肩こり

肩こりを楽にしていくためにはどうしても肩こりと言うと筋肉のコリというイメージが強いために多くの形は筋肉のこりだと思い込んでしまって筋肉ばかりほぐしたりマッサージをしたり湿布を貼ったりサプリメントやドラッグストアなどで売っている健康食品などを飲んでいる場合が多くあります.

肩こりとは

肩こりとは

普通一般的には肩こりが起こしてる場合は触ってみることで筋肉のコリというのがわかるということもありますが筋肉の硬さも人それぞれ違いますのでどこをどういう風にして判断しているのかということをできなければ本当の意味で肩が凝っているのかどこから来ているのかということを見つけ出すことはできません.
肩こりになってしまった方は湿布を貼ったりすることでも肩こりが楽になることがあります。

肩こり解消法は色々ありますが

ドラッグストアなどで売っているサプリメントや健康食品を飲んだりすることでも肩こりを楽にすることはできる可能性もあります。
家族の方に肩を揉んでもらったり肩を叩いてもらったり専門家の先生にマッサージをしてもらうことでも肩こりを楽にすることはできる可能性もあります。
色々な治療院で用いられている低周波治療器や電気などをかけても肩こりを楽にすることができる可能性もあります。
しかしこれらの治療法というのは筋肉ばかりを対象として扱っていますので本当に筋肉のコリが起きているのかということを分かって判断しなければいけませんが多くの方の専門家の先生もしっかりとした検査をしている場合は少ないようで。

肩こりになる時には

疲れやストレスからコリに

肩こりを起こしている筋肉のコリというのは緊張や筋肉疲労や乳酸が多く溜まった状態でリンパの働きが悪くなって老廃物が多く蓄積していき循環が悪くなるということで肩こりになっているという感じなんですが運動不足を疑われる場合もありますのでストレッチをしたり運動したり筋肉を鍛えたりすることで肩こりを解消させようとする動きもあります。
しかし筋肉疲労が起きているのに筋肉を運動させるということ忘れじをするということは疑問に思わざるありません。
筋肉疲労というのが筋肉を動かしたり筋肉を鍛えるということで本当に解消するのかということなんですが筋肉疲労が起きているのに筋肉を使うということは疑問があります。
筋肉が疲労している時に鍛えたりすると痛める場合が多くあります。

筋肉のコリからコリに

何でもかんでも筋肉を鍛えればいいというものでもなく筋肉を動かしたりすることも解説がわかりませんが時と場合によります。
筋肉疲労が起きていると何でも何も考えずに運動不足かなと思う方も多くいますが運動不足だと思うことなく筋肉が疲労しているということを考えなければいけませんので体が疲労している時に運動していいのかということがあります。
専門家のトレーラーさんもそういうことがよくはしっかりと知っていない場合がありますので簡単に何もわからずに当たり前のような状態を言っている場合が多くありますから注意しなければいけません。

疲労が起きることがコリに

何かの症状が体に対して起きる時には全てに対して疲労が伴っています。疲労がなくて起きる痛みやコリなどの症状はないということです。
必ず何かの症状が起きる時には筋肉疲労を伴いながら起きていますので筋肉疲労が起きている時には疲労を取ることをしなければいけませんが疲労を取るためには運動、鍛えることは全然意味からして違います。
特に日本人の特徴なんですがなにかの症状が起きてしまったら運動不足とかいう感じで思い出す炒めアスレチックジムに通う方も多くいますが何かをするということは色々な疲れやストレスが多くなってしまいます。

疲れやストレスの蓄積

疲れというのは疲れという感じになりますがストレスというのは意味不明な言葉ですから英語で言うとストレッサーという言葉やストレスという言葉がありますが欲求不満という感じや抑圧という意味になりますので本当の意味でのストレスという意味ではなっていません。
つまりストレスという言葉は作られた英語です。
ストレスが溜まったと言い変えることはできるのは疲れが溜まったという意味になりますから疲れやストレスというのは同じ意味になります。
体には毎日毎日の生活や運動することや仕事をすることや精神的なプレッシャーを加えられることで色々な疲れやストレスが多くなるものばかりなんですが積み重なっていくためには生み出されなければいけませんので多くの疲れやストレスが生み出されていくということですが生み出されたものはすべて体に溜まっていきます。

筋肉疲労から肩こり

疲れやストレスの蓄積でコリに

体に溜まってしまった疲れやストレスというのは大変多く蓄積していき減らさなければいけませんが多くの方は減らすことをしていませんし減らすことができていません。
疲れやストレスを減らすというよりも解消していくためには何をすればいいのかという問題なんですが美味しい焼肉を食べても栄養がある鰻を食べても疲れやストレスは減ることはありません。
精神的なストレスを減らす為には精神 S という意味をよく理解しなければいけませんが精神的なストレスというのは大脳のストレスになりますので実体があるということですから実体があるものから減らさなければ本当の意味でストレス解消にはなりません。
大脳に溜まってしまった精神的なストレスというのは気分転換をすることで多く発散できるようです。気分転換で発散できるストレスというのはカラオケに行っても気分転換になりますし飲みに行くことでもつ気分転換にもなりますから温泉旅行に行くことでも温泉に入ることよりも気分転換的に露天風呂に入って景色を見たり空を見上げたりゆっくりすることが気分的なものを発散状態につながりますので発散状態でストレスが解消されるものもあります。

ストレス発散

しかし大脳のストレスというのは気分転換くらいで減ることはありませんので気分転換できるレベルのストレス発散というのは低レベルのストレス発散になります。
体には毎日毎日の生活や運動することや仕事をすることや精神的なプレッシャーで疲れやストレスが多く蓄積していきますが多くのものはたまりっぱなしになっています。
このたまりっぱなしになっているものが肩こりにつながっています。
たまりっぱなしになっている疲れやストレスが筋肉に影響を与えながらさらにその奥の方の部分に疲れやストレスを溜めてしまうところがありますので疲れやストレスを置くためてしまったところほど背骨のズレになります。
背骨のズレというのは体の奥に溜まってしまった疲れやすいですが原因なんですがもう少し具体的に疲れやストレスがたまるところというのはどこなのか。
疲れやストレスが体にたまるところというのは本当に奥の方に溜まっていきますので簡単に減らすことができないレベルです。

減らないのが疲れやストレス

疲れやストレスというのはマッサージをすれば減るかと言うとそういうものではありません。
疲れやストレスを減らす為にはサプリメントを飲んでも栄養があるものを食べても減ることはありません。
疲れやストレスは簡単に減らないであるものに変換されます。
疲れやストレスが多くなればなるほどあるものに変換されていくわけですけどあるものというのは細胞を変化させるエネルギーになります。
細胞を変化させるエネルギーというのは老化させていくということなんです。
例えば筋肉も老化します。
老化しないところはありませんので一年に一才歳をとるものは暦の出来ですから暦歴で言うと一切しか年を取りませんが体の年齢はそうはいきません。
体の年齢が大きく変化していくところというのは人にとって弱い部分であります。

弱い部分にたまる

人の体というのは弱い部分とそうでもない部分が存在しますのでそうでもない部分はあまり関係しませんが弱い部分はそうはいきません。
人の体には弱い部分というのはありますから弱い部分には疲れやストレスが溜まりながら徐々に細胞を変化させていくことにもなります。
弱い部分の細胞が変化していけば最終的には病気という感じになります。
しかし変化が完成するまではまたは方向が同じ方向の方に向かわなければ数値できない以上は出ませんので病気という認定は最終的に出ない場合もあります。

肩こりとは疲れやストレスから

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからからカイロプラクティック徳力整体院

2018年11月19日