肩こり

肩こりには肩こりを起こしている原因がありますので原因から改善していかないといつまでたっても肩こりを感じたり繰り返したり戻りやすくなるということが ありますので原因を見つけ出すことをしなければ表面上残りばかり解消することに注目して湿布を貼ったりしたりサプリメントやドラッグストアで売っている肩こりを解消するものを使ったり マッサージをしたりしても一時的な効果は得られますが根本的に肩こりの原因を見つけ出すことをしていない限りは 原因がいつまでも残ったままになっていますので 原因もいつまでも同じままではいられません。

肩こりとは

肩こりとは

多くの肩こりを解消する治療法というのは表面上の筋肉ばかりに注目してしまって揉みほぐしたりマッサージをしたり湿布をしたり電気をかけたりということが多く見受けられますがそれでも一時的には楽にすることができるために治療という感じになっていますが実は治療らしい治療ではありませんので表面上の筋肉を揉んだりしてもマッサージをしても一時的にやらかくなっているだけであり本当の意味で筋肉の問題を解消していることにはなりません。
いくら筋肉だけを揉んで柔らかくすることをしてもまたしばらくすると戻ったりするのは筋肉だけが原因ではないからです。
肩こりと言うとどうしても筋肉のコリというイメージが普通一般的にも専門家の先生的にも強いために筋肉の凝りばかり解消しているのが多く見受けられますが解消するためにマッサージをしたい湿布を貼ったり電気などをかけたりすることが多くありますが本当の肩こりの原因は違うところにあります。

マッサージしたり揉んでも

しかしマッサージをしたり肩を揉んだりすることで一時的に肩こりが楽になったように感じてしまいます。
肩こりを揉んだりマッサージをすることでもしばらくの間、肩こりを感じていない場合もあります。
しかし肩こりが治ったわけではありません。
当院の院長は30年間、肩こりを解消してきましたが筋肉のコリだけで起きている方は一人もいません。 筋肉のコリだけで起きている肩こりはありませんと言ってもいいくらいですから筋肉のコリを解消してもその先にあるものを見つけ出して改善していただければ戻りやすく繰り返し安く肩こりもいつまでも同じままではいられません。
本当に今まで30年間肩こりを研究していきましたし、しっかりと検査することをしましたが筋肉だけで肩こりが起きている方は一人もいませんでした。
肩こりというのはどういうことで起きているのかということを確認してみると筋肉というのは骨から骨にくっついていますので背骨がずれたりすることで筋肉が引っ張られたり緩んだりして循環が悪くなりますので循環が悪くなってくるとリンパの働きが悪くなり老廃物が多く蓄積していくということが起こります。
単純にリンパだけが悪くなる事はありませんので筋肉が緊張したり疲労したりすることで一時的に硬くなる現象が起きリンパの働きが悪くなるということで老廃物が溜まっていきます。

何もないのに肩こりは起こらない

何も原因がないのにリンパの働きを悪くなることはありませんのでもしあるとしたら大変な事が体に起きていますので、それこそ病院に行って何らかの検査をしていなければいけないと思います。 何も原因がないのにリンパが働け悪くなる言葉ありませんし老廃物が多く蓄積していくということは起きるわけではありません。
リンパの働きが悪くなったり老廃物が多く蓄積していくのは原因があるから起きているものです。
リンパの働き悪くなるのはどうしてなのか。
老廃物が多く溜まっているのはどういうことなのかということを考えなければいけません。
考えもしないでリンパマッサージはマッサージばかりしていると原因もいつまでも同じままではいられません。
肩こりというのはどうして起きるのかということなんですが筋肉というのは骨から骨にくっついていますので骨がずれて動くことで筋肉が引っ張られたり緊張したりしますので引っ張られたり緊張したりするとリンパの働きを悪くなっていますので老廃物が多く溜まっています。

肩こりになる筋肉

筋肉が緊張したり固くなる

肩こりというのは筋肉の凝りを伴いながら背骨のズレで起きています。
まずは筋肉のコリから解消するようにしていますので筋肉のコリ解消できて次の段階に入ってくると背骨のズレを見つけて改善していくことをしています。
背骨のズレが大きくなってくると椎間板ヘルニアも起きることがありますので椎間板ヘルニアが起きた方は椎間板ヘルニアを改善するようにしていますが椎間板ヘルニアというのも特別なものでもなく普通一般的に誰でも起きやすいものが椎間板ヘルニアなんですが椎間板ヘルニアが起きている方は体に多くの疲れやストレスが溜まっている方です。
背骨のズレが起きる時には体に多くの疲れやストレスが溜まっていることが背骨のズレを起こしている原因になりますので背骨がずれて動いたりすることで筋肉は引っ張られていくということで肩こりになります。
しかしなにも原因がなくて背骨がずれたりすることはありませんので何かの原因が裏側に隠れたものがあるから背骨がずれたりしているわけですけど単純に背骨のズレを矯正すれば終わりというわけではなく背骨がどうしてズレたのかということを見つけ出さなければいけません。

整体やカイロプラクティックでは

他の整体院やカイロプラクティックの治療院では矯正ばかりすることをしていますが本当はその裏側にある用紙て歪みやズレが起きたのかということが隠れたものがあります。
疲れやストレスというのは肩こりの主な原因になってしまいますが疲れやストレス以外で肩こりを起こす原因として考えられているものは睡眠負債になります。
毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することで体を動かしたりすることで多くの疲れやストレスは生み出されて蓄積していきます。
疲れやストレスが多く生み出されてしまって体にたまっていくわけですけど体にも貯まるところとたまりにくいところがあります。
疲れやストレスがたまりやすいところというのは弱い部分に泊まっていきます。
体には強いということはありませんので、そうでもない部分という感じで疲れやストレスは溜まることは少ししか溜まっていきません。

筋肉から肩こりになる

弱い部分に肩こりを感じる

弱い部分には多くの疲れやストレスが蓄積していく傾向がありますので疲れやストレスが多く溜まってしまうと体は自然に歪みやズレを起こしていくわけです。
骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレというのも疲れやストレスの蓄積したもので起きていますので弱い部分に多くの疲れやストレスが溜まったのが原因です。
疲れやストレスというのは例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると体重の大半が水分だということになりますので60%ぐらいつまり60 kg は水分で構成されていますので水分が60 kg 出てきます。
あとは疲れやストレスがたまるものがありますので疲れやストレスがたまるところは皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と神経と血管とリンパと内臓しかありません。
この中で疲れやストレスが溜まるというのは筋肉にもたまりながら内臓に多くの疲れやストレスが溜まっていきます。
疲れやストレスというのは弱い内臓に蓄積していく傾向が多くありますので弱い内臓は誰でもあるものですから弱い内臓がないという方は人間ではありません。
弱い内臓にも程度がありますので程度が悪いところほど疲れやストレスが多く蓄積していく傾向があるからです。

弱い部分にたまる

弱い内臓というのは遺伝的な要素があるものであり体質的な要素があるものですから避けることはできません。
しかし悪い体質や弱い体質を変えることができます。
疲れやストレス以外で肩こりに関係するものは睡眠負債ですから睡眠負債というのは多くの方に気がついていないぐらい起きているものです。
肩こりにつながるものが睡眠負債状態がありますので睡眠負債状態というのは寝ているようで眠れていないのが睡眠負債ですから不眠症とは違います。
不眠症というのは夜寝ようとすると1時間も2時間も眠れなかったり夜中に何回も目を覚ますことがあるのが不眠症のひとつです。
睡眠負債というのは出てしまうと目が覚めることはありません。
夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えています。
しかし睡眠負債というのは違います。
睡眠負債というのは夜寝ようとすると朝まで目が覚めることはありません。寝ている本人には分からないと思いますが眠りが浅く寝ながら考え事をしている睡眠になっている時間が圧倒的に長くなっているからです。

寝ながら考え事をしている睡眠

最悪な睡眠が寝ながら考え事をしてる睡眠になります。
寝ながら考え事を知る睡眠というのは目が覚めた瞬間に忘れてしまう睡眠でもありますからねていると勘違いしている場合も多くあります。
例えば睡眠時間が6時間ある方が寝ようとする時間に5分間目が覚める時間に5分間夢を見ている時間に5分間だとしたらあとは残った時間の5時間45分は寝ながら考え事をしている場合があります。
つまり5時間以上が夢を見ながら寝ながら考え事をしてる時間になり目が覚める瞬間に少しだけ夢を見るだけ眠っているわけです。
肩こりの方は同じような現象が起きている場合がありますので確実だんですが息苦しさを感じたり胸苦しさを感じたり時々胸の中心部の辺りでちくっとする痛みが一瞬だけあることがある場合があります。
これがすべてを物語っているものですから胸の部分にある内臓が深く関係していることがありますが内蔵と言っても病気と言ってるわけではありませんので何でもかんでも病気というのを関係づけることなく内臓に疲れやストレスが溜まると言っています。

内臓にたまる疲れやストレス

内臓に多くの疲れやストレスが溜まることで背骨のズレやゆがみになっていきます。
背骨のズレやゆがみになると筋肉は引っ張られたり緩んだりして肩こりになっていきます。
カタクリに関係するものは疲れやストレスの蓄積と睡眠負債状態なんですが睡眠負債状態も気がついていない方が多くいますので当院では検査することをしていますが眠れていませんよねという感じに言うと眠れていますと逆に切れたような状態で言われる方もいますが実際に眠れていないから証拠があるから入っています。
もし本当に眠れているんであれば肩こりなんか起きる理由はなく夜寝ている時に筋肉のコリは解消していると思います。
寝るということは疲れやストレスを減らすことができるものです。
美味しいものを食べても疲れやストレスは減ることはありません。
栄養があるサプリメントやドラッグストアなどで売っているものを飲んでも疲れやストレスを減らせることはできません。

運動不足ではない肩こり

運動不足だと思って運動したりすると余計に疲れやストレスは多くなっていきます。
運動したりすることで疲れやストレスを減らせることはありません。
疲れやストレスを減らすことができるのは唯一寝ている時だけです。
しかも熟睡状態ができていないと寝ながら考え事をしている睡眠や夢ばかり見ているような睡眠では疲れやストレスが蓄積していくばかりです。
夜寝ようとするとあくびが出ないのが原因ですし、朝、目が覚めた時にもあくびが出なければいけません。
どんなに良い睡眠をしていてもあくびが出ないのはおかしいと思わなければいけませんが日中に出るあくびは関係ありません。

肩こりになるのは
2018年10月19日