肩こり

肩こりを楽にするためには普通一般的には肩こりと言うと筋肉のこりというイメージが強いために筋肉のこりを解消することで肩こりを楽になったように感じることも多くありますが

実は肩こりというのは筋肉のコリだけで起きていることはあまりありませんが筋肉のコリだけを解消したりすることでも肩こりを楽に感じさせてしまうことができます。
しかし肩こりというのは筋肉のこりだけで起きているものではありませんので筋肉のコリを楽にして直したと思わせることは多く可能なんですが筋肉のコリだけを楽にしても原因が残ったままになっています。

肩こりを起こすのは

肩こりを楽にしていくには

肩こりと言うとどうしても筋肉のコリというイメージが強くありますので運動したりストレッチをしたり何かの道具を使って運動したりということも多くありますし肩や腕を動かしたりすることでも肩こりを楽にすることはできますが、そこで考えてほしいことがあるんですがどうして肩がこるのかということを考えなければいけないと思います。

何も原因がなくて肩が凝ったりすることはありませんのでどうして肩がこるのかということを考えなければいけませんが肩こりの方は辛いという思いばかり優先してしまって原因を見つけ出すこともなく考えることもなく肩こりを解消することだけに専念しています。
肩こりを解消している治療院の先生も考えることなく肩こりを解消したり揉んだりマッサージをしたり電気治療器をしたりすることも多く見受けられます。

肩こりを解消するには

肩こりを解消するためには検査することができないと見つけ出すことはできません。
本当に肩こりが筋肉のこりから起きているのかということを考えなければいけませんので一番目は筋肉のコリが本当に起きているのかということを見つけ出す検査をしています。

多くの肩こりの場合、筋肉のこりは普通一般的にありますが筋肉のコリだけで起きている肩こりはありません。
筋肉のこりというのは意味不明な言葉のひとつでもありますのでイメージしてもこりという

イメージは硬いとか緊張しているというイメージになりますので固く緊張したりすると筋肉はリンパの働きを悪くなって老廃物が多く蓄積していき循環が悪くなるということは普通一般的に起きていきます。

リンパの流れが悪くなるのは

何も原因がなくて筋肉が老廃物を多く溜めてしまうということもありません。
何も原因がなくてリンパの働きが悪くなるということもありません。
逆に何も原因がないのに老廃物が多くたまったりリンパの働きが悪くなるということは大変なことが起きている可能性があるからです。

リンパ療法という方法がありますがリンパ療法というのはリンパだけ流すということはできませんので軽いマッサージだと思ってしまえばいいと思いますが軽くやることがリンパを流すということに繋がると説明しているところもありますが実際は軽いマッサージをしているだけです。
リンパが滞留してしまったり老廃物が溜まる時には体にあることが起きています。

体に起きるあることが老廃物をためてしまい循環を悪くしてしまってリンパの働きを悪くしてしまっています。
肩こりが起きる時には人の体に生活したり運動したり仕事をしたりすることで多く蓄積していくものがあります。

肩こりになる時には

体にたまる疲れやストレス

体に多く蓄積していき生み出されていくものというのは疲れやストレスなんです。
疲れやストレスというのは体の弱い部分に蓄積していく傾向を持っています。
腰の部分が弱いかたは腰痛を起こしやすく腰の部分に疲れやストレスを多くためてしまう傾向があります。

肩こりの方は肩の部分が弱いわけですから肩の部分に多くの疲れやストレスを溜めてしまい安く疲れやストレスを溜めてしまうことが原因で肩こりになっていきます。
しかし肩こりというのは肩の部分で起きてしまいますので肩の部分に何があるのかということを考えなければいけません。

解剖学的に見ても肩の部分には皮膚と皮下脂肪と筋肉と靭帯と神経と血管とリンパと骨と内臓しかありません。

筋肉の緊張、固くなる筋肉

関節というのも筋肉や靭帯の付着や軟骨なので形成されていますので同じことです。
肩関節で起きている肩こりもあります。
多くの肩こりの場合、肩関節よりも中心部に近いところで起きている肩こりが多くあります。
肩こりを解消する方法というのは普通一般的にはドラッグストアなどに売っているサプリメントでも筋肉のコリをほぐしたりすることができるサプリメントが売っています。

肩こりと言うと筋肉の緊張やこりということですから湿布を貼ったりしてもスースーするインドメタシンなどの薬剤で肩こりを楽にすることもできるかも分かりません。
家族の方にマッサージをしてもらったり専門家の先生にマッサージをしてもらうことでも肩こりは楽になっていきますがマッサージというのは筋肉雄に対してほぐす行為をしています。
多くの治療院で用いられている低周波治療器なども同じことなんですが筋肉に対してほぐす行為をしているのが低周波治療器です。

何をしても楽になる

鍼灸院で行う針を刺したりお灸を行う行為も同じことですから指圧をしても同じことだと思いますし他にも色々な肩こりを解消するという方法があるかも分かりませんが当院では検査することをしていますので肩こりを単純に楽にすることもしていますが原因を見つけ出すことをして原因から変えていくことをしていきます。

肩こりというのは何が関係して肩を凝らしているのかということを見つけ出すということをしていくためにも単純に揉んだりすることなくどうして肩が凝っているのかということを見つけ出すことをしていくということです。

肩こりを解消しようと思う方は検査することをしてみると多くの場合、筋肉のコリはもちろん当然としてありますが背骨のズレが起きています。

筋肉というのは骨から骨にくっついていますので骨が動いたりずれたりすることで筋肉は伸ばされたり緊張したりすることで一時的に硬くなる現象や老廃物が多く蓄積していきリンパの働きが低下するという現象が起こります。

筋肉は骨から骨へ

しかし背骨のズレというのも姿勢や猫背で歪みやズレが起きることはありません。
姿勢が悪くなったり猫背になるのも毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することで蓄積していき生み出されてたまっていくものが原因ですから。
毎日毎日の生活で生きていくことで生み出されていくものというのは疲れやストレスの蓄積なんです。

疲れやストレスというのは体に溜まるということは分かっていると思いますが体のどこに溜まっていくのかということを考えている方は少ないと思いますし専門家の方も知らない方が多くいます。
疲れやストレスというのは何をしても溜まっていくものです。

疲れやストレスというのは何もしなくても家でゆっくりテレビを見ていても溜まって生み出されていくものです。

疲れやストレスの蓄積が弱い部分に溜まることで筋肉が疲労したり緊張が高くなったりコリを起こしていきます。

蓄積していくもの

体に溜まっていく疲れやストレスですから疲れやストレスが溜まっていくと 体の中から崩れを起こしていきます。

体の中から崩れを起こすことが原因で骨盤の歪みが起きたら背骨がずれたりしていく結果になります。
背骨がずれたりすると筋肉が骨から骨にくっついていますので骨が動くことが原因で伸ばされたり緩んだりしていきます。
そうすると肩こりを感じてしまうわけです。
しかし今度は体の中のどこに疲れやストレスが溜まるのかということを考えなければいけませんので体の中には何があるのかということを厳密に考えていく必要があります。
肩こりを起こしている疲れやストレスというのは体の弱い部分に溜まっていくと説明しましたが弱い部分は体の中にもあります。
体には表面から言うと皮膚があって皮下脂肪があって筋肉や靭帯があって骨があって膜があって内臓と内臓周辺に脂肪が存在しています。
例えば体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると水分が60%から65%水分が出てきますので体重で言えば60 kg から65 kg が水分ということになります。
水分に疲れやストレスが溜まるということはないと思いますので後残った35 kg から40 kg の中に疲れやストレスが溜まるところがあります。

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスが溜まるところというのは神経と血管とリンパと皮膚と皮下脂肪と普通一般的な脂肪と骨と内臓しか存在していませんし大脳や中枢神経系の脳幹や脊髄も内臓の一部です。
この中で疲れやストレスが溜まるというところは筋肉と内臓しか存在していません。

内臓と言っても何でもかんでも即病気というのを結びつけることなく内臓に疲れやストレスが溜まるということが普通一般的に起きているんです。

しかし内臓と言うと誰でも病気というのを考えやすく最終的な結果が病気というだけであってその手前のなっていく過程というのは疲れやストレスの蓄積で細胞の変化が起きてしまう結果が病気です。

内臓が病気になっていく過程というのは弱い部分であり弱い部分に疲れやストレスが多くたまることが原因で細胞が徐々に変化していくことで最終的に病気という細胞になってしまうということです。

内臓に多くの疲れやストレスが溜まったり関節に多くの疲れやストレスが溜まると細胞も徐々に悪くなっていきますので 関節の痛みになってしまったり内臓の病気になってしまうということなんです。
体が起こす痛みやこりというのは先将来の内臓の病気に直結している可能性があるんです。
しかし完成してしまえば病気として病院に行って検査をすると陽性反応で数値に異常が出てしまいますが完成する前は分からないんです。

痛みやコリは歪みから

普通一般的に痛みやコリを起こしやすい形繰り返しやすい方ほど病気になっていく可能性が多くマッサージ院や鍼灸院や整骨院などによく行かれる方ほど病気になりやすい可能性があります。

体に何かの異常や痛みやこりが起きる時には必ず何かが体に起きています。
体に何も異常がないのに痛みやこりが起きることはありませんし肩こりになることはありません。

多くの肩こりの肩の場合、息苦しさや胸苦しさや動悸や胸の辺りでちくっとする痛みが一瞬だけ起きてしまうことが時々あったりするか違います。

時々起きてしまうので忘れてしまっている方が多くいますが治ったというわけではなくそれらがボディーランゲージとして自分に知らせている警報と同じなんです。

異状を感じさせるのが痛みやコリ

体に何かの異常が起きてしまったら体は痛みやこりとして感じさせてくれていますが一時的に治ってしまうことが多くありますので気にしていない場合が多くあります。
しかし体というのは必ずボディーランゲージで警報を走っています。

このボディランゲージというのが痛みやこりなどの不調状態になってしまいますが病院では完成してしまわないと数値的な異常は出てきません。
数値的な異常が出てこない限りは病気ではありません。
肩こりと言っても単純に筋肉のこりという解消法だけでいいのかということになります。

当院では肩こりといってもまずは筋肉のこりから解消することをしていますが筋肉のこりを解消したらその先にあるものは背骨のズレです。
背骨のズレが起きてしまうと言うことは内臓に疲れやストレスが多く溜まっているということを指していますので内臓のどの部分に疲れやストレスが多く溜まっているのかということを見つけ出さなければいけません。

眠りと肩こり
2018年10月15日