骨盤矯正

骨盤矯正で骨盤を小さくしていくためにはどうすれば骨盤が小さくなるのか小尻にすることができるのかということを検査をして見つけ出すことをしていますが今まで多くの方の骨盤を小さくすることに成功していますが全員の方が体調を落としていますので体調を落とせば

骨盤矯正

骨盤が大きくなり歪みや開きだけではなくなっているのが多くなっています。
骨盤矯正をしていく時には疲れやストレスの蓄積と睡眠負債状態が深く関係をしています。

単純に骨盤を小さくすればいいというわけではありません。

単純に骨盤の歪みは骨盤の開きを矯正すれば骨盤が小さくなるのかと言うと少しは小さくなると思いますが維持することや持続力はないと思います。

骨盤矯正をして骨盤を小さくするためには、どうすれば骨盤が小さくなるのか何をすれば骨盤を小さくすることができるのかということを判断しなければいけませんので判断するためにも検査することをしています。
骨盤矯正を希望されて訪れた方は検査をしてみると体調がすごく悪くなっている場合が多くありますので体調が悪いということは疲れやストレスを溜めてしまっているという結果になります。

骨盤矯正をして行く時には疲れやストレスの蓄積と睡眠負債状態が深く関係するということですから疲れやストレスを減らしていくことをすれば骨盤が小さくなっていくという骨盤矯正をしていますので無理な骨盤矯正ではなく痛い思いをする骨盤矯正でもありません。

骨盤を正常に戻すと骨盤が小さくなっていきます

骨盤を正しい状態に戻すことで骨盤が小さくなっていきます。
骨盤が正常状態に戻って行くと周辺のむくみや脂肪も代謝が良くなるというよりも減りやすくなります。

逆に考えてもらえれば骨盤が異常になっているから骨盤周辺にむくみが脂肪が増えてしまっています。

正しい状態に骨盤を戻していくだけで骨盤が小さくなっていくという骨盤矯正ですから安心して受けてもらうことができます。

当院では骨盤矯正をしていくときに初回から骨盤が小さくなっていきますので必ず始めから骨盤の幅を触って覚えてもらうことをしていますがスタッフがメジャーで測ったり計測する者で測ったりすることはありませんので自分が小ささを実感できればいいと思いますので自分が小ささを実感できるのが最高だと思いますから自分でわかった方が笑顔が違いますから。
そのためには骨盤矯正に入る前に骨盤の幅を触って覚えてもらわなければ小さくなったのが分かりませんので簡単に障ることなくしっかりと触って覚えるようにしてください。

骨盤矯正をする

小顔矯正でも

小顔矯正をしている時には鏡で見て顔の形などを覚えてもらうことをしますが骨盤というのは顔よりもさらに難しいものですから鏡で見ただけでは分かりませんから自分の両方の手のひらを骨盤に当てて触ってもらうことをして感じるようにしてもらいます。
骨盤矯正をしていくときには自分の手でわかるようにしているのが特徴ですからはいてきた

スカートやズボンの跡がゆるくなったということで喜ばれるかと思いますが実際に自分の体だけで触るということは簡単な方法ではありません。

簡単だと思って触ってしまったかたほど手を置いただけになってしまいますので手を置いただけでは小さくなったのをを感じ取ることができません。

骨盤を手で触ることをしますが骨盤の幅を感じ取るようにしないと感じるように触らないと分かりません。

骨盤が小さくなる範囲は

矯正をしていくときには10 CM も20 CM を30 CM も骨盤が小さくなることはありませんので骨盤矯正をしていくときに変わる変化というのは1 CM だったり CM だったり3 CM だったり4 CM だったりという感じだと思いますので後で一cm 変わってもわかるような触り方をしてください。

骨盤矯正をしていくときに触り方は骨盤の股関節の上の辺りを手のひら全体で触るようにします。

先ほども言いましたように触っただけではわかりませんので中心軸から比べて左右さを比べようとしてみてください。

体の真ん中を意識しながら骨盤の横を触りますので触る位置は真横になりますから股関節の辺りが悪い気になります。
そして触った時に少し中心部に向けて押すようにします。

中心部に押すようにして触りながら目を閉じて左右さを感じ取るようにしてください。
右側が出っ張っているか左側が出っ張っているかで構いません。
骨盤というのも右側と左側で大きさが違いますので右側が大きいか左側が大きいかということで判断します。

右側が大きいか左側が大きいかという左右差で 触ってみた時に手の集中力と大脳にある感覚神経がしっかりと働きだしますので感覚神経と集中力の問題で骨盤の幅がわかりやすくなります。

骨盤の覚える

骨盤矯正をした時に骨盤の幅がわからないと小さくなったのが分かりませんので矯正する前と矯正したあとを比べることができます。

比べるためにもしっかりと矯正に入る前の骨盤の大きさを覚えておかなければいくら小さくなっても分かりません。
骨盤が小さくなったのが分かるためにも骨盤矯正に入る前に自分の骨盤の大きさや幅などを

しっかりと触って覚えることをしてください。
骨盤の大きさで分かったら骨盤矯正に入っていきますのでボキボキもしないし痛くもないし電気や機械を使うこともなくての技術力のみで骨盤を小さくしていきます。

手の技術力でどうやって骨盤を小さくしていくのかと言うと骨盤矯正を行うことはもちろんですから検査をしてみると骨盤の歪みは骨盤の開きがあれば解消することは当然ですが最近は多くの方が骨盤の骨に炎症や腫れ起こしています。

左右差がある

骨盤の歪み・骨盤の開きだけではない

骨盤の歪みや骨盤の開きでも骨盤が大きくなってしまいますが、 骨盤には大きく分けて三つの骨が存在していますので真ん中の骨を仙骨または尾てい骨ともいいます。

最近は多くの方が真ん中の仙骨という骨が炎症を起こしたり腫れたりして横に広がってる場合があります。

真ん中の骨というのは背骨につながっている骨のことなんですが真ん中の逆三角形をしている仙骨という骨が炎症を起こしたり腫れたりすると骨が大きくなっていきます。
真ん中の骨の仙骨が大きくなれば骨盤が横に広がってしまいます。

普通では起こらないものなんですが骨盤矯正をしていく時には疲れやストレスの蓄積と睡眠負債状態が深く関係していると説明をしましたように多くの方が疲れやストレスの蓄積が大きくあり睡眠負債状態も重なっている場合が多くありますので体調が奈落のような体調をしていたりどん底のような体調していますので無茶苦茶と言っていいほど体調落としています。

疲れやストレスと骨盤矯正

体調を落としたり調子が悪くなるということは何が起きても不思議ではありませんので特別なものが起きても不思議ではありませんからそれが当たり前になっています。

今まで多くの方の骨盤矯正をしてきましたが骨盤の歪みは骨盤の開きだけではなく骨盤の骨自体に炎症や腫れが起きていて骨が変形している方が多くいます。

特に真ん中の骨の仙骨だけではなくベルトをする部分の両横の骨でも炎症や腫れが大きくあって変形している方が多くいますので骨盤の上部つまり上の方が腫れ上がっている方が多くいますので骨盤の位置が違う場合が多くあります。
普通は女性の骨盤というのは横に広がっているものなんですが横に広がってもいますが長さが長くなっているという場合があるということです。

骨盤の骨が肥大している

つまり骨盤の骨も生きていますので生きている限り骨盤が変形しないということはないので変形状態を戻していくことでも簡単ではありませんが徐々に骨盤が小さくなっていきます。
そして骨盤矯正の特徴として骨盤を小さくしていくとウエストが細くなるという相乗効果が得られます。
骨盤矯正をしていく時には骨盤を小さくすればいいというわけではなく体に蓄積してしまった疲れやストレスを減らさないと戻りやすくむくみやすく効果がなかったりということもあります。

骨盤矯正をしていくときに骨盤矯正だけではなく体に蓄積してしまった疲れやストレスを減らしていくと持続力や維持する力が大きくなり骨盤がより一層、小さくなっていきます。
骨盤矯正をしていくときには体に蓄積してしまった疲れやストレスが深く関係していますので疲れやストレスが多い方ほど骨盤の歪みや骨盤の開き骨の炎症や腫れが大きくなっています。

炎症やハレがあると骨が

一度に減らすことはできませんので徐々に減らしていくことをしていけば骨盤が小さくなっていくということが多くあります。
骨盤矯正をしていくときには毎日毎日の生活することや仕事をすること屋運動することや体を動かしたりすることや座っているだけでも疲れやストレスは多く生み出されていきます。
疲れやストレスの蓄積というのは誰でもあるものですから溜まっていないという方はいません。

疲れやストレスが多く生み出されて行けば行くほど骨盤にも溜まっていきますので骨盤にはまっていけば骨盤の歪みは骨盤の開きが大きくなっていきますので骨盤が肥大しながら大きくなります。

しかし疲れやストレスというのは貯まるところがあるからたまって言ってるわけですから疲れやストレスがたまるところというのは例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると水分が60 kg にもなりますので体重の半分以上は水分だということですが水分に疲れやすいですがたまるということはないと思います。
ということは。あと残った40 kg の中に疲れやストレスがたまるところがあるということです。

40 kg の中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と内臓しかありません。
この中で疲れやすレスがたまりやすいところというのは筋肉と内臓に多く蓄積していきます。

生理痛と便秘と骨盤矯正

内臓でも疲れやストレスの蓄積

しかし内臓と言っても病気というわけではありませんので内臓と聞くと多くの方が病気というのをイメージしますが病気と言ってるわけではなく内臓に疲れやストレスが溜まるということで骨盤の歪みや骨盤の開き代謝力の低下でむくみや脂肪が多くなったりすることがあるんです。

内臓と言うと息病気と言うと関係付けるのを止めてください。
内臓にも多くの疲れやストレスが溜まっていきますので骨盤矯正をしていくときに一番重要なものは単純に骨盤の歪みは骨盤の開きではなく体調の悪さではなくリンパの働きの問題ではなく骨盤の中にある内臓が問題になります。

骨盤の中にある内臓というのは大腸と小腸と膀胱と子宮と卵巣です。
例えばですけど便秘がある方は骨盤が大きくなっています。

例えばですけど生理痛は生理不順のある方は骨盤の歪みや骨盤が大きくなっています。
骨盤の中に入っている内臓に全て骨盤の歪みは骨盤の開きが深く関係していますので便秘や生理痛や生理不順のある方や膀胱炎を繰り返しやすい方などは必ず骨盤の歪みや骨盤の開きが起きています。

骨盤矯正と睡眠負債

そしてさらに疲れやストレスの蓄積だけではなく睡眠負債状態も骨盤矯正をしていくときに関係をしますので睡眠負債というのは夜寝ようとするとすぐ眠れて朝まで目が覚めないのが特徴なんですが普通に考えれば良い睡眠をしているように思いますが最悪な睡眠の方がいます。

夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えていますが睡眠負債状態のことは寝ながら考え事をしている場合が多くあり眠りが夢よりも浅い睡眠をしています。
目が覚めないからといって寝ているとは限りません。

睡眠負債状態の方は大脳が急激に祝っていきますので大脳が弱ると立った瞬間に骨盤が歪んだりすることが起こりますので維持する力がないという方もいます。
どんなに骨盤を小さくすることができても疲れやストレスの蓄積や睡眠負債状態が多くあると効果が消失していきますので体を治していくことをしなければいけません。

睡眠負債と骨盤矯正


2018年10月30日