肩こり

肩こりを楽にしていくためには筋肉ばかりに注目している方法が多くありますが30年の経験からして肩こりが筋肉だけで起きていることはあまりありませんが筋肉をほぐしたりすることで肩こりを一時的に楽にすることはできます。

肩こりと言うとどうしても筋肉というイメージが強くあるために筋肉の凝りばかりほぐしてこりを楽にしていることが多くありますがどうして筋肉のこりが起きるのかということを見つけたっていませんので戻りやすく繰り返しやすくコリが起きていない時でも原因は進行している場合が多くあります。

  • はてなブックマークに追加
  • 肩こりを楽にするなら筋肉のコリだけではないので背骨のズレも関係しています
肩こりになる筋肉

肩こりのコリとは

肩こりのコリという意味は意味不明な言葉でもありますからイメージがしにくくコリというのは筋肉が緊張したり硬くなったりすることで筋肉疲労から起きている場合が多くあります。

肩というのは意外に多く使うことがありますので肩を使うことで多くの筋肉疲労は確かに生み出されていきます。肩を使うことというのは荷物を持ったりすることでも指や腕でもつと思いますが肩にも力が入っていますので力が入ることが筋肉疲労につながることはあります。
重たいものや軽いものに関係なく持ったりすること自体で指や腕や肩を使っていますので筋肉疲労というのは積み重なっていきます。
確かに重たいものを持つことでも余計に負担にはなりますが軽いものでも負担になることはあります。

肩にバッグなど思ったりすることでも筋肉疲労は起こります。
手紙を書いたりすることでもパソコンでキーボードを打ったりすることでも異常に肩に力が入っていますので筋肉疲労は起きてしまいます。
スマートフォンで文字を打ったりする時でも指や腕や肩に力が入っていますので筋肉疲労は起き疲れが積み重なっていきます。

筋肉疲労からコリが

しかし普通は筋肉疲労が起きた時には美味しいものを食べたり栄養があるものを食べたり寝ることでも筋肉疲労は解消していくはずなんです。
体の構造から言うと筋肉疲労は筋肉疲労を解消するホルモンというものがありますので筋肉

疲労を解消するホルモンが正常に分泌されている時には筋肉疲労は解消していかなければいけません。
筋肉疲労が起きると乳酸の蓄積が起きたりすることで筋肉疲労が増強されるということはあります。
筋肉を修復するホルモンというものが出て筋肉を修復してくれるということもあるそうです。
実は肩こりのこりというのは筋肉の疲労ということで説明をしましたが筋肉のコリだけで起きているものはありませんので筋肉のコリがどうして起きているのかということを見つけ出さなければいけません。

疲れやストレスから肩こりに

コリを解消する為に

多くの方が肩こりが起きてしまうとドラッグストアなどで売っているサプリメントを飲んだりしてのも肩こりを楽にすることができますし筋肉疲労の部分に鎮痛効果がある湿布などを貼ったりすることでも楽に感じてしまうことがあります。

しかしそういう行為ばかりしていると原因を見つけ出すことをしていませんし考えることもしていませんので原因もいつまでも同じままではいられません。

肩こりと言うと家族の方に揉んでもらうことも筋肉疲労を除去する一部分ですから筋肉が疲労してしまうとをしたり揉んだりすることで解消する場合も多くあります。
しかし筋肉疲労が解消しても楽に感じてしまっても肩こりが治ったわけではないと思います。

何をするとコリが楽になるか

肩こりを治すためには原因を見つけ出さなければいけませんしどうして肩こりが起きているのかということを考えなければいけません。
専門の先生に肩を揉んでもらったりマッサージをしてもらうことでも肩こりを楽にすることは出来ると思いますが、どんなに上手いマッサージをしても原因が残ったままになっていますのでマッサージというのは筋肉に対してしている癒しです。

マッサージの専門の学校に入ってはじめに教わることはマッサージというのは癒しだということで襲われそうですから筋肉というのを揉みほぐしたり揉んだりすることで楽に感じたり気持ちがいいと思うかも分かりませんが、癒しているだけですから治療しているだけではありません。

多くの治療院で用いられている電気機械や低周波治療器というのも肩こりを楽にすることができると思いますが低周波の電気を肩の部分に当てて電気を流すことをして筋肉を運動させることをしています。

電気でコリを楽にする?

低周波治療器や電器

プラスの端子からマイナスの端子に電気は流れていきますのでプラスからマイナスへ電気が流れるということで筋肉疲労を運動的に動かすことで流れを良くしてリンパの働きを解消したり老廃物を流れるようなことをしています。
しかし電気というのは体にとって良いものではありませんので低周波の電気であろうといいことはないと思いますので余計に筋肉疲労が生まれて積み重なっていくということがあると思います。

当院でも昔は低周波治療器などを使っていましたが今では一切、電気、機械、低周波治療器などを使うことはしていません。
電気や機械などを使ってしまったり低周波治療器を当てて頼ることは簡単にできると思いますが原因を見つけ出すこともなく検査をすることもなくただあてて寝ているだけでオッケーですから簡単でいいと思いますが、患者さんの体にとっては悪影響があると思います。

しかし肩こりというのは原因がわかっていませんので湿布を貼ったりドラッグストアで売っているサプリメントを飲んでありマッサージをしたり電気をかけることしかできません。
そのため本当の原因を見つけ出すことを遅らせる結果になっています。
どうして体には痛みやこりが起きるのかしっかりとした原因があるわけですからその原因を見つけ出さないで抽象的な表面的なものばかり解放して楽にすることをして直したと思うことは全然意味が違うと思います。

コリがわかる?

肩こりというのは肩の部分を触ったりすることでも肩こりが分かるという方がいると思いますが筋肉の張りやかたさというのは皆さん違いますので一概に触ってわかるということはないと思います。

しかし肩こりで 来院しているわけですから肩の筋肉を触って、こっているね、張っているねといえば間違いはないと思います。
どうして肩の筋肉は凝ったりはったり肥料起こして乳酸が多く蓄積しているのかということを見つけたさなければ本当の意味で改善することにもなりませんし治療という言葉は使うことはできないと思います。

肩こりというのはひとつの原因で起きていることはありませんのでいくつか重なった状態で複雑に絡み合って起きている場合が多くありますから余計に原因を見つけ出すことは簡単なことではなくなっていきます。
当院で検査をしてみると多くのことが分かって行きますがまずは体調が悪いということをさせています。

疲れやストレスと肩こり

体調と肩こり

体調が少しだけ良い時には肩こりは軽く感じてしまいます。
体調が悪く落ちてしまった方は肩こりを強く感じてしまうことがあります。
日によっても違いますし午前中と午後でも違いがありますから疲れたりすると余計に体調が悪く落ちていきますので午後の方や夕方の方が肩こりを感じてしまうという方があります。

単純に筋肉疲労が起きる時には総合的に体調が全体的に落ちている時に強く感じてしまいますので体調を上げていかなければいけませんが元来、体調を上げる治療というのは少ないと思います。
体調を上げる治療というのは焼肉を食べても鰻を食べても体調は上がることはありませんし脂っこいものを食べれば食べるほど負担になることもありますので焼肉を食べて元気になったという方はいませんしうなぎを食べても元気になったという方は少ないと思いますから多く食べれることが焼肉を食べたり美味しかったということになります。
サプリメントを飲んだりしても栄養がある物の錠剤を飲んでも元気になることがありませんし翼が生えることもありません。

栄養でも肩こりは楽になる

サプリメントというのはあくまでも栄養補助食品ですから食べれなかったりばらつきがあったりする方が食べたりするのがサプリメントです。
いつのまにかサプリメントというのは意味が違って宣伝したり使ったりすることがありますが栄養失調や食事にばらつきがあったりする方が服用した方がいいのがサプリメントですから普通の食事で補ったほうがいいと思います。

しかし単純に1日に摂取しなければいけない栄養などを取ることはできないというので補うという方もいるかも分かりませんがそんなにばらつきはないと思います。
サプリメントや錠剤で服用するよりもどちらかと言うと口を動かして料理を食べた方が味を味わうことも出来ますし楽しみになると思いますから食べられれば口から入れた方がいいと思います。

しかし単純に行く力入れればいいというわけではなく口から入れても内臓が元気に働くことで栄養やミネラルやいろいろなものを作ってくれることがありますので内臓の負担にならない限りはいいと思いますが最近、多くの方が疲弊状態の内臓起こしている場合があります。

肩こりの方が 来院てみると検査をしてみると体調が異常に悪い肩や骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが多くある方がいるのが現状ですから大きくズレたところほど筋肉疲労が起きるというよりも背骨がずれて引っ張られたことで筋肉は緊張したり緩んだりすることで肩こりになっていると思います。

背骨のズレとコリ

肩こりと言うと背骨のズレが ありますので背骨のズレを矯正しないといくら筋肉ばかり揉みほぐしたりマッサージをしたり電気をかけても背骨のズレは残ったままになっていますし背骨のズレが、どうしていたのかという原因が裏側に潜んでいます。

何も原因がなくて背骨がずれたりすることはありません。
何かの原因があるから背骨がずれるほどのものが起きているということですから筋肉ばかりに注目してしまわないで背骨のズレを矯正したりすることはもちろんですが、どこから背骨のズレが起きているのかということを考えなければいけませんし見つけ出さなければいけません。

背骨のズレが起きるのは背骨というのは内臓に関係していますので背骨のずれが起きる時にはある内臓が病気というわけではなくて内臓にも毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することで多くの疲れやストレスが溜まっていくということがあります。

体が疲れたと言う割には疲れやストレスがどこにたまるのかということを考えている方はいませんし専門家の先生も知らない場合が多くあります。
疲れやストレスがたまるところというのは体には何があるのかということを考えてください。

たまる疲れやストレス

例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると60 kg の水分が出てくるそうです。60 kg グラムの水に疲れやストレスが溜まるということはないと思います。

ということは後残った40 kg の中に疲れやストレスがたまるところがあるのかも分かりません。

あと残った40 kg の中には皮膚と皮下脂肪と筋肉と靭帯と神経と血管とリンパと骨と内臓しかありません。この中に疲れやストレスがたまるところがあるわけですけど筋肉にたまるということは分かっていると思いますので筋肉以外のどこにたまるのかということを考えてみると内臓しかないということになります。

ストレス発散
2018年11月16日