腰痛

腰痛を楽にしていこうと思うなら 二通りの施術が存在しています。一つ目の方法というのはまずは何と言っても腰痛つまり腰の痛みを楽にすることから始めていきます。多くの治療法が腰痛を楽にすることをして直したと言っていると思いますが実は違います。

腰痛というのは腰痛を起こしている原因が存在していますので原因も見つけ出して改善していくことをしないと原因も、いつまでも同じままではいられません。

疲れやストレスの蓄積

腰痛とは

腰痛は腰の痛みを感じた時には何かのきっかけで起きている場合が多くありますのできっかけというのは重たいものを持ったり前かがみをしたり中腰をしたり布団に寝て朝起きたら腰が痛かったとかいうのが原因ではなくきっかけです。

普通一般的には原因のような感じで思われている方が多くいますが前かがみをしたり重たいものを持ったり中腰をしたりする時に腰痛を起こしたりする場合が多くありますがこれらは全てきっかけが原因です。

切っ掛けと腰痛

腰痛を起こしている時にはきっかけともう一つ関係しているものが存在しています。
もう一つ関係しているものというのは骨盤の歪みや骨盤の開きや背骨のズレです。
腰痛や腰の痛みを感じている時には必ず骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレが存在していますが何も腰痛の原因である歪みやひらきや背骨のズレを矯正しなくても腰の痛みを楽にすることはできます。

矯正をしなくても楽にする方法というのは対症療法という方法になります。

対症療法という方法は多くの治療院で用いられている治療法ですから湿布を貼ったりしても腰の痛みを楽になることもありますしマッサージをしても腰の痛みは楽に感じてしまうこともありますし病院に行って注射を打つことでも痛み止めになりますので腰痛は楽になることもありますして周波治療器を当てて、しばらくすると腰痛が楽に感じてしまうことがあります。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどは

対症療法と腰痛

しかし対症療法ばかりして一時的に腰痛を楽にすることは可能かも分かりませんが原因が残ったままになっていると原因もいつのまにか進行したりこじらせたりすることが多くあります。

腰痛や腰の痛みを訴える時又は痛みを感じている時にはどういうことが起きているのかどうして腰の痛みに進行してしまうのかということも考えなければいけませんので説明をしっかりと聞いてください。

腰痛や腰の痛みを感じている時には必ず体に多くの疲れやストレスが溜まっているのが一番の原因です。

疲れやストレスと腰痛

毎日毎日生活することや運動することや仕事をすることで多くの疲れやストレスは溜まっていきます。
疲れやストレスというのは体に溜まるということは何となく分かっていると思いますが体のどこにたまるのかということが痛みのつながりになります。

毎日毎日の生活や運動することや仕事をすることや精神的な緊張でも多くの疲れやストレスが生み出されていきますので生み出された疲れやストレスが体に蓄積していきます。
疲れやストレスが多く生み出されていくと体にも弱い部分とそうでもない部分が存在しています。
そうでもない部分に疲れやストレスは多くたまることは が弱い部分には疲れやストレスが多く蓄積していく傾向があります。

弱い部分に疲れやストレスがたまる

弱い部分に疲れやストレスが多くたまることが原因で筋肉にもたまりながらさらに多くの疲れやストレスがある部分に蓄積していきます。

ある部分というのは弱い部分なんですが弱い部分の部分が一番肝心なことなんです。
例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると水分が65 kg も出てきます。

体の体重の半分以上は水分で構成されていますので単純な水分といっても水というわけではなく血液だったりリンパ液だったり体液だったり細胞の中の水だったりという部分で65キロも出てきます。

水分に疲れやストレスが溜まるということはありませんので後残った35 kg の中に疲れやストレスが溜まる部分が存在しています。

35 kg の中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と中枢神経系である大脳と脳幹と脊髄と内臓しかありません。

疲れやストレスをためると

この中で疲れやストレスを溜めやすく色々なものになっていくのは筋肉にも疲れやストレスが溜まりながら多くの疲れやストレスは内臓に蓄積していきます。

内臓と言っても誰でも病気というのを考えるかも分かりませんが内臓にも疲れやストレスが溜まるということですから内臓の病気というわけではありませんので病院に行って数値の検査をしても異常が出る可能性は少ないようです。

病院に入って体の不調を訴えても数値的な異常な検査が出ない場合が多く見受けられますので病気になっていない状態で色々な症状が起きることもあるということなんです。
もちろん病気になってしまえば病院に行って検査を受けて陽性反応が出たら病気という診断が降りますので何らかの治療をしなければいけないということもあります。

しかし腰痛というのは病気というわけではありませんが内臓に疲れやストレスが溜まることが原因で体に歪みやズレが起きるということなんです。

歪みやズレから腰痛

体に歪みやズレが起きると必然的に骨盤にも影響が出てしまい骨盤の歪みや骨盤の開きが起きたり背骨がずれたりということで体を支えることができませんので体を支えることが出来ない時に重たいものを持ったり前かがみをしたり中腰をしたりという感じで腰痛や腰の痛みに繋がっていきます。

骨盤の歪みや骨盤の開きが少ない時には痛みを感じていない場合が多くあります。
骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレというのもいつも変化していますので同じ日でも午前中と午後では歪みの度合いが違います。

歪みの度合いが違う原因は疲れやストレスの蓄積度合いで違います。
歪みやズレというのも毎日毎日変化していますのでいつも腰が痛い方もいるかも分かりませんがなんかの拍子に急に腰が痛くなるということで繰り返し起きたりすることがあります。

腰痛や腰の痛みが変化するのは毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することやいろいろの物事で蓄積して生み出されていく疲れやストレスが原因です。

疲れやストレスは弱い内臓に溜まっていくと説明しましたがこれも遺伝が関係していますので親が腰痛や腰の痛みを訴えていることが昔であろうと一度でもあれば同じ原因が遺伝的に関係しているということで受け継がれているということです。

体質改善と腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

体質とは

遺伝子が関係していないと起きるものではありませんので根底にあるものは弱いというのは生まれつき弱いという現象だということです。
顔つきや雰囲気が似てしまうのが親子ですから内臓の弱さも関係していますので同じ内臓が

弱いということですけど一人の子供が生み出されるのは二人の親が存在していますのでそのどちらがの遺伝子が多く受け継がれるかで子供の弱い部分が決まります。

多くの場合同じ弱さの遺伝子を持った人同士が夫婦になる場合がありますので同じ弱さの人同士が結婚する場合が多くありますから弱さは似たり寄ったりという状態で子供が生まれてきます。

腰痛を起こしている原因というのは弱い内臓と説明しましたがどの内臓が弱いのかである程度、腰痛が起きる確率が生まれてすぐにわかります。

腰痛は起こしていく主な内臓というのは腎臓になります。
腎臓が生まれつき弱い方が成長とともにどんどん内臓の腎臓が老化していくことが原因でさらに疲れやストレスを溜め安くなっていくのが腰痛に繋がっていきます。

年齢以上に

年齢に関係なく老化は進行していきますのでどれぐらい腎臓が弱く生まれるかで腰の痛みになったり腰痛になったりぎっくり腰になるのかということが決まります。
弱い内臓は疲れやストレスをためやすく疲れやストレスを多くためてしまうと細胞が変化していき老化していきます。

老化の最終形態が病気に進行していくということは何となく分かると思います。
しかし完成をしてしまわないと病院に行っていくら血液検査や尿検査やレントゲンや MRI 検査エコー検査などをしても陽性反応に出ることはありません。

弱い内臓が老化を進めていき進めた状態で細胞が変化した状態が完成したら数値的な異常が徐々に出てきます。
しかし完成するまでは病気ではありません。
腰痛や腰の痛みというのも体が唯一起こしてくれているボディーランゲージつまり警報と同じですから警報を無視したりスイッチを切るような行為をすることを対症療法といいますので対処療法ばかりしていると繰り返し安くなるというよりも違う意味として出てくることもあります。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどは

腰痛や腰の痛みになりやすい方というのは先将来何年か先かわかりませんが関係するのは腎臓の病気の可能性があるということで腰痛や腰の痛みを患うことになっていると思います。
つまり予備軍的なものが関係している時に腰痛や腰の痛みやぎっくり腰になるということです。
対症療法ばかりして腰の痛みを楽にすることばかりしていると直しているわけではありませんので原因がいつのまにか進行した状態で出てくることがあります。
腎臓が悪化した状態で病気的、段階になった場合真っ先になるというのは透析ということになる可能性もあります。

つまり腰痛や腰の痛みやぎっくり腰というのは先将来の問題を知らせてくれていることなんですがそれを我々は簡単に考えている場合が多くあります。

確かに湿布を貼ったりマッサージをしたり電気治療器をしたりすることでも腰痛を楽にすることは可能の場合も多くありますがスイッチを切るような行為だけは考えない方がいいと思いますのでしっかりと検査をしてどういう状況になっているかということを考えながら改善するというよりも直すということを考えなければいけません。

当院では最近多くの方が悪化させたりこじらせたりしている方が多くいますので簡単に疲れやストレスが腎臓に溜まることが原因で骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが起きている方は少ないようです。
弱い腎臓に疲れやストレスが溜まることが原因で骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレは起きていきます。

これが普通に起きる腰痛やぎっくり腰や腰の痛みなんですが普通ではない状態で痛みを起こしている方が多いということです。

普通ではない腰の痛みですからしばらくの間治療にかかると思います。
単純に普通の状態で起きている痛みでしたら1回、2回や三回で楽になることもあります。

しかし楽になることばかりしていては本当の意味で腰痛を治すことはできませんので楽になったら体質改善という治療で原因たるものを直すことが必要になると思います。
当院では体質改善という治療がありますが初回からできる治療ではありませんので体の状態が準備ができた状態か腰痛の痛みが少し楽になった時に初めてできる治療です。

体質改善という治療は短期では難しいためしばらくの治療が必要になりますが弱い腎臓を強くすることができます。

弱い腎臓を強くするためには1回や2回で強くなることはありません。そんな簡単なマジック的なものはありませんし腎臓が一回で2回で治療が完成するかと言うとそういうものはありません。

弱い腎臓に疲れやストレスが溜まることが原因で骨盤は歪みやひらきや背骨のズレが起きていきます。
弱い腎臓を強くする方法というのは体質改善という治療法だけです。
体質改善の治療というのはつめて 来院して治療を受けていかないと進むことはできません。

2018年09月27日