小顔矯正

初回から顔が小さくなる小顔矯正をしていますが小顔矯正をしていく時にはボキボキしないし痛くもない小顔矯正をしています。
小顔矯正をしていくときには受けに来た本人に顔を触ってもらい変化を体験できるのが特徴です。
小顔矯正

そのために触り方がありますので触り方を説明するようにしていますが簡単な触り方なんですが簡単だと思って触ってしまったかたほど分からないという方がいますので小顔矯正と言っても10 CM 、20 CM 、30 CM も顔が小さくなることはありません。

小顔矯正とは

小顔矯正をしていくときには顔が小さくなるのは1 CM だったり2 CM だったり3 CM だったりという感じだと思いますので1 CM 変わってもわかるように顔を触っておいてください。

小顔矯正に入る前に鏡で見て自分の顔の形を覚えてください。
何を覚えるのかと言うと顔の形というのは左右が対象ではありませんので左右がどれくらい

違うのかということを目で見て確認をするわけです。
必ず顔には左右差が存在していますので左右を確認しながら目で見て覚えるということをします。

左右差というのは例えばですけど右側の顔全体が大きいとか左側の一部分が出っ張っているとかいう感じで左右差が存在します。

顔を鏡で見て

鏡で見てそれがわかったら目を閉じて顔を触ってみてください。
形が同じように感じるかどうかがありますが多くの方が逆を言うこともあります。

鏡で見て目で判断したわけですから同じことを感じなければいけませんので例えば右側が出っ張っているんであれば目を閉じて顔を触っても同じように感じなければいけません。
ということを理解してもらった上で顔を触ってもらいます。

顔を触る時には目を閉じて触った方が分かりやすいという場合もありますのでしっかりと集中しながら顔を触ってみてください。
顔を触る時の触り方なんですが両方の手首を合わせるようにして顎の部分に当てます。
そして手のひらと指を顔にくっつけるだけなんです。

顔の触り方

しかし手のひらと指を顔にくっつけただけでは手を置いているだけですから顔の形をわかっていません。

手を置くだけではなく、手を当てるだけではなく顔の大きさや形を感じようとして触らなければいけませんので左右差を感じ取るようにして触ってください。
左右の違いを感じようとする時には手の感覚神経がよく働きますのでよく働くことが大脳の感覚神経を働かせることにもなりますから左右の違いをしっかりとわかるようにしてもらいます。

これができないとどんなに小さくなっても分かりません。
触り方は簡単なんですが感じようとすることをしないと分かりません。

しかし多くの方が小顔矯正を希望されて訪れますが院長が体調はどうですかとか調子は悪くないですかとか聞くと全員の方が同じ答えを返してきますが院長は検査することができますので検査をしてみると骨盤の歪みや骨盤の開きや背骨のズレが大きくあるのにという逆のことが確認できます。

顔のさわりかた

 

骨盤の歪み・背骨のズレ

骨盤の歪みは骨盤の開きや背骨のズレがあるということは体調の悪さを示しています。
体調が悪い方ほど小顔矯正をしても戻りやすくなりますので維持することは困難になりますし小顔矯正をした後にだるくなる方もいます。

小顔矯正をしたにも関わらず顔を小さくなったぶんだけ体調や体力を奪われてしまう結果になりますので体調や体力の低下でエネルギーない方ほど揉み返しではありませんがだるくなります。

自分で思っているほど体調や体力は良くない方が多くいますがそれを説明するのも自分でわかっていないから厄介なんです。

何も痛みやコリを感じていなければ体調が良いのかということはありません。
疲れていたりだるくないからといって体調が良いとは限りません。
痛みやコリや体調の悪さというのは脳は感じ取ることなんですが最近は多くの方が睡眠負債状態になっています。

睡眠負債と小顔矯正

睡眠負債というのは寝ているようで眠れていないんです。
不眠症でしたら寝ようとすると1時間も2時間も眠れなかったり夜中に何回も目を覚めてしまうという方が不眠症でした。

しかし睡眠負債状態は不眠症とは違い目が覚めにくいのが特徴なんです。
小顔矯正をして行く時には何をして顔を小さくしているのかと言うと検査をしてみると顔にも疲れやストレスが溜まっているということが多くありますので毎日毎日の生活や仕事をすること屋運動することや精神的な緊張を与えられることで疲れやストレスが体に溜まっていきます。

この疲れやストレスが顔にも溜まっているということで顔に溜まっていくと顔には皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨しかありません。

これのどれを取って小さくすれば顔を小さくできるのかということなんです。
顔を小さくすることができるのは体調の悪さから多くなってしまった脂肪やむくみを減らしていくことでも顔は小さくなっていきます。

顔の脂肪と浮腫み

しかし脂肪というのは太りなんですが顔のむくみというのは体調の悪さを示していますのでむくみが多すぎてぶよぶよになっている方もいますし、皮膚が垂れ下がっている方もいます。

体の状態が顔に出てしまっていることが多くありますので特に顔が歪んでいる方は身体全体の状態を表していますのでしばらくの小顔矯正が必要になりますが小顔矯正と言っても美容的な小顔矯正や何かのクリームを塗ったりスチームをかけたりする小顔矯正では長続きはしません。

表面上に何かを塗りながらマッサージをするような感じで小顔矯正を受けているシーンがテレビなどで見られますが表面上をいくらクリームを塗ったり汗を出すようなことをしても効果的にはあまりないと思います。

当院の小顔矯正は異常のある部分を見つけ出して正常な状態に戻していくことで顔が小さくなるという小顔矯正です。

顔を検査する

検査することができますので検査をしてみると小顔矯正を希望されて訪れた方、全員が体調を落としていると説明しましたので体調を落としていると顔にも疲れやストレスが溜まることが多くありますので顔に疲れやストレスが溜まると色々な部分に炎症や腫れを起こしています。

顔の炎症や腫れが起きると特に起きている部分を説明すると骨が炎症起こしています。
しかし顔の骨というのは頭蓋骨の一つでもあります。
顔を小さくしていくということは頭蓋骨矯正ではありませんが頭蓋骨に何らかの影響を与えたりします。

よく考えたらわかると思いますが頭というのは顔と大脳を納めている頭蓋骨に分かれます。
頭蓋骨に影響を与えることなく顔を小さくすることもできますが正常状態に戻していくことで顔が小さくなっていくという小顔矯正をしていますので初回から顔が小さくなっていきますが無理矢理、顔を押さえつけたり痛いということはありません。

小顔矯正を希望されて訪れた方、全員の検査をしてみると 特にですが顔の骨が炎症を起こしているということがありますので顔の骨が炎症を起こしていると骨が大きく左しながら変形していきます。

アゴのラインがスッキリ

特に顎の骨の部分は全員の方が炎症や腫れがひどく骨が変形しながら出っ張っていきますので張った状態を正常に戻すことができれば顔の時に顎のラインが細くをスッキリ引き締まっていきます。

顎の骨が炎症を起こしたり腫れたりしていると骨の変形起こしたりしますので変形したものは簡単には戻ることは普通はありませんが当院ではそういう小顔矯正をしています。
毎日毎日の疲れや仕事をすることや生活することや運動することや精神的な緊張などで疲れやストレスは多くなるばかりなんです。

疲れやストレスというのは体に溜まるということは分かっていると思いますがどこにたまるのかという問題がありますので疲れやストレスは体にもたまりながら顔や頭にも溜まっていきます。

それを見つけ出して検査することができれば正常に戻す可能性ができます。
正常に顔を戻していくことが顔を小さくする結果になっています。
本当に今まで30年間、小顔矯正をしてきて一人も異常が顔にないという方はいません。

全員の方が顔が小さくなっていると説明を加えましたので全員の方が骨の炎症や腫れが起きているということが言えると思います。

骨の炎症やハレ

骨の炎症や腫れというのは大変厄介なものですから一度起きたものは永久的に変わることはありません。

顔の皮膚をつまんで見ると分かると思いますがどれくらい脂肪が多くなっているのかということがわかります。

顔の筋肉というのはそんなに多くはないし分厚くもありませんので顔の皮膚をつまんでみると指先に感じるもの全てが正常なのかということを疑う必要があります。

小顔矯正をしていく時にはマッサージをするような感じで小顔矯正をしていきますがマッサージをしているわけではありませんしマッサージ感覚で顔を小さくすることができる小顔矯正です。

実際に小顔矯正をする時には顔を揉んだりマッサージをしながら小顔矯正をしていくのが当院の特徴でもありますから本当にマッサージを受けるような感じで顔を揉んだりしているだけで徐々に顔が小さくなっていきます。

小顔矯正

 

骨の炎症やハレを解消

小さくなっていく理由は先ほど説明しましたので骨の炎症や腫れを正常状態に戻していくと特に顎の骨はすっきり引き締まっていくという小顔矯正です。

しかし最近は睡眠負債状態の方が多くいますので睡眠負債状態というのは寝ているようで眠れていないことなんですが目が覚めなければ寝ていると勘違いしてる方が多くなっています。

夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えています。
しかしさらに浅い睡眠があります。

浅い睡眠の事を寝ながら考え事をしている睡眠と言います。
寝ながら考え事をしてる睡眠というのは大脳を急激に弱らせていきますので目を覚ますことはありません。

小顔矯正をしていくときに一番、近くにあるものは大脳です。
睡眠負債状態で大脳が弱ってしまっていると影響は大きく顔がぶよぶよしたり皮膚が分厚くなったりたり下がったり顔の変形が起きていきます。

睡眠負債と小顔矯正

大脳が弱ってしまっていると大変な結果を招いていきますので物忘れがうっかりが多くなっていきます。

体にも多くの疲れやストレスが溜まり大脳まで弱ってしまった方は顔が維持することができませんので小さくしてもを取りやすくなりますし立った瞬間に戻っていくという形までいましたので初回はいろいろなことをしてしまうとだるくなってしまう可能性がありますので初回は顔だけ触って小さくすることに専念していきますが顔だけ小さくしても体がだるくなったという方はいます。

小顔矯正をして行く時にはおきぼきもしないし痛くもないし怖くもない小顔矯正をしていますが検査すると正常に戻すことができますので正常に戻せば顔は小さくなっていきます。

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院

2018年08月24日