腰痛

ボキボキしない腰痛

痛を改善していこうと思うなら腰痛の原因になっているものを検査することをして見つけ出さなければいけませんが原因を検査することができない方が多くいますので対症療法という治療法が存在しています。
対症療法という治療法は原因何かは関係なく楽にすることを中心にしていく治療のことです。

対症療法と腰痛

対症療法というやり方は湿布を貼ったりしても腰痛を楽にすることはできる可能性もあります。

インドメタシンや炎症や腫れを抑えることができるのが湿布ですから炎症や腫れから起きる軽いものでしたら湿布を貼ったりして急性状態の痛みを抑えることはできます。

しかし原因が残ったままになっていますから腰痛を起こしている原因というのは骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレですから残したままだと進行するということがありますのでこじらせたり坐骨神経痛になったり椎間板ヘルニアになってしまったり脊椎管狭窄症という症状になってしまうこともありますから単純に楽にすればいいというわけではないと思います。

また湿布を貼ることに限らずドラッグストアなどで売っているサプリメントや健康食品は飲んでも腰痛は楽にすることは可能かも分かりませんが栄養や何かのエキスで改善することをしても急性状態の痛みは取れて楽になることはあります。 しかし栄養や何かのエキスで骨盤の歪みや骨盤の開きが取れるとは考えられません。

単純に何かの痛みに効くということですから痛みにとっては何でもいいんだと思います。
頭痛薬と同じで頭痛薬というのは葉の痛み求めてわからなくすることができますし生理痛などに使われる痛み止めも同じことだと思いますから一時的に痛みを楽にしているだけだと思います。

対症療法ばかりして

腰痛と言うと家族の方に揉んでもらったり専門家の先生にマッサージをしてもらうことも有効な手段だと思いますがマッサージというのは筋肉に対して治療をすることですから筋肉だけで腰痛が起きていることはあまりないと思いますが筋肉の炎症や腫れは改善できる可能性もありますし楽になることもあると思います。

鍼灸やつぼを使った指圧ということもありますが指圧がつぼや鍼灸を使うよりも実際に鹿に行った方がいいと思います市骨盤の歪みは骨盤の開きは関係ありません。

整骨院や整体院やカイロプラクティック院で用いられている低周波治療器は電気というものもありますが機械、電気というのは刺激をしているだけですから刺激をしても楽になることがありますが骨盤の歪みは骨盤の開きが変わったわけではなく矯正できているわけではありません。

特に低周波治療器というのは定電流の電気をプラス端子からマイナス端子に流して筋肉を動かしていくことが目的ですからリンパの働きを良くなっている老廃物が多く流れていき循環は良くなります。

しかし原因が取れていないためまた元に戻りやすくなっていきます。

炎症や腫れなどが電気治療器、低周波治療器で取れることはありません。
腰痛は腰の痛みがある時には必ず炎症や腫れが存在していますから炎症や腫れをとるというのをを先にしていかなければいけませんので炎症や腫れが取れていくと筋肉、じん帯の問題を改善していかなければいけません。

腰痛は筋肉からも

腰痛を起こしている筋肉というのは腰周辺の筋肉が全て範囲に入りますので色々な筋肉が腰には存在していますが広背筋の筋肉というのが主だと思います。

腰痛を起こす時にはどうして起きたのかなぜをしていたら起きたのかと聞くと重たいものを持ったりしたら腰が痛くなったとか座って畑の仕事をしていたら立とうとした時に腰が痛くなったとか車の運転をしているとズキズキして腰が痛いとか何かを取ろうとして前かがみになって手を伸ばしたら腰が痛くなったとか下向きに寝て本を読んでいると腰が痛いとか、
布団に寝て朝起きたらいつも腰が痛いとかくしゃみをしただけで腰が痛いとか靴下を履こうとしたら腰が痛くなったとか色々な腰痛の原因だと思われるものが存在していますが、これらは原因ではなくて切っ掛けです。

腰痛になる時にはきっかけとあるものが存在してい両方が揃った時に腰が痛くなります。
必ず片側だけでは起こりませんので両方の物が重なった時に腰が痛くなって腰痛になるということです。

ではもうひとつの原因は何なのかということなんですが、その原因は骨盤の歪みは骨盤の開きなんです。

しかし骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレというのも原因がなくて起きることはありませんので必ず原因が存在しています。

多くの整体院やカイロプラクティック院治療というのは骨盤の歪みや背骨のズレをボキボキしたりすることで改善していくことを持って行きなんですが単純に表面上の歪みやズレを矯正すればいいというわけではありません。

骨盤の歪み・背骨のズレ

整体院やカイロプラクティック院では 、表面上といえば表面上なんですが表面上のものを改善していくことをするために矯正したりボキボキしたりすることをしていくのが整体やカイロプラクティック院です。

後はマッサージをするわけではありませんが筋肉を揉んだり低周波治療器は電気などをかけるのが整体院カイロプラクティック院特徴ですが他とはできないのはボキボキしたりすること、骨盤の歪みや背骨のズレを矯正できるのが特徴です。

しかし当院では他の整体院やカイロプラクティック院とは違いますのでボキボキしたりすることもなく痛いこともなく体を整えていくことをしています。
ではどうして骨盤の歪みや背骨のズレが起きるのかという問題なんですが毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することや体を動かしたりすることや動かさなくても多くなったりするものが原因です。
毎日毎日の生活で運動することで仕事をすることで多くなるものがあります。
それがすべて体に蓄積していくのが原因で骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレになっています。

しかも多くなるだけではなく体のどこかにたまって言っているのが原因なんです。
体に溜まるというものは疲れやストレスです。

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスというのは大変、多くの方に溜まっていますので溜まっていない方はいません。

実は疲れやストレスと説明していますが疲れやストレスというのは同じ意味になります。
疲れの蓄積してたまったものがストレスになりますのでストレスというのも色々な分野があるということです。

精神的なストレスもあれば肉体的なストレスもあれば色々なストレスが存在しています。
すべて疲れという意味になります。

ストレスという言葉を簡単に言う方ほどよくわかっていないのになんとなく使っている場合が多くありますのでストレスという英語はありません。
ストレスというのを誓い意味で探せば抑圧や欲求不満という意味になります。
ストレスが溜まったという時には抑圧が溜まったと言い換えることができますが意味が通じません。

ストレスが溜まったということを欲求不満が溜まったといういえばなんとなくは近づいていきます。

しかしストレスが溜まったという時は精神的なストレスが溜まったのか+肉体的なストレスが溜まったのかという情報が重なった時にストレスが溜まったと言ってることを言いますがカラオケに行っても精神的なストレスが発散できる可能性もあるんですが歌を歌うことでエネルギーを消費してしまいますので肉体的には疲れをためてしまいます。

疲れやストレスの蓄積

多くなるばかり疲れやストレス

旅行や温泉に入っても精神的なストレスは発散ができる可能性はありますが行くためには電車に乗ったり車に乗ったりすることで疲れやストレスが多くなるばかりです。

普通一般的にはストレス発散と言ってるのはエネルギーを発散していることになりますがエネルギーというのはストレスが多く溜まってしまうと偏ってしまいますので偏ってしまったエネルギーを消費してしまったということで全体的に消費傾向を示していることがストレス発散になります。

しかしエネルギーというのは消費してしまうということはよくありません。

エネルギーは多ければ多いほどいいわけです。
しかし多すぎるエネルギーも困ったものになります。

人の体には弱い部分とそうでもない部分というのが存在しています。
そうでもない部分は何も起こすことはありませんし先将来につながることもありませんが弱い部分というのはそうはいきません。

弱い部分というのは疲れやストレスを溜めやすくなっていきますので疲れやストレスを溜めてしまうと体の歪みやズレを起こしていきます。

疲れやストレスが蓄積する場所

例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると水分が65 kg にもなりますので体重の半分以上は水分で構成されているということなんですが水分と言っても単純な水ではなく血液だったりリンパ液だったり体液だったり色々な部分に水が存在しているということです。

水に疲れやストレスが溜まるということはありません。
ということは水以外、つまり35 キログラムの中に疲れやストレスがたまるところがあります。

35 kg の中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と中枢神経系と内臓しか存在していません。

この中で疲れやストレスが主にたまりやすいところというのは中枢神経系も内臓の一部だと考えれば内臓と筋肉になります。
しかし内臓と言っても病気と言ってるわけではなく内臓に疲れやすですがたまると説明しています。

勝手に病気と考えることなくしっかりと説明を聞いてください。
内臓というのは運動したり生活したり体を動かしたりすることでも疲れやストレスを置くためてしまいますが自分で消化したりアルコールなどを分解したりすることでも呼吸したりすることでも多くの仕事をしていますので内臓が仕事をすることが原因で疲れやストレスを溜めてしまうこともあると思います。

内臓疲労が腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどに

ですから体が弱った時にはアルコールの分解がまずできなくなったりすることもありますし油文が多い食事をしたらお腹を壊したということもあると思います。
ですから食べればいいというわけではなく食べたら栄養になりますが内臓がそれをコントロールできるのかということを問題視しなければいけません。

病院というところは病気の専門家の先生がいるところですから病気として完成したものは分かると思いますが完成する前ではわかりませんし完成する少し前だったら数値的な異常が出て気をつけなさいよとかいう感じで言われる可能性もあります。

病院に行う検査というのは病気の検査です。
病気として完成したものが分かります。

健康な細胞から半年や一年で病気の細胞に進行して変化するということはありえません。
健康な細胞から変化していくためには10年や20年かかると言われています。

しかし健康な細胞から病気な細胞に変化して行く途中で色々な症状が起きています。
その時に起きる症状は病気ではありません。

腰痛や肩こりや頭痛や生理痛は生理不順や便秘などで起きている可能性があります。
体に起きる色々な症状というのは必ず何かが関係していますので何かが関係しているということは内臓が関係しているということなんですが病気というわけではなく 弱い内臓に疲れやストレスが溜まっているということです。

弱い部分に疲れやストレスが

人の体は必ず弱い内臓とそうでもない部分がありますので弱い内臓というのは疲れやストレスを溜め安く疲れやストレスを溜めてしまうと骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨が不安定状態になってズレていきます。

腰痛を起こす内臓というのは腎臓です。

腰痛=腎臓というイメージがあるぐらい腰痛は腎臓に関係しています。
腎臓が弱った時に関係する筋肉が存在していますのでこの筋肉というのは骨盤を固定している筋肉にもなりますので股関節の内側から背骨についていたり骨盤の内側についている筋肉です。

その筋肉というのは大腰筋という筋肉と腸骨筋という筋肉になりますので両方合わせて腸腰筋と言います。

この筋肉のバランスが悪くなったのが原因で骨盤が開いたりしていきます。
さらに便秘などで大腸が弱っている方は骨盤が不安定になっています。
生理痛は生理不順がある方は骨盤の下の方の部分が開いたり歪んだりしています。

腎臓と相まって起きるのが骨盤の中に入っている内臓になります。

必ず歪みやズレが起きる時には内臓がなにかのトラブル思った時でありトラブルを持っていくと骨盤の歪みは骨盤の開きになります。

腎臓から腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどに

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院。

2018年08月27日