整体・カイロプラクティック

カイロプラクティックというのは整体とは違ってしっかりとした理論や学問になっていることで体系づけられている治療法の一つですが発祥はアメリカですが整体の技術が整わないうちにアメリカからカイロプラクティックという同じような治療法が入ってきましたので整体とカイロプラクティックは日本では同じような意味として捉えられています。

ボキボキしない

カイロプラクティックというのは整体と同じような意味だと言いましたがカイロプラクティックはアメリカで発展してきた骨盤や背骨の矯正術の治療法のことです。

整体とカイロプラクティックとは

整体というのは日本に昔からある骨盤や背骨の矯正術のことです。
同じような意味合いがあるカイロプラクティックと整体なんですが整体というのは柔道や剣道の師範をしている先生からでしに伝えられるものでしたから一子相伝という感じが強くあり広まることはあまりありませんでした。

整っているのはカイロプラクティック

そのため学問的にも整っていないものが多くあります。
しかしカイロプラクティックというのは学問的にも整っているのでアメリカの国家が認めている治療法の一つになります。

アメリカと日本で同じような矯正方が発展してきたという経緯があるからです。
アメリカでは背骨を矯正したり骨盤を矯正する技術のことをカイロプラクティックといいます。

日本では整体

歪みやズレから

日本では背骨を矯正したり骨盤を矯正する技術のことを整体と言います。
つまり同じような矯正法だったのですが治療法として国家が認められたものと治療法の体系を付けられることなく国が認めていないのが違いです。

厳密に言うと違いは大きくありますが今では整体もカイロプラクティックも似たような状態だと思ってもらった方がいいと思いますが後はしている先生自体でテクニックの技術に差があります。

テクニックの技術に上がるのはどこでも同じですから病院でも違いがありますし 整骨院の先生やマッサージの先生でも違いがあるようにカイロプラクティック院や整体院でも先生において違いがあります。

カイロプラクティックはアメリカ

整体やカイロプラクティックでも学ぶところがありますのでテクニックをどこで学んだのかどういうテクニックを学んできたのかどのテクニックを使うのかで治療法自体が治療院において違うのはどこでも同じだと思います。

エステなどでも技術に差の違いがあります。

技術の差

病院でも整骨院でマッサージ院でも鍼灸院でも整体院でもカイロプラクティック院でもしている先生自体がどれぐらい経験を積んでいるか勉強をしているか研究をしているかで意味が違います。
当院では院長が実際に治療を行っていますが30年以上前から勉強することをしていますので臨床的には色々な経験を積んでいると思っていますが完成することはありませんので今でも色々な事で研究をしたりすることをしていますのでテクニックを常に向上させることをしています。

今ではあまり行かなくなりましたが今まで色々なセミナーに東京に200回以上言っていることがありますし福岡のセミナーや仙台のセミナーや鹿児島のセミナーで色々なことを学んできました。

本場のアメリカから講師の先生がセミナーを行うものにも多数出席をしています。
整体やカイロプラクティックで行う矯正というのは体を矯正していくことなんですが実際に強制する部分というのは筋肉だったりじん帯だったりということもありますが主には骨盤の矯正と背骨の矯正になります。

毎日、毎日の生活や仕事、運動、精神的なプレッシャー、緊張と睡眠負債で多くの疲れやストレス

矯正は

しかし骨盤の矯正と背骨の矯正をする時にはどうして矯正をしなければいけないのかという意味がありますので検査することをしています。
背骨が歪んだりズレたりすることは日常的に起きていることです。背骨のズレやゆがみがあっても直結的に痛みやこりになるかと言うとそうでもありませんので歪みやズレというのも度合いと言うか程度があります。

歪みやズレというのも軽いのから中程度から重症程度からひどすぎるものかな色々な程度があるのですが、もちろん歪みやズレがひどければ、ひどいほど痛みやこりになります。
歪みやズレというのはどうして起きるのかと言うと、それは毎日毎日の生活や仕事をすること屋運動することや精神的なプレッシャーが加わることで生み出されていくものが原因です。

歪みやズレを矯正

歪みやズレというのはない方はいませんので全員の方が何らかの歪みやズレを起こしています。
歪みやズレが作られる原因としてあげられるものは疲れやストレスの蓄積です。
疲れやストレスというのは感じていない方は多くいますが溜まっていないという方はいません。

人が生きている限り生活している限り疲れやストレスは常に生み出されていきます。
気がついていない方が多くいますがスマートフォンに着音する音なんかも警報に近い音だからです。
気が付かせる音というのは多くは警報音に近い音になりますので警報音というのはやはり精神的に良くないものだからです。

これが毎日毎日の生活で積み重なっていくものなんです。

さらに体を動かしたり体を使ったりすることでも多くの疲れやストレスは生み出されていきますので疲れやストレスがないという方はいないということです。

さらに体を動かしたりするだけではなく最近多くの方が自分でも気がついていないぐらい睡眠負債状態に陥っていますが睡眠負債状態と不眠症は違います。
多くの方が睡眠負債状態と不眠症を同じような状態だと思ってしまっていますが不眠症というのは夫婦する時に1時間も2時間も3時間も眠れなかったり夜中に何回も目を覚ます野田不眠症です。

しかし睡眠負債状態というのは目が覚めることはありません。
夜寝たら朝まで目が覚めないから寝ていると思っています。

しかしこれが大きな勘違いなんです。

眠りは

目が覚めないから寝ているということは言えないと思いますので寝るということを考えてみると大脳が休養とって寝ていることをいいますので熟睡状態のことを言います。
目を閉じてスースー寝息を立てていれば人が寝ていると思うでしょうが実際には寝ているかどうかというのは判断はできません。

睡眠負債

眠りというのは見た目だけで判断できないのが眠りなんです。

夜、寝ようとするとすぐ眠れて朝まで目が覚めないと思うのが大きな勘違いですから夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えています。
睡眠負債状態で多くなっている睡眠というのは寝ながら考え事をしている睡眠です。
寝ながら考え事をして睡眠というのは一番、浅い睡眠ですから目が覚めないだけです。

睡眠負債状態では体が異常と思えるほど落ちていきますので自分でも感じていないぐらい体調を閉じていても鯛の王が麻痺状態になっていて弱っていては痛みやこり自分の体調を感じ取ることはできませんし体を弱らせば弱らせるほど風になっても発症しにくくインフルエンザウイルスが体内に入って増殖傾向を示していてもインフルエンザとして発症することはありませんので細菌やウイルスがたまりっぱなしになっています。

細菌やウイルスがたまりっぱなしになっている状態のことを「バカは風邪ひかない」と言います。

細菌やウイルスが体内に多く入っていると肌荒れが多くなったりしますので単純にそれだけでは済まないで体の中からやられていきます。

整体やカイロプラクティックの施術を受ける時には単純にボキボキしたりすることでもなくマッサージをしたり揉んだりすることでもなく低周波治療器や電気などをかけたりすることもなく体の状態を把握しながら検査していき体調を上げていくということをしなければいけませんが一番、難しいのは体調をあげるということなんです。

体調を上げる時にはマッサージしても上がることはありませんしサプリメントを飲んでも体調を上げることができませんし電気をかけても低周波治療器をかけても会長をあげるということはできません。

体調を上げることができるのは唯一自分だけなんですが自分だけの部分が異常と思えるほど弱っていればあげることは一生できないと思います。

自分だけの部分というのは大脳です。
つまり大脳に回復する力があるということなんですが大脳が弱っていては睡眠負債状態になっていたり疲れやストレスが多く蓄積していると回復する力はな生命機能の中枢である脳幹も徐々に落ちていきます。

2018年11月21日