小顔矯正

小顔矯正をして顔を小さくしてボキボキもしないし痛くもない小顔矯正をしているので人気がある徳力整体院はどうですか。
当院では初回から顔が小さくなることで評判の良い小顔矯正をしていますが、小顔矯正をして行く時にはどうやったら顔を小さくすることができるのか、どういうことを検査することをしています。

アゴのライン

小顔矯正とは

顔を小さくすることができるのか検査することは特殊な検査法ですから誰でもどこでもできるものではありませんが当院では検査することで多くの方の顔を小さくすることで評判です。
小顔矯正をしていく時には小顔になるためには何をしたら顔を小さくすることができるのかということを説明をしていきたいと思いますが小顔矯正をしていくときに小さくなるのは頭蓋骨矯正ではありませんが頭がい骨の一部です。
頭というのは頭蓋骨という意味と同じですから顔を小さくするということは頭蓋骨の前側の顔の部分を小さくすることになります。

顔を小さくする為には

頭蓋骨というのは顔の骨も入れて頭蓋骨と言いますので頭蓋骨矯正をしていくわけではありませんが小顔矯正というのは頭蓋骨を小さくしていくということになりますが頭蓋骨の中でも前側の部分だけを小さくすることを小顔矯正と言います。
頭蓋骨矯正をしていくわけではないという風に説明しましたので頭蓋骨矯正と言うのは簡単な方法ではありませんので初回からできるものではありません。
しかし小顔矯正というのは初回から顔を小さくすることができる方法なんです。

何をしたら顔をが小さくなる?

では小顔矯正をして顔を小さくするためには何をしたら顔が小さくなるのかということなんですが顔というのは表面上では皮膚があって皮下脂肪があって筋肉や靭帯があって骨があります。
この中で顔を小さくしていくためにはどれかを減らしていくことをしなければ顔が小さくなりませんので顔にできてしまった脂肪を減らすことも顔が小さくなることでもありますしこの中には入っていませんがむくみも減らすことをして顔を小さくすることができます。
しかし小顔矯正をして行く時にはむくみや脂肪だけを減らせばいいというものではありません。
小顔矯正をして行く時には何をしたら顔を小さくすることができるのかということを考えなければいけませんので顔の皮膚や筋肉や皮下脂肪や骨が対象になります。

疲れやストレスと顔

顔の脂肪、浮腫みも

むくみや脂肪以外で減らすことができるのは何なのかということをこの中で考えることをしてください。
このどれかを減らすことをしなければ顔が小さくならないということです。
多くの方が小顔矯正を希望されて訪れていますが全員と言っていいほど小顔矯正の意味をわかっていませんので小顔矯正をする時には何をしたら小顔にすることができるのかということを考えると重要なことが分かってきます。
小顔矯正をしている時には顔を動かしたり口を動かすことでも運動になりますので筋肉を鍛えられることになりますから鍛えれば多少は引き締まった状態になります。
9時にストレッチをするようなものを加えて動かすことで筋肉は鍛えられて小顔になると言われていますが、それだけではありません。
小顔矯正をして行く時には単純に期待でばいいというものではなく鍛えれば鍛えるほど運動させていることにつながりますので運動した結果、鍛えられるところがむくみが多くなってしまいます。
運動したりすることで疲れやストレスが多くなるからです。

疲れやストレスも矯正に関係する

疲れやストレスというのは浮腫みを多くしてしまいます。
顔を動かしたりすることで引き締め効果はあると思いますが簡単な方法ではありませんので運動することで鍛えることと同じことですから簡単に筋肉を引き締めることはできなくなりますし、そのうちに浮腫みが多くなります。
仕事をしているときや何かの運動した時にする前よりも足がむくんだりするのは疲れやストレスが足に溜まっているからです。
何かをするということは動かしたりすることにもなりますので筋肉は鍛えられる結果になりますが筋肉は鍛えたり動かしたりする結果、筋肉疲労が起きていきますので筋肉疲労が起きるということは流れが悪くなりますから流れが悪くなった結果、むくみが多くなるということです。

顔を触って見る

小顔矯正をしていく時には小顔矯正に入る前に鏡で見て顔の輪郭を覚えてもらいます。
顔の輪郭を覚える時には何を見て覚えるとかと言うと右側の出っ張り度合いと左側の出っ張りと比べることです。

鏡で顔をみて

顔の左右が対象の人はいませんからつまり同じ人はいませんので必ず左右の違いがあるということなんですが違いを鏡で見て目で確認することができますので目で見て左右差を覚えてください。
例えばですけど右側が全体的に大きくて左側の頬骨のあたりが出っ張っているという感じの方が多いと思います。

鏡で見て顔の輪郭を覚えたら今度は目を閉じてください。
まずは目を閉じる前に両方の手首を合わせるようにしてくっつけます。
両方の手首をくっつけたら顎の部分に当てて手のひらと指を顔に密着させるようにして触ります。
そして次に手のひらと指が浮いていないかどうか確認してください。

顔を触ると言うことは

人の指や手のひらというのは密着させているようで浮いている場合があります。
浮いたところは顔を触っていないわけですから分からないと思いますので。
顔を触ることができたら今度は左右差を感じてください。
先ほど鏡で見たように同じように感じるかどうかなんですが目で見て覚えることと手で触るということは逆に感じてしまうくらい難しいんです。

迷ってしまうということはわかっていないということになりますのでわかっていないと顔が小さくなってもわからないという方がいます。

分からないという方は本当は重要な問題が潜んでいる方なんですが小顔矯正ところではない場合もありますので体を整えていくというよりも体を治していかなければ色々な部分のものが悪くなっていることもあります。

小顔矯正とは
自分の顔を確認する

小顔矯正をしていくときにはご自分で顔を触って覚えるということが一番わかりやすくなりますので他人がメジャーで測ったりすることもなくスタッフの人がメジャーで測ったり計測する機械で測ったりすることはありませんので自分の目や手を信用してもらうしかありません。
信用に値するほど触っているかどうかなんです。
ただ手を当てただけでは顔が小さくなったのが分かりませんので小顔矯正と言っても10 CM 20 CM を30 CM も小さくなることはなく、顔を矯正しても一センチ小さくなることや2 CM 小さくなることや同時にむくみが脂肪が減るということもあります。
たとえ顔が一cm 小さくなってもわかるように触っておいて欲しいんです。
単純に手を当てただけではわかりませんし顔を触っただけではわかりません。
一番は感じようとすることなんです。

感じようとする触り方

感じようとすると手の集中力と脳の感覚神経を働かせることができます。
これができない方がどんなに顔を小さくしてもわからないということです。
だからただ単に手を置いただけではわかりません。
小顔矯正をしていく時にはボキボキもしないし顔を無理やり押さえつけたりすることもないので一番安全な安心な小顔矯正をしています。

2018年11月30日