小顔矯正

小顔矯正をして顔を小さくするならボキボキすることもなく痛いこともなく初回から顔が小さくなる小顔矯正をしていますが小顔矯正をしていくときに深く関係するものが二つ存在しています。

小顔矯正

単純に何も考えずに小顔矯正をするようなものではなく小顔矯正をするためには頭蓋骨矯正の治療ではありませんが顔に影響を与えているということは頭蓋骨に影響を与えているということになりますので顔面骨というのは頭蓋骨の一部です。

顔というのは顔を小さくすればいいというわけではなく頭蓋骨の一部ですから頭蓋骨を小さくしていくということですけど頭蓋骨の前側にあるのが顔ですから頭蓋骨の前側の部分を小さくしていくというのが小顔矯正です。

小顔矯正とは

小顔矯正をしていく時には頭蓋骨を説明しなければいけませんが前頭骨や頬骨や上顎骨や下顎骨が頭蓋骨の中の前側の顔の部分になります。
小顔矯正をして行く時には何をしたら顔が小さくなると思いますか。

顔に多くなってしまった浮腫みや脂肪を減らすことでも顔が小さくなることはあります。

しかし単純に小顔矯正というのは顔にできてしまった浮腫みを減らすことでも小さくはなりますがそれだけではありません。
顔に多くなってしまった脂肪を減らすだけでも顔は小さくなると思いますが、それだけではありません。

顔に多くなってしまった脂肪や浮腫みを減らすというよりもどうして増えてしまったのかということを考えなければいけませんので何も原因がなくて脂肪、浮腫みが多くなることはありません。

顔に多くなってしまったむくみが脂肪が増えてしまう原因というのは全体的に疲れやすくですがたまっているのは原因になっていますので全体的に溜まった疲れやストレスは体にも止まりながら顔にもたまにながら頭にも溜まります。

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスは場所を選んでたまることはありませんので身体全体にたまるということですから体にもたまりながら手足にもたまりながら顔にもたまにながら頭にも溜まっていきます。

疲れやストレスの蓄積

小顔矯正をしていくときの顔というのは分別かして詳細化してみると皮膚と皮下脂肪と筋肉と靭帯と骨しか存在していません。

あとはむくみの原因になってしまうリンパ、血管、神経だけです。
何も原因がなくてリンパの働きを悪くなったり老廃物が溜まるということもありませんので何かの原因があるからリンパから流れが悪くなって老廃物が多くたまり浮腫になっています。
何も原因がないのにリンパの働きが悪くなっていたら大変なことです。

何かの原因があるからリンパの働きが悪くなり老廃物が多くたまりむくみになります。

どうしたら顔を小さくできる

そして小顔矯正をしている時にはどうやったら顔を小さくすることができるのか、どうしたら顔を小さくすることができるのかということを考えなければいけませんし小さくなったら小さくなったで持続力があるのか維持することがあるのかということを聞かれる場合がありますので説明をしていきたいと思います。
小顔矯正をしていく時には表面上に顔というのは皮膚と皮下脂肪と筋肉と靭帯と骨しか存在していませんのでこの五つの中で何をしたら顔を小さくすることができるのかという問題が生じてしまいます。

皮膚の下の脂肪を減らすことでも顔は小さくなりますし浮腫みを減らすことでも顔は小さくなると思いますが単純にそれだけでは少ししか小さくなることはできません。
さらにそれ以上のことをしなければ小顔矯正と言っても少ししか小さくなりませんのでそれ以上の小顔矯正が必要だということなんです。

小顔矯正をして行く時にはご自分で顔の大きさや幅などを覚えてもらうことをしていますが単純に触る方法ですが単純に触ってしまったほど感じようとしていませんのでわからないということがあります。
顔が小さくなっても小さくなったのがわからないということがあるということです。
顔が小さくなったのがわからないという方はただ単にてだけを顔に当てている方です。

小顔矯正をする

顔の触り方

手を当てるのではなく、感じようとしないと分かりません。
小顔矯正をする時には強制に入る前に鏡で見て顔の幅や輪郭などを目で見て確認をしてもらいます。
鏡で見る時には何を見て確認するのかと言うと顔の輪郭なんですが左右さを見て下さい。

顔というのはシンメトリーつまり左右が対象ではありません。
単純なことなんですが右側が全体的に大きいとか左側がホホ骨の部分が出っ張っているとかいう感じがあると思いますので意識をして左右を比べてみてください。

多くの方は右側の顔が大きくて左側の頬骨の部分が出っ張っている場合があるようです。
左右が違うこともあります。

顔というのは左右差があるということですから左右差を見に見て確認して次の段階に進みます。
鏡で見て左右がわかったら今度は目を閉じて手で触ります。

小顔矯正に入る前に

手で触る時の触り方なんですが両方の手首を合わせるようにして顎の部分に開けて手のひらと指を顔に密着させるだけです。

この時に鏡で見て手のひらや指が浮いていないかどうか確認してください。
人の手というのは触ったような感じでも実は浮いている場合があります。
浮いたところは幅を確認することができませんから指と手のひらを密着させるようにして顔を触っているか確認してください。

左右差を感じようとする

顔に密着させることができたら今度は左右差を感じようとしてください。
人の感覚神経というのは左右が逆転したように感じてしまっている場合がありますので、それほど簡単なことではないんです。

人においては鏡で見て確認したことと左右が逆に感じてしまうことがあります。
それほど難しいことですから簡単に手を置いただけではわからないということなんですが顔が小さくなったのが分からなければ意味もありませんし目で見るよりも手のひらで顔が小さくなったのがわかれば笑顔が違います。

左右差がある顔

鏡で顔を見て

当院では鏡で見て目で確認するよりも手で触って手だけで小さくなったとかわかるのを大切にしていますので全員の方に小顔矯正を希望された方はやってもらっています。
今まで多くの方の顔を小さくすることをしていきましたが100%の中で、2割ぐらいの方が分からないということがありますのでしっかりと触らなければ小さくなったのが分かりません。

小顔矯正をする時に顔が10 CM 20 CM を30 CM も小さくなることはありませんので小顔矯正をするときに変化するのは1 CM だったり2 CM だったり3 CM だったりという感じですから1 CM 変わってもわかるようにしておいてください。

顔が小さくなるのは

目で見ることは簡単なことなんですが何を見ているかということを考えてみなければ分かりませんしさらに手で触るということは簡単な方法ではありませんのでしっかりと触ってわかるように触ってください。
小顔矯正をしていく時にはボキボキもしないし痛くもないし顔をマッサージするような感じだと思えば近いと思いますのでマッサージ間隔で顔を小さくすることができますがマッサージをしているわけではありません。

顔を揉んだりしてマッサージしているだけで顔が小さくなることはありません。
ということはマッサージではないということです。

小顔矯正と疲れやストレスと睡眠負債
2018年11月29日