肩こり

肩こり

つらい肩こりを楽にしていくためには筋肉のこりからほぐしていくようにしていますが慢性化した肩こりを繰り返しやすい肩こりというのは原因があります。
肩こりを繰り返しやすい形や長期間肩こりになっている方は筋肉が徐々に硬くなっていくこともありますので固くなったものは永久的に固くなってしまっていることもあります。
筋肉が硬くなる時には一時的に固くなる場合と永久的に固くなる場合があります。

筋肉が固くなる

筋肉が一時的に硬くなるものは揉んだり肩や首や腕を動かすことでも少しは解消していきますが永久的に固くなったものは何をしても変わることはありません。

永久的に固くなったものというのはほぐそうとしてもほぐれるものではありませんので慢性化した肩こりや長期間、肩こりになっている方ほど筋肉が徐々に硬くなることがありますのでこの現象のことを筋肉の老化と言います。

体が年を取るように筋肉も老化することがあります。
筋肉が老化してしまうと筋肉だけでは済まなくて周辺や筋肉の部分にある神経や血管やリンパなども固くなっていきますし皮膚も固くなっていき脂肪も固くなっていくということが起こります。

筋肉だけが固くなることない

つまり筋肉だけではなく全てのものが硬くなっていくということが起こりますので老化から来る方さはマッサージをしてもモンでも湿布を貼っても取れることはありませんのでマッサージ、低周波治療器をかけている時だけ、しばらくはいいかも分かりませんがまた元に戻ってしまいます。

肩こりを繰り返しやすい方やいつも肩が凝っている方というのは筋肉がどうなっているのかということを考えなければいけません。
単純に何も原因がなくて筋肉が凝ったりすることはありませんから何かの原因が関係していると考えなければいけませんが多くの治療院では検査をすることは大変難しく目で見たものしか分かりませんので対症療法ばかりしていることがあり対症療法というのは原因を改善するのを遅らせる結果になります。

対症療法と肩こり

普通一般的には多くの治療院で肩こりを解消する方法は対症療法になっている場合が多くありますので対処療法というのは原因を探すことはなく見つけることもなく楽にすることをしているだけです。
対症療法というやり方は例えばですけど湿布を貼ったりすることでも一時的に肩こりが楽になることもあります。
ドラッグストアで売っているサプリメントや健康食品を飲んでも肩こりを楽にすることはできます。
家族の方に揉んでもらったり専門家の先生にマッサージをしてもらうことでも肩こりが楽になることもあります。

整骨院、整体院、カイロプラクティック院などで低周波治療器や電気などをかけてもらうことでも肩こりは楽になるでしょう。

対症療法と肩こり

楽にすることが優先

しかし楽になることは楽になることでありそれがまずは前提条件ですが楽になることばかりしていると原因もいつのまにか進行してしまっているという方があります。

原因もいつまでも同じままではいられませんので原因が進行したものが厄介な状態になっているということで単純な肩こりつまり筋肉のこりなのかどうかということを検査しなければいけません。

肩こりには肩こりになる原因がありますが一時的に楽にできる対症療法が多くありますので楽にすることはできるかも分かりませんが原因が残ったままになっているとしばらくは対症療法を受けたら楽になることもあるでしょうけど原因がある場合は進行するということです。

肩こりの原因

多くの肩こりの場合原因が潜んでいますが原因を見つけることは簡単なことではありませんし原因から改善していくということは対症療法をやっているよりも数回から数十回ぐらいかかることもあります。

毎日毎日の生活をすることや仕事をすることや運動することで筋肉疲労をより多く食べてしまっています。
普通は筋肉疲労をためてしまうことで筋肉がより緊張したり疲労したりしますので肩こりになります。

何も原因がなくて肩が凝ったりすることはありませんからどうして肩こりが起きるのかどこから肩こりになっているのかということを見つけ出すことが必要になりますからそのためにも検査することをしています。

今まで30年間肩こりを解消してきて筋肉のコリだけで起きている肩こりというのは見たことがありません。
その先にあるものを見つけ出すことをしています。

筋肉ほ骨から骨へ

筋肉というのは骨から骨にくっついていますので骨が動いたり移動したりすることで筋肉が引っ張られていきます。
筋肉が引っ張られた状態がリンパの働きを悪くなっているが老廃物が多く蓄積していき循環が悪くなるということで肩こりになります。

筋肉のコリが起きるのは多くの場合、背骨がずれていることが多くあります。ですから背骨のズレを矯正することで筋肉は正常に戻る場合もありますので筋肉だけ、ほぐして終わりではなくその先にあるものを見つけ出さなければいけません。
しかし背骨のズレを矯正すればいいというわけではなくどうして背骨のズレが起きたのかという原因が裏側に潜んでいます。

筋肉疲労

背骨のズレ

背骨のズレを起こしている原因というのは毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することやいろいろな物事で多くなっていくものが体に溜まったのが原因です。
体にたまるものというのは疲れやストレスです。

しかし体に溜まると言いましたが体のどこにたまるのかという問題があります。
疲れやストレスというのは例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると水分が65 kg にもなりますので体重の半分以上は水で構成されているということなんですが水と言っても単純な水ではなく血液なったりリンパ液だったりという水です。

水に疲れやストレスが溜まるというのは考えられませんので後残った35 k の中に疲れやストレスがたまるところが存在しています。
35 kg の中にはリンパと神経と血管と皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と中枢神経系と内臓しかありませんのでこの中で疲れやストレスがたまりやすいところというのは中枢神経系も内臓の一部ですから 内臓と筋肉に疲れやストレスが溜まるということです。

内臓疲労が肩こりに

しかし内臓と言うと多くの方が病気というのをイメージしますが病気というわけではなく内臓に疲れやストレスが溜まるということも起きるんです。
付け加えておきますが病院というところは病気の専門家ですから病気として完成したものを血液検査や尿検査で判断することをしています。
話は戻しますが肩こりというのは内臓に溜まった疲れやストレスが原因で体が歪んでしまったのが原因です。
疲れやストレスというのは身体全体にたまりながら弱い内臓に溜まっていきます。
人の体というのは弱い部分とそうでもない部分というのが存在しています。
そうでもない部分というのは肩こりにつながることはありませんが弱い部分には疲れやストレスが溜まりやすく体の内側から崩れることが起こりますので体の崩れから骨盤が歪んだり骨盤が開いたり背骨がずれたりしていきます。

背骨のズレと内臓

特に背骨というのは内臓に直結していますので弱い内臓の部分は何が起こりやすくなります。
何と言っても数ミリだったり1 CM ぐらいのズレなんですが筋肉が引っ張られるのが1cm 引っ張られても緊張やこりが強くなってしまいます。
特に肩こりを起こしているのは肩の部分の骨が関係しますので肩の部分の骨の内臓というのは心臓や肺、横隔膜が中心になります。
つまり疲れやストレスが溜まりやすく肩こりになっている裏側の原因というのは心臓や肺や

横隔膜の何らかのトラブルだと考えられます。
肩こりになりやすい方は胸苦しさや息苦しさや咳が出やすい、胸の辺りで時々チクッとする痛みがあるとかいう方、時々心臓が動悸があるとか言うことが時々起きている可能性があります。

内臓から症状が出ている

特に胸の辺りで時々チクッとする痛みが起きたりする時には心臓に何らかの問題が起きている可能性がありますがいつも起きることはなく忘れてしまった頃に起こます。
最近は多くの方が睡眠負債状態になっています。

睡眠負債状態というのは眠りが浅いのが原因なんです。
不眠症というのは夜寝ようとすると1時間も2時間も眠れなかったり夜中に何回も目を覚ましてしまったりという方が不眠症でしたが睡眠負債状態の方が目が覚めることがありません。
目が覚める事がないために寝ていると勝手に思っている方がいますが眠りというのは大脳が休養とって寝ていることだけをいいます。

大脳疲労が肩こりになる

大脳が休養とっているよ眠りというのは熟睡状態です。
夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えていますので長く夢を見ていたと思っても動画を越すトリックであり数秒の時間だったり数分の時間です。
夜寝ている時にも夢を一回見ているということはなく数回見ている可能性もあります。
しかし圧倒的に時間を多く消費してしまっている眠りというのは寝ながら考え事をしている睡眠です。
寝ながら考え事をしている睡眠というのは目が覚めた瞬間に忘れてしまう睡眠でもあります。
そのため多くの方が気がついていないことが多くあります。
睡眠負債状態や不眠症はどれだけ体を弱らせていくのかということがありますので不眠症や睡眠負債状態の原因を見つけ出さない限りは弱い内臓に疲れやストレスが溜まりやすく肩こりになります。

肩こりには」

睡眠負債から肩こりに

睡眠負債状態の方は徐々に大脳を弱らせていきますし大脳が弱ったら大移動だけでは済まなくて体を弱らせていきます。
弱ったものが弱っただけではすみませんから細胞の急激な現象が起きていきます。
睡眠負債状態というのは負債を返すことはできません。
一度、睡眠負債状態になってしまったものは何かが体の変化を急速に起こしています。

急速に進んでしまったものはいつかは何らかの形で浮上してきます。
睡眠負債状態というのは怖いものがありますが寝ながら考え事をしている睡眠に代表されるように体は色々な状態を起こしていきますが大脳がどんどん弱っていくことが原因で風邪をひきにくくなります。

インフルエンザや風邪の細菌が体内に入っても大脳が元気だから発症させて熱を上げて細菌やウイルスを殺そうとしますし減らそうとします。

大脳が元気だから

大脳が元気でなければ門が空いた状態ですからインフルエンザウイルスや風邪の細菌は入りぱなしになって多くなっていきますが大脳が弱ってしまっていると何も起こりません。

インフルエンザウイルスや細菌などが体内に入った状態で発症しない状態のことを隠れインフルエンザとか隠れ風と言います。
こういう状態で肩こりになっているか違いますので厄介な状態だということですから大脳を元気にしていことをしなければいけませんが大王は色んな所に関係を起こしていますので突き詰めるまで時間がかかります。

簡単には大脳が元気ならない

簡単にはいかないのが大脳の問題から起きる肩こりです。
大脳が弱ってしまうと一番に弱っていくのは心臓や肺や横隔膜になりますか。
最近は肺の形が変わった形まで多くいますので猫背になるほどハイが丸くなっているか違います。

肺の形が変わって横に広がった方もいます。
肺の形が変わってなが細くなったかたまでいます。

2018年08月23日