔矯正をする時にはマッサージする見たいにして顔を小さくすることができますがマッサージではありません。

マッサージをして顔が小さくなることはありません。

院長の特殊な小顔矯正ですから、院長だけができる小顔矯正ですからマッサージするみたいにして顔が小さくなることができます。

一番、近いのがマッサージ感覚と言う感じです。

しかしマッサージではありません。顔を揉んでいるような感覚で顔が小さくなっていきます。

小顔矯正をする時には

小顔矯正をする時には、小顔矯正をする前と、小顔矯正をしたあとを比べることができます。

比べることができるのが、当院の特徴です。しかも自分で小さくなったのがわかるようにしています。

小顔矯正をする時には、顔をマッサージするようにして顔を小さくすることができます。

顔を小さくしていく為には検査して顔が小さくなる所を確認しながら小顔矯正をしています。

顔の浮腫み、脂肪も減らすことをしないと顔は小さくなりませんが、それだけではありません。

顔の浮腫み、脂肪を減らす事でしたら小顔矯正とは言えません。それではエステと同じです。

小顔矯正ですから顔を小さくしていく事をしないと小顔矯正とは言えません。

当院では小顔矯正をしていく時には検査する事をしていますので、検査してみると顔に炎症やハレがあることがあります。

今まで多くの方が小顔矯正にきましたが、顔の炎症やハレがない方はいませんでした。

この顔の炎症やハレを解消していく事ができれば顔が小さくなります。

多く方にある顔の炎症やハレを矯正することができれば顔が正常に戻すことができます。それほど顔は大きくなっています。

顔の炎症やハレがある部分は骨自体の場合もありますし、皮膚や脂肪の炎症やハレがある方もいます。

それらを確認する為にも検査することが重要になります。

検査できないと異常が見つかりません。

 

 

北九州小顔矯正なら評判の良い痛くない小顔効果がある顔が小さくなるので北九州市から多くの方が来院しているカイロプラクティック徳力整体院。

2018年04月10日

カイロプラクティック

  • はてなブックマークに追加
  • カイロプラクティックは効果があって腰痛、肩こり、生理痛、便秘、首の痛みと首のこり、膝の痛みなどを楽にすることができる唯一の治療法です。北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから徳力整体院

カイロプラクティックとは

カイロプラクティックと言うのは骨盤矯正、背骨矯正をして歪みやズレを整えて痛みやコリを楽にしていく方法です。

色々な痛みやコリは歪みやズレから起きています。しかし歪みを矯正しなくても楽にすることはできます。このため、痛みやコリのある方がどうしたら良いのかわからなくなっています。

痛みやコリがある方が通う治療院は病院、整形外科、外科、マッサージ院、鍼灸院、指圧院、整骨院、整体院、カイロプラクティック院などです。

どの治療も対症療法を多くしています。

治療には対症療法と言う治療と原因をみつけて改善する治療があります。

病気でしたら、病院にいきます。病院は病気の専門家ですから。検査も尿検査、血液検査、レントゲン検査、エコー検査、MRI検査などをして調べてくれます。

もし、どこかの内臓が病気になっていて痛み、ハリになっていれば病名がついて薬の治療などが行われます。

痛み、ハリなどの症状は病気の場合もあります。そのため病気も疑う必要が出てきます。しかしなんでもかんでも病気とは言えない痛みやコリがあります。

いくら病院で検査しても異常が見つかることがなければ病気ではありません。

病気ではなければ、どこに行けば良いかと言う事になります。

どこにいって治療した方が良いのか、整形外科、外科、マッサージ院、鍼灸院、指圧院、整骨院、整体院、カイロプラクティック院などでも自分の所が一番、良いと言います。

整形外科、外科、マッサージ院、鍼灸院、指圧院、整骨院は保険が効きます。1割か3割の支払いで済みます。

保険が効くか効かないか

それに対して整体院、カイロプラクティック院では保険は効きません。保険が効きませんから料金が高くなります。多くの治療院では2000円から5000円の範囲だと思います。

別に初回金がいる所もあります。会員にならないと治療しない所もあります。それぞれで自由診療ですから違います。

しかし、どんなに高額でも良いとは限りません。高級なマンションにあれば高くなるでしょう。立派な建物にあれば高額になります。

また取得した技術も全員が違います。1年間か2年間カイロプラクティックの学校に行っていたと言う方もいます。どこかの協会に所属している方もいます。

何を学んでいくかで違います。

当院の院長である私は30年以上のカイロプラクティックの経験があります。初めは整体から入ってカイロプラクティックをしてきました。

始めのころは、なんだかわかりもせずに治療をしていました。整体からカイロプラクティックの技術を身に着けていくとボキボキしたりすることもしてきました。その時には他人が良いと言う低周波治療器や電器もしていました。

良いと言う低周波治療器や電器を多く使ってきた時代がありました。それらをしながらマッサージしたり、ボキボキしたり、ボキボキしない骨の矯正をしたり、低周波治療器や電器をしていました。こんな時代が10年くらいありました。

ある時からセミナーに多数、出席するようになりました。今まではセミナーに250回以上出席しました。

福岡、東京、神奈川、仙台、鹿児島などのセミナーに出て勉強してきました。一番、多くのセミナーは東京・神奈川です。

30年以上、立った今でも勉強は欠かさずしています。主にはテクニック面の向上を図ることをしています。

体調を上げるカイロプラクティックの技術

一番、難しいのは体調を上げる事です。体調を上げることは誰でもできません。

病院で点滴しても体調は上がりません。サプリメントでも薬でも体調は上がりません。マッサージしても低周波治療器や電器をしても体調は上がりません。

体調が良くなると楽になることは違います。

楽にすることはマッサージでもできますし低周波治療器や電器でも可能だと思いますが、それでは体調は上がりません。

低周波治療器や電器などで刺激して反発力で上げているだけです。

マッサージをして刺激しして反発力を利用して上げることをしています。

整体院やカイロプラクティック院でもボキボキして反発力を利用して楽にしています。

鍼灸でも同じです。

しかし最近、

この反発力が落ちてきています。

反発力と言うのは良くなる力です。

反発力と言うのは回復する力です。

反発力とは自然治癒能力です。自然とは放置ではありません。

自力で回復させる力の事です。

この回復する力、反発力する力は脳にあります。反発力する力、回復する力が落ちているのは眠りにあります。

最近は、多くの方が寝ているようで眠れていません。

夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると勝手に思っています、目が覚めないからと。

寝ながら考え事をしている睡眠をしている方が増えて睡眠負債になっています。睡眠負債は睡眠障害になります。

睡眠負債が多くると脳疲労になります。脳疲労が強く起きると痛みやコリも感じなくなります。体調が良いか、悪いかもわからなくなります。

脳が元気だから痛みやコリがわかります。

脳が元気だからインフルエンザも発症します。

脳が弱ると大変なことが起きていきますが、それを感じなくなります。

普通の他の治療院では検査する事もできません。

脳の弱り、脳疲労が病気ではありません。

ですから病院ではわかりません。

脳疲労が起きると脳幹も弱ります。脳幹は生きていく中枢です。内臓を支配する自律神経、ホルモンバランス、体温の調節、心臓をコントロール、呼吸にも関係しています。

カイロプラクティックでは、ただ歪みを矯正すれば良いと言う訳ではなく、どうして歪みが起きているのか、原因を見つけ出すことまでしたり、検査ができないと状態の確認もできません。

足の長短などのように目で見える部分は一部分です。

体の中や内臓がどうなっているのか、確認する必要があります。

カイロプラクティックとは

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティックで歪みを矯正することで腰痛、肩こり、生理痛、便秘、首の痛みと首のこり、膝の痛み、が楽になります。

2018年04月03日

腰痛

  • はてなブックマークに追加
  • 腰痛を解消するなら運動したり筋トレしたりサプリメント、薬、注射、湿布、マッサージ、低周波治療器や電器などありますが腰痛には原因があります。原因から解消することから北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市な
腰痛

腰痛を楽にしていくなら

つらい腰痛を楽にしていくなら腰痛の原因を解消することも大切です。腰痛には腰痛を起こす原因があります。

しかし原因を直さなくても腰痛を楽にすることはできます。

腰痛を楽にすることと、腰痛を直すことは違います。

腰痛を解消するには、2通りの治療法があります。腰痛を直そうと思うなら病院の外科、整骨院、マッサージ院、指圧、針灸、整体、カイロプラクティックなどの施術院があります。

どこも独自の施術をしたり低周波治療器や電器をしています。

病院の外科ではレントゲンを撮ることもできます。レントゲンは骨折や骨にヒビがある時には有効です。病院では湿布を貼ったり注射を打ったりしていると思います。病院では腰痛を起こしている原因を見つけることはしていません。

腰痛には腰痛を起こしている原因があります。

整骨院では低周波治療器や電器を中心にしています。

マッサージでは筋肉に対してマッサージですね。

ハリはツボを使って針を刺します。

お灸はお灸でツボに当てます。

整体、カイロプラクティックではボキボキしたり低周波治療器や電器、揉むことをしています。

腰痛の原因

腰痛を起こす時にはあることが起きています。あることとは骨盤の歪み・背骨のズレです。必ず腰痛が起きるときには骨盤の歪み・背骨のズレがあります。

骨盤の歪み・背骨のズレも大きい時と、少ない時があります。

骨盤の歪み・背骨のズレは軽い時には、腰が痛くなることはありません。

骨盤の歪み・背骨のズレも普段からいつも変化しています。

骨盤の歪み・背骨のズレは誰でもあります。腰痛がない方もあります。

しかし軽い時には何も症状を起こしません。

どうして骨盤の歪み・背骨のズレが起きるのか、原因があります。この原因があるから骨盤の歪み・背骨のズレが起きます。

毎日の生活、仕事、寝不足で体には多くの疲れやストレスがたまります。

この疲れやストレスが骨盤の歪み・背骨のズレになります。

疲れやストレスは筋肉にもたまりながら内臓に蓄積していきます。内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。

例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。あとは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパ管しかありません。あとは内臓です。内臓の中には大脳が入ります。

つまり内臓と大脳に疲れやストレスはたまっていきます。

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスが腰痛に関係する部分に蓄積していくと骨盤の歪み・背骨のズレが起こります。骨盤の歪み・背骨のズレがあると誰でも椎間板ヘルニアになります。

骨盤の歪み・背骨のズレが悪化したものが椎間板ヘルニアです。さらに進行すると坐骨神経痛になります。

疲れやストレスの蓄積が多くると骨盤の歪み・背骨のズレも大きくなります。これが椎間板ヘルニア、坐骨神経痛になります。

椎間板ヘルニア、坐骨神経痛になると長期間、悪くなる方もいます。

腰痛の進行したものが椎間板ヘルニア、坐骨神経痛です。

椎間板ヘルニア、坐骨神経痛になっている時には疲れやストレスの蓄積が多く骨盤の歪み・背骨のズレがある時です。

骨盤の歪み・背骨のズレがあると体を支えることができません。体を支えることができないくらい骨盤の歪み・背骨のズレがある時に、重いものを持つと腰痛になります。

つまり体を支えられない姿勢をした時に起きるのがギックリ腰です。これは捻挫です。

ギックリ腰にならなくても腰の痛みが起きるのは骨盤の歪み・背骨のズレからです。

骨盤の歪み・背骨のズレは長期間、改善しないこともあります。

骨盤の歪み・背骨のズレの原因

骨盤の歪み・背骨のズレが起きるのは疲れやストレスが原因ですが内臓に疲れやストレスがたまると骨盤の歪み・背骨のズレになりますが、内臓の中でもどの内臓に疲れやストレスがたまると骨盤の歪み・背骨のズレになるのか。

腰痛に一番、深く関係する内臓は腎臓です。

腎臓に疲れやストレスがたまって多くなると骨盤の中にある筋肉のバランスが悪くなります。この筋肉は腎臓に関係する筋肉ですから、腎臓疲労が起きると筋肉バランスが悪くなります。

腰痛の原因は腎臓疲労から起きる骨盤の歪み・背骨のズレです。

体全体に疲れやストレスがたまりながら、弱い腎臓に多くの疲れやストレスが蓄積していきます。

腎臓に疲れやストレスがたまると骨盤の歪み・骨盤の開きが起こります。

腎臓に関係する大腰筋、腸骨筋が不安定になって骨盤の歪み・骨盤の開きが起こります。

この時に重いものを持ったりすることで腰痛になります。

前かがみの姿勢で体が支えることができないと腰痛になります。

掃除機をかける姿勢で前かがみになっていると腰が痛くなります。

クシャミをしただけで腹圧で一番弱っている腰の部分に負担が多くなると腰痛になります。

腰痛を解消するには

腰痛を解消するなら腎臓疲労を改善していく事ですが、一度、起きた骨盤の歪み・骨盤の開きも矯正することをしないと治りません。

腰痛を解消するなら腎臓疲労を改善。

腰痛を楽にするなら骨盤の歪み・背骨のズレを改善。

そして骨盤周辺の筋肉バランスを整えて行きます。

そうすると腰痛は楽になります。

腰痛とは

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院は腰痛を楽にすることをしています。

2018年03月30日

骨盤矯正

  • はてなブックマークに追加
  • 北九州市で骨盤矯正が人気がある骨盤が初回から小さくなる骨盤矯正をしているので評判が良いことで知られています。北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから徳力整体院
骨盤矯正

人気がある骨盤矯正

痛くもなく小尻になることができる骨盤矯正をしています。当院の骨盤矯正は始めから骨盤が小さくなることで人気があります。

当院では院長である私が骨盤矯正をしていきますが骨盤矯正をする前に骨盤の大きさをおぼえてもらって骨盤矯正に入ります。

必ず骨盤矯正に入る前には骨盤の幅を直前におぼえてもらいます。骨盤矯正をする前と骨盤矯正をそいたあとを比べることができるのが当院の特徴です。

ですから変わらなかったとか言うのはありませんが、わからないと言う方はいます。骨盤矯正も骨盤矯正に入る前に骨盤を触っておぼえてもらいますが、自分で自分の幅を触ることができない、おぼえていることができない方が時々いるのは事実です。

この方も履いてきたスカートやジーパンが緩くなってわかると言う方もいます。

骨盤が小さくなって、小さくなったのがわかるのは色々あると思いますが、一番はやはり自分の手でわかることです。

自分の手でわかる事

他人がメジャーなどで測ることも良いと思いますが、計測の位置が違ったり、骨盤矯正をする前にはゆるく測って、矯正した後はキツク測ると小さくなるのが当然です。しかしこれは嘘の骨盤矯正です。

こういう嘘や虚偽ないように自分の手で測るようにして触ると言うことは嘘や虚偽はありません。

しかしこの触り方は、簡単ではありません。簡単に触ってしまった方ほどわからないこともあります。

簡単ではないと言っているのに簡単に触っている方がいます。その触り方ではわからないかも、と思っていても言えないこともあります。

わかる方は「難しいですね」と言います。わからない方は簡単に短時間で触ります。

時間ではありませんが、手だけの触り方ではなく感覚神経を動員しないと把握ができません。把握すると言うことは感じようとすることです。

骨盤矯正と言っても10センチも20センチも変わりません。(どんだけ大きいのか)

骨盤矯正で変わるのは1センチだったり2センチ、3センチです。

当院ではメジャーで測っていませんから、どれくらい変わったのかわかりませんが。大きく変わってもセンチでは測っていません。もしかしたら3センチ以上かも知れません。

個人とその時で変化はそれぞれ違います。

しかし骨盤矯正でも院長がした後の骨盤を維持することは誰でもできません。それには理由があります。

維持する、持続力

今まで多くの方が骨盤矯正に訪れましたが、全員と言って良いほど体調が悪く、体調が良い方はいません。当院では検査する事ができます。

検査してみると体調が良い方は今まではいませんでした。

しかし体調とは体に蓄積した疲れやストレスの多さを言います。疲れやストレスの軽い方からひどいと思えるくらいため込んだ方。

疲れやストレスが多い方ほど維持する力がありません。持続させることはできないと思います。

ご自分の中の状態が悪い方ほど維持することはできません。

当院であることが起こりました。

それは骨盤矯正の途中で立ってもらった時がありました。そうすると立った瞬間から少しすると小さくなった骨盤が崩れていく、ことがありました。

このことがあってから研究しましたが、研究した結果、体調の悪さにあると気が付きました。

骨盤矯正をして、骨盤を小さくすることができても、しばらくすると戻ったりするのは、今までためてしまった疲れやストレスが原因です。

疲れやストレスを簡単に考えるべきものではありません。

疲れやストレスと言うのはためてしまうと大変な事につながっていきます。

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスは身体に蓄積していきますが、体のどこにたまっていくのか、知っている方、わかる方は少ないと思います。

専門家の先生も知る人はいません。

疲れやストレスは筋肉にもたまりますが内臓に多く蓄積していきます。内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。

内臓に疲れやストレスがたまると体調が落ちていきます。体調が落ちた方ほど落ち方においては、骨盤矯正をしても維持することはできません。

骨盤矯正をした後が、最高に良い状態ですから、そこからどれくらい落ちていくのか、と言う事になります。

どれくらい落ちるのか、と言うことが体調の状態です。

ですから2回目の骨盤矯正は体調も上げていくことをしていきます。

1回目の骨盤矯正は骨盤が小さくなると言うことを、わかってもらう為に骨盤周辺を触って骨盤を小さくしていくことをしていきます。

骨盤矯正とは

骨盤矯正とは骨盤を小さくしていく方法です。骨盤を小さくしていく為には骨盤の歪み、骨盤の開きを矯正して整えていく事でも骨盤は小さくなります。

多くの方に骨盤の歪み・骨盤の開きがあります。今まで骨盤の歪み・骨盤の開きがない方はいませんでした。

そして骨盤の歪み・骨盤の開きがあると骨盤周辺の脂肪や浮腫みがおおくなっていますから、脂肪や浮腫みを減らすことでも骨盤は小さくしていきますが、それだけではありません。

検査してみるとわかることなんですが、体調の落ちた方で骨盤の骨に炎症やハレがある方がいます。

骨盤にも炎症やハレがあると骨自体が大きく変形しています。生きているから骨も炎症やハレを起こします。

普通は起きるものではありません。しかし最近の骨盤矯正を希望させる方は骨の炎症やハレを起こして骨盤が変形しながら大きくなっています。

これを治療することができるので骨盤が正常に戻って小さくなっていきます。

骨盤矯正とは

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから人気がある骨盤矯正をしているカイロプラクティック徳力整体院。

2018年03月26日

ダイエット

  • はてなブックマークに追加
  • ダイエットをしていく方法は色々ありますが薬を使ったりサプリメントを飲んだり食事を制限したり運動したりダイエットレシピよりも筋トレするよりも北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティッ
ダイエット

ダイエットして痩せる為には

ダイエットして痩せる為には体重計ばかり気にすることも大切ですが基本的なことを忘れていませんか。

毎日、体重を測っている方が多くいますが、体重計のメモリばかり気にしても嫌になりますよね。

簡単には体重計のメモリは変わりません。

1キロ減らそうとするとかなりの運動をしても筋トレをしても、体重が落ちると言うレシピで食事をしても体重が落ちるスープを飲んでも食事制限をしても基本的なことができていないと痩せることはありませんからダイエット方法をしても意味は薄くなります。

すべては基本的なことができていないと、整っていないと効果は上がりにくくなりますしリバウンドが大きくなります。

運動しても筋トレしても脂肪は燃焼しやすくなると思いますが浮腫みは多くなります。

また、筋トレしても運動しても筋肉質になるだけで女性らしさはなくしていきます。

筋肉質が好きな男性でしたら良いでしょうが、保つのも大変です。

脂肪は燃焼して減っても筋肉質や筋肉が硬くなると言うこととダイエットは違います。

運動したり筋トレしてもすればするほど脂肪は燃焼されていきます。しかし代償として筋肉は硬くなり浮腫みが多くなります。

脂肪と浮腫みは違います。脂肪は脂肪がある部分を指と指の先でつまむと、つまんだ皮膚の間に脂肪があります。

浮腫みは中には脂肪はありませんからタルミになります。

浮腫みというのはリンパの流れが悪くなることで多くなりますが、最大に多くなると腹水と言います。腹水はお腹にたまっていきますが、無茶苦茶、体調が悪いことが原因です。

お腹に水がたまることは体調の悪さが限界を超えた時に腹水になります。

ここまで行かないのが浮腫みです。お腹だけではなく、腕、顔、足、腹部にたまるのが浮腫みです。

体調が落ちてしまって浮腫みが多くなります。運動しても筋トレしても体調は落ちていきます。筋力は上がるでしょうが体調は落ちていきます。

筋力と体調は違いますから、体調を上げるのに運動しても筋トレしても逆に体調は落ちていきます。

食事制限でダイエット

食事制限をしてダイエットして痩せて細くなってもキレイに見えることはありません。細くなると言うことは確かに体重計も落ちていきますが、骨ばって痩せていきます。

骸骨のような感じで痩せて細くなっても健康的に細くなっていく事とは、ほど遠くなります。

食事制限しても確かに痩せていくでしょうが、脂肪も落ちていきますが、浮腫みは多くなり肌のツヤが無くなって肌の色が悪くなり、肌のハリも失っていきます。

脂肪はエネルギーに変換されますが、変換する代わりに体調が落ちていきますから、体の中がガタガタになります。

栄養もサプリメントなどでとるよりも食事でとった方が健康的です。

もちろんカロリーが多い食事、脂分が多い食事、糖分の取りすぎなどは大敵です。

人は1度の食事のカロリーが多いと痩せませんから、あとで制限しても意味ありません。

食べたり食べなかったりすることは大敵です。

しっかりと食べて、しっかりと動く、ことが肝心です。

しかし、しっかりと食べすることは違います。胃の大きさが体の大きさと合えば良いですが、胃が満腹感を出すまで食べていると食べ過ぎています。

胃も食べれば食べるほど大きくなり小さくなりにくくなります。

一度、大きくした胃は小さくなりませんし、なりくくなります。

腹8分目と言う言葉も胃の大きさで判断していません。

お菓子を食べると糖分の取りすぎになることもあります。

しかし我慢してもストレスがたまります。

体調の低下が太りやすくする

何よりも基本的なことと言うのは体調です。しかし体調と言うのは意味不明な言葉です。

体調が落ちていくと言うことは疲れやストレスの蓄積で落ちていきます。

体調が落ちるとホルモン系は乱れていきます。

体調が落ちるとリンパの流れは悪くなり老廃物が多くたまります。

体調が落ちると脂肪になりやすくなります。

体の調子が落ちると浮腫みになります。

体調が落ちているのに痩せることはありません。

体調が良い状態でダイエットをした方が良いと思いますし、効果があります。

当院では体調を整えていく事で体を引き締めていきます。

他の方が、目でみて痩せたね、と言われるダイエットをしています。

友人から見て細くなったね、と言われる方法をしています。

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからダイエット痩せる為にはカイロプラクティック徳力整体院

2018年03月22日

生理痛

  • はてなブックマークに追加
  • 生理が毎月来るといつも同じような感じになるから生理痛に慣れないで下さい。生理痛は原因があります。北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院
生理痛

生理痛を改善

毎月の生理になると生理痛があって悩みがあるし薬を服用したり痛み止めを使ったり、生理痛にいくと言うツボを押してもらったり、吐き気があったり、頭痛になったり、腰痛になったり、腹痛が起きたり、下腹部の重さが起きたりすることがあり、イライラしやすくなることもあります。

生理痛になる時にはホルモン系もバランスが崩れていきます。体が重くなったりすることも多くあります。

これらが起きるのは生理で生理痛になっていることも一因なんですが原因ではありませんから変える事ができます。

生理がきても生理痛にならないようにすることができます。

生理だから生理痛が当たり前とは考えないで下さい。

生理痛だからと言って薬ばかり服用しないで下さい。一時的な痛み止めにしかなっていません。

生理痛を直そうと思って下さい。

ホルモン系の薬ばかり使っていないで原因を見つけるようにして下さい。

生理痛で薬を服用したり痛み止めを使ったり、生理痛にいくと言うツボを押してもらったり、吐き気があったり、頭痛になったり、腰痛になったり、腹痛が起きたり、下腹部の重さが起きたりすることがあり、イライラしやすくなるのは、原因を見つけることをしないと変わりません。

生理だからと言って諦めたり、あたり前と思わないで下さい。

生理痛がある方は、全員ではありませんが、何かの病気になるまえぶれかも知れないからです。これは断言ではなく確率です。

生理痛のひどい方は、例えば不妊症になる確率が高くあります。あくまでも確率です。

生理痛がある方は、卵巣の病気にもなりやすく、子宮でもトラブルが起きやすいことがあります。

子宮内膜症、子宮筋腫、卵巣脳腫などもあります。

前兆として生理痛

その前兆として生理痛になっていると考えるのが自然です。

病気になる時も1年や2年でなることはありません。そんなに簡単に細胞が変化することはないからです。

病気になる為には細胞の変化がないと起こりません。健康な細胞から数年かけて徐々に変化していき5年、10年、15年かけながら進行していきます。

この進行途中に生理がくると生理痛になり薬を服用したり痛み止めを使ったり、生理痛にいくと言うツボを押してもらったり、吐き気があったり、頭痛になったり、腰痛になったり、腹痛が起きたり、下腹部の重さが起きたりすることがあり、イライラしやすくが起こります。

特に腰痛は腰椎5番目は子宮や膀胱に関係する部分です。骨盤の一つ上の部分ですから子宮に問題がある方が腰痛になります。

生理痛の方が下腹部痛を起こすのは、体調の低下で下腹部に炎症やハレがあることが多くあります。下腹部を触るとブヨブヨしていませんか。脂肪ではなく炎症やハレから起きる浮腫みかも知れません。

骨盤の恥骨の上の部分でブヨブヨしていれば炎症やハレがあることが伺えますから炎症やハレを改善することを手でしていきます。薬を使うことなく炎症やハレを解消することをしています。

ご自分でも確認してもらいながら治療していきます。

治療をしていくと初めに押さえた時には痛みがあったけど、今は痛くないとか言われますが炎症やハレも1回で解消できるものではありません。

そんなに簡単に炎症やハレがよくなったらマジックです。マジックはタネがあります。当院では誤魔化しではなく治療をしています。

その為には体調から整えていく事をしていきます。体調が悪いと骨盤の歪み・背骨のズレがあります。

体調が落ちていくということは疲れやストレスの蓄積で起きていきますが、疲れやストレスは筋肉にもたまりながら弱い内臓に蓄積していきます。

例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。あとは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパ管の重さです。

あと残ったものは内臓です。内臓には大脳、脳幹が入ります。

疲れやストレスは体の中の弱い内臓に蓄積していきます。

この蓄積が多い時に生理がくると生理痛になります。

内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。

体には弱い部分と、そうでもない部分があります。弱い部分に疲れやストレスは蓄積していきますから、ホルモン系や、子宮、卵巣が弱い方は生理痛になります。

しかも眠れていないと骨盤の歪み・背骨のズレが最大になりますが、骨盤の歪み・背骨のズレがあるからといって腰痛がすぐに出る訳ではありません。

しかし疲れやストレスの蓄積があると必ず骨盤の歪み・背骨のズレが起こります。

眠りが浅い方は全身の内臓が疲弊しています。ホルモンもバランスがすごく悪くなっています。

この時に生理になるとひどい生理痛になります。

最近は多くの方が寝ているようで寝ていません。夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思わないで下さい。

夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると多くの方が思っています。

夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ている方で寝ながら考え事をしている睡眠になっている方が多くいます。

自分でも気が付かないで眠りが浅くなっている方が増えています。

眠りとは脳から寝ることを言います。

生理痛とは

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから生理痛を解消する為には原因から変えていく事をしているので生理痛が楽になるから人気があります。

生理の時に生理痛が起きるとと薬を服用したり、ツボを押してもらったり、吐き気があったり頭痛になったり腰痛、腹痛、下腹部が重い、イライラしたりなどを緩和して原因を見つける北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院

2018年03月19日

膝の痛み

  • はてなブックマークに追加
  • 膝の痛みがある方が多くなっています、膝の痛みの方はは膝の裏が痛い、膝の内側が痛い、膝の外側が痛い、膝の下が痛いなど色々ありますが痛みの原因を見つけることを北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカ
膝の痛み

膝の痛みを解消する

関節が痛んでいるのは骨や軟骨の成分の不足ではありません。

筋力の低下、衰えもあるかも知れませんが、膝の痛みには関係ありません。

 

膝の痛みを楽にしていく為には、間に合わせに注射を打ってヒアルロン酸をしても、水を抜いても構いませんが、あくまでも一時抑えです。

一時的に楽にする方法は色々ありますが、ヒアルロン酸、サプリメント、湿布を貼ったり、サポーターを巻く、注射を打っても色々ありますが、膝の痛みには原因が関係しています、

当院では、その原因を見つけることから解消を目指していきます。

膝の痛みと言うのは、階段を上る時に膝が痛い、階段を降りるときに膝が痛い、膝が痛くて座れない、膝を曲げる痛い、歩くと痛いとか、膝の内側が痛い、膝の外側が痛い、膝の下が痛い、膝の上が痛い、膝の中が痛い、お皿の中が痛い、膝の水がたまりやすいなどの症状があります。

膝の痛みには原因が

しかし、この色々な症状が起きるのは原因があります。

もちろん、間に合わせで膝の痛みを楽にすることは構いません。

しかし、膝の痛みが、どうして起きるのか、原因からみつけることも大切です。

膝の痛みは老化もありますが、それだけではありません。

膝の痛みがある方が病院の帰りに来ることもありますが、病気では、何といわれましたか、と言うと、老化だとか、使い過ぎだとか、言われることが多いようです。

階段を上る時に膝が痛い、階段を降りるときに膝が痛い、膝が痛くて座れない、膝を曲げる痛い、歩くと痛いとか、膝の内側が痛い、膝の外側が痛い、膝の下が痛い、膝の上が痛い、膝の中が痛い、お皿の中が痛い、膝の水がたまりやすいには原因があります。

当院では検査することで原因をみつけていく治療をしています。

膝の痛みのある方の膝を触ると病院にって帰りでも炎症やハレがあることが多くあります。

炎症やハレがある場合は、炎症やハレから変えていくようにしています。

炎症やハレを手で改善することができますから、手で炎症やハレのある場所を確認して治療していくと炎症やハレが引いて膝が細くなっていきます。

炎症やハレがあると皮膚などがブヨブヨしています。

膝の痛みが片側だけの方は、大丈夫な方の膝と比べて下さい。

炎症やハレ

大きくなっていれば炎症やハレがあります。

触ってみてブヨブヨしていれば炎症やハレがあります。

この比べることが大切になります。

膝に炎症やハレがある時には、炎症やハレから変えていく事をしていきます。

当院では検査する事ができます。

対症療法的に膝の痛みがある部分から楽にしていく事をしています。しかし、それだけでは繰り返しますから原因をみつけていく治療をしていきます。

膝の痛みを楽にしていくことは、楽にしていく治療です。

楽になったら膝の痛みがどうして起きたのか、どこから起きているのか、見つけて改善することをしていきます

膝の痛みを起こす時には、体調の低下と低下から起きる骨盤の歪み・背骨のズレも膝の痛みに関係しています。

膝の痛みに深く関係するのが内臓です。

膝の痛みと言われるとある内臓が思い浮かびます。

その内臓は肝臓です。

膝の痛み=肝臓と言う感じです。

肝臓と言っても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。

肝臓が問題があると、膝の痛み、外反母趾、花粉症、アレルギー性鼻炎になります。

 

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから膝の痛みを解消することをしています。膝の痛みには原因があります。原因から治療することをしています。

2018年03月13日

肩こり

  • はてなブックマークに追加
  • 北九州で肩こりを改善するなら筋肉のコリから解消して楽になったら原因をみつけることから北九州市でコリを楽にするカイロプラクティック徳力整体院
肩こり

肩こりを楽にする

肩こりを楽にしていく為には原因も考えて下さい。何も原因がなくて肩こりが起きることはありません。

肩こりと言うと筋肉のコリや緊張と言うことで筋肉ばかりほぐすことばかりしています。

確かに筋肉をほぐしていくと一過性でも肩こりを楽にすることや肩こりを楽に感じることができます。

しかし肩こりには肩こりになる原因が潜んでいます。肩こりを起こす原因がひそんでいるから簡単には見つかることができません。目で見ても肩こりの原因はわかりません。

触ってみても筋肉の硬さは皆さん違います。全員の肩の筋肉が同じではありません。

肩こりと言うと本当に筋肉から起きているのか、自分で確認することができます。それには肩の筋肉を指でつまんでみる事です。指先の指の腹で親指と人差し指で指の腹でつまむようにして自分でここが凝っているなと感じれば、筋肉のコリが起きています。

2本の指で筋肉をつまむようにしてみると筋肉のコリがあればわかる方もいます。表面上から見たら皮膚の厚さ、皮下脂肪の厚さがあって、筋肉、じん帯にになります。

その下のは背骨、肋骨、肺を覆っている胸膜、肺しかありません。

どの深さで肩こりを感じているのか。

自分で背骨も押さえてみると場所が特定できます。

筋肉で起きている肩こりなのか、筋肉以外で起きている肩こりなにか、当院ではその検査をしています。

肩こりと言っても何も考えずに、ただ肩こりだとか、肩がコルだとか言いますから、どこから起きている肩こりなのか、見つけることからしないと、一時、抑えしかなりません。

肩こりには色々な原因があります。筋肉から起きている肩こりもあるでしょうし、背骨のズレから起きる肩こりもありますし、また、それ以外で起きている肩こりもあります。

肩こりには

① 筋肉のコリから肩こり、

② 背骨のズレから起きている肩こり、

③ ①と②が重なりながら起きている肩こり。

④ ③とそれ以外で起きている肩こり、があります。

当院では肩こりの治療に訪れた方は筋肉のコリからほぐしていく事をしていきます。筋肉がほぐれてきたら、次の段階の背骨のズレを確認します。

肩こりを改善するのは

初回、1回目は:

① 筋肉のコリからほぐしていきます。

筋肉がほぐれてきたら

② 背骨のズレを確認していきます。最近の方は背骨のズレとかだけではなく背骨の炎症やハレを起こしている方もいます。背骨の中では脊髄がありますから、脊髄まで炎症やハレがある方、髄膜まで炎症やハレがある方もいます。骨が炎症やハレを起こしすぎてジュクジュクになって肩こりといっている方もいます。

もし①と②の両方の検査をして両方ともあったら、初回では、ここまでの治療になります。これだけでも随分、肩こりが楽になります。

2回目:

しかし、この治療でも数回はかかりますから、1回目で残った筋肉のコリと骨の炎症やハレなどを改善していきます。

再度、確認しながら治療を進めていきます。

そしてどうして背骨がズレたのか、を見つけていきます。そこに主な原因がありますから。

肩こりの原因

肩こりの本当の原因は体調にありますが、体調と言うのは自分で体調は良いと言えば、他の方にはわかりませんし、検査する道具もありません。

病気ではなければわかりません。

肩こりと言うのは原因があるから起きています。その原因を見つけることが大切です。

薬、サプリメントは栄養や痛み止めです。原因を見つけている訳ではありません。

湿布を貼ったりマッサージでも鍼灸さんでも低周波治療器や電器でも同じです、肩こりの原因は体調にあります。

体調と言うのは疲れやストレスの蓄積です。その蓄積の多さで体の調子が落ちた状態を言います。

体調を言う場合、2通りの体調があります。両方とも体調は悪いのですが。

体調の悪さを感じる方と、感じない方です。

体調

肩こりが強く感じる時には、体調が落ちています。

肩こりがあるけど軽い方は少し体調が良い方です。

肩こりの程度が体調胃で違います。

例えば生理痛も軽い時とひどい月があります。これが体調に関係しています。

体調が悪いから生理痛になります。体調が少し良い時には生理痛は軽く感じます。

便秘も同じです。体調が良いと便通が良くなります。

肩こりがある時には体調が深く関係しています。

体調が悪くなると骨盤の歪み・背骨のズレが大きくなります。骨盤の歪み・背骨のズレも程度があります。体調をひどく落とすと骨盤の歪み・背骨のズレが大きくなります。

これが肩こりになります。

 

北九州肩こりを楽にすることから始めて原因を見つけ出すことをしている北九州市で人気があるカイロプラクティック徳力整体院。

2018年03月07日

小顔矯正

  • はてなブックマークに追加
  • 北九州市で小顔矯正をするなら30年の経験がある痛くない矯正で顔が小さくなる北九州の徳力整体院。
小顔矯正

小顔矯正をしています

当院では初めから顔が小さくなる小顔矯正をしています。当院の小顔矯正は特徴があり他とは違います。当院では他ではマネできない小顔矯正をしています。しかも自分で小さくなったのがわかるようにしています。

当院の特徴である小顔矯正は簡単にしているように見えますが、簡単な技術ではありません。しかし、できるから簡単そうにしているだけです。誰が見ても簡単にしているようにしか見えません。そのため受けている方が「簡単に変わるんですね」と言われますが、何度も言いますが簡単な技術ではなく、30年以上の研究と経験から生み出された小顔矯正の技術です。

簡単にできる事でしたら、自分でもできると思うでしょうが、実はできないと思います。

機械も使わずに小顔矯正をして顔を小さくしていく事をしています。

手のみの技術で顔を小さくしていきますが、ハッキリ言って初回の小顔矯正は顔を中心に小さくしていく事をしています。

小顔矯正を希望されてきていますから、顔を小さくしていくことを中心にしていますが、最高な小顔矯正をしても、あることが多くあると維持することができません。つまり小顔矯正をして顔を小さくしても戻りがあります。

これは誰でも同じです。小顔矯正をしたあとの顔の小ささを維持することはできません。

それには理由があります。

小顔矯正をしたあとの顔の小ささを維持できない原因は、すべて自分の体に原因があります。

小顔矯正で顔の維持ができないのは

実は当院では検査する事をしています。検査すると言っても病院の病気の検査ではありません。病院では病気の検査で尿検査、血液検査、レントゲン検査、エコー検査、MRI検査をしています。これに異常があると病気です。異常があって病名が付くと治療が始まります。

それに対して当院の検査は体調の検査、筋肉のコリ検査、骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレの検査、内臓の働きの検査、リンパの流れの検査などの検査です。

普通はここまでしている治療院はないと思います。

体調の検査、筋肉のコリ検査、骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレの検査、内臓の働きの検査、リンパの流れの検査の方法はで異常が見つかると、体調が悪い、体調が落ちている、疲れがたまっている、ストレスが蓄積していると言います。

痛みやコリがなくても、痛みやコリが感じなくても、体調は落ちている方が多くいます。

何か調子が悪い、とか、起きている方もいます。

最近は眠りが浅い方が増えています。

毎日の生活や仕事で疲れやストレスはたまります。疲れやストレスなしでは生きていけません。

疲れやストレスとは付き合うしかありません。

疲れやストレスの蓄積

この疲れやストレスが筋肉にもたまりますが、さらに多くの疲れやストレスがある場所にたまっています。これがどんな良い小顔矯正をしても維持できない原因になります。

疲れやストレスは筋肉にもたまりながら、内臓にたまっていきます。内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。勘違いしないで下さい。

内臓に疲れやストレスがたまると内臓の働きが低下していきます。内臓の働きが低下すると流れが悪くなります。流れが悪くなるとリンパの流れが停滞して老廃物が多くたまります。それが浮腫みになります。

特に朝から顔が浮腫んでいると言う方は体調が悪い方です。そして寝ているようで寝ていないから朝から顔が浮腫みます。浮腫みと言うのは浮腫(ふしゅ)です。

ふしゅですから体を動かすと動き出すと減ることもあります。浮腫みは脂と違い変化します。脂肪はあまり変化しません。減ったり増えたりするのに時間がかかります。

疲れやストレスがたまると言いますが、この疲れやストレスはどこにたまるのか。

それは内臓にたまりますが、内臓にたまると骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレになります。

つまり骨盤の歪み・背骨のズレになります。骨盤が歪んだり、骨盤が開いたり、背骨のズレは内臓に蓄積した疲れやストレスから起きています。

疲れやストレスが身体に多くたまればたまるほど戻ります。

小顔矯正をするには

当院の小顔矯正は顔を小さくしていくことができますが、疲れやストレスが顔にもたまりますから、顔に疲れやストレスがたまると皮膚や皮下脂肪、筋肉、じん帯、骨が炎症やハレを起こしています。

炎症やハレが顔にあると顔が大きくなります。

今まで小顔矯正を希望してきた方は全員が科の炎症やハレがありました。顔の炎症やハレを見つけることは簡単なことではありません。

目で見ても分かりません。しかし、それを治療して減らすことをすれば顔が小さくなります。

その為に検査する事ができますから目で見てわからないものを改善することができます。

本当に100人の小顔矯正を希望する方が来て100人が顔に炎症やハレがありました。

炎症やハレがあると

顔に炎症やハレがあると顔が大きくなります。顔のツヤが無くなります。顔のハリが減ります。

それを治療することができれば顔は小さくなります。しかし維持する力は、まだ上がりません。

維持する力は体全体が関係しているからです。

疲れがたまっていると維持することはできません。

眠りが浅いと維持する力は、もっとありません。

最近は多くの方が睡眠負債になっています。寝ているようで寝ていません。

眠れていないと脳が弱っていきます。もちろん体もですが。

脳が弱ると脳疲労になります。そうすると体内にインフルエンザウィルスが入っていても引く事もできません。このことを隠れインフルエンザと言います。

脳が元気だから熱を上げていきます。脳が熱を上げてウィルスや細菌を減らします。

つまり隠れ脳疲労の方が多くいます。

最悪な睡眠が寝ながら考え事をしている睡眠です。寝ながら考え事をしている睡眠は目が覚めた瞬間に忘れてしまいます。

だから寝ながら考え事をしている睡眠をしていてもわからなくなります。夢は目が覚める瞬間に見ています。だから夢をおぼえています。

その前の寝ながら考え事をしている睡眠は忘れてしまいます。

脳疲労が強くなると痛みやコリも起きていても感じなくなります。

痛みやコリを感じない、インフルエンザになっていても発症しないと言う方が小顔矯正を受けると回復していますからインフルエンザになることもありますし痛みやコリを感じるかも知れません。

 

北九州小顔矯正が得意なことで人気がある北九州市で有名な専門の先生が小顔矯正をしています。

2018年03月01日

首の痛み、首のコリ

  • はてなブックマークに追加
  • 首の痛み、首のコリのは原因がる時に痛くなります。北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから徳力整体院
首の痛み、首のコリ

首の痛み、首のコリを楽に

首の痛み首のコリを楽にすることをしています。

首の痛み、首のコリが起きる時には、原因があるから首の痛み、首のコリになっています。

昔、交通事故を起こしてから慢性化して首の痛み、首のコリがある。

首の痛み、首のコリを繰り返す時には、原因があるから起きています。

首の痛み、首のコリが治らないのは原因が解消させていないからです。

むち打ちで首の痛み、首のコリが治らないのは病院では治せません。

寝違えで首の痛み、首のコリが起きるのも原因があるから寝違えを起こしています。枕の性ではありません。

横を向いたりする時に首の痛みが起きるのは、原因があるから痛みになっています。

痛みとコリは違います。

多くの場合、コリは筋肉の問題から起きていることを言いますが、痛みとなると歪みや神経の問題が関係しています。

痛みやコリには原因が

首の痛み、首のコリが起きる時には原因があります。多くの場合、首の痛み、首のコリの原因になるものは体調です。

体調と言うのは自分で感じなければいけませんが、体調がわからない方が多くなっています。

体調と言うのは、体調が落ちる、調子が悪くなる、と言う言葉がありますが、体調と言うのは疲れやストレスの蓄積で落ちて行っていることです。

疲れやストレスというのは、限界なく落ちていき際限なく陥ることができます。

つまり疲れやストレスの蓄積には、「底がない」と言う事です。

底がないほど多く疲れやストレスがたまっても、何も感じていない方が増えています。

普通は、疲れやストレスが蓄積してくると骨盤の歪み・背骨のズレになります。骨盤の歪み・背骨のズレになると痛みやコリが起きてツラさを感じるようになります。

しかしあることが起きていると、つらさを感じないし痛みやコリが感じません。限界になるまで。

限界まで目いっぱいまでため込んでしまって、やっと症状が起こります。

このある現象と言うのは寝不足です。

寝不足

最近は多くの方が寝ているようで寝ていません。寝ていると思っている方ほど寝ていません。

昔でしたら、寝ようとすると寝つきが悪く、1時間も2時間も3時間も眠れないとか、なんとか眠れるけど夜に何回も目が覚めて1時間も2時間も眠れないと言う方が不眠症でしたが、最近の不眠症は変化して変わってきました。

夜に寝ようとすると、すぐに眠れます、そして朝まで目が覚めません。

だから寝ていると思っています。

しかし、寝ている時も寝ながら考え事をしている睡眠をしています。本人は気が付きませんが寝ながら考え事をしている睡眠は最悪な睡眠です。

例えば6時間の睡眠時間があっても5時間50分くらいが寝ながら考え事をしている睡眠であとの10分は寝つきの時間と夢を見ると言う事です。

夢を見ていても長く夢を見ていたような記憶があっても、数秒だったりします。

寝ながら考え事をしている睡眠は起きた瞬間に忘れています。

夢は記憶に残りますが、寝ながら考え事をしている睡眠は記憶に残ることは多くありません。

寝ながら考え事をしている睡眠をしていると骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレが起こります。

寝ながら考え事をしている睡眠と体調がドン底になっていきます。

寝ながら考え事をしている睡眠をしていると、疲れやストレスは減ることはありません。

毎日の生活や仕事や精神的な緊張などを体はため込んでいき、唯一、疲れやストレスを減らすことができるのは眠っている時だけです。

眠っている時も脳から寝ていないと疲れやストレスは解消できません。

美味しいものを食べても気分転換にはなりますが、体の疲れやストレスは多くなります、食べる事でも消化でエネルギーを使います、つまり内臓も仕事をしています。

焼肉を食べても、脂分を分解するのは内臓の働きです。内臓の働きとは内臓が仕事をしています。内臓が仕事をすると疲れやストレスがたまります。

内臓にも疲れやストレスはたまります。

体に疲れやストレスがたまったと言いますが、その蓄積がどこにたまっているのか、理解していません。

疲れやストレスは筋肉にもたまりますが内臓にもたまります。

体重が100キロの方があるとしたら65キロが水分です、つまり水です。

あとは骨の重さ、筋肉の重さ、神経、血管、リンパ、脂肪、皮膚、しかなく、あとは内臓です。大脳や脳幹も内臓です。

つまり疲れやストレスがたまる所は内臓、大脳、脳幹です。内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。内臓の名称が出てきますが内臓の病気と言っている訳ではありません。

内臓、大脳、脳幹に疲れやストレスが多く蓄積していくと骨盤の歪み・背骨のズレになります。骨盤の歪み・背骨のズレが起きると痛みやコリになります。

特に首の痛み、首のコリのある方は、脳の弱りと内臓疲労から起きるのが首の痛み、首のコリになります。

もちろん首の痛み、首のコリがある時には背骨のズレが起きています。首の骨のズレが起きると神経圧迫で起きるのが痛みです。

寝違えは首の骨のズレから起きています。

首の骨がズレを起せば筋肉は引っ張られたり緊張したりしていますから、これがコリです。

コリが起きる時にはリンパの流れも停滞していますから老廃物が多くたまります。

すべては体調の低下から起きています。

首の骨のズレを解消したら、筋肉も揉んで柔らかくしたら、骨のズレを整えていく事をしていきます。

そして数回をかけながら体調をあげていく事をしていきます。

体調を上げるには、

サプリメントでも点滴でも薬でも体調は上がりません。

マッサージしても、低周波治療器や電器をしても体調は上がることはありません。

美味しい焼肉を食べても体調は上がりません。

運動をしても体調は上がりません。

体調を上げることは簡単ではありません。

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから首の痛み首のコリを楽にしていくことをしています。

2018年02月26日

浮腫み

浮腫みを解消

  • はてなブックマークに追加
  • 北九州で浮腫みを減らそうと思うなら浮腫みの原因になるものから改善することをしている北九州市の徳力整体院は30年。
浮腫み

浮腫みを減らしていくなら浮腫みの原因をみつけて解消することからして浮腫みを減らすことができます。

浮腫みと言うのと脂肪は違います。触るとわかると思いますが浮腫みは柔らかくぶよっとした感じです。

脂肪はもう少し固く、牛脂のような感じですから油分が多くあるのが脂肪です。

脂肪の場合は、少し掴みどころがあります。

浮腫みは中には脂肪が入っていません。(多少、混在します)

浮腫みとは、人の体には水分が60%から70パーセントの間です。つまり体重が100キロの方がいるとしたら60キロから70キロは水です。

人の体には60兆個の細胞がありますが、一つ一つの中や細胞の間にも水があります。血液やリンパ管の中にも水分があります。

水分はいつも循環して流れています。この循環が停滞して起きるのが浮腫みです。

脂肪と浮腫み

ですから変化することが多くあります。変化とは減ったり多くなったりします。

変化しないものは浮腫みではなく脂肪です。これが脂肪と浮腫みの違いです。

このページでは脂肪ではなく浮腫みの解消を説明するものですから浮腫みを減らしていくには、どうするのか、と言う事を説明していきます。

浮腫みと言うのは根本的に原因があります。

この原因から改善することができないと意味がありません。

浮腫みと言うのは体調の低下から起きています。

体調の低下が起きると浮腫みやすくなります。

体調の低下とは疲れやストレスの蓄積です。

自分でも体調が落ちていないと言う方もいますが、自分で気が付いていないだけです。

逆に体調が落ちていないで浮腫みやすいほうが大変です。

疲れやストレスが多くたまればたまるほど浮腫み体質の方は浮腫みが多くなります。

浮腫み体質

浮腫みが起きるのは浮腫み体質と体調が関係しています。

浮腫み体質の方が体調を落とすと浮腫みが多くなります。

浮腫み体質の方は、何をしても浮腫みやすくなります。そして浮腫みを減らそうと思って色々しても効果が上がりません。

戻りやすくリバウンドがあります。

体に疲れやストレスがたまると、必ず骨盤の歪みや背骨のズレが起こります。

疲れやストレスは身体にたまると言いますが筋肉にもたまりますが、多くの疲れやストレスは別の部分にたまります。

疲れやストレスのたまる場所は、内臓です。しかし内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。ですから病気ではありません。

内臓=病気ではありません。

疲れやストレスの多くは内臓に蓄積して体の歪みを起こしていきます。

歪みやズレを起こしながら浮腫みを多くしていきます。

この時には内臓の働きも低下していきます。循環も停滞して老廃物が多くなります。

リンパの流れの停滞して老廃物が多く蓄積しています。

これが浮腫みになります。

浮腫みと言うとリンパ療法がありますが、ただ流すだけではダメなんです。

どうして流れないのか、原因をみつけていく事をしないと。

 

 

北九州浮腫みを減らすなら浮腫みの原因になっているものから解消していく徳力整体院は30年。

北九州市で検索キーワードでも人気がある「北九州 浮腫み」や「北九州市 浮腫み」と「浮腫み 北九州」と「浮腫み 北九州市」などでも人気があります。

2018年02月14日

更年期障害

  • はてなブックマークに追加
  • 更年期障害を原因から見つけて改善していくことで楽にしていく北九州市で30年になるカイロプラクティック徳力整体院
更年期障害

更年期障害を楽に

更年期障害を改善するなら薬ばかり頼っていないで原因をみつけることが一番だと思います。

しかし原因も簡単に見つかることがないために安易に薬と服用してと言うことが多く見受けられます。

更年期障害の時に薬を使うことは大切なことですが、当院では原因を見つけて改善することをしています。

更年期障害には原因があります。

更年期障害を楽にすることと、原因を見つけて改善することは違います。

更年期障害を解消していくなら、まずは更年期障害を楽にして、更年期障害を起した原因を見つけ出すことをしています。

更年期障害と言うと昔は女性だけのものでしたが、いつの間にか男性もあると言うことです。

男性も女性もある年齢になるとホルモンバランスが崩れると言うことで起きるのが更年期障害です。

女性は閉経前後の年齢に達すると起こると言われていますが、50代前後だったり、40代でも起きると言われていますし30代でも、60代でも起きるのが更年期障害です。

女性も男性もホルモンが関係した症状が起きている時には更年期障害と言います。

自律神経失調症と同じような症状がおきていることが多くありますから、年齢で差別化されていますから、一概に、決め手となるものはありません。

更年期障害は年齢を見て決めています。

主に50代であれば更年期障害と良い、20代であれば自律神経失調症といいます。

自律神経失調症も更年期障害も調べる機械も検査することもありません。

と言うのも、どちらもホルモンを検査しても同じように反応するからです。

あとは年齢をみて更年期障害か自律神経失調症か、という事です。

更年期障害も自律神経失調症も原因があります。

更年期障害は体調の悪さがあって、ドン底のような体調になっていて、抜け出せません。

当院では検査する事ができますから、検査してみると、わかることがあります。

それは体調の悪さです。体調が悪い時には、必ず自律神経が関係しています。

自律神経と言うのは、内臓、ホルモン、体温、呼吸などをつかさどっている神経です。

この乱れがある時に更年期障害が起こります。この時に必ずホルモン系が強く関与していますから更年期障害と言われます。

ホルモンが強く関係したものが更年期障害。

自律神経が強く関与したものが自律神経失調症です。

更年期障害を解消するには

更年期障害を解消するなら体調の検査から始めていきます。どれくらいドン底なのか。

更年期障害は体調の悪さと体質から起きています。

体調と言うのは疲れやストレスの蓄積がで起きています。疲れやストレスというのは同じ言葉ですがストレスというのは蓄積した疲れです。

体に疲れやストレスがたまるといいますが、この疲れやストレスがどこに蓄積していくのか。

疲れやストレスが蓄積する場所は筋肉にも蓄積しますが、筋肉にたまる何倍も多くたまるのが内臓です。

内臓と言っても病気ではありませんから、病院で検査しても、異常なしと言うことで更年期障害とついたと思います。

病名は病院でつけることしかできません。

自分で勝手に思っていれば別ですが。

更年期障害になれば病院のカルテに書かれます。

更年期障害とは

更年期障害とは体調の悪さが回復しない時に起こります。回復しない限りは長期間、続きます。

閉経があっても、何も症状が起きないうちに閉経した人もいます。

閉経だからホルモンバランスが悪くなるとは、限りません。

閉経前後に体調が無茶苦茶、落ちると更年期障害となります。

程度を超えた落とし方をすると更年期障害になります。

程度を超えた落とし方をする時には、多くの場合、眠りが関係しています。

更年期障害になる前に、寝ているようで寝ていないと言うことで起きます。

切っ掛けは眠りです。

更年期障害になる前に、眠りが出来ていません。寝ているようで寝ていません。

夜に寝ようとすると、すぐに眠れたと言う方もいると思いますが、眠りと言うのは目が覚める覚めないではなく脳から寝ていないと眠りとはいえません。

脳が休養をとることが眠りです。

体はグーグー寝ている状態でも夢を見ると言うよりも寝ながら考え事をしている睡眠をしていると脳が寝ていません。

体は休んでいても脳が休むことができないと、全然、ダメです。

脳が寝ることが疲れやストレスを減らすことができます。

体は休んでいても疲れやストレスは減りません。

人から見て寝ているような状態でも脳が活性化していると寝ていません。

寝ている本人も寝ているからわかりません。

夢を見るときは目が覚める前に見ていると記憶に残ります。

しかし寝ながら考え事をしている睡眠は忘れることが多い睡眠です。

どんなに長く寝ながら考え事をしている睡眠をしていたのか、ということを、目が覚めた瞬間に忘れます。

このため、朝まで目が覚めないから寝ていると言います。

寝ていない方の頭を触ると、わかります。寝ている頭なのか、寝ていない頭なのか。

 

 

北九州市更年期障害を改善するならカイロプラクティック徳力整体院

当院では「北九州 更年期障害」と「「更年期障害 北九州」などの検索でも人気があります。

2018年02月09日

腰痛

  • はてなブックマークに追加
  • 北九州で腰痛を楽にしていくなら骨盤の歪み・背骨のズレから改善することをしています。北九州市で腰の痛みの解消なら徳力整体院
腰痛

腰痛を楽にしていくなら

腰痛を楽にしていくなら当院では骨盤の歪み・背骨のズレから改善していくようにしています。

低周波治療器や電器を用いることなく、注射を打ったりすることもなく、湿布を貼ったりすることもなく、腰痛の原因を見つけて改善することをしていきます。

当院の腰痛を改善する時には、検査する事をしていきます。

今まで多くの、腰痛の方を治療してきましたが、ほとんどは骨盤の歪み・背骨のズレがありました。

骨盤の歪み・背骨のズレを治療できるのは、整体とカイロプラクティックの治療をしている所だけです。

腰痛を楽にするサプリメントを飲んでもサプリメントを飲んでも楽になる程度でしたら楽になるかも知れませんが骨盤の歪み・背骨のズレは残ります。

湿布を貼ったりしても腰の痛みが良くなる程度の痛みでしたら湿布を貼っても軽くなります。しかし骨盤の歪み・背骨のズレは残ります。

注射を打っても腰痛が楽になる程度の痛みでしたら楽になりますが、腰痛の原因である骨盤の歪み・背骨のズレは残ります。

マッサージしても腰の痛みは軽くなるかもしれませんが、骨盤の歪み・背骨のズレは残ります。

低周波治療器や電器をしても楽になる程度の腰痛であれば楽になりますが、骨盤の歪み・背骨のズレは残ります。

骨盤の歪み・背骨のズレの専門は

骨盤の歪み・背骨のズレは専門の整体やカイロプラクティック院です。

しかし、普通の整体院やカイロプラクティック院みたいに、当院では骨がメインだと言いません。

どうして骨盤の歪み・背骨のズレが起きるのか、理由があるから骨盤の歪み・背骨のズレになります。

何も原因がないのに、姿勢などで骨盤の歪み・背骨のズレが起きることはありません。

重たいものをもって骨盤の歪み・背骨のズレが起きることはありません。

中腰をしても骨盤の歪み・背骨のズレが起きることはありません。

足を組んでいたり、横すわりで骨盤の歪み・背骨のズレが起きることはありません。

骨盤や背骨が外れることはありません。

強固なじん帯でつながっていますから。

腰痛が起きるのは

腰痛が起きるのは、ほんのちょっとのズレです。と言うか、骨は可動域が大きくありません。

一つ一つの骨の動きで大きな可動性を生みます。

腰痛が起きるのは、人の背骨は真っすぐな方はいません。これには理由があります。

生まれつき背骨の数か所にズレがあります。大きいズレの部分と小さいズレの部分があります。

生まれつきあるズレの大きい所が腰で起きていれば、いつかは腰痛、ギックリ腰になります。また、高血圧、腎臓の病気を起こしていく可能性が高くあります。

生まれつきある背骨のズレと内臓は深く関係しています。

生まれつきあるズレは、まだ、病気ではありません。

生まれつきある背骨のズレは家系的に関係しています。家系的と言うと遺伝です。

昔にでも、親がギックリ腰を起こしたことがある場合でも、子供に受け継がれるのが遺伝です。

どちらかの親か両方の親が腎臓が弱く腰痛、腰の痛み、ギックリ腰を起こしたことはありますが、今は腰痛も起きていないかも知れませんが、昔であろうと、今であろうと関係なく、すべて関係しています。

因果関係は全てあります。

腰痛になる部分の遺伝子が弱くない方は腰痛にはなりません。

肩こりになる遺伝子が弱くない方は肩こりにはなりません。

体の弱い部分に疲れやストレスがたまります。

内臓には遺伝的に弱い内臓と、そうでもない内臓があります。

弱い内臓と言うのは生まれつきズレがあります。このズレがある部分を確認してみると弱い内臓がわかります。

弱い内臓が、もっと老化して弱くなると病気になっていきますが、病気になる時も1年や2年でなることはありません。

細胞の変化が起きる期間が必要です。

その期間は、8年、10年、15年です。

それまでは内臓も健康と言われます。進行途中では病気ではありません。

ですから、いくら検査しても分かりません。

完成まじかか、なってしまわないとわかりません。

腰痛に関係するのは弱い内臓です。

弱い内臓は、弱いから疲れやストレスがたまりやすくなります。

腰痛を起こす原因は腎臓です。つまり腎臓が弱い方が腎臓に疲れやストレスがたまりやすくなります。

腎臓に疲れやストレスがたまると、腎臓に関係する筋肉の大腰筋、腸骨筋のバランスが悪くなって崩れていきます。

これが骨盤の歪み・背骨のズレになります。

腰痛とは

腎臓と大腰筋、腸骨筋

腎臓に疲れやストレスがたまると大腰筋、腸骨筋のバランスが崩れて骨盤の歪み・背骨のズレになります。

これが起きている時に、重いものをもつと腰が痛くなります。

中腰をして立とうとしたときに、体を伸ばせないのは、大腰筋、腸骨筋の収縮の関係です。

短くなっていますから、真っすぐには伸びません。

 

 

北九州腰痛を楽にする為には骨盤の歪み・背骨のズレから改善すること北九州市の徳力整体院。

2018年02月05日

自律神経失調症

  • はてなブックマークに追加
  • 自律神経失調症になる時には体調が落ちすぎている時に自律神経失調症になります。北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから徳力整体院
自律神経失調症

自律神経失調症を改善する

自律神経失調症になるのは色々な症状が起きていて病院で検査しても異常がない時に言われることが多いようです。

自律神経失調症の自律神経とは実際にある神経の事です。

この自律神経が悪くなった状態が自律神経失調症です。

普通は病院で診断を受けて自律神経失調症だといわれて当院に来る方が多くいます。

病院では薬やホルモン系の薬や睡眠薬などが主ですから、本当に薬で抑えると言うことが目的です。

薬では、どれくらい抑えられるかです。

良く使われる病名ですが診断基準があるわけでもなく、自律神経系の不定愁訴がある時に病気の検査をしても異常がない時に、用いられるのが自律神経失調症です。

ですから昔で言えば神経痛みたいですね。

自律神経失調症の時には起きやすい症状は慢性的なダルさ、疲れやすい、めまい、偏頭痛、頭痛、動悸、ほてり、不眠、便秘、下痢、手や足のシビレ、腹部痛、イライラ、ノドの渇き、不安感、疎外感、焦り、落ち込み、やる気がない、憂鬱、発汗、など自律神経に支配させている多くの問題を起こしていくのが自律神経失調症ですが、根本的には感情をコントロールするとか、落ち着けと言う、薬しか治療薬はありません。

自律神経失調症とは

自律神経とは意識しないでも勝手に働いてくれている神経です。ストレスがあったりホルモンが乱れたりして起きるものが自律神経失調症です。

自律神経失調症とは、自分の意志で動かせる神経とコントロールができない神経があります。

主には内臓を支配する事をしているのが自律神経になります。

自律神経には2つの働きをする神経があります。これが交感神経と副交感神経です。

交感神経と副交感神経は内臓のバランスをコントロールしています。

抑制や促進と言う目的で。

このコントロールがくるってしまう事が起きると自律神経失調症と言われます。

自律神経失調症になると色々な病気ではない症状が起きてしまう為に、検査しても異常が見つからない時の症状になります。

症状としては、動悸、胸痛、胸部圧迫感、息苦しい、息が詰まる、吐き気、下痢、便秘、お腹のハリ、頭痛、片頭痛、ダルイ、疲れやすい、などなど色々あります。

病院で検査しても異常が見つからない時に自律神経失調症と言われることが多くあります。

ストレスが原因

自律神経失調症になるのはストレスが原因だといわれます。

ストレスと言う言葉は意味不明な言葉です。

ストレスとは日本語で置き換えると疲れです。それも疲れの蓄積がストレスです。

疲れやストレスというのは、検査する事もできませんし、検査する機械もありません。

血液検査や尿検査でもわかりませんし、もしわかれば病気になっています。

つまり尿検査や血液検査は病気の検査だからです。病気になっている内臓がなれば判明するのが、この検査です。

しかし自律神経失調症というのは病気のようで病気とは言えません。

と言うのも病院では原因が不明でわからないからです。

わからないまでも、わからないとは言えませんから自律神経失調症と言います。

しかし腰痛が起きている時も自律神経は失調状態です。

肩こりの時も、自律神経は失調状態です。

風邪を引いていても、自律神経は失調状態です。

下痢をしている時も自律神経は失調状態です。

生理痛が起きている時も、自律神経は失調状態です。

眠りが浅い時も、自律神経は失調状態です。

自律神経が正常であれば色々な痛みやコリは起こりません。

自律神経失調症というのは背骨の両横にある神経の事です。

この神経のバランスが悪くなった時に自律神経失調症といいます。

この自律神経は脳の脳幹から出てきています。

つまり自律神経失調症とは交感神経、や副交感神経で起きるものではなく、さらに上の脳幹や脳から起きる問題です。

多くの自律神経失調症の場合、眠りに問題があります。

夜、寝ているようで寝ていない時に脳や脳幹が弱っていきます。

夜に眠れない方や、寝つきが悪い方は、わかりやすいと思いますが。

しかし最近の方は睡眠負債と言う言葉があるように異常に眠りが浅くなっています。

夜にすぐに眠れるから寝ていると思わないで、説明を聞いて下さい。

寝ている方は寝ていますから わからないと思います。

寝ていると思う事は目が覚めないと言うだけだったりします。

また、夢は、目が覚める瞬間に見ていると夢は見ると言われます。

しかし、一番、浅い睡眠の寝ながら考え事をしている睡眠は目が覚めた瞬間に忘れています。

これは例ですが、6時間の寝る時間がある方が、5時間50分の時間、寝ながら考え事をしている睡眠をしています。

本人は寝ているから、わかりません。

寝ていないと、眠れていないと脳が弱っていきます。脳にストレスがたまると自律神経失調症になり長く悪くなります。

自律神経失調症を改善しようと思うなら体調をあげていくことから始めて行かないと、サプリメントを飲んでも、マッサージをしても、低周波治療器や電器をしても、運動をしても、改善しないものがあります。

 

北九州市小倉南区小倉北八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから自律神経失調症を改善するには徳力整体院

2018年02月02日

肩こり

  • はてなブックマークに追加
  • 北九州市で肩こりを楽にしていくには筋肉のコリから改善していきますが筋肉のコリだけで起きている肩のコリはありません。北九州地区の徳力整体院
肩こりを起こす筋肉

肩こりを楽にしていくには

肩こりを楽にしていく為には対症療法ばかりしていないで原因を見つけ出すことも大切です。

肩こりと言うと何と言っても筋肉のコリですから筋肉のコリを解明することをしないと一時しのぎになります。

一時しのぎとは対症療法という方法です。

肩こりを改善していくには一時しのぎの対症療法と原因を見つけ出す根本療法があります。

対症療法と言うのは多くの肩こりを改善していると言う治療院でしている方法です。

対症療法というのは原因を見つけると言うことは簡単ではありませんし、検査する事もできません。病院の検査で肩こりを検査すると言うことはできません。

病院は病気の検査をしていますから病気になってしまったら検査で訪れる所です。

病気として完成してしまうと血液検査、尿検査、レントゲン、MRI検査、エコー検査で陽性反応が出て見つかります。

病院では病気の専門家です。

内臓の病気になってしまうと見つかります。

対症療法というのは

肩こりを改善する時に対症療法と根本療法がありますが、短期で改善して楽になることができるのが対症療法です。

しかし対症療法をしていると原因を調べることも考えることもしませんから簡単な方法です。

当院でも昔は対症療法を対症療法だと知らずにしていました。

対症療法ばかりしていると原因も肩こりがないうちに進行していきます。進行した物が肩こりと違う形で出てきます。

肩こりが進行した物は、もう肩こりとしてだけでは起こりません。

対症療法と言うのは、

肩こりの部分に湿布を貼ったりすることも対症療法です。インドメタシンなどの薬効で鎮痛効果があった、冷やされたり、温湿布で温められたりするものがあります。

循環が良くなれば良いと言う事で温湿布を貼ることや使い捨てカイロで温めたりすることもありますが、ただ温めれば良いと言う訳ではありません。

温めた分だけ循環が良くなります。循環が良くなった分だけリンパの流れも改善しますが多くの血管はただ流れるだけではなく内臓を通っていきます。

内臓に何もなければ良い訳ですけど、最近は多くの方が内臓負担になることが多く見受けられます。

内臓に負担になることが起きていると何かの発作が起きることもあります。

循環をよくすると言う事が危険なこともあります。

何も考えずにしていると良くありません。

ですからお風呂も溺死が多い訳です。昔でしたら石鹸で滑ってお風呂に頭が突っ込んで溺死と言う感じでしたが、最近は多くの家庭のお風呂が多少大きくなりました。これが溺死を多くしています。

お風呂に入って寝てしまうことで溺死が起きると思うでしょうが違います。寝ていても息が出来なければ誰でも目を覚まします。

溺死はお風呂に入浴して時間の経過とともに血圧の低下になる場合があります。血圧と言うのは血の圧力ですから心臓の力が落ちた状態です。

心臓の力が落ちると筋肉にいく血の流れも低下していきますから、このことから筋肉に力を入れることができなくなります。

手や足だけではなく体にも力が無くなるとお風呂の中に体が入っていきます。

つまり生きながらにして呼吸しているから肺に水が入ることが溺死です。

肩こりを起こしている肩や肩こりがつらい方は、よく聞いて欲しいのですが肩こりと言うのは病気ではない状態で心臓の負担になっている時に起きています。

筋肉だけで起きている肩こりはありません。

院長の私が検査していますが、心臓に関連するものが肩こりを起こしていいることが多くあります。

肩こりを簡単に考えていると大変なことが起きてしまいます。

病院で定期検査しても心臓の問題が完成してしまわないとわかりません。

今まで異常なしだったものが1年で病気になることはありません。

進行するのも短期で病気なることはないからです。

病気になる時には細胞が変化しないとなりませんから変化する為には数年から数十年を要します。

人において進行スピードは違いますし、内臓も内臓で進行が違います。

細胞の変化が完成に近づいたものが検査でわかります。

それまでは、いくら検査しても健康です。

人は年齢があります。内臓にも年齢があります。人の年齢以上に歳をとったものが内臓で起きていれば、その内臓はその人の中でも弱い内臓が歳をとっていきます。

弱い内臓が歳をとれば病気です。

この病気を早めてしまうのは疲れやストレスの蓄積です。

疲れやストレスも早めに解消するようにしていないと大変なことになります。

人には生まれつき弱い内臓と、そうでもない内臓があります。

そうでもない内臓はあまり関係しませんが、弱い内臓ほど疲れやストレスをためやすくなります。

弱い内臓ほど進行が早くなるからです。弱い内臓が深く関係して肩こりを時々、起こしています。

肩こりを繰り返しやすい方は気温差も注意しなければ心臓の負担になります。

肩こりは内臓から

 

 

北九州市で30年の経験がある徳力整体院は肩こりを原因から改善することをしています。

当院では検索キーワードでも「北九州 肩こり」や「北九州市 肩こり」と「肩こり 北九州」と「肩こり 北九州市」でも人気があります。

2018年01月25日

骨盤矯正

骨盤矯正で小尻になる

骨盤矯正が人気があります。

今まで多くの方が骨盤矯正にきていますが、全員、骨盤が小さくなっています。

しかも初めから骨盤を小さくしていくことができるのが当院の特徴です。患者さんからは、簡単に短時間で骨盤が小さくなるので、簡単にしているように思ってしまいますが、簡単にしている訳ではありません。

技術力があるから簡単に見えてしまいます。その為、簡単に骨盤が小さくなるので、自分でも出できるかもと思えるかも知れませんが、できません。

院長が骨盤矯正をするからできる骨盤矯正ですから。

しかも、院長が骨盤矯正をするときには簡単にしているため、特殊なことや変わったことをしている訳ではありません。

院長の骨盤矯正の施術経歴が長いのと工夫や研究を欠かさないからできる骨盤矯正です。

今でも常に研究して骨盤矯正の技術力が上がるようにしています。

低周波治療器や電器を使うことはありません。手のみの技術力で骨盤矯正をして小尻にしていきます。

当院の骨盤矯正は骨盤矯正に入る前に比べることができます。他人が計測したりすることはありません。自分で変える事ができるからですが、他人が測ることもなく自分で納得できる、変化がわかる骨盤矯正をしています。

どうしても他人が測ると骨盤矯正後は計測がキツク測ったりしますから、自分の手でわかるくらい変化すれば自分で比べることができれば一番です。

メジャーなどで計測しても位置が違ったり、骨盤矯正を始める前は緩く測って、骨盤矯正をしたあとはキツク測ると言うことはあるかも知れません。

当院では自分の両手で計測するようにしてもらいます。

院長が骨盤矯正をしている時に、履いてきたパンツ(ズボン)が徐々に治療途中に緩くなるのが自分でもわかる方がいます。それくらい変わることもあります。全員ではありませんが。

伸びる素材ではない限り、履いてきた洋服が緩くなると言うことは何かが変わっていると言う事です。

もちろん、それは細く、小さくなっていると言う事です。

骨盤矯正をする時に

骨盤矯正を始める前に骨盤矯正というものは、骨盤を変えることです。

骨盤矯正に来て骨盤矯正の意味が分かっていない方が多くいます。

骨盤矯正と言うのは骨盤の骨を変えていく事です。

骨盤矯正をする時に骨盤周辺の脂肪や浮腫みも減らすことをしていきますが、これでは骨盤矯正というよりも骨盤周辺矯正になります。

骨盤矯正ですから骨盤の幅を変えていくことが骨盤矯正です。

骨盤の周りや周辺ではありません。

骨盤矯正というのは中央の仙骨(尾てい骨)と寛骨(腸骨、坐骨、恥骨)も3つで形成されます。

骨盤矯正は骨を変えること

この骨を小さくしていくのが骨盤矯正です。

骨を小さくすることができるのか、と言う事になります。

骨を小さくすることは無理です。誰でもできません。どんなに上手な方がいてもできませんし、もしできたらバランスを崩してしまいます。

骨盤のバランスが崩れると骨盤の中の内臓も影響を受けますし腰痛になる可能性が高くなります。

当院でしている骨盤矯正は、そんな骨盤矯正ではありません。

しかし骨盤を小さくしていく為には、検査する事をしています。

検査ができないとわからないと思いますが、検査する事ができると色々な状況がわかってきます。

その、わかる状況と言うのは骨盤に普通では起こらない炎症やハレがあります。

炎症やハレも程度がありますから、炎症やハレがひどくなると「ただれ」と言う方もいます。

この炎症やハレがわかった時も、院長も驚くと言うよりも「うそだろ~」と言う感じでしたが、実際に何回も検査してみると炎症、ハレ、ただれが確かにあります。

普通では起きないことが起きるのが最近です。

炎症、ハレ、ただれがあるのがわかると、これを改善できる技術を身に着ける必要があります。

検査ができても改善できないじゃ骨盤矯正ができません。

骨盤矯正をしていくときに、骨盤の歪み、骨盤の開きは当然、検査する事をしていますが、炎症、ハレ、ただれと言うのは、それよりもひどい状態です。

炎症、ハレ、ただれがあると骨盤が大きくなります。

炎症、ハレ、ただれがあると骨盤周辺に脂肪や浮腫みが多くなります。

炎症、ハレ、ただれ骨が変形していきます。

炎症、ハレ、ただれがあると骨が変形して骨盤の幅が広がります。それで骨盤が大きくなります。

これを正常に戻すことで骨盤が小さくなります。

無理な骨盤矯正をしていません。

当院の骨盤矯正はマッサージをするようにして骨盤を小さくして小尻にしていく骨盤矯正をしています。

しかしマッサージではありません。

特殊な手の技術がありますからマッサージ感覚で骨盤が小さくなる骨盤矯正です。

小尻になる骨盤矯正

 

当院では骨盤矯正をする時に、骨盤矯正の前に自分の両手で骨盤を触っておぼえてもらいます。変化を比べることができます。

 

当院では「北九州 骨盤矯正」、「北九州市 骨盤矯正」などでも人気があるキーワードです。

 

2018年01月23日

肩こり

肩こりを楽にする

肩こりを楽にしていくには

肩こりを楽にしていく為には筋肉のコリが肩こりですから筋肉のコリを解消することをしていきます。

腕や肩はいつも自然と使っていることが多くあります。そのため筋肉疲労が起きて肩こりになっている方が多くいます。

肩こりを起こしているのは

人においては何もしなくても肩に力が入っている方もいます。

腕や肩を使うことがすべて肩こりの因子になります。

●最近は多くの方が携帯を使いますから、携帯やスマートフォンを操作する時も自然と肩や腕を使いますから、使ってるときは意識していませんが肩の筋肉に力が入っていますから肩の筋肉に力が入ることが長くなると、又、多くなると筋肉疲労は起きていき肩こりになります。

●買い物をして重いものを持つと1回や2回ではなりませんが、数回以上続けたりする動作で徐々に肩の筋肉は疲労していきリンパの流れが悪くなって老廃物が多くたまります。そうすると肩こりになります。

●買い物で重いものを持たなくても軽いものでも維持する力が働きますから、それでも筋肉疲労は起きていき肩こりになります。

●車の運転で長時間、動かないと言うよりも力が入り続けていると筋肉疲労が起きてリンパの流れが悪くなって老廃物が多く蓄積して循環が悪くなって肩こりになります。

●本を読む姿勢でも肩に力が入っていますから筋肉疲労が起きて解消できないくらいになると肩こりになります。

●洗濯する時も、洗濯自体は洗濯機がしますが、干すときに何回も腕や肩を使いますから洗濯物を干すと言う動作とつかむときの力が入ることが両方で筋肉疲労が起きてリンパの流れが悪くなって老廃物が多くたまって循環が悪くなり肩こりになります。

●掃除をする時も、掃除機を動かすときに肩に力が入りますから筋肉疲労が起きてリンパの流れが悪くなって老廃物が多くたまって循環が悪くなり肩こりになります。

●仕事でも肩を使うことが多くキーボードを打つ、鉛筆で書くことでも肩に力が入りますから筋肉疲労が起きてリンパの流れが悪くなって老廃物が多くたまって循環が悪くなり肩こりになります。

●ゲームをする時も結構、肩に力が入ります。ボタンを押したりすることも筋肉疲労が起きてリンパの流れが悪くなって老廃物が多くたまって循環が悪くなり肩こりになります。

●中学生、高校生でも重い荷物がありますから、肩を多く使っていますから筋肉疲労が起きてリンパの流れが悪くなって老廃物が多くたまって循環が悪くなり肩こりになります。

●運動する事でも連続で使うと筋肉疲労が起きてリンパの流れが悪くなって老廃物が多くたまって循環が悪くなり肩こりになります。

普通は肩を動かすことで循環が良くなります。普通は動かすことでリンパの流れが解消して老廃物も流れていきます。

僧帽筋のこりが肩こりに

 

しかし、いつも使う肩の疲労を解消することをしていません。

別に野球先勝のピッチャーのようにしろと言う事はありませんが、ピッチャーも肩を冷やしたりしています。これは筋肉疲労から起きる熱が起きるからです。

しかし冷やしていても肩に疲労はたまっていると言われます。

そして野球選手は終わったあとトレーナーさんにマッサージしてもらいます。しかし、これでもコントロールが定まらないことがあります。

別にボールを投げないでも筋肉疲労は日常的に起きています。

ですから周りに筋肉疲労を起こすことが多くあって、生活でも肩を良く使いますから、肩を使うと筋肉疲労が起きやすい方と起きにくい方がいると言う事にわかれます。

筋肉疲労が起きやすく肩こりになりやすい方は、肩の筋肉が弱い方です。

肩の筋肉が弱いと筋肉疲労が起きやすく何をしても疲れやストレスが筋肉にたまります。

筋肉に疲れやストレスがたまると筋肉が疲れを蓄積していき疲労していきます。これが肩こりです。

筋肉が疲れてくると疲労になります。

肩こりを起こしている筋肉疲労は湿布を貼っても一時的に楽になることもあります。

肩こりをおこしている筋肉疲労は低周波治療器や電器をしても一時的に楽になることもあります。

肩こりを起こしている筋肉疲労はマッサージをしても一時的に楽になることもあります。

肩こりを感じている筋肉疲労は注射を打っても一時的に楽になることもあります。

しかし肩こりは筋肉疲労だけで起きていることはありません。

肩こりを楽になることと、肩こりを改善する、肩こりを直すことは違います。

歪みやズレも関係します。

肩こりは筋肉だけではなく骨盤の歪み、背骨のズレも深く関係しています。

骨盤の歪みやズレは体に蓄積した疲れやストレスが原因です。

体にたまる疲れやストレスも多く蓄積すればするほど歪みやズレになります。

歪みやズレが起きれば筋肉も引っ張られて緊張したりします、これが肩こりになることもあります。

筋肉は骨から骨へ付着していますから骨が歪みを起せば筋肉も引っ張られていきます。

肩こりと言っても筋肉の場合から起きる肩こりもあれば、歪みやズレから起きる肩こりもあります。

どちらかは検査することで確認しながら改善していきます。

 

北九州市で肩こりを楽にするならカイロプラクティック徳力整体院。当院では「北九州 肩こり」や「北九州市 肩こり」などの検索でも人気があります。

2018年01月05日

小顔矯正

得意な小顔矯正

人気がある小顔矯正

当院は30年の小顔矯正でボキボキしない痛くない小顔矯正をしています。

当院の小顔矯正は初回から顔が小さくなっていきますが、小顔矯正も一度で終わる小顔矯正はありません。

それには意味があります。

小顔矯正をする時には検査する事をしていますが、ただ、顔を小さくすれば良いと言う訳ではありません。

最近は、小顔矯正を希望されて訪れる方が多くいますが、検査してみると体調が悪い方が多くいます。

というか、ほとんどの方が体調が悪いです。

体調の悪さと言うのは自分で感じている、感じていないに関わらず、小顔矯正をするときの影響があります。

小顔矯正を希望してきた方も『自分では体調が良いと思っていました」と言う方までいましたが、検査してみると骨盤の歪みは大きく背骨もガタガタして歪みが大きくありました。

顔の変形、浮腫みも多くあるのに、体調が良い訳ありません。目の下にクマまでありました。

体調が小顔矯正に影響

顔が変形している方、体調が悪いです。痛みやコリがなくても。

輪郭が変形している方は、体調が悪いです。痛みやコリがなくても。

骨盤の歪みがある方は体調を落としています。体調の程度があります。

背骨がガタガタ歪みを起こしている方も調子を落としています。

風邪を引いて寝込んでいるだけが体調が悪い訳ではありません。

体調の悪さと言うのは疲れやストレスの蓄積です。

疲れやストレスが多くなれば多くなるほど、歪みは起こります。

疲れやストレスが多くなるとリンパの流れも停滞していき老廃物が多く蓄積していきます。

小顔矯正をする時に体調が重要になるのは、疲れやストレスの蓄積が多くても症状や痛みやコリとしてだけで起きるものではないからです。

自分の体なのに体調が悪いと言う事がどう言うことなのか、わからない方もいます。

体調が悪いと言うことは内臓の働きも低下させていきます。

内臓の働きが低下すると生理痛、生理不順、便秘、下痢、胃の持たれ、胃炎、肩こり、腰痛、膝の痛み、眠りが浅い、イライラする、など簡単に挙げらせるものが多くあります。

どんなに名医が小顔矯正をしても顔だけ小顔矯正をしても持続する力がありません。

自分で感じないからと言って体調が良いと思わないで下さい。検査は正確にしていますから嘘は言いません。

小顔矯正をしても眠りが浅いと

小顔矯正をしても体調が悪いと言うことは説明しましたが最近は多くの方が眠れていません。

ただ、横になってスースー寝息を立てていれば寝ているのかと言うと違います

夢を見ている方も寝ています。

いびきをかいている方も寝ています。

無呼吸の方も寝ています。

寝ているだけであって、眠れていると言う訳ではありません。脳から眠ることが眠りです。熟睡とも言います。

眠れていないことも多くの方が考えていません。眠りが出来ていない方、寝ているけど眠りが浅い方が異常に多くいます。

夜に寝たら朝まで目が覚めないから寝ていると思わないで。

眠りと言うのは、そんなものではありません。眠りが出来ていないと大変ことが進行していきますが進行してきている本人はわかりません。

眠りが浅い方は、認知障害、痴ほう、精神を悪くしていきます。脳梗塞や心筋梗塞が完成してしまいます。

病気は完成するか、完成まじかで数値の異常が出ます。それまでは水面下で検査しても分かりません。

眠りが浅いと脳細胞の減少が急速になります。

年齢に関係なく進行していき若い方ほど進行が速くなります。

小顔矯正をする時に眠りも深く関係しています。眠りが浅いと脳疲労が強くなりますから、小顔矯正で顔を小さくしても立った瞬間に崩れていくからです。

どんなに良い小顔矯正をしても小顔矯正をしたあとに、戻っていきます。

現代に体調からあげていく事ができる施術はありません。

一番、難しいのが体調を上げる事です。

マッサージしても体調を上げることはできません。

点滴をしても注射を打っても体調は上がることはありません。

低周波治療器や電器をしても体調は上がりません。

サプリメントを飲んでも体調は上がりません。

焼肉を食べても体調は上がりません。

ウナギを食べても体調は上がりません。

このように体調を上げるということは簡単ではありません。

当院では体調も上げていく施術をしています。

小顔矯正をする時に初回は体調をあげて行くよりも小顔になることを知ってもらうようにしていますから体調優先よりも顔を小さくしていきます。

本当は体調を上げることで顔を触らなくても小さくすることができます。

体の歪みを整えていくと顔が小さくなります。

骨盤の歪みを矯正すると顔が小さくなります。

背骨のズレを整えると顔が小さくなります。

内臓の働きを上げると顔が小さくなります。

顔を触って揉んでいくと顔が小さくなります。

体質改善で体を直していくと顔が小さくなります(初回からできません)

当院の小顔矯正は超がつくくらい特殊です。

 

北九州市で小顔矯正なら経験豊富な徳力整体院。

2017年12月27日

腰痛

腰痛

腰痛を楽にしていく為には

腰痛を楽にしていく為には一般の方も腰痛をよく知ることが大切です。
と言うのも腰痛には原因があるからです。

腰痛が起きる原因をしることが一番、重要です。
腰痛と言うとただ、腰が痛いと言う感じが全面に出てしまって、痛みさえ良くなれば良いと思う方が多くいます。

急激に起きる腰痛は、しばらくするとおさまります。

特にギックリ腰は急激な痛みが伴いますが、多くのギックリ腰は一時的です。
脚のネンザと同じように、腰も関節があって腰で起きるネンザが急性腰痛(ギックリ腰)です。

ですから何よりも安静をして休養を取っていれば3日から5日くらいで収まってきます。
急性腰痛(ギックリ腰)は足首のネンザや手首のネンザと同じです。

一過性で強い痛みが起きてしまうので、立つことも体を支えることも不可能になります。
動くたびに腰が痛くなります。

しかし急性期さえ過ぎてしまえば、少しずつ動けるようになります。
その時に慢性化して腰の痛みがある方と慢性状態にならないで楽になる方がいます。

慢性期になると、ずーと腰が悪く感じます。このことから生まれた言葉が腰痛もちです。
何をしても慢性期になると時々、腰の痛みを感じてしまいます。
良い時もあれば、悪い時もあります。

腰の痛みを繰り返しやすく長期間に腰が悪くなっていきます。つまり進行していきます。
腰痛と言うのは腰だけで起きているものではありませんから、形が違って疲れやすいとか、

さらに形が違って出てきます。

いつでも腰痛や腰の痛みは進行途中ですから。

腰痛と言うと湿布を貼ったりしても楽になることもあります。

腰痛に効果があると言うサプリメントを飲んでも有効かも知れません。

腰痛はマッサージしても改善するかも知れません。

腰痛は病院で注射を打っても効果がある時もあります。

低周波治療器や電器をしても腰痛は楽になることもあります。

しかし

すべて骨盤の歪みや原因は無視されています。

原因なんか関係なく楽にしていく方法を対症療法といいます。

対症療法ばかりしていても原因はありますから原因は進んでいきます。

原因と言うのは骨盤の歪みを起こしたものです。

腰痛と言うと必ず骨盤の歪みを伴います。

骨盤の歪みがないのに起きる腰痛はありません。

例えば

湿布を貼っても、骨盤の歪みは変わりません。

サプリメントを飲んでも、骨盤の歪みには影響ありません。

注射を打っても、骨盤の歪みがあります。

低周波治療器や電器をしても、骨盤の歪みは残ったままになっています。

マッサージをしても、骨盤の歪みが残ります。

腰痛は骨盤の歪みから

骨盤の歪みが腰痛に、多大な影響を与えますが、姿勢で骨盤は歪んだりすることはありません。

どうして骨盤の歪みが起きるのか??

なぜと言う理由があります。

腰痛と言うと骨盤の歪みと言う構図になりますが、骨盤も歪みが起きる原因があると歪んでしまいます。

一般的に腰痛と言うと、

思いものを持ったりすることで腰を痛めて腰痛になったり。

同じ姿勢でいると腰が痛くなったり。

靴下を履こうとして腰が痛くなったり。

寝て朝、起きたら、いつも腰が痛い。

くしゃみをしただけで腰が痛い。

寝具が悪いとか枕が悪いとか考えますが、寝具やまくらはあまり関係がないと思います。

長く使用していれば変えることをお勧めしますが、フカフカの方が良いからです。

ですから良い布団、と言うのはあまりなく、効果があると言う宣伝をしていますが、ヘタっていれば交換をしてみて下さい。

始めは良い感じがするかもしれません。

骨盤の歪みは

骨盤の歪みが起きるのは日常的にたまるものが原因です。

日常的にたまるものとは疲れやストレスです。

疲れやストレスと言うのは感じていなくてもあります。

仕事をしても生活しても疲れやストレスはうまれます。

食事しても内臓が働いて疲れやストレスは内臓疲労になります。

おいしいものを食べても内臓に疲れやストレスが多くなり内臓は弱っていきます。

空気を吸う事でも、汚れた空気、タバコ、排気ガス、PM2.5を吸うと、肺は弱っていきます。

アルコールを飲むと、どれくらいアルコールを分解するのに疲れやストレスがたまるのか。

焼肉を食べても脂分で疲れやストレスはおおくなります。

内臓は機械ではありません。
機械は疲れやストレスを知りませんが壊れることがあります。
この機械が壊れることが人の体で言えば内臓疲労です。

この内臓疲労から骨盤の歪みが起きています。

骨盤の歪みが起きると腰痛になりやすくなります。

人の体は生きているだけで、知らない間に色々働いてくれています。

体温調節やホルモンバランスにのコントロールに限らず。

呼吸することも多くのエネルギーを使います。

何もしなくても体力が使っています。

体力を消費してしまうと体は歪みを起こしていきます。

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院は腰痛を改善します。

 

2017年12月18日

頭痛

頭痛を楽にしていく為には

頭痛

頭痛と言うと頭痛薬を使うことが多く見受けられますが頭痛薬は一時的に抑える事です。

頭痛を治している訳ではなく、その時の頭痛を一時的に楽にすることが頭痛薬です。

頭痛が起きやすい方、頭痛持ちの方、いつも頭痛に悩まされている方、頭痛になりやすい方は、頭痛の原因があります。

頭痛薬などの痛み止めを使うことは構いませんが、どうして頭痛が起きるのか原因を考えて下さい。

必ずどこかに頭痛になる原因があります。

何も原因がなくて頭痛になることはありません。

何かの原因があるから頭痛になっている訳です。

何かの原因を見つけることもなく、痛み止めを服用して楽になるからと言って安心していいのか、と言う事があります。

頭痛薬は一時的な痛みを解消するのが目的です。

頭痛薬を使うと数時間や数分で楽になりますが、一時抑えばかりしていると原因もいつまでもそのままではありません。

一度、起きた頭痛の原因があると、頭痛を感じない時でも原因は進行していきます。

進行した物は大きくなって帰ってきます。

頭痛としてではなく形を変えて出てきます。

頭痛が起きる時には

頭痛が起きる時には、最近の方は眠りの問題を抱えている時が多くあります。

眠りと言うのは、ただ寝ていれば良いと言う訳ではなく、脳から寝ているのか、と言う事です。

脳が寝ることが眠りです。

眠りが浅いと気が付かないで脳が弱っています。

夜に寝たら朝まで、目が覚めないから自分は違うと思っていませんか???

本当に、そうでしょうか???

夜に寝たら、夢ばかり見たりしていませんか??

夜に寝たら、寝ながら考え事をしている睡眠をしていませんか!!!!

最近は睡眠負債という言葉があるように多くの方が寝ているから気が付いていませんが寝ながら考え事をしている睡眠をしています。

寝ながら考え事をしている睡眠と言うのは最悪な睡眠です。

多くの方が寝ながら考え事をしている睡眠をしていますが、この睡眠は目が覚めた瞬間に忘れてしまいます。

そのため自分で気が付かないで睡眠負債になっています。

睡眠負債になると無呼吸も起こりやすくなります。

睡眠負債

睡眠負債に一度なると自力では解消することはありません。人は寝だめできませんから。

睡眠負債が多くなると自分でも気が付かないで脳の疲労が進んでいきます。

脳疲労が脳衰弱になって脳細胞の減少を招きます。

脳細胞の減少を招いていくと脳せき髄液も減少したり汚れていきます。

大変なことが徐々に時間をかけながら進行していきます。

睡眠負債の方は脳細胞の減少を急速に加速させながら悪くなっていきます。

悪さも痛みやコリが強くなる方と感じなくなる方がいます。

感じなくなる方は認知症、痴ほうになりやすく進行途中です。

また、脳梗塞や心筋梗塞になります。

なってしまわないとわからないでは済みません。

なる前に異常を検知しなければなりませんが、その検知する機械が故障しているような状態では手奥れになります。

脳は痛みやコリを感じなければなりません。しかし睡眠負債や脳疲労が強く起きていると感じません。

自分の体は自分が一番、良く知っていると思う事が大切です。

しかし睡眠負債があるとかんじにくいくなります、寒さや暑さも感じにくくなります。

温感のマヒが起こりますからダイレクトに感じません。

いっぱいいっぱいで感じています。

 

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院は30年で頭痛を楽にしています。

2017年12月11日

カイロプラクティック

  • はてなブックマークに追加
  • 北九州市でカイロプラクティックの矯正で歪みを整えて痛みやコリを楽に腰痛、肩こり、生理痛、便秘、首の痛みと首のこり、膝の痛み、などを解消する徳力整体院
カイロプラクティック

カイロプラクティック

カイロプラクティックと言うのは痛みやコリの原因は歪みやズレから起きていると言う理論のもとに歪みを矯正することをする治療法です。

多くの痛みやコリの原因は歪みから起きています。

しかし歪みを矯正しなくても痛みやコリは楽になります。

しかし楽にすることと、直すことは違います。

楽にする治療法は色々ありますが、

湿布を貼ったりしても炎症から起きている痛みやコリは楽になります。しかし、どうして炎症が起きていたのか、と言うことは関係なくですが。多くの痛みやコリは炎症を伴っています。この炎症さえ押さえてしまえば楽になることはあります。しかし原因を残したままです。

病院で注射を打っても痛みやコリが楽になります。注射を打つことは原因を探すこともなく痛み止めをしています。痛みやコリが起きるときには原因があります。この原因を見つけることなく痛みやコリがある部分に痛み止めの処置をすることを対症療法といいます。

マッサージをしても筋肉から起きているものは楽になりますから筋肉をほぐしていくと言う事も必要な方法です。ただし筋肉だけで起きている痛みはありませんが、コリはあります。

多くの治療院で使用している低周波治療器や電器をしても楽になることもあります。低周波治療器はプラスからマイナスへ低電気を流して刺激して運動と同じことをしています。自動運動ではなく他動運動ですが。他動運動とは電気で動かされる運動のことです。筋肉を刺激して動かすとリンパの流れは解消して老廃物が流れていきます。循環はしている時だけ良くなりますが筋肉疲労が多くなります。

整体院やカイロプラクティック院でボキボキしても楽になりますがボキボキしても、どうして歪みやズレが起きたのか、と言う事まで考えていませんし見ていません。

カイロプラクティックの治療とは

当院のカイロプラクティックの治療はボキボキしない痛くない矯正をしています。

カイロプラクティックの矯正と言うとボキボキしたりすることが多くありますがボキボキしても本当の意味での背骨の矯正はできていません。

ボキボキ音と言うのは気泡の音です。

体に疲れやストレスがたまると背骨の歪みが起きて、歪みが起きると椎間板の中にも泡が多くなっていきます。

この泡が多くなる時に、泡が弾ける音がボキボキ音です。

本当の背骨のズレは、この先にあるものの時に言います。

この背骨のズレは2通りのズレがあるとしたら手前の問題のズレになりますから、本当のズレは奥のズレになりますから、本態性のズレになります。

ズレには一過性のズレと本態性のズレがあります。

一過性のズレ

一過性のズレは、体調で起こります。その時の体調で違いがあります。

体調が落ちていれば歪みやズレはひどくなっていきます。

しかし体調と言うのは症状を感じていなくても落ちて悪くなっていることもありますから痛みやコリ、だるさなどの症状を感じていないからと言って体調が良いとは限りません。

体調が悪い、体調が落ちていると言うのは

疲れの蓄積が多くなってきた時です。

ストレスの蓄積が増えてきた時です。

骨盤の歪みが大きくなってきた時です。

背骨のズレが大きくなってきた時です。

リンパの流れが停滞して老廃物が多くたまっていっている時です。

循環も悪くなっています。

内臓の働きも低下しています。

これらが一つではなく、いくつかの重なりで起きています。

この時に感じる痛みやコリが一過性の背骨のズレで起きています。

本態性のズレ

本態性のズレが遺伝子が関係しているズレです。生まれつきあるズレになります。

家系的なズレであり、親からもらう遺伝子に関係しているものですが、これが先将来の病気につながります。

親が糖尿病になっていれば、子供や孫は糖尿病に進行していきながら、なる前にアレルギーやアトピー、乾燥肌、下痢をしやすい、などを起こしています。

親が肝臓の病気を持っていれば、子供や孫も肝臓の病気として進行していきながら進行途中でアレルギー、アレルギー性鼻炎、花粉症、膝の痛み、外反母趾などを起こしています。

病気になると言っている訳ではなく、あくまでもなる確率です。誤解のないように。

しかし病気にならないまでも、親と同じ内臓が弱いことには間違いありません。

これを少しずつでも変えていく事ができるのが体質改善の治療です。

簡単に変わる体質改善はありません。

何かのサプリメントを飲んでも、体質は変わりません。

何かのクリームを塗っても体質は変わりません。

食べ物で体質は変わることはありません。

体質と言うのを、しっかり考えて下さい。

遺伝子が簡単に変わることはありません。

体質=遺伝子です。

体質=家系的な弱さです。

体質=その人自身です。

体質=先将来、病気になりそうな所です。

おおもとは遺伝的に弱い部分に疲れやストレスがたまって年齢以上に悪くしたものが病気になります。

親からもらった遺伝子に弱さがあります。

親が弱い所が子供や孫も弱いことになります。

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから腰痛、肩こり、生理痛、便秘、首の痛みと首のこり、膝の痛みはカイロプラクティック徳力整体院。

2017年11月21日

肩こり

  • はてなブックマークに追加
  • 肩こりを楽にしていく為には肩こりを楽にしたら原因から解消していくこと北九州市で小倉南区、小倉北区、八幡東区、八幡西区、戸畑区、門司区、若松区、行橋市、下関市などから徳力整体院
肩こり

肩こりを楽にしていくには

肩こりと言うと筋肉のコリや緊張と言うイメージが強い為に筋肉ばかりに注目して楽にする事ばかりしています。

肩こりは筋肉も筋肉疲労が起きているとコリを感じてしまいます。

いつも使っている肩の筋肉ですから筋肉疲労が起きてくると肩こりになります。

筋肉疲労は

仕事で肩を使っているから肩こりになりやすい。

重いものを持ったりすることが多いから肩こりになりやすい。

同じ姿勢でいつもいるから肩こりになる。

洋裁、和裁をして細かい仕事をしているから肩こりになる。

いつも肩に力が入っている感じだから、いつも肩が凝っている肩こり。

色々な肩こりがありますが、筋肉も使いすぎたりすると疲労してリンパの流れが悪くなって緊張や固くなります。筋肉疲労が起きるとリンパの流れが停滞して老廃物が多くたまります。

しかし筋肉疲労が長くなると、それだけでは済みません。

筋肉疲労が長くなると、また、疲労が多くなると筋肉も老化していきます。

筋肉が老化していくと固くなっていきますから固くなると筋肉の中や周辺も固くなります。筋肉だけでは済みません。

その筋肉自体だけではなく周辺も巻き込みながら固くなりますから神経や血管もリンパ管も固くなります。

固くなったものは老化ですから、いくら揉んでも柔らかくはなりません。

何をしても一時的に楽にする事しかできません。

肩こりは筋肉以外からも

肩こりは筋肉だけではなく筋肉以外からも起きています、つまり重なっていると言う事です。

筋肉のコリを起こしながら背骨の歪みが起きています。先に起きたのは、どちらかと言うと筋肉よりも背骨の歪みやズレです。

と言うのも筋肉は骨から骨へ付いていますから、骨が中心で歪みやズレを起したら筋肉は緊張したりコリを起こすと言う事です。

しかし例外的に筋肉が老化して固くなると筋肉は短くなりますから、短くなった分だけ背骨を引っ張ってしまいます。

背骨(頸椎。胸椎)は、何も原因がなくて歪みやズレを起こすことはありません。

背骨は中枢神経を守っています。簡単に歪んだりズレたりすると中枢系に影響が出ますから、簡単には歪みません。

姿勢でも歪みが起きることはありません。

では、どうして歪みやズレが起きるのか????

歪みやズレは

歪みやズレが起きるのは、内部の問題が大きく関係します。体の内部ですから内臓と言うと筋肉以外では、内臓しかありません。

内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です内臓の名称が出てきますが内臓の病気と言っている訳ではありません。

多くの疲れやストレスは内臓にたまっていきます。この蓄積が背骨の歪みを起こしています。

体の外的なモノよりも内部の崩れの方が大きくなります。

つまり内部破壊と言う感じです。破壊ではありませんが内部から崩れていくと言う事です。

内部からの崩れが原因で背骨が歪みを起こしています。

内臓に多くの疲れやストレスがたまっていくと体は防衛的に自分自身に知らせる為に歪みを起こして痛みやコリになっています。

痛みやコリと言うの警報メールと同じです。

しかし人は、これを簡単に考えています。

警報が鳴って知れせてくれているのにスイッチを消して音をならないようにしています。

音を消すと言う行為が

低周波治療器や電器です

多くの方が低周波治療器や電器の意味を分かっていません。

肩こりのコリさえ良くすれば良いと思っています。

他には湿布を貼ったり、マッサージをしたりすることも同じです。

原因があるのに原因を見つけることは優しいことではない為に。

原因を見つけることは簡単ではない為に。

原因をみつけることは難しい為に。

原因を見つけることができない為に。

一時しのぎばかりしていると原因もいつまでも同じままでは居てくれません。

つまり進行していくと言う事です。

肩こりとは

 

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから徳力整体院は肩こりを楽にしています。

2017年11月13日

小顔矯正

  • はてなブックマークに追加
  • 顔が小さくなることで評判の良いボキボキしない痛くない小顔矯正をしている北九州市の徳力整体院は手のみで顔を小さくしていきます。
小顔矯正が人気で評判の良い

小顔矯正が人気

当院では初めから顔が小さくなる小顔矯正をしていますが、小顔矯正も1度で終わることはありません。

と言うのも理由があります。

いくら顔を小さくできても、顔が小さくなっても体に歪みがあると全然ダメだからです。

顔さえ小さくなれば良いと思う方は良いでしょうが、人から見て見られ方が違います。

当院の小顔矯正は小顔矯正に入る前に必ず顔を触ってもらいます。

しかし、鏡でみてわかるよりも、簡単ではありませんから、大変、難しいことです。

簡単に触った方ほど、変化がわからない方もいるくらいです。

ですから触り方を指導していますが、それでも時々、わからない方がいます。

小顔矯正でかなり顔を小さくしてもわかない方はわかりません。

ですから簡単に考えないで、甘く考えないで触るようにして下さい。

この触り方ができたら、本当に顔が小さくなったのが良くわかります。

顔の触り方

顔の触り方は両方の手で顔の手のヒラを密着させて顔を触るだけなんですが、記憶する力が落ちていると小さくしても分かりません。

触り方

①アゴの所で手首の部分をつけてアゴに触ります。

②手のヒラを広げて人差し指は耳のあたりにおきます。

③小指はほほ骨の部分に当てます。

④そして、ただ手を当てる、触るだけではなく手のヒラを密着させて少し押します。

⑤最後に両方の手のヒラで浮かさないようにして左右差を感じるようにします。

これが小顔矯正の触り方です。

この時に一番肝心なのが左右差を感じるように触ることです。人の顔が左右が同じではありませんから、必ず左右差があります。

左右差を感じようと触ると脳の感覚神経が働きだします。

この脳の感覚神経を働かせて触ることが大変、難しい訳です。

顔の大きさを感じようとすることをすると顔が小さくなったのが良くわかります。

本当に鏡で見て判断するよりも難しいことです。

参考までに下の写真のように触ると言う事ですが左右差を感じようとして触ると言う事です。

小顔矯正の触り方

何回も言いますが、この触り方は簡単ではありませんので、注意しておきます。

出来たら当院に来る前に練習してきてもらうとやりやすくなります。

小顔矯正に入ります

当院では小顔矯正に入る前に触り方を言いますので、小顔矯正をしたあとも同じ触り方をすると小さくなったのがわかります。

小顔矯正をする時に治療する台に上向きで寝てもらいますが、寝てから、院長がもう一度、顔を触ってもらうようにしています。

この時に院長が顔を触った手を覆うように触らしてもらいますが、さらに良くわかってもらうためにしていますから変な意味ではありません。

顔を触った手の上からさらに院長が手で触って『こういうふうに触ります」と言います。この時に「今どちらの顔が大きいですか」とか言いますから感覚神経を働かせて院長に伝えて下さい。

そして院長が2分くらい顔をマッサージして、『もう一度、触って下さい』と言いますから、もう一度、顔を触ってみると顔が少し小さくなっています。

たった2分くらいの小顔矯正をした訳ですけど、もう小さくなっています。

そしてわかったら、さらに院長が小顔矯正をして進めていきます。

小顔矯正は長くすれば良いと言う訳ではありません。一度で、変わる範囲があります。

当院の院長は基本的に20分くらいで小顔矯正をしていきますが、20分くらいの小顔矯正が一番、効果があって良い時間なんです。

約20分くらいで小顔矯正が終了したあと、もう一度、顔を触りましょう。

顔が随分小さくなっていることと思います。

体質改善で小顔矯正

当院では小顔矯正をする時に、体調で変わる小顔矯正と体質改善による小顔矯正があります。

初回からできる小顔矯正は体調を上げることで顔を小さくすることをしています。

最近は検査してみると体調がすごく悪い方が増えていますが、体調が悪い方ほど、体調の悪さを感じていません。

寝込んでいるような体調の方でも感じていなければ「体調が良いと思ってきました」と言います。

体調の悪さを感じていない方は、脳疲労が起きている方です。脳疲労は多くの方に起きていますが痛みやコリや体調の悪さを感じていないくらい脳が疲労している方がいます。

脳疲労が強く起きていると脳の弱りですから小顔矯正をしても持続する力がありません。

小顔矯正で顔を小さくしても維持する力がありません。

改善法は

そのため、体調を上げることや脳の疲労を改善することも必要になります。

体に多くの疲れやストレスがたまっていると顔を小さくしても小顔矯正ができてもキレイに見えません。

歪みやズレがあると顔を小さくしても、小顔矯正をしても自然にキレイに見えません。

当院の小顔矯正は全身からしていく事もできます。全身からしていく小顔矯正は体が細くなっていきます。

小顔矯正で顔だけではなく骨盤も小さく小尻にしていくことやウエストが細くクビレができることや、上半身が細くすることもできます。

もちろん浮腫みや脂肪も減っていきますが、一度に変わるものではありません。

 体にたまった疲れやストレスを減らすと顔が小さくなります。

 誰でもある歪みを減らすと顔が小さくなります。

 内臓の働きを上げると顔が小さくなります。

色々なことから変わる小顔矯正をトータル的にしていますが、初めは顔だけです。 

 

 

 

北九州市で小顔矯正なら徳力整体院。

2017年11月09日

骨盤矯正

  • はてなブックマークに追加
  • 人気がある骨盤矯正で骨盤が小さく小尻になる北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから徳力整体院

骨盤矯正

当院では初回から骨盤が小さくなることで人気がある骨盤矯正を北九州市でしています。

当院の骨盤矯正はボキボキもしていませんし、痛くない怖くない骨盤矯正をしています。

そして低周波治療器や電器も使うことなく手のみで骨盤を矯正して小尻にしていく事ができる骨盤矯正です。

当院では今までに多くの方の骨盤を小さくしていく事をしてきましたが当院では骨盤矯正をしていく時にも検査する事をしています。

骨盤を検査してみると色々な状況がわかってきます。

もちろん、骨盤の歪みや骨盤の開きが多くの方にあります。

逆に骨盤の歪みがない方はいませんでした。今までは。

今まで30年間で多くの方の骨盤を小尻にしてきましたが、全員と言って良いほど骨盤自体に歪みや開きがありました。

これを矯正して整えていく事をすると小尻になる方もいます。

骨盤矯正と言うのは骨盤の幅を変える事ができる治療です。

骨盤矯正で変える事ができる部分は、下の写真の部分ですが骨盤を小さくしていく為には赤い部分を変えていく事をしています。

骨盤矯正で

骨盤矯正で骨盤を小さくして行くわけですから、骨盤の幅を触っておぼえてもらう事をしています。

骨盤矯正をする前と、骨盤矯正をした後の変化が起こりますから、どれくらい小さくなったのか、わかってもらうためです。

触っておぼえることをしないと、小さくなったのがわかりません。

その為に骨盤の横を両方の手で幅をおぼえるようにさわってもらいます。

触る位置は下の写真を参考にして下さい。

 

骨盤矯正をする前に自分の手で触る所は股関節の上の位置です。

骨盤の幅を変えることができる骨盤矯正なので、骨盤の幅や大きさをおぼえておくことをしないと、小さくしても分からなければ意味がありません。

履いてきたスカートやズボンが緩く感じても手でわからなければ、それだけでも効果は半減してしまいます。

骨盤矯正に入る前に骨盤の両横を触って幅をおぼえてもらいます。

この時に両方の手のヒラを浮かさないようにして密着させて触ります。

そして少し両方の手に力を入れながら触ると幅がわかりますが、ただ、触るのではなく左右差を感じながら触ると良くわかります。

骨盤も左右の違いがあるからです。

右が大きいとか、左の一部が大きいとか、色々な骨盤があります。

おぼえたら骨盤矯正に入ります。

骨盤矯正

骨盤矯正に入るときに検査して骨盤矯正をしていきますが、院長がマッサージをするようにして骨盤を小さくしていく事ができます。

マッサージと言いましたが、マッサージではありません。

マッサージをするようにして骨盤を小さくしていく事ができます。

マッサージするようにして骨盤を揉んでいくと骨盤が小さくなっていきますが、院長が触る部分は検査して異常がある部分を見つけることができますから、異常がある部分を矯正することで骨盤を小さくしていく事ができます。

超がつくくらいの特殊な骨盤矯正ですからマッサージするみたいにして骨盤矯正をすると骨盤が小さくなって小尻になることができます。

しかし最近は体調が悪い方が多くいます。

体調が悪いと骨盤が炎症を起こしていたりハレていたりすることもあります。

骨盤が炎症やハレが起きていると骨の中などがジュクジュクしていることもあります。

骨が炎症やハレがあると骨自体が肥大して変形を起こしている方もいます。

そして中央の尾てい骨、仙骨が正式な名称ですが仙骨が炎症を起こしていると真ん中の骨なので大きくなって広がります。

これが普通では起こることはありませんが、この異常状態が起きています。

最近の体調の悪さの原因は眠りに関係しています。

夜に寝たら朝まで目が覚めないから寝ていると思っている方が多くいます。

夜に寝て、目が覚めるのが朝だから寝ていると思っている方は、検査してみると骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくあります。

そして背骨も大きくズレていますが、痛みやコリを感じていません。

これは脳疲労のせいです。

脳が弱りすぎて疲労をしているとマヒして痛みやコリを感じなくなります。

どんなに歪みやズレがあっても、普通は痛みやコリが起きている状態でも脳が感じなければ感じません。

ですから体調は良いと思っていると思います。

これだけ歪みやズレが起きていても感じる事が出来なければ脳疲労が強く起きています。

一番、厄介なのが脳疲労です。

脳疲労を解消していくのは時間がかかります。

脳疲労が強くなると脳も頭がい骨を巻き込みながら垂れ下がっていきます。

つまり脳も頭がい骨も変形していくと言う事です。

検査してみると、奈落の底のような体調の方は、該当します。

 

 

 

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから徳力整体院は骨盤矯正が人気

2017年11月06日

カイロプラクティック

  • はてなブックマークに追加
  • 北九州市でカイロプラクティックで骨盤の歪み・背骨のズレを改善するなら原因も見つけていくことをしていることでも人気がある評判の良い北九州市で小倉南区、小倉北区、八幡東区、八幡西区、戸畑区、門司、若松、行橋市、下関市などから徳力整体院。

カイロプラクティック

カイロプラクティックと言うのは骨盤の歪み・背骨のズレを改善することで痛みやこりを楽にする唯一の手技を用いて治療することができる医療です。

本当のカイロプラクティックは低周波治療器や電器などは使いません。

低周波治療器や電器を使用している治療院では低周波治療器や電器と言う意味も分からずに患者さんに使っています。

一番、簡単な方法が低周波治療器や電器をする行為です。誰でも慣れればすぐできます。

低周波治療器や電器をする時には専門知識も必要なく専門家も入りません。

あてる部分とタイマーの時間15分くらいをセットできれば誰でもできますから。

ただ充てることで痛みやこりが消える??治るから??、痛みやこりが治るから??と。

低周波治療器や電器のカイロプラクティック

低周波治療器や電器で直る?

しかし、厳密にいうと低周波治療器や電器で痛みやこりが直ることはありません。

低周波治療器は定電流の電気をプラス端子からマイナス端子へ電気を流すだけです。

電気を流すと筋肉疲労が起きていきます。良い点は電気を流すと血液の循環、リンパの流れがよくなります。しかし、一時的です。している時だけです。

しかし、低周波治療器や電器をすると人によっては長期間、良いこともあります。

長期間、痛みやこりが感じないと言う現象ですが、痛みやこりを起した原因があるのに原因を変えることなく痛みやこりを散らしてしまって良いのか??

痛みやこりの原因は骨盤の歪み・背骨のズレですが、低周波治療器や電器をしても骨盤の歪み・背骨のズレはなくなりません。

しかも、骨盤の歪み・背骨のズレを起した原因がありますから原因も、いつまでも同じままではありません。

人の体は1年に1歳、歳をとりますが、これは暦の暦ですから。

1年に1歳、歳をとる年齢とは違い、内臓年齢と言うのがあります。

そして人には弱い内臓があります。

弱い内臓と、そうでもない内臓をいうのがあります。

そうでもない内臓は痛みやこりとは無縁です。

内臓が弱い所は体質が深く関係しています。体質というのは家系的な弱さです。

家系的弱さと言うのは遺伝的です。つまり遺伝子が関係しています。

人の体は遺伝子で作られます。この遺伝子にすべての情報があります。つまり弱い内臓の情報も含まれます。

弱い内臓の遺伝子情報通り体は作られていきます。

病気になる方は、ここで決まります。これが体質です。

つまり生まれつきある弱さがあって、そこに疲れやストレスがたまることで骨盤の歪み・背骨のズレになります。

内臓に蓄積する疲れやストレスが骨盤の歪み・背骨のズレを起して痛みやこりになります。

弱い内臓は弱いから疲れやストレスをためやすくなります。疲れやストレスと言うのは最終的に内臓にたまっていっています。

体質的に肝臓が弱い方は、肝臓の病気になりやすくなります。

体質的に腎臓が弱い方が疲れやストレスを腎臓にたまてしまうと、時々、骨盤の歪み・背骨のズレが起きています。疲れやストレスの蓄積が多く長期間減らないと腎臓の病気になりやすく腎炎、腎機能障害、ネフローゼ、透析なります。

心臓が弱い方が心臓に疲れやストレスがたまると、時々、息苦しい、動悸、心臓のあたりの痛みなどが起きています。疲れやストレスが長期間、減ることないと老化が促進されて数年かけて病気になっていきます。

病気になる時も、1年や2年で細胞が変化することはなく、さらに5年、10年、15年かけながら細胞の変異があって病気になっていきます。

急速に病気になることはありません。

10年、15年かけてなっていきます。

しかも痛みやこりも、これと関係があります。

痛みやこりは病気になっていってる途中で起きているからです。しかし病院で検査しても、まだ完成していないので病気ではありません。

ですから異常なし、健康です。

でも、そんなことはありません。わからないだけです。

病院では何かの痛みやこりがあって検査しても病気として完成しないと健康です。

痛みやこりがあるのに??

痛みやこりがあるということは健康ではありません。何かの異常が起きているけど検査ではわからないと言う事です。

骨盤の歪みが起きるのも、体調と体質が関係しています。

背骨のズレが起きるのも、体調と体質が関係しています。

痛みやこりが起きるのも、体調と体質が関係しています。

体調と体質が関係しているのに、低周波治療器や電器などで散らさないで下さい。

体調と体質が関係しているのに、サプリメントで誤魔化さないで下さい。

体調と体質が関係しているのに、運動して余計に疲れやストレスを重ねないで下さい。

体調と体質が関係していると、脳まで弱って眠りが浅くなります。

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから徳力整体院のカイロプラクティックの治療

当院では検索で人気がある「北九州 カイロプラクティック」、「北九州市 カイロプラクティック」、「小倉北区 カイロプラクティック」、「小倉南区 カイロプラクティック」、「八幡東区 カイロプラクティック」、「八幡西区 カイロプラクティック」、『行橋市 カイロプラクティック』などの検索キーワードでも人気があります。

2017年09月05日

肩こり

  • はてなブックマークに追加
  • 小倉で肩こりを楽にして行くためには原因から解消しないと肩こりは感じなくなるだけです。肩こりを楽にしたら原因を改善することをしています。小倉北区と小倉南区で徳力整体院は30周年迎えました。
肩こり

肩こり

小倉地区で人気がある肩こりを楽にしたら原因を見つけることをしている当院は30周年になります。

肩こりと言うと、どうしても筋肉とばかり思う方が多くいます。しかし、筋肉だけで起きている肩こりの方は少なく筋肉のコリがどうして起きているのか、と言うことがあります。

何も原因がなくてコリを起こることはなく、何かの原因でコリを起こしていると考える方が妥当です。

肩こりというと筋肉だと思っている専門家の先生もいます。

肩こりは筋肉をほぐせば良いと思っている方や筋肉のコリだと思っている方が多いため、何も考えずに低周波治療器や電器をしたりしています。

低周波治療器や電器をすると肩こりが楽になると言うよりも、肩こりがわからなくなります。

肩こりを直すと言う事よりもコリを散らしているだけです。

電気でプラスからマイナスへ電流を流して筋肉を動かして、循環は一時的に良くなります。

循環が良くなればリンパの流れも解消します。しかし、あくまでも一時的にですが。

低周波治療器や電器は一時的なものを作っているだけです。

例えば、リンパの流れが悪くなって老廃物が多くたまっても理由があって起きています。

何も原因がなくてリンパの流れが悪くなっていたら、それこそ病気です。

しかし、体調が低下すると当然、リンパの流れは悪くなります。

体調が低下すると

体調が落ちると色々な現象が起きています。

体調が落ちると疲れやストレスが多くたまります。

体調が落ちると骨盤の歪み・背骨のズレは起こります。

体調が落ちると肩こりの原因がある方が肩こりになります。

体調が落ちても肩こりの原因のない方は肩こりにはなりません。

体調が落ちると、腰痛の原因がある方が腰痛になります。

体調が落ちると、生理痛の原因がある方が生理になると生理痛になります。

体調が落ちると、頭痛の原因がある方が、頭痛になります。

必ず、原因と体調が関係して症状、痛みやこりを起こしています。

体調と言うのは、生活している限り、誰でもあるものです。

体調の低下は、疲れやストレスの蓄積で起きています。

疲れやストレスが

疲れやストレスは肉体的な疲れやストレス、精神的な疲れやストレス、近隣との疲れやストレス、家族との疲れやストレス、夫婦間の疲れやストレスなどなど色々な疲れやストレスがあります。

疲れやストレスが肩こりを起こしている原因です。

この疲れやストレスがどこにたまるのかと言うことが肝心です。

疲れた、とか、ストレスがたまったと言いますが多くの場合、ほとんどの人は疲れやストレスのたまる場所を知りもしません。

疲れやストレスがたまる所があるから肩こりになります。

最終的に疲れやストレスがたまる場所は、内臓です。

内臓に疲れやストレスがたまると、骨盤の歪み・背骨のズレが起こります。

骨盤の歪み・背骨のズレが起きると筋肉のコリが起こります。

これが肩こりになります。

肩こりを楽にするなら肩こりの筋肉をほぐしていくことから始めていきますが、それだけではありません。

骨盤の歪み・背骨のズレも改善しないといけませんし、内臓の働きを良くする為に疲れやストレスを減らしていくことが必要になります。

ほとんどの疲れやストレスは内臓に蓄積しています。

内臓に疲れやストレスが多くたまっていくと体調が悪くなります。

内臓の働きも低下していきますが、病気の検査数値では出ません。

検査数値で出るのは、病気になってからです。

しかし、疲れやストレスが多くたまっていたり長期間、たまると内臓は老化して病気になっていきます。

疲れやストレスの蓄積度合いが内臓を病気に早めてしまします。

 

 

肩こりには原因があります。

 

小倉北区 肩こり小倉南区 肩こり、小倉 肩こりなどの検索でも人気がある徳力整体院。

2017年08月28日

小顔矯正

  • はてなブックマークに追加
  • 小顔矯正をするなら小倉北区と小倉南区から評判の良いことで知られる人気の徳力整体院。当院の小顔矯正は初回から顔が小さくなる矯正をしています。ボキボキしない痛くない手のみで顔を小さくアゴのラインをスッキリさせていきます。
小顔矯正

小顔矯正

小顔矯正をお考えなら当院が一番です。当院の小顔矯正には2通りの小顔矯正があります。

当院の小顔矯正は2通りの小顔矯正がありますが、その一つの小顔矯正は、

体調を上げると小さくなる小顔矯正

そして、もう一つは

体質改善で体を中から変えることで変わる小顔矯正です。

両方とも人気がある小顔矯正です。ボキボキもしないし痛くもない小顔矯正をしています。

当院では小顔矯正をする時に、小顔矯正をする前に、自分の手で顔の形を触って覚えてもらいます。

自分の手で変化がわかるようにしてもらう事を大切にしています。

自分の手で顔が小さくなったのが、わかるようにしています。

ですから、顔の一番、わかりやすい触り方を教えています。

顔を触る時に、何も考えずに触ると、変化がわかりません。

大きいのが小さくなったことがわかるように触ります。

自分の感覚神経を簡単に考えていると、わからない方がいます。

わからない方は、どんなに変えても分かりません。

そういう事がないように指導していますが、時々わからない方がいます。

手で小さくなったのがわかると言うことは難しいことです。特に始めて触る触り方ですから簡単ではないので簡単に分かったようにして触ることがないように。

難しいと言う事を言っています。

目で見ないで手だけで大きさを確認するのは。

しかし、これがわかると、皆さん、喜び方が違いますし、驚くようなこともあります。

鏡で見て納得するよりも手の方が実感できます。

本当に小さくなっていると言う事が。

顔を触る時に、手のヒラで顔を覆うようにして触ります。

手のヒラが浮かないようにして触るとわかりやすく、そして顔を触ったら左右の大きさを感じながら触ってみてください。

右と左、どちらが大きいですか??

どの辺が出っ張っていますか??

これを感じながら触ることが一番変化が良くわかります。

当院の小顔矯正はマッサージをする見たいにして小顔矯正をしていきます。

しかし、マッサージではありません。マッサージ感覚で顔を揉んでいくと顔が小さくなります。

くれぐれも言って置きますがマッサージではありません。

マッサージしても顔は小さくなりません。

小顔矯正をする前に、自分の顔を触っていますから、小顔矯正をしたあとに、もう一度触ってみてください。

小顔矯正をしたあとに、必ず比べてもらいます。

当院の小顔矯正は自信がある小顔矯正ですから、初回から顔の大きさが変わります。

人気の小顔矯正

小倉北区と小倉南区で小顔矯正なら当院が一番です。

2017年08月24日

腰痛

  • はてなブックマークに追加
  • 小倉北区と小倉南区で腰痛を改善するなら腰痛を楽にする事から始めて楽になったら腰痛の原因をみつけていきます小倉北区と小倉南区のからも徳力整体院
腰痛

腰痛

腰痛を楽にすることから始めていきます。

腰痛には腰の痛みを起しやすい原因が潜んでいます。

この原因があるから腰痛を繰り返しやすく、もっと先に行くと治りが悪くなったりしていきます。

そして先将来、腎臓の病気になりやすくなります。

腰痛の原因は腎臓ですから。でも今は病院で検査しても異常は出ません。

それは今は腎臓の病気ではないからです。病気ではないけど、なっていく途中で腰痛を起こしていますが、なると言う訳ではなく可能性が大きくなると言う事です。

腎臓の病気なる時も、数年から数十年かけながらなっていきます。

そんなに簡単に短気でなる病気はありませんが、病気は「未病」の状態で腰痛をおこしていきます。

「未病」と言うのは、いまだ病気にあらずです。

また言い換えると

「今は病気にあらず」と言う事で腰痛になります。

つまり同じことをしても腰痛になる方とならない方がいるのは腎臓の弱さです。

腎臓の弱さと、その時に腎臓にどれくらい疲れやストレスがたまっているのかと言う事で腰痛になるか、ならないかという事です。

弱い内臓ほど疲れやストレスがたまりやすく、疲れやストレスが多くたまると老化が促進していきます。

この最終形態が腎臓の病気です。

疲れやストレスの蓄積

腎臓に疲れやストレスが多くたまると、骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレが起こります。

疲れやストレスの蓄積で起きている歪みやズレを体調が悪いと言います。

体調が落ちている時に骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレが起こります。

骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレがある時に切っ掛けで腰痛になります。

単発で骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレがあっても痛くはありません。

切っ掛けで痛くなります。

切っ掛けとは

切っ掛けと言うのは

重いものを持ったり。

中腰をして体を起そうとした時に腰に痛みを感じたり。

何かを取ろうとして体を伸ばした時に腰が痛くなったり。

合わない靴で長く歩いたり。

同じ姿勢で腰が痛くなったり。

車の運転で腰痛になったり。

これらのことが切っ掛けです。

切っ掛けは切っ掛けであって原因ではありません。

骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレと切っ掛けの両方が揃って腰痛は起こります。

片方がかけても腰痛は起こりません。

腰痛を改善する時には

腰痛を改善する時には、炎症やハレを改善していくことから始めていきます。

ハレや炎症が収まってきたら、骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレを改善していきます。

そして腎臓疲労を取り除いて軽くしていきます。

そうすることで骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレの安定状態ができます。

それで腰痛は楽になりますが、これで腰痛が直った訳ではありません。

腎臓の老化が残っていますから体質改善の治療で腎臓を若返らせる必要があります。

腰痛を起こしているのは

小倉北区と小倉南区の腰痛を解消するなら30周年のカイロプラクティック徳力整体院。

2017年08月22日

肩こり

  • はてなブックマークに追加
  • 肩こりを改善したいなら原因から改善していくこと肩こりにはどうして起きたのか原因があります。北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから徳力整体院
肩こりを楽にしています。

肩こり

肩こりを原因から改善することをしています。肩こりと言うと筋肉と言うイメージが強いくあります。

肩こりは筋肉疲労から起きています。一度、筋肉疲労が起き出すと肩こりになりやすくなります。

肩こりを起こす筋肉は僧帽筋と言う名前の筋肉です。この僧帽筋がコリを起こした時にコリを感じて肩こりになっています。

肩こりと言うと筋肉のこりなので僧帽筋のコリが肩こりです。

しかし、どうして僧帽筋がコリを起こしているのか、と言う理由まで解消しないと、いくら筋肉だけ治療しても肩こりは、すぐに戻ります。

筋肉の疲労がたまった時には、肩を動かしたり、首を回したり、腕を動かすことで、リンパの流れ、循環も良くなりますから、循環やリンパの流れが解消すると普通のコリでしたら筋肉のコリは良くなります。

筋肉の疲労が起きて血流が悪くなると動かしたりするだけで老廃物が流れて流れることで、循環が良くなって筋肉疲労が解消していきます。

しかし筋肉疲労ではない状態でコリを起こしていると、そうはいきません。

筋肉も疲労状態が長いと筋肉の疲労では済まなくなります。筋肉の疲労が長くて多いと筋肉は固くなって老化していきます。

老化した筋肉は揉んでも一時的でしか変わりません。その時だけです。

老化した筋肉は低周波治療器をしても、一時的にしている時だけ良い感じがしますが、効果はありません。

筋肉の老化というのは、簡単なものではありませんし、変える治療はありません。

唯一、あるとしたら体質改善の治療だけです。

肩こりは筋肉以外にも

肩こりと言うと筋肉のイメージが強くありますが、筋肉もどうして起きたのか、と言うことがあります。

多くの肩こりの場合、肩こりの筋肉のコリが起きるのは背骨の歪み、首の骨のズレが原因です。

背骨や首の骨がズレを起こすと筋肉は骨から骨へ付着していますので歪みやズレを起こすことで筋肉は引っ張られるようになります。

この引っ張られたりすることがコリになり肩こりになります。

特に体調が落ちた時に歪みやズレは大きく強くなりますから、肩こりを強く感じてしまいます。

体調が良いと肩こりは軽く感じるか、肩こりがありません。

しかし体調が落ちると肩こりが繰り返します。

体調の上下が起きるのは眠りの浅さと疲れやストレスの蓄積度合いです。

眠りが浅いと、体調は落ちていきます。どん底まで落ちる方もいます。奈落まで落ちた方もいます。さらにこれ以上落ちた方もいます。当院の院長は体調を検査することができます。

体調を検査すると、どこまで落ちているのか判断できます。

体調の落ち方には限界はありません。どこまでも落ちていきます。

落ちすぎ方は、そのままではいられません。何かの異常状態が起きていきます。

以前できたことがいつの間にかできなくなっていたりすることもあります。記憶の問題やうっかりが多くなったりすることもあります。

これも進行していきます。

肩こりと言うけど

肩こりというけど本当に体が起こす症状なので、簡単には考えることはできません。

ですが肩こりを起こしている方ほど、簡単に考えています。

湿布を貼ったり、マッサージをしたり、低周波治療器や電器をしたり、病院で注射を打ったり、薬やサプリメントで肩こりを改善しようとしたり。

肩こりは体が起こす唯一のボディランゲージです。

つまり警報です。その警報に気が付かず警報のスイッチを切るばかりしていて良いのか??と言うことを考えましょう。

肩こりは体が自分に知れせる警報です。どこかに異常があるから警報が鳴っています。

しかし警報が鳴っていてもマッサージ、低周波治療器や電器などをすると警報のスイッチを切ることができます。つまり肩こりを感じなくすると言う事です。

 

肩こりには原因があります

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市、福岡市、博多、福津市、宗像市、笹栗、久山、新宮町、福岡市東区 福岡市西区、南区、飯塚市、直方市、田川市、みやこ町、などから肩こりを改善する徳力整体院。

当院では、北九州 肩こり、北九州市 肩こり、小倉南区 肩こり、小倉北区 肩こり、八幡東区 肩こり、八幡西区 肩こり、戸畑区 肩こり、行橋市 肩こりなどの検索キーワードで人気があります。

2017年08月18日

頭痛

  • はてなブックマークに追加
  • 頭痛を痛み止めなどで抑えないで原因を追及していくことをお勧めしています、北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市、福岡市、福津市、宗像市、古賀市、中津市などから徳力整体院
頭痛とは

頭痛

頭痛を楽にしていくためには頭痛の原因になっている部分から楽にして直していくことをしています。

頭痛が起きている方、頭痛を繰り返す方、頭痛薬を持ち歩く方、頭痛もちの方は原因があって頭痛になっています。

頭痛薬などの痛み止めを飲めば頭痛は良くなるかも知れませんが、いつかは効かなくなったり、頭痛ではない他の原因に進行することもあります。

頭痛というのは頭の緊張です。この頭痛が起きる緊張が、どうして起きるのか、と言う理由があります。

この理由から楽にするというよりも直していかないと「頭痛が最近、起きていない」からと言って安心はしてはいられません。

一度、起きた頭痛は頭痛が起きていない時も進行していきます。頭痛持ちの方、頭痛を繰り返す方、時々頭痛が起きる方、などは風邪でもない時に起きていれば大変なことが起きています。

その大変なことが起きているのに頭痛薬を飲んで楽になるからと思っていると「いつかは」と言うことが起きてしまいます。

頭痛は

最近の頭痛の方の原因は、睡眠負債です。

寝ているつもりでも眠りが浅いと脳疲労が日増しに強くなっていきます。

寝ている状態でも眠れていないと言う事です。

昔の睡眠不足の方は、寝つきが悪い、夜中に目を覚ます、一度目が覚めたら眠れない、寝始めが悪いなどと言う事でしたが、最近の睡眠負債の方は違います。

寝ているから、わからないと思いますが、夢ばかり見ると言うよりも、寝ながら考え事をしています。

両方とも眠りが浅い睡眠ですが、夢の方が、まだ寝ています。寝ていると言っても浅い睡眠には違いありません。

レム睡眠

眠りが浅い睡眠です。夢を見ることも多くありますが多くの方は起きた瞬間に夢を見ていたと言う記憶があります。

しかし寝ながら考え事をしていたと言う睡眠は、もっと浅く寝ています。妄想と同じような感じで寝が浅く脳が寝ていません。

脳が寝ていないと内臓も休めません。特に寝る前に食べると消化途中ですから、内臓が休めないと言うことは脳も休めません。

脳が休めないのに深く眠ることができる訳ありません。

この時に脳疲労が強くなっていき内臓疲労も極端に強く落ちていきますから体調がすごく悪くなります。

痛みやこりが起きる方もいますが、脳疲労が強くなるとエンドルフィン、エンケファリン、βーエンドルフィンというホルモンがでてきますから痛みやこりが感じなくなります。

エンドルフィン、エンケファリン、βーエンドルフィンはモルヒネににた成分なので鈍感になります。

しかし特別、限界を超えたものだけ痛みやこりとしてでてきます。

それが頭痛としておきていることもあります。

当院では検査することができます

当院の院長は検査することで、脳がどうなっているのか検査することができます。

脳が弱っているのか??

脳が緊張しているのか??

髄膜は??

頭の骨の頭蓋骨は??

体調は??

骨盤の歪み・背骨のズレの状態は??

という検査を頭痛の方も行う必要があります。

すれはすべてが頭痛の問題につながるからです。

 

頭痛の原因

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから頭痛を楽にして為に。

当院では福岡市 頭痛、北九州市 頭痛、小倉南区 頭痛、小倉北区 頭痛、八幡東区 頭痛、八幡西区 頭痛、戸畑区 頭痛、若松区 頭痛、門司区 頭痛、飯塚市 頭痛、直方市 頭痛、下関市 頭痛、宗像市 頭痛、中津市 頭痛、博多区 頭痛、筑紫野市 頭痛、糟屋郡 頭痛、などの検索キーワードで人気がある頭痛が楽になる治療をしています。

2017年08月16日

肩こり

  • はてなブックマークに追加
  • 北九州で肩こりを改善するなら肩こりを楽にしたら肩こりの原因になっているものから減らしていく北九州市で小倉南区、小倉北区、八幡東区、八幡西区、戸畑区、門司区、若松区、行橋市、下関市などから徳力整体院
肩こり

肩こり

肩こりを改善していくなら肩こりを楽にしたら、普通はそこで肩こりが治ったと言いますが、それでは肩こりが治ったことにはなりません。

肩こりを楽にすることは楽にすることと言いますから、湿布を貼っても、低周波治療器や電器をしたり、マッサージをしたり、ボキボキしたり、注射を打っても、サプリメントを飲んでも楽にすることはできますが楽にしても原因は残ったままになっています。

肩こりには肩こりを起こしている原因が存在しています。

その原因を直すことなく原因を減らすことなく筋肉のコリだけ改善するという事ばかりしていると原因もいつまでも同じままではないと言う事です。

肩こりを楽にする方法は色々ありますが、

湿布を貼っても肩こりは楽になることはあります。

肩を揉んでもらって肩こりは楽になることもあります。

どこかの治療院で低周波治療器や電器をしても肩こりは楽に感じることもあります。

しかし、肩こりを楽にすることはできても、肩こりの原因は??

肩こりがどうして起きたのかと言うことは??

どうして肩こりが起きているのか、体に何かの異常があるのか??

と言うことまで関係してみないと肩こりは、他に原因が潜んでいます。

肩こりには原因が

肩こりには原因が関係して起きています。

何も原因がないのに肩こりが起きることはありません。

実は、痛みやこりと言うのは体が起こす異常です。

何かの異常が起きているから痛みやこりになっています。

この異常を見つけることは大変難しく見つけることができません。

異常を見つける病院でも病気にならないとわかりませんし、検査しても検査は病気になっているかと言う検査ですから病気になっていないと陽性反応も出ませんし、自分で異常があると訴えても、病気にならないと検査しても分かりません。

病気になるまで待つしかないので異常なしと言う事になります。

肩こりや腰痛でも何かの異常があると言うことを体が知らせてくれています。

筋肉のコリだけで、いつも肩こりが起きたりすることはありません。

使いコリでしたら、筋肉疲労なので湿布を貼ったりすると改善しています。また、肩や腕を回したり動かすと筋肉の疲労は循環が良くなって解消しています。

肩こりと言うと

肩こりと言うと筋肉に対して揉んだり、マッサージをしたり、低周波治療器や電器をすることでも楽になったように装うことができる為、こればかりしていることが多くあります。

しかし、何回も言いますが、筋肉だけでは肩こりの原因を変える事はできません。

肩こりがどうして起きるのか??と言う理由を突き止めないと。

肩こりが起きる原因!!

どうして肩こりが起きるのか??

なぜ肩こりになるのか??

姿勢が悪いから??

猫背だから??

いつも肩の筋肉ばかり使っているから??

これらをいつも考えながら肩こりの肩を治療していると、ある部分の反応が出てきます。

それは内臓です。

内臓といっても病気ではありません。

内臓と言うと誰でも病気??と思うと思うますが、当院で言う内臓とは内臓疲労です。

普通に疲れやストレスがたまると言いますが、この疲れやストレスが最終的に蓄積する場所が肩こりの原因です。

もちろん筋肉疲労と言うことも起こりますが、内臓の疲労の方がかなり多くたまります。

内臓疲労が多く蓄積していくと体の中から崩れてきて骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレになります。

内臓疲労は全身の筋肉やじん帯のバランスが悪くなります。

この筋肉バランスが骨格の崩れを起こして骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレが起こります。

骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレが起きると筋肉もさらにコリを起こしていきます。

これが肩こりになります。

当院の治療は肩こりの筋肉をほぐして、骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレを整えて内臓に蓄積した疲れやストレスを減らしていくことをしています。

 

肩こりを改善

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから徳力整体院は肩こりを改善することをしています。

2017年08月14日

小顔矯正

  • はてなブックマークに追加
  • 小顔矯正で小顔になるなら当院が一番の小顔への近道です。しかも効果も一番です。小顔矯正をしていくときにボキボキしない痛くない小顔矯正をしています北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから徳力整体院
小顔矯正

小顔矯正

当院では他とは違う小顔矯正をしています。電気や機械は一切使いません。手のみで顔の形を整えて小顔にしていくことができる小顔矯正をしています。

当院の小顔矯正は他ではマネできない小顔矯正をしているのが特徴です。

小顔矯正をする時に手のみで小顔にしていくと言いましたが、電気や機械を使うことなくしていく小顔矯正が一番、難しい小顔矯正です。

小顔矯正をしていくときに電気や機械任せにしません。

手の技術力があるから電気や機械を使わないでも小顔矯正の効果があります。

手だけの技術で、機械に頼ることなくしていくことは、専門家の先生でも大変、難しく誰でもできる小顔矯正ではありません。

当院の院長がしているから簡単にしていますが、簡単な技術ではありません。

できる人がしているから簡単そうに見えます。

小顔矯正をする時に

ボキボキもしない顔を押さえつけたりすることもない小顔矯正をしていますが、電気や機械は使いません。

本当に手ひとつで小顔にしていきます。

当院の小顔矯正は顔を揉むようにして小顔矯正をしていきます。しかし、マッサージではありません。

見た目見てマッサージをしているようにみえますが、マッサージではありません。

小顔矯正をする時に、顔を揉んでいきます。

特にアゴのラインの部分や輪郭をマッサージするようにして小顔にしていきます。

そうすることで本当にアゴのラインがスッキリして細くなっていきます。

小顔矯正の治療は

当院の小顔矯正は矯正ではなく治療の分野です。

多くの方の小顔矯正をするときに顔を見てきましたが、今まで一人として顔に異常がない方はいませんでした。

顔を検査することで判断できますから、この検査がいかに特殊な検査かわかります。

小顔矯正をしていくときに院長の手が止まって揉んでいる時には、その部分が悪い部分です。

悪い部分を触ると細く引き締まっていきます。

細く引き締めるためには検査することをしないとわかりません。

しかし検査して異常がある部分を治療をしていくことができる小顔矯正ですから安心安全で痛くない怖くない小顔矯正ができます。

本当に院長の小顔矯正はマッサージしているような感覚ですし、顔を揉んでいるだけですけど、高度な技術に裏付けされた小顔矯正です。

顔の異常がある部分が減ってくると、顔が小さくなって引き締まっていきますから、引き締まると顔を小さくなります。

体質改善で小顔矯正

当院には体質改善という治療があります。この体質改善の治療は体を中から若返らせることができる雄一の治療です。

小顔矯正といっても体の中から変える事ができれば持続効果が上がります。

特に小顔矯正にはとっておきの治療が体質改善、アンチエイジング、若返りの施術という治療です。

小顔矯正の治療は

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから徳力整体院は人気がある小顔矯正をしています。

2017年08月07日

肩こり

  • はてなブックマークに追加
  • 肩こりを楽にしていくためには筋肉のコリからほぐして歪みも改善することをしています。コリのも原因があるから筋肉のコリになっています北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから徳力整体院

肩こり

肩こりには肩こりが起きる理由が体にあるから肩こりになります。

普通は肩こりというと筋肉のコリと言うことが多いんですが、それ以外も肩こりになる原因があります。

肩こりと言うと代表的なものは筋肉のコリです。この筋肉というのは僧帽筋という筋肉なのでこの僧帽筋からほぐしていくことをしています。

肩こりは僧帽筋のコリから

上のイラストが僧帽筋と言う筋肉ですが、僧帽筋は首から肩から背中まである大きな筋肉ですから肩こりと同時に首のコリや首の痛みが起きるのは、この大きな筋肉のせいです。

そして肩こりが強く起きる時には体調も同時に落ちていますから、気分まで悪くなったり、頭まで痛くなったり、体が重くなったりすることもあります。

肩こりには原因が

肩こりには筋肉のコリ以外にも原因がある場合が多くあります。

肩こりを起こしている主なものは、筋肉、循環、リンパの流れ、老廃物、背骨の歪み、背骨のズレ、内臓の働きの低下、です。

例えば、筋肉のコリが、どうして起きるのか??

どうして循環が悪くなるのか??

どうしてリンパの流れが悪くなるのか??

どうして老廃物がたまるのか??

どうして背骨の歪みやズレが起きるのか??

どうして内臓が肩こりに関係するのか??

すべてに理由があります。

この理由の為に肩こりが起こります。

人それぞれで違う肩こりの原因があります。しかし、ある程度は肩こりというと「これが原因」というものがあります。

この肩こりの原因は、普通一般的に言われている肩こりの原因と違います。

普通一般に言われている肩こりは、表面上の肩こりの理由です。

本当の原因ではありません。

肩こりの原因がわからないから肩をもんだり、低周波治療器や電器をしたり、湿布を貼ったりすることをしています。

確かに、これらも肩こりを楽にすることはできるかも知れません。

肩こりを楽にすることは一時的なものになる場合が多く、肩こりを感じない時も肩こりを起こした原因は進行していくからです。

この奥底で潜んでいる原因から変えていくことをしないと、いつの間にか、と言う事が起こります。

肩こりも原因がなくて肩こりになることはありません。いつも使っている肩ですが、そんなに簡単にコリを起こしていたら大変です。

肩以上に良く使っている足などは歩くたびにコリを起こすことはありません。

歩きすぎて、体重を支えている足なのに「コリ」を起こすことはあまりありません。

足よりは細いですが、手の筋肉もやわではありません。

しかし、何かの理由があるからコリを起こす事もあります。

肩こりは

肩こりというと筋肉のコリなので、この僧帽筋を柔らかくしていきます。

僧帽筋がほぐれてきたら、その先の歪みやズレが見えてきますから、それを検査することで確認して、背骨の歪みやズレを改善することをしていきます。

一つずつ改善しないと検査をしても分かりません。

しかし歪みも、どうして歪みが起きたのか、歪みが起きた原因があります。

この原因まで、つきつめて改善しないと肩こりは戻りやすくなりますし、原因もいつまでも同じままではありません。

原因も進行していきますから原因をみつけて解消することをしないと肩こりを感じなくても原因は進行していきます。

多くの肩こりの方の場合、最終的な原因は筋肉ではなく内臓疲労が原因です。

内臓に疲れやストレスがたまると背骨の歪み、ズレになります。

背骨の歪みやズレが筋肉の緊張とコリを起こしていきます。

一番、肩こりに関係する内臓は心臓、肺、横隔膜、肝臓、胃です。

病気ではありません。

内臓疲労から体の歪み、ズレが起こります。

内臓疲労から骨盤の歪み、背骨の歪みになります。

歪みが起きれば筋肉は骨から骨へついていますから歪んだことで筋肉が引っ張られたり緊張したり緩んだりして筋肉のコリになります。

これが肩こりです。

 

内臓疲労が肩こりの原因

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから肩こりを楽にしていくことをしています。

当院は検索でも北九州 肩こり、北九州市 肩こり、小倉北区 肩こり、小倉南区 肩こり、八幡東区 肩こり、八幡西区 肩こり、戸畑区 肩こり、門司区 肩こり、若松区 肩こり、行橋市 肩こりなどのキーワードでも上位に表示されています。

 

2017年08月04日

小顔矯正

  • はてなブックマークに追加
  • 当院の小顔矯正は特徴がある人気で評判の良い小顔矯正をしています。北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから徳力整体院は顔を小さくすることで有名です。
小顔矯正

小顔矯正

顔が小さくしたいなら当院が一番です。と言うのも当院では初回から顔が小さくなるからです。初回から顔を小さくしていくために、必ず顔が小さくなったのがわかってもらうために、小顔矯正に入る前に、全員に対して顔を触っておぼえてもらうようにしています。

そうしないと顔をどれだけ小さくしても分かりません。

わからないと意味がありませんから、顔が小さくなったのを喜んでもらうようにしています。

その為に他人がメジャーなどや計測する機械で測ることなく、自分の手で顔を触っておぼえてもらいます。

しかし、これが一番難しくなりますから、しっかり自分の手で触っておぼえるようにして下さい。

おぼえておかないと、変化がわかりません。

台の上にあるボールを目で見て大きさを判断することは簡単にできても、目を閉じて手の上に置かれたボールの大きさを測ると言うことは大変、難しいと言う事です。

ですから自分の手で顔の大きさを触っておぼえてもらいますが、いい加減に触ることなく、しっかり触ることをして下さい。

一一生懸命触った方ほど、小さくなったのがわかりますから。

小顔矯正で顔を小さくなる

小顔矯正をしていく時には、痛くない怖くない方法で小顔矯正をしていきます。安心で無理な小顔矯正ではありません。

顔を無理やり押さえつけることなく行う小顔矯正です。

手のみの技術力で顔を小さくしていきます。

当院の小顔矯正はマッサージするみたいにして顔を揉んでいるだけで顔を小さくすることができます。

しかしマッサージではありません。マッサージしても顔を小さくすることはできません。

当院の院長の特別な手と秘密の技術を使って小顔矯正をしていきます。

特別な手と秘密の技術をつかうことで、顔を揉むようにしているだけで顔が小さくなる小顔矯正です。

人から見ても顔をマッサージしている、顔を揉んでいるだけ、と言う風に見えますが、そんなことをしたって顔が小さくなるわけありません。

人から見ても分からない特別なことをしているから顔が小さくなる小顔矯正です。

小顔矯正に入る前に

小顔矯正に入る前に自分の顔を両手で顔を覆うようにしておぼえてもらいます。

これは当院では当たり前ですが、小顔矯正の方、全員にしてもらいます。

しかも、小顔矯正は1回で終わることはありませんので、小顔矯正を受けるたびに触ってもらいます。

顔を触っておぼえてもらうのは、自分で顔が小さくなったと言うことを実感してもらうためにしています。

顔を触る時に、何も考えずに触るのではなく、どの辺が大きいとか、どこが出っ張っているとか考えながら触ります。

この時に左右を比べながら触ると余計にわかります。

顔も左右が違います。顔が左右、同じ方はいません。

この触り方をおぼえたら、小顔矯正に入ります。

小顔矯正は

小顔矯正をしていくときに、かならず顔を触ってもらうと言う事を説明しました。

施術台に上向きに寝てもらって小顔矯正にはいりますから、寝ても先ほどと同じようにして顔をもう一度触って下さい。

院長が1分くらい顔を揉むようにしてさわっていきます。

1分くらいで顔が変化して小さくなっていきますから、この時に顔を触ると小さくなっています。

もしこの時に変化がわならない方は脳神経の問題になっている方です。

他の方はわかるのに、自分がわかならなかったら大変なことが脳に起きています。

この方も治療を進めていくとわかってきます。

わからない方は睡眠負債の多い方です。睡眠負債が多いと脳疲労が起きています。脳疲労から感覚神経がマヒしています。

普通では起きないことが起きていますので、しばらくの治療が必要になります。

小顔矯正では

当院の小顔矯正の治療は異常がある顔の部分を見つけていくことで顔を小さくすることができます。

最近、多くの方が顔に何らかの異常があります。

顔と言うよりも頭と説明した方がいいかも知れません。

当院では検査することができるので、検査することで異常のある部分を見つけることができます。

顔の異常のある部分を見つけて治療していくと顔が小さくなってアゴのラインなどがスッキリして細くなっていきます。

小顔矯正をした後にダルクなる方がいます。この方は顔の変化に体調や体力がついていかない方です。

受け続けていただくことで、ダルさは消えてきます。

 

 

特別な小顔矯正をしています

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから小顔矯正で顔が小さくするなら徳力整体院。

2017年07月27日

腰痛

  • はてなブックマークに追加
  • 腰痛を楽にしたいなら腰痛の原因から改善することをします。北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから徳力整体院
腰痛

腰痛

腰が痛くなったり、腰痛が起きるのは原因があるから腰痛になります。腰痛が起きても低周波治療器や電器をしたり、湿布を貼っても、病院で注射を打っても、マッサージしても、ボキボキしても腰痛は楽になるかも知れませんが、黒幕の原因は残ったままになっています。

多くの腰痛の方の場合、急激な腰の痛みはある程度時間がたつと、少し楽になる方も多くいますが、治った訳ではありません。急性症状、急性状態が取れただけです。

急性状態・急激な症状が楽になっても腰痛を起こした原因は残っています。

腰痛と言うと、

重いものを持ったり、中腰で腰を痛めたり、同じ姿勢で腰が痛くなったり、車の運転で腰痛が起きたり、色々な腰痛の原因だと思われることがありますが、これらは原因ではなく切っ掛けです。

腰痛が起きるときには原因があるから切っ掛けで腰の痛みになります。

この腰痛が起きる原因は

腰痛の起きる原因は骨盤の歪み・背骨のズレです。しかし骨盤の歪み・背骨のズレはない方はいません。多少なりとも骨盤の歪み・背骨のズレはあります。

骨盤の歪み・背骨のズレから腰痛になる

 

と言うのは骨盤の歪み・背骨のズレはあるものが原因で起きています。

このあるものとは特別なモノではなく誰でもあるものです。

ほとんどの方がこれを持っています。

それは生活したり、仕事をしたりすることでたまるものです。

そのたまるものとは疲れやストレスです。

体に多くの疲れやストレスがたまることで、この疲れやストレスは筋肉にもたまりながら最終的には内臓にたまっていきます。内臓といっても病気ではありません。

内臓にたまる疲れやストレスが骨盤の歪み・背骨のズレを起こしていきます。

この骨盤の歪み・背骨のズレを起こす原因と言うのは内臓の中でも腎臓疲労が原因で起きています。

腎臓疲労が起きると腰の少し上に腎臓がありますから、その部分のハレや炎症が起きています。

腎臓疲労が起きると腎臓に関係する筋肉のバランスが崩れていきます。この筋肉は大腰筋、腸骨筋と言う筋肉です。

この筋肉は両方にありますが、多くの場合、この筋肉のバランスが崩れて骨盤の歪み・背骨のズレが起こります。

 

大腰筋、腸骨筋のバランス

大腰筋、腸骨筋の問題が骨盤の歪み・背骨のズレを起こして体を支えることができない状態になります。

この体を支えることができない状態の時に切っ掛けの重いものを持ったりすると腰痛になります。

一度、骨盤の歪み・背骨のズレが起きると急激な腰痛はある程度は楽になりますが、時々、腰痛が起きて腰が痛くなったり、いつも腰がと言う事になります。

悪化させると椎間板ヘルニア、坐骨神経痛になっていきます。

腰痛を解消するには

腰痛を解消するには骨盤の歪み・背骨のズレを解消していく必要があります。骨盤の歪み・背骨のズレを改善していきながら腎臓の疲労を解消して働きを上げていきます。

同時に骨盤の歪み・背骨のズレと腎臓の疲労を解消していくと腰痛が楽になっていきます。

当院に体質改善という治療法があります。この体質改善という治療法は腰痛の原因になっている腎臓の働きだけではんく腎臓自体を若返らせることができる事ができます。

腰痛の原因は腎臓が弱いからですから腎臓をつよくしていくことをすれば腎臓が若返りますから、若返った分だけ良く働きようになります。

 

腰痛を改善するなら

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから腰痛を楽にしていきます。

2017年07月25日

肩こり

  • はてなブックマークに追加
  • 肩こりを楽にするなら根本から肩こりを解消することをしている北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから徳力整体院へ
肩こり

肩こり

肩こりをするなら筋肉のコリから解消していくことをしています。

肩こりというと人から揉んでもらったり、マッサージをしたり、低周波治療器や電器などをしたり、病院で注射を打ったり、サプリメントを飲んだり、薬を飲んだり、ボキボキしたりする方法がありますが、これらは、肩こりの一時抑えにしかなっていないと言う事実があります。

肩こりには陰に隠れた原因があります。黒幕は隠れていて表面上では見えてきません。

表面上に見えてこないから抽象的な筋肉のコリと思う方が多く、原因と結び付けて考えることはしません。

肩こりも人から揉んでもらったり、マッサージをしたり、低周波治療器や電器などをしたり、病院で注射を打ったり、サプリメントを飲んだり、薬を飲んだり、ボキボキしたりする方法をしても、一時的に肩こりを感じなくすることができます。

これが肩こりが治ったと思わせることになりますが、しかし黒幕の原因は残ったままになっています。

多くの肩こりの場合

肩こりは3段階で起きています。

①筋肉のコリ

②歪み

③黒幕の問題

①筋肉のコリから肩こり:普通は肩こりと言うと筋肉のコリが起きて筋肉のコリが強くなると骨を引っ張ってしまって筋肉のコリが起きるから、これが肩こりになると説明する方もいます。筋肉も日々の生活で使いすぎたり、筋肉にストレスがたまったり、同じ肩ばかりバックを下げたり、事務仕事で肩こり、キーボードを打つから肩こり、頬杖をすることで肩こり、車の運転で肩こり、家事で肩こりなどなど色々な肩こりを起こしていることをしていることで肩こりになると説明しています。

しかしこれらをすることで体はどうなるのか、何が起きるのかと言う事があります。

何かをしたら疲れやストレスが生まれます。この生まれた疲れやストレスは、どこにたまるのか、と言うことが大事なんです。

肩こりを起こしている筋肉は僧帽筋という筋肉です。

肩こりになる筋肉

 

②歪みから肩こり:背骨や首の骨の歪みやズレから起きる肩こりということもあります、ストレートネックで肩こりという方もいます。事故で骨が歪んで肩こりが起きたと言う方もいます。寝違えから肩こりになりやすいと言う方もいます。

背骨や首の骨は中枢神経を守っています。首の骨や背骨が姿勢や重たいものをもって曲がったりしたら大変です。生きていけません。

では、どこから歪みやズレが起きるのか??

肩こりを起こしている時には黒幕が存在しています、この黒幕が肩こりの原因になっています。

肩こりを起こしている原因は、実は内臓疲労です、体にたまる疲れやストレスは筋肉にもたまりますが最終的には内臓にたまって内臓疲労になって内臓の働きを低下させていきます。

内臓と言っても病気ではありません。

内臓にたまる疲れやストレスが働きを低下させて体の歪みやズレを起こしていきます。つまり内部から崩されると言う事です。

内部から崩されるものに対しては抵抗できませんから、もろくも体は歪みを起こしていきます。

肩こりは内部から

肩こりは体の中から崩れてきて肩こりになります。

①疲れやストレスは内臓にたまる

②内臓疲労が起きることで体の歪みが起きる

③体の歪みが背骨のズレになる

④背骨が歪みを起こせば筋肉のこりになる

⑤肩こりになる

と言う事です。

内臓疲労解消

当院では肩こりの原因になっている内臓疲労を減らしていくことをしています。

内臓疲労から減らしていくことで

●内臓にたまった疲れやストレスが軽くなると内臓の働きが良くなっていきます。

●内臓の働きが良くなれば背骨の歪みやズレが矯正しやすくなります。

●背骨の歪みやズレが矯正しやすくなると筋肉のコリが安定していきます。

当院には体質改善で肩こりを直す方法もあります。体質改善というのはアンチエイジング 若返りの施術です。

 

北九州 肩こりで肩こりを解消するかたも、小倉南区 肩こりを解消をお考えなら、そして小倉北区 肩こりをしようとするなら徳力整体院へ。

2017年07月25日

頭痛

  • はてなブックマークに追加
  • 頭痛を楽にして行くためには薬は一時抑えだけですから頭痛の原因から改善していくことをしないと北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから頭痛を改善する徳力整体院
頭痛になるのは

頭痛

頭痛になるのは頭痛になる原因があって頭痛になりますから、安易に薬で押させることなく原因をみつけていくことを考えないといけないと思います。

何も原因がなくて頭痛がおきることはありません。

何かの原因があるから頭痛がおきていると考えましょう。

頭痛薬は一時的に抑えているだけです。

原因に関係なく一時的に抑える効果はありますが、直している訳ではありません。

頭痛が起きている原因から変えていくことしないと先将来、飛んでもない問題になっていきます。

頭痛を起こしていた方が頭痛がおきなくなったら良くなったと思わないで下さい、悪化すると頭痛をおこさなくなるからです。

頭痛をおこしてる方が良いと言う訳ではありませんが、頭痛を時々起こしながら悪化していくのが原因です。

頭痛の原因は

頭痛の原因の一つとして挙げらせるものは脳疲労です。

最近は多くの方が脳疲労を起こしています。脳疲労は睡眠不足から起きる物ですが多くの方が睡眠負債ということになっています。

睡眠負債になればなるほど脳疲労が強くなって脳こうそくの可能性が増していきます。

脳疲労は脳だけでは済みませんので脳血管も影響を受けて詰まりやすくなります。

脳疲労が起きる原因は、眠りです。

人の眠りの寝ているからわかりませんが、多くの方が眠れていません。

夜に寝たら朝まで起きないから寝ていると思っている方が多くいます。

本人は寝ていますから、全部、おぼえている訳ではないのに夜中に目を覚まさなければ寝ていると思う、と言う方が多くいます。

自分は寝ているから本当に寝ていることさえわからないのに、目が覚めなければ寝ていると思っています。

眠りで欲しいのは時間でもなく質の問題です。

量よりも深さの問題です。

本当に寝ていることができていれば頭痛は起こりません。

眠りが浅いから脳にトラブルが起きやすくなります。

 

 

 

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからで徳力整体院は頭痛を原因から改善することをしています。

2017年07月18日

腰痛

  • はてなブックマークに追加
  • 腰痛を直したいと思うなら腰痛の原因になっている骨盤の歪みから改善することをしないと湿布を貼っても、低周波治療器や電器をしてもマッサージしても原因はのこっています、小倉北区と小倉南区で腰痛な
腰痛

腰痛を解消するなら原因から

腰痛を起こしたり、腰痛になるのは原因があります。腰痛を悪化させたものが椎間板ヘルニア、坐骨神経痛です。

椎間板ヘルニアや坐骨神経痛も特別なモノではなく当たり前にあるものです。

この腰痛がおきるのは多くの場合、切っ掛けがいります。

切っ掛けがないと腰痛にはなりません。

 

切っ掛けというのは、中腰を長く続けたりして腰が痛くなって腰痛もちになった、

 

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから腰痛を改善するならカイロプラクティック徳力整体院。

2017年07月14日

小顔矯正

  • はてなブックマークに追加
  • 小顔矯正をするなら初回から顔が小さくなる小顔矯正をしている人気がある徳力整体院へ、北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから多くの方が来院しています。

小顔矯正

徳力整体院は30周年の実績で小顔矯正をしています。機械や電気を使うことなく手のみで顔を小さくしていく小顔矯正です。

手のみで顔を小さくしていくのでボキボキもしないし顔を押さえつける小顔矯正ではありません。

そして当院では他で小顔矯正を受けた方が良く来院していますが、他で最近、受けたことがあるのに体調がすごく悪かったり、しっかり検査してないと言う事を伺わせる状態の方の場合もあります。

小顔矯正をする時も体調が基本的なものになります。

体調から上げていくことをすると言うことは大変、難しく誰でもできる物ではありません。

●マッサージすれば体調は上がるか=いいえ

●ボキボキすれば体調は良くなるのか=いいえ

●低周波治療器や電器をすれば体調は良くなるのか=いいえ

●サプリメントを飲めば体調は良くなるのか=いいえ

つまり体調と言うのは何なのかと言う事を知って、それを改善できないと体調は上がりません。

体調が悪いまま、小顔矯正をしても効果がなかったり戻りやすくなります。

当院の小顔矯正でも体調が悪い方が小顔矯正をうけると、変化が大きいので小顔矯正したあとに「だるく」なることが起きます。

これは小顔矯正の変化に体がついていかない時に起きる現象です。

体調から上げていくことをしないとリンパの流れが悪く老廃物が多く蓄積しています。

体調から上げないと内臓の働きも悪くなっています。

小顔矯正と言っても体調が感じなのがわかります。

重要な所なのですが、一般的には体調を上げることは大変、難しく簡単には上がりません。

当院で体調を上げる治療をしていると、徐々に顔が小さくなっていきます。

体調を上げる治療で浮腫みが減っていきます。

体調を上げる事をすると内臓の働きが良くなります。

特に当院では表面上だけではなく体の中から改善していく小顔矯正をしているので超がつくくらい特殊な小顔矯正です。

体調が良くなったら

体調が良くなると次のステップに入ることができます。

次のステップと言うのは体質改善の治療で体を直していくことです。

体を直すること、強くすることで悪くなっている部分や老化した部分、内臓が弱った部分が変わっていきます。

体質改善と言う治療はアンチエイジング、若返りの施術です。

体質改善は

体質改善は初回からはできませんので、体調が上がって良くなってからの治療になります。

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから小顔矯正をするなら人気がある小顔矯正をしている徳力整体院。

2017年07月12日

肩こり

  • はてなブックマークに追加
  • 肩こりを直そうと思うなら肩こりの原因になっているものから変えること北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから徳力整体院
肩こり

肩こり

肩こりと言うと筋肉のこりを言うイメージです。

筋肉も色々なトラブルを起こすため肩こりが起きる方がいます。

肩こりを起こす筋肉は僧帽筋という筋肉ですが僧帽筋も免疫に関係する筋肉でもあるし、免疫細胞の数が減った時にコリも起こします。

免疫細胞の数が減るということは風邪を引くと言うよりも体内に多くの細菌が増えてしまったときに免疫細胞の数は減って免疫力が低下していきます。

免疫細胞の数が減ってしまって細菌が増えてしまった状態があると僧帽筋は緊張が自然と強くなります。

これは一例ですから、すべてではありません。

肩こりは他にも色々な状態から起きていますから。

肩こりというと筋肉のコリというイメージが強いですが筋肉のコリが起きるときには筋肉疲労から起きている場合が多いようです。

筋肉も使いすぎたりすると又いつも同じ方に重たいものをもったりバックなどを持ったりすると筋肉疲労がいつの間にか積み重なってしまって肩こりを起こす場合が多いようです。

筋肉も一度疲労をためてしまうと簡単には解消できなくなって筋肉の疲労が余計に多くなってリンパの流れも停滞して老廃物が多く蓄積していきます。

筋肉のコリは

肩こりと言っても筋肉のコリだけという訳にはいきません。

肩こりを起こす筋肉は僧帽筋という筋肉ですが僧帽筋も何も原因がないのにコリを起こすことはありません。

僧帽筋のこりが肩こり

上のイラストにあるように僧帽筋が緊張したりすることがコリなので、どうして緊張したりするのか理由があります。

多くの場合、なにも原因がなくて緊張することはありません。

何かの原因があってコリを起こしていると考えて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからで肩こりを改善するならカイロプラクティック徳力整体院。

2017年07月10日

腰痛

  • はてなブックマークに追加
  • 北九州市で腰痛を改善するなら原因から解消できる北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからの徳力整体院は腰痛を一時抑えではなく原因から改善しています。

腰痛

腰痛がどうして起きるのか理由があります。

腰痛

 

腰痛が起きる方は腎臓の弱い方です。腎臓が弱い方が体に疲れやストレスをたまると骨盤周辺の筋肉バランスが悪くなって骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレが起こります。

特に大腰筋、腸骨筋が最大に影響して骨盤を歪みや開いたりして不安定になって腰痛になります。

バランスが崩れる

大腰筋、腸骨筋は股関節についていますから、筋肉の収縮で骨盤のバランスが崩れていきます。

大腰筋、腸骨筋のバランスの崩れが骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレを起こしますから腰痛にならなくても生理痛、生理不順、便秘、膀胱炎、子宮の問題、卵巣の問題を起こしていきます。そして股関節の問題も、もちろん起こります。

骨盤が歪みを起こすと中にある内臓にすべて影響をだしていきます。

骨盤が歪みを起こしている方が多くいますが、腰痛で感じる方もいますが、毎月の生理痛、生理不順、便秘で感じる方もいます。

骨盤の骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレがあるときに重いものを持ったり、中腰をしたり、同じ姿勢を長くしたりすると余計に歪むやズレが大きくなりますから、これで腰痛がおこります。

 

 

 

 

 

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからは腰痛を原因から改善することをしています。

2017年07月07日

カイロプラクティック

  • はてなブックマークに追加
  • カイロプラクティック

カイロプラクティック

カイロプラクティックの施術でも痛くないカイロプラクティックです。

カイロプラクティック

カイロプラクティックと言うのは手の技で体を整えていくことです。

電機や機械を使うことではありません。

カイロプラクティックというのは純粋に背骨や骨盤を矯正していくことですが、だれでも歪みはあります。

1、生まれつきにある歪みやズレ、

2、生まれた後にできる歪みやズレ、

この2通りの歪みやズレがあります。

1、は体質から起きる歪みやズレです。

2、体調で起きる歪みやズレです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北九州市小倉、八幡、戸畑、行橋、門司、若松などからカイロプラクティック徳力整体院はカイロプラクティックの専門家で評判の良いことで知られています。

2017年05月18日

肩こり


肩こり

肩こりには筋肉のコリと筋肉以外で起きる肩こりがあります。

肩こりほど色々な原因がある部分から起きるものはありません。

一概にいうと肩こりは筋肉のコリですが、この筋肉は僧帽筋という筋肉です。

肩こりは僧帽筋のコリ

肩こりというと、この首から肩まである僧帽筋という筋肉が原因で起きています。

僧帽筋の筋肉が疲労したり、緊張したり、硬くなったりして、リンパの流れが悪くなって老廃物も多くたまって肩こりになります。

しかし、使いすぎていないのになることはありません。

しかも、、体から疲労を解消するホルモンが出ていれば自然と筋肉は回復してくれます。

よっぽど酷使しない限り疲労は回復しています。

肩こりと同時に起きるある問題があります。

この問題は、体調です。

体調というのは疲れやストレスの蓄積度合です。

疲れやストレスが多くなれば体調は落ちていきます。

多少、疲れやストレスが軽くなれば体調は少しだけ上がることもあります。

日々、体調は違うし、時間でも違います。

肩こりも体調で左右されています。つまり、体調が少し良いときは筋肉のコリも軽くなります。

体調が落ちて悪くなると肩こりも強く感じます。

もっと体調が落ちれば筋肉の肩こりどころか、椎間板ヘルニアにもなります。

疲れやストレスというのは、筋肉にもたまりますが、筋肉のコリは、歪みから起きる場合が多くあります。

骨が歪めば筋肉も硬くなります。筋肉は骨から骨へついています。骨が歪めば筋肉も引っ張られますから。

しかし、、歪みが起きる原因があります。何も原因がないのに脊髄を守っている骨が歪みを起こすことはありません。

一番のダメージになるのは、体の内部からの崩れです。

体の内部からの崩れが骨の歪みを起こしていきます。

これを起こすのが内臓です。

内臓疲労から歪みが起きています。

 

 

 

北九州市小倉、八幡、戸畑、行橋、門司、若松などから肩こりを楽にしている徳力整体院はボキボキしない痛くない施術。

2017年05月09日

小顔矯正について

  • はてなブックマークに追加
  • 北九州で小顔矯正なら口コミで人気の顔が小さくなることで人気の30周年を迎えるカイロプラクティック徳力整体院の小顔の施術が有名です。
小顔矯正をしています

小顔矯正

当院の小顔矯正は初回から顔が小さくなる小顔矯正をしています。

しかも当院の小顔矯正はボキボキもしない痛くない怖くない小顔矯正をしています。

他の小顔矯正をしている治療院やエステではわかりませんが、当院では院長の手だけで顔を小さくしていく小顔矯正をしています。

院長の手が特殊ですから、顔を揉むようにするだけで顔が小さくなっていきます。

しかし、顔を揉んでいるだけではありません。

顔をいくら揉んでも顔が小さくなることはないと思いますから、院長が小顔矯正をしていくときには秘密の技術を使いながら小顔矯正をしていくから顔が小さくなります。

当院の小顔矯正が効果があるのは院長の手と秘密の技術のせいです。

だから他ではできる物ではありません。

当院だけの特殊な小顔矯正になります。

当院の小顔矯正は

小顔矯正をする時には小顔矯正に入る前に、必ず毎回、顔を触ってもらいます。

当院の小顔矯正は1回で終わることがありません。

それには理由があります。

ただ小顔矯正をすれば良いと言う訳では、いくら良い小顔矯正をしても体調が悪かったり、疲れやストレスが多くたまっていたり、眠れていなかったり、骨盤の歪み・背骨のズレがあったりすると顔に出てくるからです。

顔色や顔の歪み、浮腫み、顔のハレ、お化粧のノリが悪いことなどで表面上からも見えます。

いくら良い小顔矯正をしても体が疲れているとダメです。

ストレスがたまっている状態で、いくら良い小顔矯正をしてもよく見えません。

骨盤の歪み・背骨のズレがあると体が、顔が歪んでしまいます。

肩こりがあると小顔矯正をしても見え方が半減してしまいます。

便秘があると、小顔矯正をしても吹き出物が多くなったり顔色がくすんで見えます。

などなど色々な顔に現れることが多くあります。

これを小顔矯正を希望させる方は勘違いしています。顔だけと言う意味が違います。

体と顔は関係があります。

顔と体は両輪です。

体の状態が悪ければ、すべて顔に現れています。

基本は体調から

小顔矯正を希望する方が来院すると自分でもわかっていない方が多くいるのが体調です。

体調と言うのは体調の悪さ、調子の悪さ、ストレスの蓄積度合い、疲れの蓄積度合い、眠りの深さの度合い、骨盤の歪み・背骨のズレの度合い、内臓の働きの度合いが、すべて体調です。

体調が悪くなるということは、このいくつかの物が多くなっていることです。

体調で一番、関係するのは疲れやストレスの蓄積です。

疲れやストレスがどこにたまるのか??

と言う事ですが、それは最終的にすべて内臓にたまっていきます(病気ではありません)

内臓に疲れやストレスがたまると内臓疲労を起こして内臓疲労から体の歪みが起きていきます。

体の歪みが肩こりや生理痛になっていきます。

この体の歪みが顔にも表れていきます。

顔の歪み、顔の浮腫み、アゴのハレ、顔色、目の下のクマ、吹き出物、顔の色つや、笑顔などなどに出てきます。

色々な問題に関係することがあるのに顔だけをして綺麗に見えるか、顔を人が小さいと思ってくれるかと言うと????

人は顔だけではなく全体的なものを見ています。

当院では小顔矯正を希望する方も体から整えていくことをお勧めしていますが、体から整えていくとウエストが細くクビレができます。骨盤が小さく細くなります。

小顔矯正は

当院には小顔矯正をするときに体質改善の小顔矯正ができます。

体質改善と言うのはアンチエイジングであり若返りの治療です。

この体質改善の治療をしていくと体が元気になっていきます。

元気になると顔が小さくなったことが余計に良い状態になります。

人は全体を通してこの状態を見ています。

その為の小顔矯正をしています。

当院の小顔になれる小顔矯正は初回から顔の大きさや形が変わるので口コミで人気です。

小顔矯正

 

 

 

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからで小顔矯正なら徳力整体院。

 

2017年04月13日

肩こりは

肩こりは筋肉のコリの事ですが、肩こりも筋肉だけで起きていることは、ほとんどありません。肩こりは背骨のズレを起こしながら筋肉の緊張とコリを起こしています。肩こりと言うと筋肉ばかりしていれば良いと言う事はありません。色々な状態で起きているのが肩こりです。肩こりも悪化させると椎間板ヘルニアになっている場合もあります。ヘルニアになるとコリと言うよりも痛みになります。又は、シビレにもなります。

肩こり

肩こりとは

肩こりのコリは筋肉のコリですが、この筋肉のコリを起こしているのは僧帽筋と言う筋肉です。この僧帽筋と言う筋肉が何らかの理由で緊張したりしてコリを起こしています。この筋肉が緊張してコリを起こしている原因を探る必要があります。

僧帽筋のコリ

上のイラストに僧帽筋と言う筋肉の事を書いています。もちろん、両方にありますが、イラストでは左側に僧帽筋があります。この僧帽筋がコルことを肩こりと言います。しかし、何も原因がなくて肩こりを起こすことはありません。何かの原因があって僧帽筋はコリを起こします。

コリを起こすと

僧帽筋がコリを起こすとリンパの流れも悪くなります。リンパの流れが悪くなると老廃物も多くたまります。たまると、もっとコリになります。もっとコリを起こせば肩こりも強くなります。肩こりが進行してしまうと、椎間板ヘルニアになります。

楽にするために

肩こりを楽にしていく為には筋肉のコリを減らして、背骨のズレがある場合は背骨のズレを矯正して整えていく必要があります。もちろん、ボキボキしない肩こり解消法ですから痛くありません。

痛くもなく

痛くもなく肩こりを楽にすることをしています。当院では肩こりを解消するためにマッサージ感覚で解消することをしています。しかし、マッサージではありませんよ。マッサージは筋肉に対してしていますが、当院では筋肉と背骨のズレを主に施術する整体・カイロプラクティックですから。

  • はてなブックマークに追加

 

2017年02月23日

カイロプラクティック

カイロプラクティックと言うのは

カイロプラクティックとは、体の歪みを整えていく施術法です。

カイロプラクティックで体を整える

当院では、体を整えていく時に、マッサージ感覚で施術していきます。ですから、ボキボキしたり電器や機械は使いません。 カイロと言う意味は手と言う意味で、プラクティックとは技とか、術と言う意味です。

ですから、手技、手の技(わざ)で、体を矯正して整える事をしていきます。体を整えていく時に、電機や機械を使うと、痛みやコリが散ってわからなくなります。

カイロプラクティックと言うのは、手のわざで体を矯正するのが目的ですから手のわざで体を整えていきます。

当院もカイロプラクティックをして開業30周年を迎えました。

カイロプラクティックの適応は

カイロプラクティックの適応症状は色々ありますが、

痛みやコリは

腰痛、肩こり、頭痛、便秘、下痢、疲れやすい、眠れない、首の痛み・コリ、生理痛、膝の痛み、関節痛、坐骨神経痛、椎間板ヘルニア、冷え、背中の痛み、背中の張り、背中の攣り、夢ばかり見る、寝ながら考え事をしている、寝つきが悪い、

美容整体

小顔矯正、骨盤矯正、輪郭矯正、ウエストがクビレてくる矯正、浮腫み解消

メンタル面

イライラしやすい、ウツ、パニック障害、引きこもり、不登校、

このほかにも色々適応していますので、無料相談しておりますので、お電話で!!施術中の場合、お時間が取れませんので、聞きたい事をまとめて下さい。

カイロプラクティックで

体に痛みやコリが起きる時には、歪みが起きています。この歪みを矯正して体を整えていくことで体が楽になっていきます。 当院のカイロプラクティックはボキボキしないので安心です。 マッサージ感覚で体を矯正して背骨や骨盤を整える事が出来ます。

体調が落ちていると、歪みが必ず、起きています。 この歪みが痛みやコリになります。これをカイロプラクティック療法で整えていく事で、腰痛、肩こり、頭痛、便秘、下痢、疲れやすい、眠れない、首の痛み・コリ、生理痛などが楽になるわけです。そして、小顔矯正と骨盤矯正とウエストがクビレてくる、輪郭矯正、エラの張り矯正をしています。

 

 

 

 

 

 

 

2017年01月02日

肩こりを楽に

肩こりは

肩こりには筋肉のコリと筋肉以外で起きる肩こりがあります。 肩こりと言うと筋肉のコリと思いガチですが、筋肉のコリは使い過ぎや疲労で筋肉のコリで肩こりになります。

肩こりはどうして

肩こりは、

同じ肩にバックを下げる、キーボードを使って仕事をする、レジで手や腕をよく使う、重いものを持つ、長く車の運転をするなどが原因で休める暇がなく使うと肩こりになります。この場合の肩こりは、筋肉の疲労から起きる肩こりです。

肩こりの筋肉というと僧帽筋という筋肉です。

この筋肉は、首から背中の下まである筋肉です。

僧帽筋のコリが肩こりに

この僧帽筋が

緊張したりしてコルことを肩こりと言う場合もあります。筋肉が緊張すると、リンパの流れも悪くなります。 リンパの流れが悪くなると、老廃物もたまっていきます。老廃物がたまるとさらに筋肉は緊張していきます。 これが肩こりの原因になる時もあります。

この

肩こり解消法は、筋肉の緊張を和らげていきます。 

しかし、肩こりも筋肉だけで起きている方が少ないようです。これは歪みやズレで背骨の骨が歪みやズレを起こしている場合になります。

しかし、背骨の歪みやズレが、原因もなく起きる事はありません。何かの原因で歪みやズレが起きています。

これには、

2つ原因があります。

一つは、①疲れやストレスの蓄積です。

もう一つは、②内臓です。

①疲れやストレス

疲れやストレスがたまると歪みやズレになります。

②内臓

疲れやストレスは最終的には、内臓にたまります。内臓にたまると、歪みになる場合がほとんどです。

 

当院は北九州市小倉南区・小倉北区、八幡東区、八幡西区、戸畑区、若松区、門司区、下関市、行橋市などから多くの方が来院しています

 

 

2016年12月21日

腰痛

  • はてなブックマークに追加
  • 北九州で腰痛、腰の痛みを楽にしていく為には電気で散らすのではなく原因から解消する事をしていきましょう、北九州市小倉や八幡と戸畑と行橋地区でカイロプラクティック徳力整体院は腰痛を楽にすることをしています。

腰痛が起きるときは

腰痛が起きるときには腰痛を起こす原因が腰の部分にあります。腰の部分に原因があるから、いつでも腰が痛くなって不思議ではない状態になっています。

あとは2つのものが揃うだけです。

この2つのものとは切っ掛けと骨盤の歪み・背骨のズレです。

どちらもが揃わないと腰痛にはなりません。

どちらかがかけても腰痛にはなりません。

だから普段の生活や仕事をしていても、腰痛にならないときもあれば、同じ事をしても腰痛になる場合があります。

人においては夜寝て朝起きたら腰痛になっていたと言う事もあります。

何が原因なのか、ということが一番、重大になります

腰痛がどうして起きるのか?

腰痛は切っ掛けと骨盤の歪み・背骨のズレから起こります。

切っ掛けというのは

●重いものを持つ

●中腰で仕事をしていて体を起こそうとして腰が痛くなった

●何かを取ろうとして体を伸ばしたら腰が痛くなった

●足に合わない靴を履いて歩いたら歩き方が悪くて腰にきた

●靴下を履こうとして腰が痛くなった

●前かがみで掃除していたら腰が痛くなった

●せんたくものを干していたら腰が痛くなった

●くしゃみをしたら腰が痛くなった などなどです。

これらが原因ではなく切っ掛けです。

専門家の先生もあまり知りませんが、原因ではなく切っ掛けです。

腰痛には腰痛の原因が

では切っ掛けはある程度、理解したものとして

骨盤の歪み・背骨のズレはどうしておきるのか??

腰痛の原因になる骨盤の歪み・背骨のズレは、体調により変化するものです。

体調が悪い時には骨盤の歪み・背骨のズレは大きくなります。

体調が少し良い時には骨盤の歪み・背骨のズレは軽くなります。

つまり、骨盤の歪み・背骨のズレは体調で変化するものです。

この体調で日々変化するものと切っ掛けが重なった時に起きるのがギックリ腰、腰痛、腰の痛み、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛です。

骨盤の歪み・背骨のズレがあっても痛みはありません。

腰痛の原因

腰痛、腰の痛みを楽にしていく為には、腰痛、腰の痛みも原因も知ることが必要です。

腰痛が起きるときには、骨盤の歪み・背骨のズレがあります。

骨盤の歪み・背骨のズレがある時に、重いものを持ったりすると腰痛になりやすくなります。

腰痛になるのは骨盤の歪み・背骨のズレがあるときです。

骨盤の歪み・背骨のズレも程度があります。軽いのからひどいのから色々な程度・段階があります。

そしてこの程度や段階は常に変わっています。つまり一定ではありません。

いつも腰痛がある方もいれば、日によって腰痛が違う方もいます。

これは体調によって大幅に変わります。

体調が悪ければ、骨盤の歪み・背骨のズレは大きくなります。

体調が良ければ骨盤の歪み・背骨のズレは減少していきます。

つまり腰痛は体調が悪い時に起きています。

体調が悪いと骨盤の歪み・背骨のズレがある理由から起きていきます。

体調が悪いとある理由が原因でドンドン骨盤の歪み・背骨のズレが大きくなります。

骨盤の歪み・背骨のズレが大きくなった時に、重いものを持ったり、中腰の姿勢をしたり、前かがみの姿勢で何かをしたりすると、腰痛になります。

骨盤の歪み・背骨のズレで腰痛になる

体調が落ちれば骨盤の歪み・背骨のズレは誰でも起きています。

風邪を引いた時でも骨盤の歪み・背骨のズレはあります。

肩こりの時でも骨盤の歪み・背骨のズレはあります。

頭痛の時でも骨盤の歪み・背骨のズレはおきています。

眠りが浅い時でも骨盤の歪み・背骨のズレは起きています。

仕事で疲れやストレスをためても骨盤の歪み・背骨のズレはできます。

これらが腰痛の原因になります。

 

 

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからで腰痛を楽にしていく徳力整体院

 

2016年11月30日