整体

整体というのは歪みが起きた体を矯正して整えていくことで痛みやこりを楽にしていくことなんですが体が痛みやコリを起こしている時にはどういう状態になっているのかということがあります。

整体というのは体を整えていくことをしていくのが整体ですがどうして歪みやズレが起きてしまうのかということが繋がって痛みやこりになっていくわけです。
腰痛や肩こりや頭痛や生理痛や便秘などが起きる時にはどうして起きてしまうのかということを考えなければいけないと思いますが多くの方は対症療法ばかりに逃げてしまっている場合が多くあります。

整体とは

対症療法と整体

対症療法というのは痛みを楽にすることなんですが色々な痛みやコリを原因を見つけ出すこともなく楽にすることをしていくのが対症療法です。

普通一般的には対症療法と言うと多くの治療法が対症療法の中に入っていますが当院でも対症療法をしていますが対症療法したら次の段階に進むことを考えています。

対症療法といっても多くの方が意味不明な言葉だと思いますから対症療法というのは湿布を貼ったりしても色々な症状は楽になることもありますしドラッグストアなどに売っているサプリメントを飲んでも楽になることもありますし家族の方にマッサージをしてもらっても楽になることもあるかと思いますが、また専門家の先生にマッサージをしてもらったり低周波治療器や電気などをかけても楽になることもあります。

特に低周波治療器や電気などをかけてしまうと楽になることもありますので原因なんかを見つけ出す必要もなく原因を探ることもなく検査することもなく楽にしてしまうことができるために原因が残ったままになっている場合が多くあります。

痛みやコリ

色々な痛みやこりが起きたり体調の悪さが起きる時には必ず何かが起きているわけですから

何かが起きていることを見つけ出すことは大変、難しいので見つけ出すこともなく楽にすることをしているわけです。
必ず何かの症状が起きる時には原因がありますから原因を見つけ出すこともなく楽にすることもできるということです。

しかし楽にすることと原因を見つけ出して直していくということは全然、意味からして違います。
腰痛や肩こりや頭痛や生理痛や便秘などもしっかりとした原因があるから起きているわけですから原因を見つけ出すこともなく一時的 戦場の症状を改善していくのが対症療法になります。

しかし原因がもし仮に本当にあるとしたら原因もいつまでも同じままではいられませんので進行していくということがあるから原因から直さなければ大変な結果に招いていくということがあります。

腰痛、肩こり、生理痛、便秘、下痢、頭痛、首の痛み、首のこり、膝の痛みは

必ず何かの状態が起きる時には原因が潜んでいますので原因を見つけ出すこともなく表面上の痛みやコリや症状などを楽にすることをしているということは大変なことになっていくこともあるということです。

整体で扱う骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレというのも単純に開きやズレやゆがみを矯正すればいいというものではなくどうしてひらきやズレやゆがみが起きたのかということが内側に潜んでいるからです。
普通の整体院では歪みやズレやヒラキなどを矯正したらそれで終わりということです。
しかしどうして歪みやズレや開きが起きたのかという問題がありますので問題がさらに奥にあるということです。

まずは痛みやコリや色々な症状などを楽にすることを目的として施術に入ります。
楽にするためには筋肉疲労やリンパの働きを解消することはもちろんですし老廃物の蓄積した状態を改善していかなければいけません。

リンパの流れ、老廃物

しかし単純に筋肉だけを揉みほぐしたりリンパの働きを解消したりすればいいというわけではありませんので、その先にあるものを見つけ出すことをしなければいけません。

特にリンパの働きというのも落ちてしまえば老廃物が溜まっていき循環が悪くなるということが起こりますが何も原因がなくてリンパの働きが悪くなることはありませんし老廃物がたまったりすることがないということです。

何かの原因があるからリンパの働きを悪くなって老廃物が溜まるということが起きますのでリンパ療法やリンパマッサージというのは単純に軽いマッサージをしているだけですから本当にリンパが流れているのかという問題視しなければいけないところがあります。

特にリンパの働きに命令を出すのは肝機能が命令を出すことをしていますので肝機能の問題や病気という状態ではない状態で起きてしまっていることもあります。

整体で体調する色々な症状というのはあらゆるものがありますが風邪を引いてもインフルエンザにかかっても背骨のズレが起きてしまいます。
整体で矯正をする時には骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが中心ですから、まずはどこから歪みやズレや開きが起きるのかということですね。

歪みやズレは

歪みやズレや開きが起きる原因というのは毎日毎日の生活や仕事をすること屋運動することなど体を動かしたりすることが原因で生み出されていくのが原因です。
毎日毎日の生活で生み出されて多く体に蓄積していくものというのは疲れやストレスです。
疲れやストレスというのは何をしても生み出されていきますし何もしなくても疲れやストレスは多くなっていきます。

疲れやストレスが体に溜まるということは何となく知っている方が多くいますが体のどこに溜まるのかということが一番の問題なんです。
普通一般的な素人というのは大変失礼ですが一般的な人は疲れやストレスをためるところを考えてもいませんし知っていることはないと思いますが専門家の先生でさえ詳しく知らない方も多くいます。

というのは疲れやストレスというのは実体がないからです。
実体がないから自分で本人が感じて 分からないからです。

ストレス

目で見ても分からないものもある

実際に骨折や怪我をしていたら人が見ても痛々しいということがわかりますが疲れやストレスというのは他人には分かりません。

一番多く疲れやストレスが溜まるという感じになっているのに疲れやストレスを検査する機械もなく道具もありません。

疲れやストレスは本人が感じているものしかわからないということです。
ですから疲れやストレスの蓄積で多くの状態が体にダメージを与えていても他人はわからないということです。

病院というところは病気の専門家がいるところですから病気になってしまえば専門家の先生の所に行って色々な検査を受けてみると病気という判断が降る可能性がありますが、病気でなければ分からないということです。
色々な検査をしても分からなければ精神疾患を疑われる場合もあります。

心の問題

つまり精神的な事から来ているだろうということです。
ここが痛いと言っても肩が凝ってると言っても腰痛が起きていると言っても膝が痛いと言っても対症療法ばかりしていることがありますから湿布を貼ったりサプリメントや薬をもらったり注射で水を抜いたりヒアルロン酸を注入したりということが多く伺いられます。

しかしどうして水が膝にたまるのかという問題があるということですね。
膝に水が溜まるのも原因があるとしたら原因から改善していかなければいくら水が溜まって

注射で水を抜いてもヒアルロン酸で滑りを良くしても軟骨に栄養成分を与えても原因が覗かれているわけではありません。

原因を見つけ出すためには検査をしなければ誰でもわかりません。
検査というのは単純な検査ではありません。
というのは人それぞれ体の大きさや形が違います。

脂肪体質も違うしない像の大きさが違うからです。
体型も違えば性別も違うということです。
当院では状態の検査をする時には後頭骨ラインという ラインの検査をすることをしています。
患者さんの後ろ頭を使って反応する ラインがありますので反応する LINE でその人の状態がすべて、わかってしまうという部分です。

歪みやズレ、体調を検査する技術

しかしこの方法も簡単なものではありませんので経験と練習と熟練度が必要になります。
3年ぐらい経験を積んでいくと人それぞれの頭の形や体型や男性や女性や色々な状態のものが分かってくるレベルにはなります。
毎日毎日の練習と経験を積んでいくことで検査方法が正確になっていきます。

しかしハイレベルの検査法になると大変、難しいのでそれ以上の修練が必要になります。
当院の院長も30年以上の経験がありますのでハイレベルの検査ができるので後頭骨ラインを触らなくてもある程度の状態を判断することができます。
後頭骨ラインというのはメジャーバートランドディジョネットという先生が作った方法です。

ディジョネット先生はドクターでもあります。
ドクターの分野からカイロプラクティックの分野に進出してきた先生でもあります。

足の長短の違い

整体で検査するというのは開業している先生でも難しいものがありますので足の長短というのは単純な検査法でしかなりませんので当院では足の長短を検査することはしていません。

足の検査というのは初回は誰でも狂っているのが当然だからです。
例えばですけど右足が短いとか左足が長いとかいう感じが足の長短になりますが骨盤の歪みから起きているという感じで説明されたり背骨がずれているからということで説明されることもありますが矯正されると揃ったしまうということがあります。

以前、午前中に他の整体院に行かれた方が、当院に午後に訪れた方がいましたが、他の整体院で足の長さが違うのを揃えてもらったと言っていましたが当院で確認してみたら足の長さは違し骨盤の歪みが起きているということがありました。
足の長さを単純に矯正して揃えれば良いというわけではなく、どうして足の長さが違うのかという事が問題になるということなんですが足の長さの違いというのは骨盤の歪みや骨盤の開きではないんです。

足が揃っても骨盤の歪み・背骨のズレが解消したとは限らない

足の長さが違うのも骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレが起きてしまうのも体調が関係しています。

初回では体調が悪いのが当然ですから足の長さは狂っています市骨盤の歪みは骨盤の開きもあるということです。
腰痛や肩こりや 頭痛の方や生理痛の方や便秘の方も当然、足の長短は違います市骨盤の歪みや骨盤の開きは当然、起きています。

骨盤の歪みは骨盤の開き背骨がずれてガタガタ状態になっている現象は体調を落としていることが原因ですから体調落としているということは疲れやストレスが溜まっているということを言います。

ですから疲れやストレスを溜まっているところから減らすことをしていけば骨盤の歪みは骨盤の開きは解消しますし背骨のズレてガタガタ状態になっている方も改善できるということなんです。

体の中から調整すること

基本的に体の中から調整していくことをしないと多くの場合、意味はありません。
楽にすることはできるかも分かりませんが直していくということは不可能です。
楽にすることと直していくということは根本から違います。

整体というのは体調をあげるということをしていかなければいけないんですが単純にマッサージをしたらいい天気をしたりしても体調をあげることはできません。
整体で良く行っている矯正でボキボキするようなことをしていますがボキボキしても体調をあげることはできません。

低周波治療器や電気などをかけても体調をあげることはできません。
唯一体調を上げることができるのは自分自身の力でしかあげることはできません。
自分自身の力が上がるように体を改善することが整体の目的でもあります。

骨盤の歪み・背骨のズレ


2018年10月29日