肩こり

肩こりを楽にしていこうと思うなら筋肉の凝りをほぐすようにして筋肉のコリがほぐれてきたらその先にあるものが深く関係していますので検査をすることで見つけたさなければいけません。
肩こりというのは筋肉を揉んだりマッサージをしたり電気を開けたりしても楽に感じてしまうことがありますし湿布を貼ったりすることでも肩こりを楽に感じさせてしまいますが治ったわけではありません。

低周波治療器や電器

肩こりを解消する

肩こりを解消する治療というのは多くは筋肉ばかりに注目してしまっていますので確かに筋肉に何かをすることで肩こりを楽にさせることができますが、楽になった期間が長くても原因が存在していますので、原因もいつまでも同じままではいられません。

肩こりを起こしている時には確かに肩の筋肉というのは毎日毎日の仕事や生活することで使うことが多くありますので必然的に筋肉疲労を起こしたり緊張したりということが起こりますからリンパの働き悪くなって老廃物が多く溜まったり乳酸がたまっているということがありますが本当の原因は筋肉ではないからです。

コリの原因を見つける

しかし原因を見つけ出すことは簡単な方法ではないために筋肉ばかりに注目してしまって表面の治療ばかりしてしまっています。
確かに表面の治療をすることでも肩こりを楽にすることはできますが一時的なものです。
一時的なものが短期で終わることもあれば、しばらくは肩こりを感じない場合もあります。

肩こりというのは原因があるから肩が凝っているわけですから何かの原因が起きているのかということを見つけ出さなければいけませんので単純に筋肉だけを揉んだりマッサージすればいいというわけではありません。
確かに筋肉も緊張しているので問題にマッサージをすることもあって、大切にはなるんですがその先にあるものが重要なんです。

肩こりと言うと今まで検査することをしてきましたが筋肉の凝りも伴いながら背骨のズレを起こしています。

筋肉の

背骨のズレから筋肉のコリが起きる

背骨のズレが起きた時には病院でも強制する方法はありませんしマッサージは筋肉に対して行っていますので背骨のズレはあまり関係がありません。
鍼灸さんも鍼を打ったり、お灸をしたりすることがおもですから背骨の矯正をしているものがありません。

整骨院さんでも揉んだりマッサージをしたり低周波治療器などをかけたり湿布を貼ったり顔もだと思いますので特に整骨院さんの施術項目というのが肩こりはありませんので整骨院さんの手術項目というのは捻挫や骨折、打撲や打ち身などが専門です。

つまり整骨院さんというのは専門は腰痛や肩こりなどではないということです。
病院に行ってもレントゲンをとったり注射を打ったり湿布を貼ったり電気 ということが中心ですから背骨の矯正をしているわけではありません。

肩こりというのは筋肉の凝りを伴いながら背骨のズレを起こしているのが原因ですから背骨のズレを矯正しなければいけませんが背骨のズレかどうして起きたのかというわけがあるということなんですがなにも原因がなくて背骨がずれたりすることはありません。

姿勢で背骨のズレを起こすことはない

姿勢が悪かったり猫背でも背骨がずれることはありません。
背骨というのは中枢神経系を守っている部分ですから簡単に姿勢で曲がったりすることはありません。

背骨が曲がるということは中枢神経系にも影響を出していきます。
そのため簡単に背骨が曲がったりズレたりすることはないということなんですが簡単に曲がることがない背骨のズレで起きるということはどういうことなのかという問題がありますがそれは体に溜まっていく疲れやストレスが原因です。

体には多くの疲れやストレスが溜まっていきますが疲れやすレスが溜まっていないという方はいませんので何をしても疲れやストレスが溜まっていくし何もしなくてもゴロゴロダラダラしていても疲れやストレスは溜まって増えていきます。

疲れやストレスというのは貯まるところがあるから溜まっていくわけですけど溜まっていくところというのは体ということは分かっていると思いますが全身の体にたまにながら弱い部分にさらに何十倍も多くの疲れやストレスを溜めていきます。

疲れやストレス

疲れやストレスの蓄積

何十倍も多くの疲れやストレスをためることが原因で体は内側から崩れ起こしていきます。
体の崩れで起きる時には弱い部分にたまると説明してましたが弱い部分というのは筋肉だったり関節だったりまたその他の部分が弱いということが多くあります。

体というのは何があるのかということを説明すると体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると水分が60 kg から70 kg にもなります。
水分が疲れやストレスを食べるということは聞きませんので後残った約40 kg の中に疲れやストレスをためてしまうところがあるということです。

40 kg の中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と内臓しか存在していません。

大脳や脳幹も内臓の一部です。

たまる疲れやストレス

筋肉にも疲れやストレスが溜まるということが分かっていると思いますが、あと残ったものはどこに溜まっていくのか。

疲れやストレスというのは弱い部分にたまる傾向がありますので体には弱い部分とそのでもない部分が存在しています。

そうでもない部分は痛みやこりになることもなく先将来の問題につながることもないので弱い部分というのは逆の部分なんです。
弱い部分というのは疲れやストレスを貯めやすく疲れやストレスを貯めていくと徐々に変化していきます。

弱い部分が肩の筋肉では肩こりになる可能性もありますが筋肉だけで起きていることはありませんので必ず背骨のズレが関係していますが背骨がずれると筋肉というのは骨から骨にくっついていますから骨が動くことで筋肉は伸ばされたり緩んだりします。
筋肉が伸びたりしたものがリンパの働きを悪くなって老廃物が多くたまる原因になります。

リンパの流れ、老廃物

何も原因がなくてリンパの働きを悪くなったり老廃物がたまったりすることはありませんので筋肉が緩んだり緊張したりすることでリンパの働きは悪くなっていきます。

もちろん、この時には筋肉疲労が重なっています。
背骨のズレが起きる時には特別なものではなくまた特殊なものではなく誰でもいつでも落ちているものなんですが起きている原因は毎日毎日の生活や仕事をすること屋運動することで積み重なっていく疲れやストレスが原因です。

疲れやストレスが溜まっていない方はいませんので誰でも多くとまっていますが単純に痛みやこりになっていないだけということです。

歪みやズレというのも程度と言うか段階がありますので軽いのから中程度から重程度から重症程度といろいろな段階がありますので段階に応じて痛みやこりになっていかなければいけませんが最近多くの方が睡眠負債状態を抱えている場合が多くあります。

睡眠負債

睡眠負債状態というのは大脳が弱っていきますので大脳が弱ると痛みやコリを感じにくく麻痺した状態や鈍感状態になっていきますのでどんなに体調を落としても関係ないという場合がありますが限界まで悪くしてしまって、やっと痛みやこりになるという方もいます。

睡眠負債というのは不眠症とは違いますので不眠症というのは寝ようとする時に1時間も2時間も3時間も眠れなかったり夜中に何回も目を覚ますことが不眠症です。
しかし睡眠負債というのは目が覚めることがないため多くの方が寝ていると勘違いしています。

眠りとは

眠りというのは大脳が休養とって寝ていることだけをいいますので熟睡状態のことです。
熟睡状態ができていないと寝ていないということになりますが調べてみると熟睡状態の時間というのは本当かどうかはわかりませんが2時間前後が必要だと考えられます。

しかし最近は多くの方が2時間も寝ていなくて1分も取れていないという方がいます。
睡眠負債状態というのは2時間以下の方というよりもどちらかと言うとかなり時間が少ない方のことを言います。

睡眠負債と肩こり
2018年12月01日