小顔矯正

小顔矯正

人気がある小顔矯正をしていますが多くの方の顔を小さくすることをしていますが小さくするためにはどうすれば小さくなるのかという問題があります。

そして小顔矯正をして行く時には本当に顔が小さくなるのかというのをよく聞かれますし小さくなったら小さくなったで維持することができるのかということを聞かれることが多くありますのでその説明もしていきたいと思います。
小顔矯正をしていく時には多くの方は顔だけと言う感じなんですが小顔矯正をしていくときの顔だけというのは顔面骨という意味がありますが顔面骨というのも顔というのも頭蓋骨の一つです。

小顔矯正とは

つまり小顔矯正というのは頭蓋骨矯正ではありませんが頭蓋骨を小さくしていくということをしていくのが小顔矯正です。
小顔矯正をしていくときには頭蓋骨の顔の部分を小さくしていくことをしていくのが小顔矯正ですからどうやれば頭蓋骨の顔の部分を小さくすることができるのかということです。

当院では小顔矯正をしていく時にはボキボキしたりすることもなく電気などを使うこともなく無理やり顔を押さえつけたりすることもなく顔を小さくすることをしています。
当院ほど小顔矯正をしていくときに安心で安全な小顔矯正はないと思います。

ではどうやって顔を小さくしていくのかという問題なんですが顔を小さくしていくときにはマッサージをするような感じだと思ってもらえれば一番近いと思いますのでマッサージをするような感覚で顔を小さくすることをしていますがマッサージをしているわけではありません。

小顔矯正とは

顔を揉んでいるようなマッサージ間隔で顔を小さくすることができる特殊な技術を持っているからできる技ですからマッサージをしているようにしか見えないと思いますし小顔矯正を受けている方も実際にマッサージをしているような感じだと思うことがありますがマッサージをしているわけではありません。

顔が小さくなる

そして当院では小顔矯正をする前に自分の顔の大きさを覚えてもらうことをしていますが小顔矯正をする前と小顔矯正をした後 比べることができるのが特徴です。

そのためには顔を触って覚えてもらうことをしていますが顔を触るという行為は単純にただ手を当てればいいというわけではなく大きさを測るようにして触らないと小さくなっても分かりません。

小顔矯正をしていくときには顔が10 CM を20 CM を30 CM も小さくなることはありませんので1 CM だったり2 CM だったり3 CM だったりという感じで小さくなっていきますので1 CM 変わってもわかるように触らなければ小さくなったのが分かりません。
そのため簡単なんですが難しい触り方があります。
触り方はすごく簡単なんです。

顔を触って自分で

顔を触るときには自分の顔の大きさや幅、輪郭などの形を覚えておかなければいけません。
小顔矯正をする前の触り方というのは両方の手首を合わせるようにしてくっつけて手のひらと指を広げるようにして顔に当てるだけです。

しかしただ顔に手を当てただけではわかりません。
その時に一番重要なのは左右差を感じようとするということです。

顔の左右差を感じようとして触ると幅や形や大きさが集中力をました状態で手に伝わっていきますのでしっかりとわかりやすくなります。
顔の触り方をしっかりとしておかないと小さくなったのが分かりません。
小顔矯正をする前に院長と向かい合って説明をしますので一度、鏡で見て記憶してもらいます。
というのは触り方が大変難しいからです。

顔の形を確認

鏡を目で見て自分の顔をの出っ張りや張りを覚えてください。
何を覚えればいいのかと言うと例えばですけど右側全体的に顔が大きいような感じがするとか左側は一部分が大きいような感じがするとかという単純なことなんですが、いざ手だけで触ってみると大変難しいのが分かります。
まずは鏡で見て顔の形を覚えること。

顔の形が分かったら目を閉じて手だけで同じように感じるか確認してください。
多くの方が違うことを思うこともあります。
それほど目で見たものが手で触るのが大変難しいからです。
目で見た出っ張り色合いなどが手で触ると違うように感じてしまいます。
どちらを信じればいいのかというのは目で見た方です。

比べることをする

しかし目で見て顔の大きさや形というのは実際にどれぐらい変化したのかということは分かりやすいと思いますが当院ではどうしても手で感じてもらうことをしています。
というのは小顔矯正をした後に顔が小さくなったのがわかったら笑顔が違うからです。
顔を小さくしていくためには自分の両方の手のひらを顔に当てて 感じようとしなければ分かりにくいので手だけで幅を覚えるように練習をしてください。
実際に手で触って小さくなったのが分かるようにしていく小顔矯正をしているから自信があります。
必ず初回から顔が小さくなる小顔矯正です。

しかし小顔矯正をする時には一度で終わることはありませんので多くの方は顔が小さくなったら終わりだと思うでしょうが、それでは維持ができません。
実は小顔矯正と言っても体の状態が深く関係しています。
体の状態というのは疲れやストレスの蓄積です。
顔だけ小さくしても体に多くの疲れやストレスが溜まっていると持続力はありませんし終わった瞬間に戻っていくという方までいました。

疲れやストレスの蓄積

小顔矯正をしていくときには体に蓄積してしまった疲れやストレスの方が一番の問題になりますので多くなればなるほど限界なく溜まっていくのが疲れやすとレスです。
疲れやストレスというのは際限なくある部分に溜まっていきますので限界というのはありませんから毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することやいろいろな物事で多くなるばかりです。

しかし人は疲れたと言う割には減らすことをしていませんし考えることもしていません。
疲れやストレスが溜まってしまうと人は何をするかと言うと美味しいものを食べに行ったり焼肉を食べに行ったりうなぎを食べたりという感じだと思いますしまたサプリメントに頼り切っている方もいるでしょうから栄養と言うと疲れやストレスを減らすことができるのかという問題が考えなければいけないところだと思います。
確かに栄養でもよくなったような気がしますが食べる事で疲れやストレスが溜まる部分に多くの疲れやストレスを溜めてしまう結果になってしまいます。

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスがたまる所

疲れやストレスを溜めてしまう部分というのは内臓です。
しかし内臓と言っても病気と言ってるわけではありませんので何でもかんでも病気というのを関係づけることなく内臓に疲れやストレスがたまると言っているということです。
内臓に多くの疲れやストレスが溜まっていくことが原因で体は補正的に歪みやズレを起こしていきます。

例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたらその100 kg の体をぎゅっと絞ってみると水分が65キロにもなりますので体重の半分以上は水分で構成されているということです。
水分と言っても単純な水というわけではなく血液だったりリンパ液だったり体液だったり色々な水分です。

体のどこに疲れやストレスがたまる

水に何かが溜まるということは考えられませんので後残った部分に疲れやストレスがたまるところがあるということです。
あと残った35 kg の中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と中枢神経系と内臓しか存在していません。
35 kg の中で疲れやストレスが溜まるところというのは筋肉にもたまりなから内臓に蓄積していきます。
内臓に疲れやストレスが溜まることが原因で体は補正的に歪みを起こしていきます。
そして実は小顔矯正をしていくときには疲れやストレスも体にたまりますが体の中でも筋肉や内臓に蓄積していくと説明しましたが本当を言うと顔にも疲れやストレスが溜まっていきます。
顔に疲れやストレスが溜まると顔のむくみが起きたり脂肪が多くなったり顔が変形してありということが起こります。
顔に疲れやストレスが溜まっていくと顔には皮膚や筋肉や靭帯や脂肪や骨しか存在していませんのでこのどこの部分を解消すれば顔が小さくなるのかということを研究していくと確かに脂肪やむくみを減らすことでも少し顔は小さくなっていきますが単純にそれだけでは少ししか小さくすることはできませんし維持することもできません。
顔にできたむくみが脂肪を減らせばいいというわけではありません。
後残ったものは筋肉と靭帯と脂肪と顔面の骨しかありません。

疲れやストレスは内臓に

検査する小顔矯正

当院では小顔矯正をして行く時には検査することをしていますが検査をしてみると多くの方が顔に異常があるということがわかりましたが詳細に細分化してみると皮膚とか筋肉とか靭帯とか骨まで炎症を起こしているということがわかりました。
疲れやストレスが多く溜まっていくと皮膚も筋肉も人体も脂肪も炎症を起こしたり骨まで炎症起こして骨が変形しながら大きくなっていきます。

炎症というのは最低限のものですから炎症の上には晴れという状態がありますしハレの上にはタダレという状態も存在しています。
ここでは一番簡単な炎症と説明をしていますが検査をしてみると段階と言うか悪い状態の多くなればなるほどただれの状態になっている方もいます。
顔に炎症が起きていくと色々な部分が大きく膨らんでいきますので膨らんだ状態が顔に出てしまい顔自体が大きくなっていきます。

正常に戻すことで顔が小さくなる

これを正常に戻すことをしていくのが小顔矯正になりますので単純な小顔矯正ではなく顔に溜まってしまった疲れやストレスを減らすことをしなければ顔を小さくすることはできませんしそれ以上に顔だけではなく体の状態も確認しながら顔に多くの疲れやストレスが溜まっているのに体にたまっていないということはありません。

当院では検査することをしていますので検査をしてみて異常のある部分を見つけて正常に戻していくことをして顔を小さくすることをしていますが多くの方は顎の骨の部分を炎症や腫れやただれの状態になっていますので正常に戻すことで顎の部分は特にスッキリ細く引き締まっていくということが多く見受けられます。

最近は多くの方が疲れやストレスだけではなく睡眠負債状態で大脳を弱らせてしまっていますので大脳が弱った方は痛みやコリを感じにくくなっていくほど麻痺状態になってる方もいます。

睡眠負債と小顔矯正

睡眠負債というのはれているようで眠れていないことなんですが眠りというのは大脳が休養とって熟睡状態になってることを言います。
どんなに人が見て寝ているような感じに見えても格好だけしか考えていません。
人が横になって目を閉じてスースー寝息を立てていると誰でも寝ていると思うでしょうが格好だけではなく眠りというのは大脳が寝ていることだけを言います。
大脳が休養とって寝ていない限りは寝ていません。
夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えていますので夢を長時間見るということはありませんので脳が起こすトリックにはまってしまうと長く夢を見ていたと思いますが実は短時間の夢だということがあります。

睡眠負債と小顔矯正
2018年09月03日