小顔矯正

初回から顔が小さくなることで人気のある小顔矯正をしていますが小顔矯正をする時に一番重要なものがあります。

小顔矯正

小顔矯正をしていくときに一番重要なものというのは関係するものなんですが小顔矯正をする時には体に蓄積してしまった疲れやストレスが一番深く関係をしていますので疲れやストレスを減らすことをしていかないと維持することや持続力はありませんし顔を小さくすることをしても効果がなかったりということがありますので技術の関係にしてしまいやすいですが体の状態というのが小顔矯正をしていく時には深く関係をしています。

顔を小さくするとは

小顔矯正と言っても単純に顔を小さくすればいいというわけではありません。
小顔矯正をして顔を小さくするというのは顔というのは頭蓋骨の一部です。
頭蓋骨の一部の事を顔面骨ともいいますが顔面骨という正式名称はありませんので頭蓋骨が顔の骨という感じになりますので部分的に顔の骨という状態ですが全体的にトータル的に見てみると頭蓋骨の一部が顔ですから。

つまり小顔矯正というのは頭蓋骨を小さくするということですから頭蓋骨が小さくなるのかと言うと小さくなることはありません。
頭蓋骨というのは大脳や脳幹を納めている部分ですから大脳、脳幹が圧迫されたりすることがあるということは大変なことですから。

顔の左右差

頭がい骨を小さくする

頭蓋骨の一部が顔という状態ですから顔を小さくすることをしていけばいいと思うかも分かりませんが頭蓋骨全体に影響が出てしまうのが顔ですから。
小顔矯正をしていくときに頭蓋骨矯正をしていくというイメージですが小顔矯正をしていくときの矯正は頭蓋骨矯正ではありません。

頭蓋骨というのを小さくするということをしていくのが小顔矯正という意味になりますが顔だけ小さくすることはできませんし顔だけ小さくしても 頭でっかちで残っている場合が多くありますのでそういう状態ではバランスが悪く宇宙人みたいになってしまいます。
小顔矯正をして行く時には頭という概念で考えてください。

小顔矯正をして行くときには

小顔矯正をして行く時には顔だけということの意味ではありませんので頭蓋骨矯正という感じでもありませんが頭を小さくするという意味になります。
顔を小さくしていく矯正も顔だけ小さくするということはできませんから頭全体的にトータル的に考えてほしいということですけど、では顔を小さくすることをできるのかと言うと多くの方の場合、検査をしてみるとわかることがあります。

小顔矯正をしていくときには頭を小さくしていくということになります。
頭を小さくしていくということは変なことになるかも分かりませんのでわかりやすい言い方ですると顔を小さくすることができるのかということですが顔を小さくすることはできます。

疲れやストレスと小顔矯正

顔にもたまる疲れやストレス

しかし顔を小さくしていくときには顔がどういう状況になっているのかということがありますが顔というのは疲れやストレスが多くて溜まっています。
疲れやストレスと言うのは毎日毎日の生活や仕事をすること屋運動することや体を動かしたりすることで色々な疲れやストレスが多く蓄積していきます。
多く蓄積するというよりも生み出されていきます。

疲れやストレスがない生活はありませんし生きている限り生活している限り仕事をしている限り運動している限り体を動かしている限り多く生み出されて蓄積していきます。

疲れやストレスというのは、体に溜まるということは分かっていると思いますが体に溜まるのに頭にたまるということはないということはありません。
疲れやストレスというのは全身にたまりますので全身にたまるということは体にもたまりながら頭にも溜まっていきます。

疲れやストレスは限界なくたまる

疲れやストレスというのは多くなればなるほど限界なく多くなってしまいますので多くなって限界まで溜まったものは体に蓄積していきます。
体に蓄積していくという風に考えればわかりやすいと思いますが疲れやストレスというのは体のどこにたまるのかということも考えなければいけません。
疲れやストレスがたまるところがあるから小顔矯正をしている時に関係しているわけです。

小顔矯正をして行く時には疲れやストレスの蓄積が関係すると言いましたが疲れやストレスを減らしていくことで顔が小さくなっていくから関係していると説明をしています。
疲れやストレスというのは体にもたまりながら頭にも顔にも溜まっています。

顔にも疲れやストレスが

多くの方が知らないと思いますし専門家の方も言わないと思いますけど専門家の先生も知らない方が多くいますが疲れやストレスというのは頭にもたまにながら顔にも蓄積していきます。
顔に疲れやストレスが多く蓄積していくとむくみが多くなったり脂肪が多くなったり皮膚がたり下がったり顔がいつのまにか大きくなっていきます。

体に蓄積してしまった疲れやストレスというのは歪みやズレとして現れてきますが骨盤の歪みは骨盤の開き、そして背骨のズレというのは疲れやストレスの蓄積から起きています。
しかし顔に溜まった疲れやストレスというのはどういうことが起きるのかと言うと歪みやズレということも顔の起こりますが、浮腫みや脂肪というのも疲れやストレスの蓄積から起きています。

顔に疲れやストレスがたまると浮腫み、脂肪が増える

小顔矯正をしていく時に顔に溜まってしまった疲れやストレスを減らすことをしていくとむくみや脂肪が減るだけではありません。
毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することや体を動かしたりすることで色々な疲れや

ストレスが生み出されて蓄積していきます。
疲れやストレスが多く溜まりすぎた方ほど顔の歪みが起きてしまうこともあります。
顔が変形したりすることがあるということです。

疲れやストレスと言うのは簡単に考えるものではありません。
疲れやストレスが溜まるということは顔にたまるということで説明をしていますが顔だけではないということです。

大脳にも疲れやストレスがたまる

顔の近くには何があるのかと言うと大脳や脳幹などの重要なものがあるからです。
小顔矯正をして行く時には顔に溜まった疲れやストレスを減らすことで顔が小さくなっていきますが逆に考えれば疲れやストレスがたまりばむくみや脂肪が増えるだけではなく顔の骨の変形を起こすということです。

顔の骨が変形するということは顔が肥大しながら大きくなっていきます。
骨にも疲れやストレスが溜まっていきます。

人が生きている限り骨も皮膚も筋肉も脂肪も生きているからです。
生きているもの、すべて疲れやストレスが溜まる対象になります。
つまり顔の皮膚や脂肪や筋肉にも疲れやストレスが溜まりますが最大にたまりやすいところというのは顔面の骨になります。

顔面の骨と言うと意味わからないという方も多くいますが本当に顔の骨に疲れやストレスが溜まって骨が炎症を起こしたり腫れたりすることも起きますし肥大して大きくなっていきます。

疲れやストレスと小顔矯正

疲れやストレスというのは、あらゆるところに溜まっていきますので貯まるところは多くありますがたまらないところはありません。
疲れやストレスを減らすことでも顔が小さくなっていくと説明したように多くの方は疲れやストレスを溜めすぎています。
小顔矯正に訪れた方に体調はどうですかとか調子は悪くないですかと聞くと必ず同じ答えを開始できます。

同じ答えというのは調子は悪くありませんとか体調はいいと思いますとか簡単に答えてしまっていますが痛みやコリがないからと言って体調が良いとは限らないということを知らないという感じです。
体調が落ちているというのは痛みやコリがあるだけではありませんし体調の悪さが分かっていない方が多くいるからです。

小顔矯正をしていくときにもう一つ重要なものがあります。
重要なものというのは睡眠負債状態です。

小顔矯正とは

睡眠負債と小顔矯正

最近は多くの方が眠りが浅い方が多くなっていますので眠りが浅いと大脳が急激に弱っていきますし弱っただけでは済まなくなって脳細胞の急激な現象を起こします。

不眠症と睡眠負債状態というのは違います。
不眠症というのは夜寝ようとすると1時間も2時間も3時間も眠れなかったりするのが不眠症ですし、夜中に何回も目を覚ますことがあるのが不眠症の特徴でもあります。

しかし新しい言葉である睡眠負債状態というのは違います。
夜寝ようとするとすぐ眠れて朝まで目が覚めないのが睡眠負債状態です。
普通であれば夜、寝ようとするとすぐ眠れて朝まで目が覚めないと聞くと良い眠りをしているような感じだと思います。

睡眠負債とは

しかし睡眠負債状態は寝ているようで眠れていないのが特徴です。
睡眠負債状態が多くなればなるほど体調はどん底の体調をしていますし奈落の底の対象になっていますが、こういう状態に陥った方ほど自分の体調が分からなくなっていますし痛みやこりがないからといって体調が良いとは限らないということを知らないというよりも考えていない方が多くいます。

睡眠負債状態で大脳が弱った方は生命機能の中枢である脳幹の部分も弱っている可能性はありますので脳幹の部分が弱ると自律神経の支配をどう考えていますから、大変な結果を招いて言ってますが感覚的な麻痺がおきますので感覚的な麻痺が起きれば鈍感になってしまい麻痺した状態を長く繰り返します。

どんなに最高なカリスマの人が小顔矯正をしても眠れていないような状態では大脳が弱っていますので小顔矯正をしても効果がなかったり持続性はありません。

疲れやストレスが多くあると

本当はそういう状態の方は小顔矯正をするよりも大脳や体を治して整えていかなければいけませんが希望が希望ですから小顔矯正を中心にして顔を小さくすることをしていますが本当に大変な状況になっている方ほど小顔矯正を希望されて訪れる方が多くいます。
最初から嫌なことを言うのは嫌われますのであまりいうのも失礼かと思いますので言わないことも多くあります。

しかし体のことを心配すれば大変な状況が起きていますが大変な状況が起きているという言葉わからないという方がいます。

大脳の脳細胞の急激な現象が起きるといつかはうつやパニックや統合失調状態になるかと思いますし精神疾患を患う方もいますし認知症や痴ほうなどになりやすくなっていくということはあります。

睡眠負債と不眠症

必然的に眠りが浅いということも分かっていないわけですから当然だと思います。
小顔矯正をして行く時には一回で終わることはありませんので体を色々検査したりして状況を判断をしながら顔を小さくすることをしていますが当院のテクニックでは顔を触らなくても顔が小さくなるということもあります。
つまり体を整えていくことをしていけば顔が小さくなることもあるということです。
それほど体の状況が顔に影響を与えています。

しかし小顔矯正で訪れているわけですから顔を触らないと満足する方はいませんから顔を触って小さくすることをしていきます。

体を整えていくことで顔を小さくしていく小顔矯正をしていますので無理な子顔矯正ではありませんし色々な症状が改善していくという効果がありますが 1回目から顔が小さくなっていきますが一回で全て整うことはありませんので一回で終わる小顔矯正というのはありません。

睡眠負債と疲れやストレスと小顔矯正
2018年10月26日