腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどは

腰痛は腰の痛みを感じた時には必ず骨盤の歪みや骨盤の開きが起きていますが骨盤の歪みや骨盤の開きを改善しなくても急激な痛みや腰の痛みを楽にすることはできます。
楽にすることを対症療法といいますが対症療法というのは原因なんかは見つけることもなく痛みやコリを楽にすることを中心的にしていく方法です。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど


対症療法という治療法は多くの治療法で使われている治療法なんですが湿布を貼っても腰痛を楽にすることはできる可能性もありますしドラッグストアなので売っている腰痛を楽にするというサプリメント屋健康食品を飲んでも腰痛を楽にすることはできる可能性もありますし鍼を打ったりお灸をしたりすることでも可能かも分かりませんし低周波治療器や電気などをかけても腰痛を楽にすることはできる可能性もありますが腰痛の根本的な原因になっている骨盤の歪みは骨盤の開きがなくなったわけではありません。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどは骨盤の歪み・背骨のズレから

腰痛の原因になっているものは骨盤の歪みや骨盤の開きなんですが歪みや開きを矯正しなくても腰の痛みを楽にすることはできますが慢性化状態を招いたり長期に腰が悪くなったりすることや急激に坐骨神経痛や椎間板ヘルニアに一気に進行することがあります。

痛みを楽にすることと原因を見つけ出して原因を矯正するということは全然、意味からして違いますが、まずは、楽にしていくことから始めなければいけませんが普通一般的には楽にすることを治したとか治ったという風に思っている方が多くいます。
腰痛を感じてしまった時には痛みを起こしたきっかけというのがあります。

疲れやストレスの蓄積

切っ掛けと腰痛

きっかけというのはあくまでもキッカケであり原因ではありません。
腰痛を起こすきっかけというのは重たい物を持ったりすることでも腰を痛めてしまいますし車の運転をして座っているだけでも徐々に腰が痛くなったり薄いたりすることが起きたり何かを取ろうとして手を伸ばした瞬間に腰を痛めてしまったり靴下を履こうとして前かがみになった時に急に腰が痛くなったりします。

人においてはくしゃみをしただけで腰が痛くなったりすることもありますしベッドや布団で寝て朝起きたら、いつも腰が痛いという感じになっている方がいます。
痛みを楽にすることを対症療法と説明しましたが当院でもまずは楽にすることをしていかなければいけませんので腰の痛みや腰痛を楽にすることから始めています。

筋肉と人体の炎症やハレ

腰痛や腰の痛みが楽になると同時に筋肉や靭帯の炎症や腫れを改善しなければいけませんし骨盤の歪みや骨盤の開きを調整することは、もちろんですから背骨のズレも矯正することをしていますし背骨がズレすぎて椎間板ヘルニアが起きている方も多くいます。

椎間板ヘルニアや椎間板ヘルニアなどから進行していく坐骨神経痛というのも特別なものではありませんので誰でも起きても不思議ではないものなんですが椎間板ヘルニアが1度起きてしまったり坐骨神経痛が起きてしまった方はなかなか治りにくいということは聞きますが当院では椎間板ヘルニアや坐骨神経痛も対象になっていますので改善することができます。
しかし改善すると言っても一度で改善できるものもあれば数回から数十回以上書けないと治らないものもあります。

骨盤の歪み、骨盤の開き、背骨のズレで骨盤が不安定になる

骨盤の歪み・背骨のズレを矯正すれば良いと言う事ではない

マジックやごまかしをしているわけではありませんので体の状態に合わせて回復させていかなければいけませんが慢性化になってしまっていると単純に骨盤の歪みや骨盤の矯正をすればいいというわけではなくなってしまっています。
どういう状況で起きているのかということを一つ一つずつ見つけ出して改善しなければいけませんので一度に出来るものではないために、しばらくの回数がかかる方もいます。

そして最近は多くの方が睡眠負債状態で眠れていない方が多くいますので睡眠負債状態の方は眠れていないわけですけど自分で気が付いていない方が多くいますので説明してもわかってもらえないこともありますけど正確な検査をしていますので眠れていないものは眠れていませんので大脳が急激に弱っていて回復する力がなくなっている方が多くいます。

大脳が元気だから回復する

腰痛といっても大脳が元気だから回復する力や治ろうとする力があるわけですけど大脳が弱ってしまっていると、いくら腰の部分だけをやっても治りが悪かったり治らなかったりということが考えられます。

多くの方が考えていませんが大脳には回復する力がありますしたい脳に支配された内臓も回復する力に関係していますので回復する力がないのによくなる力がないのに良くなることはないと思いますので慢性化させたり長期間悪い方が多くなっています。

眠りというのは不眠症とは違いますので夜、寝ようとする時に1時間も2時間も3時間も眠れなかったり何回も夜中に目を覚ましたりすることは不眠症のひとつです。
また不眠症の中には夜中に何回も目を覚ます場合も含まれていますので夜中に何回も目を覚ましたりトイレに入ったりすることも不眠症です。

不眠症と睡眠負債

睡眠負債と腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

しかし不眠症とは違って睡眠負債というのは目が覚めることはありませんが浅い睡眠をしていますので浅い睡眠をすればするほど不眠症と同じように大脳が弱っていきますので大脳が弱れば体の状態も良くありません。

しかも大脳が弱っていくと限界まで悪くなってしまわないと痛みやコリを感じないということもありますのではいてないんです、どの段階で感じてしまっているのかということを一度に初診で見ることはできませんが体の調整をしていたり矯正をしたりすると徐々にわかってくることも多くあります。

一番ひどく腰の痛みが起きて慢性化してしまい長期間悪くなる場合は、眠りが浅い方が腰の痛みになっている場合です。
そして腰痛も簡単に行く腰の痛みが解消できるものもあればそうでもないものも存在していますので簡単に考えて諦めないでください。
治療を進めていかないと一度に全ての者が病院の検査のようにデータで出ることはありません。

腰痛は病気ではない

病院に行ってデータが出るのは病気の検査をしているわけですから病気になったら尿検査や血液検査やレントゲン検査やエコー検査や MRI 検査などをして病気として数値の異常は出たり何かの異常を示すことがあります。
しかし腰痛というのは病気ではありませんのでデータで表されることはありません。
腰痛を起こしている時には疲れやストレスというのは弱い部分にたまっていきます。

人の体というのは弱い部分とそうでもない部分に分かれてしまいますのでそうでもない部分は痛みやコリになりにくく先将来の病気につながったりすることはありません。

しかし弱い部分というのは疲れやストレスを溜めてしまうと負のエネルギーに変換されてしまいますので不のエネルギーが弱い部分に溜まることが原因で老化というよりも悪くなっていきます。

老化と違うと言ったのは老化しても80歳の方でも元気に、肩こりも腰痛も膝関節が悪くないという方もいますし病気でもないという方がいるからです。

痛みは悪くなることもある

ということを考えれば老化したら悪くなるというわけではなくどうかしたら病気として数値的な異常が出るということではなくその部分が悪くなってしまうと数値的な異常が出たり膝が痛くなったり腰が痛くなったりしているということなんです。
腰痛や腰の痛みが起きる時には普通のレベルでは弱い内臓に溜まっていく疲れやストレスが原因です。

体には何があるのかということを説明しなければいけませんが体には100キロの方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると水分が60 kg から70 kg 出てくるそうですが体重の半分以上は水分で構成されているということなんですが水分に何かの問題があるということはないと思いますので、あと残ったものの中間を取って35 kg の中に問題があるということになります。

35 kg の中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と皮下脂肪とその他の脂肪と骨と内臓しか存在していません。

腰の弱さから痛みになる
たまる疲れやストレス

この中で疲れやストレスがたまりやすいところというのは筋肉ももちろんなんですが最大は内臓に溜まっていくのが原因なんですが内臓に溜まっていくと言っても病気と言ってるわけではありませんので勘違いしないでください。
病気ではない状態で弱い内臓に疲れやストレスが溜まっていくと徐々に骨盤の歪みや骨盤の開きが起きていき背骨がずれを起こしていきます。

腰痛に一番関係するものというのは骨盤の歪みやズレも関係しますが背骨のズレも関係しますがどうして骨盤の歪みや骨盤の開きが起きるのかというさらに奥に原因があるということですから、その原因を言えば腎臓の弱さにあります。

腎臓というのは骨盤の内側にある筋肉のバランスで関係していますので筋肉のバランスが悪くなると骨盤が引っ張られたりしますので骨盤の歪みが起き秀明が起きたり背骨のズレが起きたります。

疲れやストレスの蓄積する場所

後は内臓の弱さの部分が背骨に関係しますので骨盤がゆがめは背骨のズレを起こしますが重なった状態で背骨のズレを起こしていくのが内臓に直結しています。
弱い腎臓に疲れやストレスが溜まってくると徐々に必然的に大腰筋、腸骨筋という骨盤の中にある筋肉のバランスを崩してしまいます。

骨盤の筋肉のバランスの崩れから骨盤が歪んだり骨盤が開いたりしていきます。
骨盤が歪んだり骨盤が開いたりした時に重たいものを持ったりすると体を支えることができませんので骨盤が不安定状態になりますから不安定状態の時に重たい物を持つと負担になります。

負担になった時に腰が痛くなったり腰痛になったりぎっくり腰になります。

さらに内蔵というのは自立神経で支配されていますので自律神経の支配しているところというのは大脳の脳幹の部分にありますので脳幹が弱って疲弊状態を起こしたり衰弱状態を起こしている可能性もありますから大脳に回復する力がないといくら腰を治療しても立った瞬間に崩れていくかと思います。

2018年12月06日