腰痛

腰痛を楽にしていくためには腰痛の原因になっているものを見つけ出さなければ表面上の痛みだけを楽にすることをしても効果はありますが繰り返し痛くなりやすく原因もいつまでも同じままではいられません。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどは

腰痛は腰の痛み、ぎっくり腰が起きる時には原因があるから起きていますので原因というのは多くの方が勘違いしてる場合が多くありますが原因というのは重たいものを持ったり前かがみになったり中腰をしたり車の運転を長時間していることが原因などではありません。
腰の痛みで起きる時には必ずあることが起きています。
腰の痛みにつながるあることというのは骨盤の歪みや骨盤の開きです。

そして多くの場合骨盤の歪みや骨盤の開きだけで腰が痛くなることはなく背骨のズレが重なって起きています。
しかし骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレがあるからといって直接的に痛みになることはありません。

骨盤の歪み・背骨のズレ

痛みになる時にはきっかけが必要です。
きっかけというのは重たいものを持ったり前かがみになったり中腰をしたりくしゃみをしたり車の運転を長くしたりというのが切っ掛けです。

多くの方がどうしたら腰が痛くなったのかと聞くと前かがみになって立った時に痛くなったとか車の運転をしていると腰がズキズキするとか色々なことを言われますがすべてこれらはきっかけにしか過ぎません。

同じきっかけをしても痛くなる時と痛くならない時があります。
同じ仕事をしていても同じ姿勢をしていても痛くなる時と痛くならない時があります。
痛くなる時と痛くならない時には何かの差があるから起きています。
同じ事をしても痛くなる時と同じ事をしても痛くならない時の差というのは骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレの度合いです。

骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレというのも程度と言うか段階があります。
軽いのから酷いのからひどすぎるのから色々な状態があるということです。
例えばですけど骨盤の歪みが大きく起きているとあとは切っ掛けが必要ですから切っ掛けがどういうことでも構いません。

姿勢で痛みが起きる

例えば柔らかい布団に寝た時でも朝起きたら腰が痛かったということをよく行くと思いますが布団の関係も多少はありますが骨盤の歪みや骨盤の開きが起きている場合が多くありますので骨盤の歪みや骨盤の開きがない方は柔らかい布団に寝ても痛くなることはありません。

布団というのは経年でへたりが出てきますので へたりが出れば新しい布団に変えればいいと思いますが変えたからといってよくなるとは限りません。
どんなクッションも高額なものも使えば使うほど形は違ってきますので形は違ってくるということは合わなくなってくるということもありますし柔らかさが減ってくるということもあります。

腰痛や腰の痛みが起きたりする時にはきっかけと骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが深く関係していますので両方が揃った時に初めて腰が痛くなります。
しかし腰痛や腰の痛みが起きてしまう骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレが何も原因がないのに起きることはありませんし姿勢が悪いからといって骨盤が歪んだりすることもありません。

骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレが起きるのは原因があるから歪んだり開いたり付けたりしているわけです。

背骨のズレ

骨盤の歪み・骨盤の開き

骨盤の歪みや開きやズレというのは誰でも多少は起きているものなんですが痛みになっていないという方も多くいます。

何も症状が腰に感じることはないからといって歪みやズレや開きがないということはありません。

程度というのがあって軽いと何も感じていないからです。
腰痛は腰の痛みはぎっくり腰が起きる時には必ず骨盤の問題が生じているときなんですがどうして骨盤の問題が生じるのかという原因があるということですからその原因を探っていかなければ本当の意味で表面上の痛みだけを解決しても治ったということはなく楽にしたという程度にしか過ぎませんので楽にするということは湿布を貼ったりしても腰痛はしばらくすると治っていくこともありますしマッサージをしても腰痛は楽になっていくこともありますし電気治療器をしても腰痛を楽にすることはできる可能性もあります。

しかし楽にすることばかりしていると原因が残ったままになっていますので原因が残ったままだと単純に歪んだり開いたりズレたりしているだけでは済まなくなっていきます。

背骨のズレ

骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレが長い間、あったりすると歪んだりずれたりしたままなので循環が悪くなったり筋肉や靭帯が骨の固着状態に入ってくる方もいます。
背骨の中の空間がある脊椎管というのがありますが脊椎管が狭くなったりすることも起きますし 背骨がゆがんだりしたままだと固まってしまうということもあります。

骨盤がゆがんだり開いたり背骨がずれたりした状態が慢性化して長期に及んでしまっていると単純に循環が悪くなるわけではなく血流が悪くなるわけではなくリンパの働きを悪くなるだけではすみません。
体というのは正常な状態が一番いいわけですから悪い状態が長くあったりすると癒着状態に入ってくることもあります。

癒着状態というのはどうかと同じですから老化したものがボキボキしても取れるかと言うと取れませんしマッサージをしても電気をしても注射をしても痛くして固まったものが解消できることはありません。

大変なこじらした状態になっていくのが歪みやズレの進行状態ということになりますので歪みやズレを早く解消していかないと大変な結果を招いていくということも可能性としては考えられます。

しかし骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレというのも原因があるから起きてしまうわけですからこの原因から見つけ出して減らすことをしていかないといくら表面上の痛みだけを解決しても体の中では進行状態の場合が多くあります。
どうして骨盤の歪みは骨盤の開きが起きてしまうのかということを見つけ出すこともしなければいけませんので表面上の痛みだけを楽にすればいいというわけではなく体の奥にあるものを解消していかなければいけません。

骨盤の歪み・骨盤の開きが腰痛になる

骨盤の歪みは骨盤の開きや背骨のズレが起きてしまうのは毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することや体を動かしたりすることで多く生み出されていくものが原因です。
毎日毎日多く、生み出されていくものは疲れやストレスです。
生み出されて疲れやストレスが多くなっていくのに減らすことを考えている方はいません。

本当に毎日毎日の生活や生きていくことで多くの疲れやストレスは作り出されていきますが人というのは体に溜まるということは分かっていると思いますが焼肉を食べたりうなぎを食べたり気分転換でカラオケに行ったり飲みに行ったりすることで解消ができていると思っている方が多くいますが疲れやストレスというのは唯一減らすことができるのは寝ている時だけなんです。
しかし最近多くの方が睡眠負債状態という言葉があるように眠りが浅くなっていて寝ているんですが眠れていません。
疲れやストレスの蓄積というのは体にどこに溜まるのかということを厳密に説明すると例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると水分が60 kg から65 kg にもなります。

つまり体の多くは水分で構成されているということですから単純な水ではなく血液だったりリンパ液だったり体液だったりという感じの色々な水ということです。
疲れやストレスが溜まるということはないと思いますので後残った35 kg から40kg の中に疲れやストレスがたまるところがあります。

40 kg の中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と皮下脂肪と内臓周辺の脂肪と骨と内臓しかありません。

疲れやストレスの蓄積

この中で疲れやストレスがたまりやすいところというのは筋肉にもたまりながらある部分に多く蓄積していきます。

ある部分というのは筋肉よりも奥にある部分ですから奥にある部分というのは内臓になります。
しかし内臓と言っても何でもかんでも病気というのを関係づけることなく内臓に多くの疲れやストレスが溜まるということが本当に起きてしまっているんです。

内臓に疲れやストレスが溜まっていくと細胞は徐々に変化していきますので内臓自体が老化していく病気に近づこうとします。
健康な内臓から一気に病気の内臓になることはありませんので健康な細胞から病気の細胞になっていくには年月が必要です。

病気の細胞になっていくためにはどんな細胞でもどんな内臓でも年月が必要ですから半年や一年で健康な細胞から一気に病気の細胞になることはありません。

健康な細胞から病気の細胞になっていくためには1年や2年や5年ではなく10年や20年や30年ぐらいかけながらなっていきます。

細胞の変化

健康な細胞から病気の細胞になっていくのに10年かかるかと違う人の場合は同じような状態でも20年かかってやっとなっていくという場合もありますがスピードが関係しています。

内臓の細胞が変化していくためにはスピードが関係していますので進行スピードが皆さん違うということですがどうして違うのかと言うと内臓の弱さと疲れやストレスの蓄積度合いが関係しています。

内臓のスピードの進行状況と疲れやストレスの蓄積度合いが内臓の病気を早く起こしてしまう結果に繋がっていきます。

疲れやストレスが多く貯まるところというのは弱い部分に溜まっていきますので弱い部分で多くの疲れやストレスが溜まることが原因で内臓の細胞が急激に変化を起こしていきます。

この最終形態が病気と繋がるわけですけど主に腎臓が弱い方が腰痛を起こしやすく繰り返し安くなっていきますのでぎっくり腰になる時も腎臓に疲れやストレスが溜まることが原因ですから腰痛の方は先将来、透析などの病気になりやすい方です。
代表的なものが透析ですから腎臓と言っても色々な病気がありますし腎結石などの石がたまるということも起こります。

腎臓疲労

腎臓が弱い方が銀蔵に関係する骨盤の中にある大腰筋と腸骨筋という筋肉に影響を出してしまい大腰筋と腸骨筋の筋肉のバランスが崩れた時に骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレになっていきます。

内臓と深く関係してしまっている筋肉ですから内臓に疲れやストレスが溜まっていくと筋肉バランスが悪くなっていきます。
筋肉バランスが悪くなることが骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレを起こしていく結果になっていきます。
多くの場合骨盤の歪みや骨盤の開きが起きていると背骨はずれていますので関係があります。

そしてさらに睡眠負債状態という方は不眠症とは違いますので不眠症というのは1時間も2時間も眠れなかったり夜中に何回も目を覚まし対する方が不眠症です。

睡眠負債と腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残りを覚えています。

しかし睡眠負債状態というのは記憶に残ることはありませんので目が覚めた瞬間に忘れてしまうことがありますから目が覚めた瞬間に忘れてしまうと寝ていると勘違いしています。
睡眠負債状態で眠りが浅い形というのは大脳が弱っていきますので大脳が弱ると大脳に支配されている体は全てやられていきます。

睡眠負債というのは寝ているんですが大脳が活発化した状態で寝ながら考え事をしている状態になっている方です。
体もスースー寝息を立てて寝ているんですが抱い脳が活発化状態で寝ながら考え事をしている妄想状態になっている方が睡眠負債状態ということです。
睡眠負債状態というのは不眠症とは違いますので勘違いしないで分けたほうがいいと思います

睡眠負債と腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど
2018年10月24日