小顔矯正

顔を小さくしていく小顔矯正をして行くならボキボキもしない知りたくもないと評判の良い小顔矯正をしている30年になる徳力整体院へ。

小顔矯正

多くの方が小顔矯正を希望されて訪れていますが何も考えていなくてただ顔が小さくなりたいとか小さくしたいという漢字の方が多くいますのでどうやったら小顔矯正をすることができるのか何をしたら顔を小さくすることができるのかということを考えてみたいと思います。

小顔矯正とは

小顔矯正をして行く時には顔周辺に多くなったむくみや脂肪を減らすことでも顔が少しだけ小さくなっていきますが単純にそれだけでは小顔矯正ということを言うことはできません。
小顔矯正をしていく時には減らす部分が一番重要になりますので減らす部分に何があるのかということを見ていかなければいけませんので顔というのは皮膚があって皮下脂肪があって筋肉や靭帯があって骨しかありません。

この中で何を減らすことをしたら小さくなって顎のラインなどがすっきりしたり顔全体が小さくなるのかということを考えてみてください。

もちろん顔には神経や血管やリンパもとっていますからむくみが多くなったり脂肪が多くなってしまうこともありますが先ほども言いましたようにむくみが脂肪だけではないと説明しました。

顔を小さくするには

顔を小さくしていくためには何を小さくしたら顔が小さくなるのかということなんですが減らすものの限界がありますので減らすものの限界というのは皮膚の厚みを減らすことも限界がありますし筋肉や靭帯は減らすことはできませんが引き締めて行くことは可能だと思いますけどあと何が残っているのかと言うと顔の骨しかありません。
美容形成外科や美容整形と同じように骨を削るということは当院ではしていません。

ではどうすれば手術をしないで顔を小さくすることができるのかということなんですが一番肝心なことは基本的なものを忘れてしまっている場合があります。
今、現在の顔の大きさが正常なのかということなんです。
当院では多くの方の顔を検査することをしていますが初回で顔が正常の大きさの方は一人もいませんでした。

顔が正常な大きさではない

つまり逆に捉えれば全員と言っていいほど顔が大きくなっているんです。
顔が大きくなっているわけですから顔を小さくすることが可能な理由なんですけど、どうして顔が大きくなっているのかということだんです。
顔というのはいつのまにか大きくなっている場合がありますのでむくみが脂肪だけで大きくなったりすることはありません。

むくみや脂肪が多くなるのも原因があるから多くなってしまいますから特にむくみというのはリンパの働きが悪くなったり老廃物が多く溜まっていることで起きていると思いがちだんですが実はさらにその奥に原因があります。
むくみが多くなっている原因というのは毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することで多くなっていくものが体と顔に溜まっているからです。

顔が大きくなっている

いつのまにか大きくなっていくむくみが多くなっていくということですから顔も大きくなってしまい肥大傾向を示している方が多くいます。
小顔矯正をしていく時には毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することで生み出されていくものが一番、敵になります。

疲れやストレスというのは貯まるところを選びませんので体全部の部分に溜まっていきますから体に何があるのかと言うと例えば体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると水分が60 kg から70 kg 出てくるそうです。

疲れやストレスがたまる所

あと残ったものは真ん中を取って35 kg の中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と皮下脂肪と脂肪と骨と内臓しか存在していません。
この中で疲れやストレスが貯まるところというのは筋肉にも溜まるということは分かっていると思いますが顔の筋肉にも疲れやストレスが溜まっていきます。

しかし顔の筋肉だけに疲れやストレスが溜まることがありません。
もう一度小顔矯正をしていくときの関係する部分に戻りますが顔というのは皮膚と筋肉と靭帯と脂肪とむくみと骨しかありませんのでこの中で何をしたら小さくすることができるのかという説明をしなければいけませんが疲れやストレスがたまるところというのは骨にも溜まっていきます。

顔の何を変えると小さくなる?

顔は筋肉もありますから筋肉にも疲れやストレスが溜まっていきますが人体にも疲れやストレスが溜まっていきますし皮膚にも疲れやストレスがたまることもありますしたまれば溜まるほどむくみが多くなったり脂肪が多くなっていきます。
骨にも溜まっていきますから小顔矯正をするときに関係するものというのは顔面骨つまり頭蓋骨の一部です。

顔の骨というのは頭蓋骨の一部ですから頭蓋骨の前側が顔面骨というだけであって一体化しているのはそうしようとして頭蓋骨という名前になります。
つまり頭蓋骨矯正ではありませんが頭蓋骨を小さくしていくということなんですが頭蓋骨の中でも特に大きくなっている部分というのは顎の部分だと思います。

顎の部分というのは多くの疲れやストレスを溜めてしまうことがありますので多くの疲れやストレスを溜めてしまうと顎の皮膚も筋肉も実態も脂肪も太くなっていきますからむくんだりすることも多くありますし顎の骨も炎症や腫れ起こしている場合がありますので炎症や腫れを起こすということは太くなったり大きくなったり幅が広がったりします。

顔、体調を検査する

普通では常識ではありませんが当院の院長は検査することができますので検査をしてみると本当に起きているということがわかりました。
これは小顔矯正をしている先生もあまり知ってる方はいないと思いますから本当に顔の骨が

炎症や腫れを起こすということがあるんです。
顔の骨が炎症や腫れを起こすと大きくなったり肥大したりしますので顔全体が大きくなったような感じをしますが大きくなるのも10 CM 20 CM 30 cm も多くなることはありませんから1 CM だったり2 CM だったり3 CM だったりという感じで顔が大きくなります 。

小顔矯正をしていくときにも10センチも変わることはありませんので1 CM だったり2 CM だったり3 CM だったりという感じで顔が小さくなっていきます。
当院の院長が顔を無理やり押さえつけたりすることもなく顔を小さくすることをしていますので患者さんは不思議がられていますが説明すると説明している通りのことが起きていますので逆のことをして顎のラインを細く引き締めたり顔を小さくすることをしていますので無理な治療ではありません。

つまり顔を正常な大きさに戻すことをしています。

顔は正常な大きさに戻すためには顔だけではダメなんです。
先ほども説明しましたように疲れやストレスというのは顔だけにたまるものではありませんし最近奥の方が睡眠負債状態になっていますので大脳が急激に弱っているという方がいますので大脳が弱ったかたほど痛みやコリを感じにくく風邪をひかないということがあります。
睡眠負債状態というのは不眠症とは違いますので夜寝ようとすると1時間も2時間も3時間も眠れなかったり夜中に何回も目を覚ましたりすることが不眠症です。

しかし睡眠負債というのは、目が覚めることはありません。

夜中に目が覚めたりすることはないために寝ていると勘違いしてる方が多くいます。
今まで多くの方に小顔矯正をしてきて全員と言っていいほど睡眠負債状態があって体調がむちゃくちゃ悪いのに、めちゃくちゃ悪いことに感じていない方が多くなっています。

検査をしてみると骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくあるのに普通だったらつらくてつらくてたまらないところなのに感じていませんし背骨がずれすぎて椎間板ヘルニアが起きているとかなり体調の悪さを感じていなければいけませんが感じていない方が多くいますので胎嚢が終わってしまうと痛みは恋に鈍感になってしまい麻痺した状態になってしまいます。

麻痺した方はいくら説明しても聞いてもらえないことも多くいます4分かってもらうことはできないこともあります。
本当にどういう状態になっているのかということをしっかりと検査をして説明をするようにしていますが実際に起きているものを説明しようとしても説明してもわかってもらえないことも多くあります。
自分の体だから自分で症状を感じなければいけないのにそれが分からなくなっている方が多くいます。

睡眠負債、睡眠障害
疲れやストレスと小顔矯正

大脳が弱ってしまうと限界まで疲れやストレスを溜めてしまって溢れかえってやっとこさ何かの症状を感じるという場合もありますし大脳が元気だから風邪の細菌が体内に増殖をすると熱を上げて細菌を減らそうとします。

大脳が元気だからインフルエンザウイルスが体内に入ってくると熱を上げてインフルエンザウイルスに感染した状態になりますが大脳が元気じゃないと麻痺した状態だと何も感じませんし熱を上げることもできませんので自力でウイルスを減らす高熱をあげることはできません。

熱を上げるということはウイルスや細菌を減らそうとする大脳のパワーです。

ウイルスや細菌が体内に入っていても何も起こりません。
大脳が元気だから高熱を上げてウイルスや細菌を減らそうとします。
小顔矯正をしていくときに体にも多くの疲れやストレスが溜まっていると顔色が悪かったり目の下のクマがあったり肌の色が悪かったりお化粧のノリが悪くなります。

また生理痛や生理不順で起きている方もいますし便秘が起きやすいかと思いますし膀胱炎を繰り返す方も体調の悪さから起きています。
腰痛や肩こりがないからといって体調が良いとは限りませんし痛みやこりがないからといって体調が良いとは言えないということなんです。


2018年12月05日