腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

腰痛を楽に生きていくためにはまずは腰の痛みを楽にしていくことから始めていきますが痛みになっている時には多くの場合、炎症や腫れが起きていますので炎症や腫れを抑えていくことからして行くことになります。
痛みというのは炎症や腫れのことですから痛みがある時には筋肉や靭帯や関節の炎症が起きている場合がありますから炎症から押さえていかなければいけません。

骨盤の歪み、骨盤の開き、背骨のズレで骨盤が不安定になると

痛みは炎症やハレ

多くの場合、炎症や腫れがある部分を触ると温かい感じがすると思いますので他の部分を触って暖かい感じがあれば炎症や腫れがあるということですが慢性化してしまうと逆に冷たい感じがある場合がありますので急性状態は暖かく慢性状態になってしまうと冷たい感じがすることもあります。

炎症や腫れがあったりすると湿布を貼ったりすることでも改善するレベルがありますが改善しないレベルもありますので段階に応じて状態を確認しながら解消していただければいけません。

腰痛を起こしている時には重たいものを持ったりして腰が痛くなったりすることもあれば同じ姿勢を続けていてデスクワークや座りぱなしなどの姿勢で腰を痛めてしまうこともありますのでいろいろなものごとをしても何をしても何もしなくても腰が痛くなる場合が多くあります。

腰の痛みとは

単純にくしゃみをしただけでも腰が痛くなることもありますし靴下を履こうとして前かがみになって吐いていたら腰が痛くなったという場合もありますし何かを取ろうとして体や手を伸ばした時に腰が痛くなることもありますのでどういう現象で痛くなるのかということは人それぞれで違いますしタイミングが合えばいつでもどこでも痛くなるのが腰痛です。
ぎっくり腰というのは関節に起きてしまう捻挫と同じですけど手首足首と同じような捻挫というわけではなく関節が大きいために体を支えることができませんし手首や足首というのは全体の体重をかけるということもありますが体の中にあるわけではなくなったんぼにあるため痛みの度合いが違います。
ぎっくり腰になるという方は疲れやストレスが多く溜まっていたり最近は眠りが浅かったり睡眠負債状態の方がなる場合がありますので寝違えと同じように旧姓状態でおきますが強い痛みとして感じてしまいますけど捻挫と同じなんです。

骨盤の歪み・背骨のズレ

慢性と急性の痛み

一万は急性状態で足首や手首に起きてしまう捻挫と言うと同じ治療をすればいいわけですからしばらくは安静状態を保つようにしたり動かさないようにしたりして冷やしてください。
お風呂に入ったりすることは逆効果ですから慢性状態に入れば何をしても構わないですが冷やしたりしても温めたりしても関係ありませんが急性状態というのは強い痛みで起きてしまいますので強い痛みにある時には何も考えなくてもいいですから冷やしてください。

急性状態で起きてしまう痛みというのは強い痛みが起きた状態でおきますからすぐに冷やした方が炎症や腫れを広げることもなく深くすることもないと思います。
しかし急性状態であろうと反省状態であろうと起きてしまう原因が存在しています。
この原因から改善していかなければ本当の意味で腰痛を治すということは言えないと思いますので腰痛を治すことと痛みを楽にすることは違います。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどとは

普通一般的には 腰の痛みが楽になったら治した、または治ったと思うでしょうが実は違います。
痛みを楽にすることと痛みを治すということは違いますので痛みを治すためにも痛みを楽にしていかなければ治すことはできません。
そのためまずは痛みを楽にすることから始めていかなければいけませんので筋肉や靭帯の炎症や腫れを抑えることから解消していきます。

腰痛というのは必ず骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが関係して起きていますので歪みやズレがなくて痛みになることはありません。
しかし歪みやズレというのも原因があるから歪みやズレ起こしているわけです。
では歪みやズレを起こす原因というのは何でしょうか。
歪みやズレを起こしている原因というのは毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することで多く生み出されていくものが原因です。

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスと痛み

多く生み出されていくものというのは疲れやストレスです。
疲れやストレスというのは何をしても生み出されていきますし何もしなくても多くなっていきます。
疲れやストレスというのは溜まるということは知っている可能性はありますが減らしている方はいませんので溜まるばかりです。

普通一般的にはストレスが溜まったらカラオケに行ったり飲みに行ったり旅行に行ったり温泉に入ったり山に登りに入ったりジョギングをしたりということで解消できていると思っているでしょうが精神的なストレス解放というのはできる可能性もあるんですがストレス解消ができないのが肉体的なストレス解消です。

精神的なストレス解消というのは気分転換的なことをすればいつもと変わったことをすればストレス解消になると思いますが肉体的には疲れやストレスは溜まるばかりです。
疲れやストレスがたまりば溜まるほど溜め込んでしまうことができますので溜め込んだ状態が骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレになっていきます。

疲れやストレスの蓄積

肉体的なストレスというのは蓄積されていくものですけど精神的なストレスを解消することで多少は変わってくる場合もありますが多くは積み重なっていくばかりですから生み出されたものは積み重なります。

積み重なった疲れやストレスというのは弱い部分に溜まっていく傾向がありますので体の弱い部分があれば積み重なっていきますから多くの方は積み重なるばかりだということです。
人の体というのは弱い部分塗装でもない部分が必ず存在していますので誰でも多くの疲れやストレスが弱い部分に溜まっていく傾向がありますが弱い部分というのは筋肉であり関節であり、また、その他の部分ということです。

弱い部分に疲れやストレスが多くとまって行くと体は骨盤の歪みが骨盤の開き背骨のズレを起こしていきますが特に背骨のズレというのは内臓に直結しています。
例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると水分が60 kg から70 kg にもなります。

疲れやストレスがたまる場所

水分に疲れやストレスが溜まるということはないと思いますので後残った30 kg から40 kg の中に疲れ、ストレスがたまるところがあります。
30 kg から40 kg ということですから中を取って35 kg の中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と

脂肪とその他の脂肪と骨と内臓しか存在していません。
35 kg の中には神経と血管とリンパがありますが神経や血管やリンパに疲れやストレスが溜まることはありますが多くはもっとさらに貯まるところがあります。
そして筋肉にも溜まるということは分かっていると思いますが皮膚、脂肪にたまるということも本当はあるんですが少ないと思います。

あと残っているのは骨と内臓ですが骨にも疲れやストレスが溜まるということはありますが多くの内臓に疲れやストレスが溜まっていきますので内臓は毎日毎日働いてくれていますから働きの低下から疲れやストレスが溜まった状態で骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレになっていきます。

疲れやストレスとは
生み出される疲れやストレス

毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することで疲れやストレスですが多く生み出されていきますが 生み出された疲れやストレスは体の弱い部分に泊まっていきます。

疲れやストレスが多く溜まっていくと体の弱い部分に溜まっていきますので弱い部分が筋肉だったり関節なったりまたは内臓だったりということで色々な問題を起こしていきますが内蔵というのは病気と言ってるわけではなく内臓にも疲れやストレスが溜まるということが体の中で一番多くなっているんです。
多くなってしまった疲れやストレスが弱い内臓に溜まっていくと肩こりになっていきます。

生み出されてしまった疲れやストレスが弱い内臓に溜まっていくと腰痛になっていきます。
腰痛を起こしている原因というのは腎臓がおもですから腎臓が弱い方が腎臓に疲れを溜めると骨盤の歪みは骨盤の開きになっていき背骨がずれ起こしていきますから骨盤が不安定状態になっていきますので骨盤が不安定な時に重たいものを持ったり体を支えることができない姿勢をした時に痛みになります。

そして椎間板ヘルニア、坐骨神経痛というのも特別なものではありませんので誰でも起きていることがありますが、椎間板ヘルニアが起きていますよっと患者さんに言うとびっくりされるかと思います。
椎間板ヘルニア、坐骨神経痛というのも特別なものではありませんので誰でも疲れやストレスが弱い部分に溜まっていくと起きてしまう現象です。

2018年12月03日