腰痛

腰痛腰の痛みを楽にしていこうと思うなら腰痛の原因になってるものを見つけてさなければいけませんが原因なんか見つけ出すこともなく楽にする治療法もあります。

腰痛とは

腰痛を楽にしていくためには単純に楽にすることを目的にしていく治療法とどこから腰痛が起きているのかどうして腰痛が起きているのかということを見つけ出す治療法の二つが存在しています。

普通一般的な腰痛を楽にする治療法というのは表面上の痛みだけを楽にすることをして治ったまたは直したと言っていますが本当は原因がすべて残ったままになっている場合が多くあります。

腰痛とは

腰痛には腰痛を起こす原因があるから起きていますので原因が残ったままだと根本的には直したということが言えないと思います。
腰痛の痛みを楽にすることをしていかなければいけないので腰痛を楽にする治療法のことを対症療法と言います。

対症療法というのは原因なんかは関係なく筋肉や靭帯の炎症を抑えていくことを目的としてやっていく治療法の一つです。

対症療法の中には湿布を貼ったりしても楽になることもありますので湿布を貼って炎症や腫れを抑えていくという方法もあります。

対症療法でドラッグストアなどに売っているサプリメント を飲んだりしても楽になることもありますので栄養やサプリメントで痛みを緩和するという方法もあります。

マッサージしたり湿布を貼ったり

家族の方にマッサージをしてもらったり専門家の先生にマッサージをしてもらうことでも腰痛は楽になってしまいますので対症療法の一つだと言えます。 マッサージというのは筋肉をほぐすことを目的として行っていますので筋肉から起きる炎症や腫れを改善できる方法ですから。

低周波治療器や電気治療器をかけても楽になることもありますので 筋肉の緊張や疲労を改善することができます。

それぞれで目的が違いますが腰痛の原因が残ったままになっていると思います。
当院でもまずは痛みを楽にすることからしていかなければいけませんので筋肉の疲労や緊張や炎症や腫れを改善していくことを目的として治療にあたります。
しかしそれは表面上の痛みを楽にしている治療にしか過ぎませんので対処療法という方法になります。

腰痛と低周波治療器や電器

対症療法と腰痛の治療

対症療法という治療法は原因を見つけ出すこともなく探すこともなく検査することもなく痛みや腫れや炎症を改善していくことを目的として行っている治療法です。

しかし腰痛というのは原因があるから伊丹になっているわけですから原因を探すこともなく原因を見つけ出して変えて行くことをしないと戻りやすく繰り返し安く腰の痛みがない時でも原因はどんどん悪化しながら進行していくという状況があります。

腰を腰の痛みを起こしている原因がいつまでも同じままではいられませんので慢性化状態で長期間あったりすると固着状態が起きたり固まった状態が起きるということがあります。
腰の痛みがないからといって本当に原因がないのかということは言えないと思います。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどは

腰痛は腰の痛みになる方は多くの場合重たいものを持ったりして立とうとした時に急に腰が痛くなったとか、前かがみをして何かを取ろうとした時に腰が痛くなったとか、同じ姿勢で座っているだけでも腰がズキズキ疼いたりする、長く歩いてると腰が痛いとか、立ちっぱなしにしていると腰が痛くなるとか色々なことがありますし、ベッドや布団などに寝て朝起きたらいつも腰が痛いとかくしゃみをしただけで腰が痛くなったとか色々な現象を言われますがこれらは全て切っ掛けです。

腰痛や腰の痛みが起きる時には二つの物事が関係していますので二つの物事で一つ目というのはきっかけです。
そしてもう一つの物事というのは骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレになります。
この両方が揃った時に腰の痛みとして起こります。
骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレというのもいつも同じままではいられませんので軽くなったりひどくなったり重症程度になったりひどい状態になったりという風に変化しています。

姿勢や猫背では腰痛にならない

姿勢が悪かったり猫背になったり歩き方がおかしかったり足を組んだり横座りで骨盤が歪んだりズレたりすることはありません。

歩き方がおかしいのも骨盤の歪みや骨盤の開きにあるからです。
足を組んだりよく座りをして骨盤が歪んだりすると座っていられませんし横座りなんかしていられませんから、そういう状態で歪んだりすることはありません。

骨盤の歪み骨盤の開きが起きるのは原因がありますから原因を探さなければいけませんが、原因というのは毎日毎日の生活や仕事をすること屋運動することや体を動かしたりすることで多くみなされていくものが原因です。

毎日の生活で多くなるもの

毎日毎日の生活で多くなったりするものはいつも満たされて多くなっていくものなんですが多くなったものは体に蓄積していきます。
体に蓄積していき積もり積もったものが骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレになっていきますが、だからといって痛みになるとは限りません。

骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレというのも程度と言うか段階があります。
骨盤の歪みや骨盤の開きは誰でもあるものなんですが程度と言うか軽いものが痛みにならないということもありますから。

しかしあるものが 体に多く蓄積していくと骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレが大きくなっていきます。

疲れやストレスの

骨盤の歪み、骨盤の開き、背骨のズレで骨盤が不安定に

歪み、開きや背骨のズレが大きくなっていくと、あとは切っ掛けを待っているだけです。
この二つの条件がある程度揃った時に腰が痛くなってしまいますのすしぎっくり腰になります。

腰痛と言うと椎間板ヘルニア、坐骨神経痛というのもありますが椎間板ヘルニア坐骨神経痛も特別なものではありませんので誰でも起こりやすくなるのが特徴です。
腰痛の方が LINE したら検査をしてみることをしていますが検査をしてみると椎間板ヘルニアがありますよと言うとびっくりするかと思いますので椎間板ヘルニアというのも起きる原に因があるからなっているわけですから特別なものではありません。

腰痛から椎間板ヘルニアと坐骨神経痛

骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが起きる原因は毎日毎日の生活に原因があると説明しましたので、その原因というのは疲れやストレスの蓄積です。
疲れやストレスの蓄積というのは誰でもあるものですから程度が軽くても歪みやズレがあるということです。
疲れやストレスが溜まっているということが分かる方もいればわからないという方もいます。

疲れやストレスがわからないという方もいますので単純に溜まっていないということはないけど何かの原因で分からなくなっているという場合もありますので全員が疲れやストレスを感じているかと言うとそうではないという場合もあります。

疲れやストレスの蓄積と言うのは毎日毎日の生活をすることで多くなったり減ったりしていくものなんですが多くなった時に感じやすくなりますから減った時には何も感じていない場合もあります。
人というのは勝手なものですからひどくなった時にしか感じていません。

疲れやストレスの蓄積から痛みになる

しかし疲れやストレスというのは貯まるところがあるから溜まっているわけですけど体のどこにたまるのかという事が問題になるんです。
もちろん疲れやストレスというのは全身に溜まっていきます。逆に疲れやすいですがたまらないところはないと思います。

疲れやストレスというのはどこでもたまりやすく全身にたまると説明しても過言ではありません。

疲れやストレスが体の弱い部分に多く蓄積していく傾向がありますので人の体には弱い部分そうではない部分が存在しています。

骨盤の歪み・背骨のズレから

普通一般的に強いという風に思いたいですが強いというところはありません。表面上の皮膚などは強いというよりも若いという部分はあると思いますがその下にあるものはガタガタ状態になっていることもありますので強いというわけではありません。

疲れやストレスと言うのは毎日毎日の生活や仕事をすることや運動すること屋ショッピングをすること屋歩いたりすることや食事を作ったり掃除をしたりすることで多くなっていき積み重なっていくものが体に溜まっていきます。

疲れやストレスというのは大変多くの方に溜まっています。
疲れやストレスの蓄積が表面上には止まりながら体の奥深くに溜まっていきます。

疲れやストレスがたまると骨盤の歪み、骨盤の開き、背骨のズレで骨盤が不安定に

疲れやストレスのたまる所

例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると水分が60 kg にもなりますので体重の半分以上は水分で構成されているということですが水分といっても血液だったりリンパ液であったり体液だったり色々な水分があります。
水に疲れやストレスが溜まるということはないと思います。

体重の半分以上が水分で構成されているということですから、あと残った40 kg の中に疲れやストレスが溜まるところがあります。
40 kg の中には神経と血管とリンパ管と 皮膚と脂肪と筋肉と靭帯と骨と内臓しか存在していません。

この中で疲れやストレスがたまりやすいところというのは筋肉と内臓になります。
内臓と言っても病気と言ってるわけではありませんので何でもかんでも内臓と聞くと病気というのを結びつけることなく内臓にも疲れやストレスが溜まるということが本当に起きるんです。

内臓と疲れやストレスの蓄積

しかし内臓に多くの疲れやストレスが溜まっていくと徐々に細胞の変化が大きい老化していくことがありますので老化の最終形態が病気でもあります。
病気というのも関係がないということはありませんが当院で扱うものは病気ではなく内臓に溜まっていく疲れやストレスの方が原因で腰痛が起きてしまうということですから疲れやストレスを溜まったところから減らすことをしていくのが第一です。

病気として完成してしまえば病院に行って何らかの検査をして 陽性反応がでたら治療しなければいけません。健康な細胞から病気の細胞になっていく過程というのは半年や一年でなることはありませんので10年や15年かけながら細胞の変化が起きていきますがなっていく過程では病気ではありませんのでいくら検査をしても分かりません。

内臓疲労が腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどに

ある程度、細胞の状態が変化したときに病院に行って検査をすると数値的な異常が出ているということはありますが完成間近か完成した状態で数値の異常が出てきます。
人の体には弱い部分塗装でもない部分が存在していますのでそうでもない部分はあまり症状を起こすこともありませんし腰痛につながることがありませんが弱い部分はそうはいきません。

弱い部分に多くの疲れやストレスが溜まっていくと徐々に変化していきながら老化していきますので筋肉が老化することもあれば筋肉以外では靭帯や関節も老化していくということもありますし内臓も老化していく可能性があり余計に弱くなっていきます。

腰痛の原因

腰痛を起こしている内臓というのは腎臓になりますから腎臓に多くの疲れやストレスが溜まると炎症や腫れが起こりますが炎症や腫れが起こったからといって数値的な異常が出ることもないことも多くありますから病気ではありません。
腎臓の位置を確認してみると腎臓というのはウエストの肋骨の下の所にあります。
ウエストラインの少し上の肋骨の一番下の背中側を触れば腎臓の位置を触ることができます。

腰痛の方は腎臓のある部分が非常に出っ張っていたり硬くなっていたりぶよぶよしているということがありますのでこういう状態が起きていても病気というわけではありません。

腰痛は腎臓から
2018年10月30日