小顔矯正

顔が小さくなる小顔矯正をしていくためには初回から顔が小さくなるので評判の良い小顔矯正をしていますが小顔矯正をしていくときに一番、関係するものが二つあります。
小顔矯正をしていく時には多くの方が顔を小さくするためだけに訪れていますが実は小顔矯正をしていくときには、初回に院長が「体調はどうですか」とか「調子は悪くないですか」とか聞く物に深く関係しているのです。

小顔矯正とは

小顔矯正とは

小顔矯正をして行く時には顔をどうやったら小さくすることができるのか。
小さくなったら小さくなったで維持することができるのかということを多くの方が疑問に思って訪れていますのでお答えしたいと思います。
小顔矯正をしていくときに本当に顔が小さくなるのかという疑問に対しては本当に顔が小さくなります。
そして顔が小さくなったら維持することができるのかという答えにはご自分の状態を確認する必要がありますので、それぞれで状態が違ってきます。
小顔矯正をして顔が小さくなったわけですから後はご自分の状態で関係するということですから小顔矯正のテクニック技術の差ではありません。

上手に小顔矯正をしても

どんなに上手に顔を小さくすることができる先生でもあることができてないと維持することや持続力はありません。
初回から色々してしまうと小顔矯正をした後に変化に体調がついていけない方がだるくなる場合がありますのでできるだけだるくなることは避けたいと思いますが、どうしても出てしまうかと思います。
それだけ変化があるということなんですが顔を小さくしていくためにもご自分の体調や体力が関係するからです。
体調や体力が落ちている方がだるくなる恐れがありますので注意しなければいけません。
小顔矯正をして行く時には顔を小さくするためにもご自分の体調や体力の関係が深く関係していますので体調や体力ある方ほど変化が大きくありますが変化がありすぎるとだるくなることもありますのでよくないこともあります。

ダルクなる

顔が小さくなるからダルクなることも

しかしそれだけ変化があるということなんです。
今まで多くの方の顔を小さくすることをしていますが小顔矯正をして院長から体調はどうですかとか調子は悪くないですかと聞かれると多くの方が同じ答えを返してきます。
同じ答えというのは体調はいいですとか調子は悪くありませんという感じなんですが検査をしてみると逆の事が分かります。
逆のことというのは骨盤の歪み骨盤の開きそして背骨のズレが大きくあるということなんです。
実は骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレがあるということは調子が悪く体調としているということなんです。
骨盤矯正だけではなく小顔矯正をしていくときにも骨盤の歪みや骨盤の開きと背骨のズレが深く関係してしまいます。

顔の左右差

顔を触って小さくなったのがわかる

できるだけだるくなることがないように小顔矯正を希望されて訪れていますので顔だけ触って矯正をしていきますが顔を触って小さくすることをしてもだるくなることがあります。
小顔矯正をする時にはまずは鏡で見て顔の大きさを確認してもらいます。
顔が小さくなったのが分かるようにしていますので鏡で見て顔の大きさを確認してもらいますが詳細を言うと顔の輪郭を見て覚えるということなんです。
人の顔というのは左右が対象ではありませんので左右の大きさが違います。

顔の形は違う

例えばですけど右側が大きいとか左側の全体が大きいとかいうことがありますので右側が全体的に大きければ左側の頬もねの部分だけが出っ張っているということが多くあります。
これを鏡で見て覚えてもらうわけです。
まずは鏡で見て自分の顔の輪郭を覚えてもらい判断してもらいます。
顔の左右差がわかったら今度は手首の部分を合わせるようにして触り顎に当てます。
そして次は手のひらと指を顔に密着させるようにして触ってください。
ただ手を置いただけではわかりませんし顔を触っただけではわかりませんので、何をしたらわかりやすいのかと言うと左右差を感じようとすることです。
顔には左右差が存在していますので顔の左右差を覚えるようにして触ることを大切にしています。

顔の触り方

しかし目で見るよりも手で触るという行為は大変難しいことですから簡単なと思って触ってしまったかたほど顔が小さくなってもわからないということが本当にあります。
手だけで触るということは逆に感じてしまうこともあるからです。
しかし手で触って顔が小さくなったのがわかれば笑顔が違いますので鏡で見るよりも納得するよりも手で触るということが一番大切になります。
そのためまずは鏡で見て顔の輪郭を覚えて左右差を見てください。
目で見た左右さを覚えたら今度は手で触って左右差を感じ取ってください。
左右差を感じ取ることができたら小顔矯正をしたあとに、もう一度触ってもらった時に本当に顔が小さくなったというのがはっきりとわかると思います。

鏡でみる

顔の変化がわかること

小顔矯正の方法は顔を無理やり押さえつけたりすることもなく顔が痛いということもなくマッサージをするような感じで顔を揉んだりしているだけで顔が小さくなっていく小顔矯正をしていますので安心なんですが本当にマッサージをして顔が小さくなるのかと言うとマッサージをしたりしてもなりません。
一番近い言葉を探せばマッサージをしているような感じだという風に説明をしていますがマッサージをして筋肉を揉んだりしても循環を良くしてもリンパの働きを良くしても体調をあげても顔が小さくなることがありません。

マッサージ感覚の小顔矯正

ということはマッサージではないということです。
しかし一番、近い言葉を探せば顔を揉んだりして小さくすることをしていますのでマッサージ感覚だと説明をしています。
マッサージ感覚で感覚で顔を小さくすることをしていますがマッサージをしているわけではありませんので注意してください。

小顔矯正と疲れやストレス
2018年11月20日