小顔矯正

顔を小さくしていく小顔矯正ならボキボキもしないし痛くもないと評判の良い小顔矯正をしている当院の小顔矯正はいかがですか。

当院では30年間の経験から初回から顔を小さくすることができますが小顔矯正をしていく時には関係する二つのものがあります
小顔矯正をしていくときに関係している二つのものと言うのは疲れやストレスの蓄積と睡眠負債です。

小顔矯正

顔が小さくなる小顔矯正

今まで多くの方の顔を小さくすることをしていきましたが全員と言っていいほど体調がすごく悪い方ばかりです。

院長が「体調はどうですか」とか「調子は悪くないですか」と聞くと必ず「全員の方が体調はいい」ですと返してきます。
しかし当院の院長は検査することができますので検査をしてみると体調が良い所ではないということがわかります。
体調が悪いと証拠は、骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレがあります。
体調が悪かったり体調を落としているということはかならず骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレになります。

無理な小顔矯正ではありません

本当は小顔矯正と言っても顔だけ小顔矯正をしていくと無理があります。
しかし初回から色々なことをしているとだるさが出てしまいますのでだるくならないようにしていますが全員の方が、だるくなる可能性があるほど体調落としています。

小顔矯正をして行く時には初回は顔だけ触ってできるだけ顔を小さくすることに専念していますが顔だけ触っても体調を落としていたり調子が悪かったりするとだるくなることがあります。

顔しか触っていないのに体がだるくなることがあるんです。
顔しか触っていませんので揉み返しとは違います。

顔しか触らなくても顔に多くの老廃物が溜まっていたりリンパの働きが悪くなっていると顔を小さくしていくためには老廃物を流してありリンパの働きを良くしなければいけませんので老廃物が流れていくと処理が間に合わなくなりますので腎臓機能の問題からだるくなることがあります。

老廃物というのは最終的には腎臓が処理をしますので腎臓の働きが低下して落ちていればだるさが出てしまいます。

小顔矯正でもダルさが出ることも

当院でもできるだけダルさが出ないように気をつけていますが患者さん側とってはできるだけ顔を小さくしてほしいという希望がありますけど顔を小さくすればするほどダルさが出る確率が上がってきます。
患者さん側にとってはできるだけ顔が小さくなることを希望していますのでできるだけ顔を

小さくして欲しいと言いますが院長が、だるくなってもいいですかと聞くと簡単に「いいです」と答えていますが後でだるくなったと電話される方もいます。
小顔矯正をしていくときにはできるだけ顔を小さくすることをしていますが希望も揃うようにしなければいけませんので板挟みの部分があります。

左右差がある顔

体から整える小顔矯正

普通一般的に小顔矯正をして行く時には体から整えていくことが基本型ですが体から整えていても顔が小さくならないということもありますが、当院では顔を触らなくても体を整えていくことで顔も少しは小さくなっていきますが患者さん側にとっては少しでは我慢ができないようです。

そのため小顔矯正を希望されて訪れた方の多くは顔を触って顔を小さくすることをしていますがあまりにも大きく変化してしまうとだるさが出てしまう可能性が増えてしまいます。
特に小顔矯正をしていくときに小さくなりやすい部分というのは顎のラインです。
顎のラインが小さくなるというよりも細く引き締まっていくという効果がある小顔矯正です。

右側と左側の顎のラインを引き締めるためにもどうすればいいのかということを考えながら細くなるように引き締まるようにしていきます。
もちろん引き締まるためには、浮腫みや脂肪を減らさなければいけません。

小顔矯正をするには

小顔矯正をして行く時にはどうやって顔を小さくしていくのかという疑問があると思いますので説明をしていきたいと思いますからしっかりと聞いてください。
小顔矯正をして行く時には検査することをしていますが検査するということは何を検査するのかという問題なんですが顔の状態を検査することをしています。

小顔矯正をしている時には顔の検査するということですが顔の形や輪郭などを検査するのではなく見栄えを検査するのではなく顔の状態を検査するということなんですが顔の状態と言っても抽象的ですから意味不明ですね。

小顔矯正をしていく時には無理矢理、顔を小さくすることをしていませんし顔を無理やり押さえつけたりすることもしていません。

当院では小顔矯正をしていくときにはできるだけ自分で小さくなったのが分かるようにしているのが特徴なんですが自分で顔の大きさは把握するというのは大変、難しいことですから簡単に触ってしまった方ほど小さくなってもわからないという方がいます。

自分で感じることができる

小顔矯正をする時には小顔矯正をする前に自分の顔を触って覚えてもらうことをしていますが手で触ることをしてもらう前にあることをしてもらった方が分かりやすいと思いますのであることというのは院内に鏡を置いていますので鏡で自分の顔の形を覚えてもらうことをしています。

つまり自分で顔の形を見るということをしてもらうということなんですが目で見て何を確認するのかと言うと顔の輪郭の左右差です。

顔というのは全員と言っていいほど左右が対象の人はいませんので左右 の違いを目で見て覚えてもらうということをしています。
例えばですけど鏡で見て右側が全体的に大きいと感じたり左側の頬骨の部分だけが出っ張っていると感じることがあります。

鏡の中の自分の顔の形をしっかりと覚えてもらうことをして次の段階として自分の両手で顔を触ってもらうことをしています。
この時に多くの方が顔の左右を違えてしまう場合もあります。

鏡でみる顔は

顔を触ることが重要

矯正に入る前に手首を合わせるようにして顎の部分に当てて手のひらと指を密着させるようにして触るのが小顔矯正の触り方ですが、鏡で見た時の顔の左右が違うという方もいますのでそれほど難しいんです。
しかし手で触ってわかれば笑顔が違いますのでなんとなくではなく実感できるようにしているのか通りの特徴ですから自分の両方の手のひらで顔の輪郭を触って覚えるようにしてもらいます。

単純なような触り方なんですが大変難しい触り方ですから何も考えずに触ったりしたらわかりませんしておいてなければわかりません。
両方の手首を合わせるようにして顎の部分に当てて手のひらと指を密着させるようにして顔をに触り左右さを感じます。

先ほど鏡で見たような感覚でしっかりと触って覚えてもらうことをするとわかるんですが単純に手を開いただけでは分かりません。
顔に手を当てて感じようとしてください。

顔に手を置いて左右差を感じようとしてください。

感じようとしたり左右さを感じようとしたら手の集中力と大脳の感覚神経がしっかり働き出しますので大脳の感覚神経が働くことで手の集中力が増しますから、増した状態でしっかり触ってもらうと小さくなったのが分かります。

鏡で自分の顔を映して左右さを見て次の段階として両方の手首を合わせるようにして手のひらと指を密着させるようにして顔を触るということは簡単なことではありませんので単純に

手を置いただけでは分かりませんし触っただけでは分かりませんので左右差を感じようとするということが一番大切ですし、どれくらい脂肪があるのかということを摘んだり手のひらで触ったりすることも大切です。

今まで多くの方の小顔矯正をしていきましたが小顔矯正の多くの方が自分でも気がついていないくらい体調落としていますので体調を落とした方ほど矯正した後にだるくなることがあります。

しかも顔だけしか触っていないのにだるくなることもあるんです。

顔を小さくしていくためには変化があります。顔が変化するのも身体全体に影響を与えてしまいますので身体全体の影響から変化が起こり老廃物が多く流れることもありますので腎臓の働きの低下した方や体調の悪い方ほど、だるくなることがあります。

当院では小顔矯正をして行く時にはボキボキもしないし顔を無理やり押さえつけたりすることもない矯正をしていますので安心安全で矯正ほど安心な小顔矯正はありません。

顔が小さくなっても自分でわからなければ意味ありませんので自分でしっかりと両方の手のひらで顔を触るという行為を大切なことだと思っていますからしっかりと触って覚えるようにしてください。

単純に小顔矯正だけをしても顔が小さくなっても体の歪みやひらきや背骨がずれてガタガタ状態になっているでは持続力もありませんから顔の小ささを維持することはできませんので体の調整も大切な小顔矯正の一つです。

最近は多くの方が疲れやストレスの蓄積だけではなく睡眠負債状態を多く抱えています。
睡眠負債状態というのは自分でも気がついていない方が多くいますが寝ているようで眠れていないのが睡眠負債です。

疲れやストレスと小顔矯正
睡眠負債と小顔矯正

夜、寝ようとすると朝まで目が覚めないから寝ていると多くの方が思っています。しかし院長が検査をしてみると体調がすごく悪く落ちていることがあるんですが普通だったら寝込んでいなければいけないほど体調が悪いのに院長から「体調はどうですか」とか「調子は悪くないです」とか聞かれると多くの方が同じ答えを返してきます。

同じ答えというのは 「体調が悪くありません」という感じ」や「調子はいいと思います」と簡単に答えてしまっていますが睡眠負債状態の方は自分の体調がわからないという方も多くいます。

普通は背骨がずれて椎間板ヘルニアが起きている場合、歯の痛みのようなものを感じたりしていることが普通です。椎間板ヘルニアというのも程度と言うか段階もありますが軽いのからひどいのからひどすぎるのから色々なものがありますが椎間板ヘルニアというのは歪みやズレの上の状態をさせています。

普通は骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレが起きるのは体調が悪く疲れやストレスが多く溜まっていることが原因で起きている現象ですから体調の悪さを感じなければいけませんしその部分のズレが、どうして起きたのかという問題も生じてしまいます。

また普段の生理痛や生理不順や便秘などでも起きている場合もありますので生理痛や生理不順や便秘の方も時々は軽くなったりひどくなったり程度という段階があると思いますので体調が落ちた時ほど生理痛がひどく感じたり生理不順が強くを多くなったり便秘が起きやすくなっていきます。

体の歪みから

普段から起きているものですが分かっていないという方もいますので普段から起きてる現象も程度が変わっている場合もあります。
睡眠負債状態というのは不眠症とは違いますので寝ようとすると1時間も2時間も3時間も眠れなかったり夜中に何回も目を覚ましたりするのが不眠症です。

しかし睡眠負債状態というのは夜一度、寝たら目が覚めることはありません。朝まで目が覚めることがないのが特徴なんですが一番、浅い睡眠になります。寝ている本人にわからないのは当然だと思います。寝ているからです。

睡眠負債と小顔矯正
2018年11月06日