腰痛を楽にするなら骨盤の歪み・背骨のズレから

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

腰痛は腰の痛みが起こりやすい方や繰り返しやすい方は原因から改善していかないといつまでたっても繰り返し安く痛みが慢性化していきます。
腰痛には腰痛になる原因がありますので原因から改善していかないと表面上の痛みだけ楽にすることをしていても原因が残ったままになっています。

腰痛や腰の痛みと言うと重たいものを持ったりして痛くなったとか何かを取ろうとして体を伸ばした時に腰が痛くなったとか何かをしていて痛めてしまうことが多くありますが裏側には骨盤の歪み、骨盤の開きあります。

骨盤の歪み・背骨のズレ

必ず体というのは何かな症状が起きる時には原因が存在しています。
しかし原因を治すことなく楽にすることができます。

原因を治すことなく楽にすることができるために原因が残ったままになっています。
銀を治すことなくまた見つけることもなく楽にする治療というのは対症療法という治療になります。

多くの治療法が対象療法の治療に入ってしまっているために腰痛を起こしている本当の原因が残ったままになっています。
対症療法という治療法はドラッグストアなどで売っている痛み止めの薬を飲んだりすること屋健康食品やサプリメントを飲んで痛みを抑えることもできます。

家族の方に湿布を貼ったりしてもらっても楽になることもあります。
家族の方に揉んでもらっても楽になることもできます 。
専門家の先生にマッサージをしてもらっても腰痛が楽になることもあります。
低周波治療器や電気などをかけても腰痛は楽になることもあるでしょう。

しかし原因が残ったままになっています。
原因が残ったままになっていると進行していくこともあります。悪さというのはいつまでも同じままではいられませんし同じままではないということなんですが。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどの原因

腰痛には腰痛になる原因がどこかに存在するから腰痛になってしまう理由。
この原因を見つけ出すこともなく楽にすることばかりしているといつのまにか原因は進行してしまい悪化させた状態で出てくるか椎間板ヘルニアとしてててくるか坐骨神経痛として出てくる場合もあります。

腰痛を起こす原因は骨盤の歪み、骨盤の開きです。
骨盤の歪みや骨盤の開きというのは誰でも起きているものなんですが経路があります。

程度というのは軽いものから中程度のものから重症程度のものからひどすぎるものから色々あるということです。
軽いものは何も感じることができませんので痛みになることはありませんがこの段階では誰でもある可能性があり。

しかしここで違うのが大きくなるのか、ならないのかの違いです。
骨盤の歪みが大きくなってしまう時もあれば少し歪みが減ることもあります。
骨盤の歪みが大きくなった時に重たいものを持ったりしたら腰を痛めてしまう結果になりま。

骨盤の歪みが最大限広がった時には何をしても腰痛が起きるきっかけがあれば起きてしまいます。

骨盤の歪みは骨盤の開きが起きる原因は毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することやいろいろな物事で体を動かしたりすることが原因です。

毎日の生活で蓄積するもの

いろいろなものごとで積み重なっていくとものというのは疲れやストレスです。
体には多くの疲れやストレスが溜まっていますので疲れやストレスが溜まっていない方はいません。

人の体は生きている限り疲れやストレスと付き合っていかなければいけませんので生活することで色々な疲れやストレスが体に溜まっていきま。

しかし疲れやストレスも溜まるところがあります。

例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると水分が65 kg にもなりますので体重の半分以上は水分ということなんですが水分といっても血液だったりリンパ液だったり脳脊髄液だったり色々な水が存在しています。
この水が65 kg にもなるということですから水に疲れやストレスが溜まるということはないと思います。

では後残った35 km の中に疲れやストレスがたまるところがあります。

疲れやストレスのたまる所

35キロの中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と中枢神経系と内臓しかありません。
主なものをあげてみてもこの中で疲れやストレスがたまるところがあります。

疲れやストレスがたまるところというのは中枢神経系も内臓の一部ですから内臓と筋肉に疲れやストレスが溜まるということが挙げられます。
内臓に溜まって行く疲れやストレスというのは多くの方々待っているものですから構っていない方はいませんので体を動かしたりすることでも疲れやストレスが内臓に蓄積していきます。

筋肉よりもより多くの疲れやストレスを溜めてしまうのが内臓です。
そして体を動かしたりすることだけではなく人は食べたりしますので食べたり呼吸をしたりすることでも働いてくれていますので働くことで内臓は疲れを溜めていきます。

腎臓疲労から腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどに

体を動かす事だけではなく

食べたものを消化したりアルコールなどを分解したりすることでもすごく働いてくれているのが内臓です。

内臓が働いてくれている時でもエネルギーを消費してしまいますので何もしなくても体を動かさなくても寝ているだけでもお腹は空きます。
内臓が働くことで動くエネルギーを生産してくれたり栄養成分を生産してくれていますが自分自身も動いたり働いたりすることで疲れやストレスが多くなるのは当たり前です。

この疲れやストレスが人の体の弱い部分に泊まっていきます。
人の体には弱い部分とそうでもない部分が存在しています。
そうでもない部分は何も痛みやこりに繋がってしまうことはありませんが弱い部分はそうはいきません。

弱い部分にたまる

弱い部分というのは関節の場合もありますが関節の場合もあります。
弱い部分というのは子供の頃から色々な症状を起こす場合もありますので風邪をひきやすい方は免疫の気管が弱いということになりますので風邪をひきやすくなります。

腰痛になりやすい方は弱い内臓に疲れやストレスが溜まると説明しましたので腰痛に関係する内臓というのは体の中でも色々なものがありますが腎臓になります。
腰痛と言うと必ず腎臓が深く関係していて黒幕になっています。

まず第一に弱い腎臓に疲れやストレスが溜まり徐々に腎臓の働きが低下していきます。
腎臓の働きが低下していくと腎臓に関係する筋肉がバランスを悪くしていきます。
腎臓に関係する筋肉というのは大腰筋と腸骨筋という筋肉です。

大腰筋と腸骨筋という筋肉は股関節の内側についていますのでこの筋肉が収縮起こしたり緩んだりすることで骨盤が開いたり歪んだりしていきます。

骨盤が不安手になると腰痛になる

骨盤が開いたり骨盤が歪んだりすると骨盤が不安定状態になっていきますので不安定状態のある時に重たいものを持ったりすると体を支えることができません。
体を支えることができないためにくしゃみをしても痛めてしまうことがあるということです。

しかしこれらを直さなくても湿布を貼ったりしても良くなることもありますしマッサージをしても良くなることもありますしサプリメントなどを飲んでも楽になってしまうこともありますし低周波治療器をかけても楽になってしまうことはあります。

しかし楽にしても骨盤の歪みは骨盤の開きは残ったままになっていますし骨盤の歪みは骨盤の開きが起きた原因である腎臓の疲れやストレスは残ったままですから腎臓疲労がどんどん進んで行くということも起こります市骨盤の歪みは骨盤の開きが進行するというよりも筋肉、靭帯が伸びた状態ですから伸びた筋肉靭帯は徐々に硬くなっていきます。

骨盤の歪み・背骨のズレから腰が痛くなる

骨盤の歪みや骨盤の開きが起きた時には必ず周辺にある筋肉 、じん帯の影響を受けてしまいます。

骨盤の歪みは骨盤の開きだけで済むかと言うとそういう問題ではなく筋肉靭帯も固く老化していくということが起こります。
これは肩こりの方にも言えます。
肩こりというのも背骨のずれが原因ですから、 筋肉というのは骨から骨にくっついていますので骨が動くことが原因で伸ばされたりして緊張した状態や緩んだりします。

正常な状態から動いてしまうと筋肉はいつまでたっても引っ張られたままで伸び切ったままになっていますので伸びきったままではリンパの働きを悪くなって老廃物が多く蓄積していき循環が悪くなることはもちろんですが伸びきった筋肉もいつまでも同じままではいられませんし若い筋肉ではいられません。

筋肉が固くなる

筋肉も体と同じように老化していきますので筋肉が伸び切ったままでは老化のスピードが急激に早くなっていきます。

また腰痛の原因である骨盤の歪みや骨盤の開きを残したままだとすると脊椎管狭窄症という症状にもなってしまうということもあります。
腰痛を悪化させたものが坐骨神経痛であり椎間板ヘルニアです。
椎間板ヘルニア、坐骨神経痛も特別なものでもありません。

対症療法ばかりして楽にすることばかりしていると色々なものに進行していくということが考えられますがまずは第一に骨盤の歪みは骨盤の開きそして筋肉の状態のものを検査して見つけ出すことをして正常レベルに戻していくことが一番大切になります。

内臓疲労が腰痛になる

最終的には腎臓の部分にも何らかの手を加えなければいけません。
弱い腎臓というのは徐々に疲れやストレスを溜めてしまうと細胞の変化が起きていきますので細胞の変化の起きたものが、先将来の病気に繋がっていきます。
しかし今は病気でもありませんから検査をしても異常なし数値の異常はないということです。

しかし健康な細胞から一気に病気の細胞に半年や一年でなることはありません。
進行していく過程があります。

進行するもの

進行していく過程というのは10年や20年かけながらなっていくんです。
ですから今は病気ではないかも分かりませんが誰でも弱い内臓は進行途中だということです。

人の体は年齢が一才歳をとることもありますが内臓年齢というのがありますので弱い内臓ほど急速に年を取っていきます。

弱い腎臓ほど急速に年を取っていきますので年を取っていきながら時々腰痛として警報を鳴らしてくれているということです。
体に起きる色々な痛みというのは警報ですからよくないことを知らせてくれているんですがこれを急性的な対症療法で痛みだけを楽にしていてしまっています。

対症療法という治療法は直しているわけではなく原因なんかも見つけることもなく楽にすることを目的とした治療法です。

対症療法ばかりしていると

対症療法をしている治療院では楽になったら終わりです。
楽になったことを治ったと言います。
患者さんも楽になったら治ったと思うでしょう。

しかし楽になったらそこから治療を始めることができるんです。
楽になったら治療を始めることができる治療法のことを体質改善と言います。

弱い内臓を少しずつでも強くすることができます。
体質改善の治療は初回からはできません。 体質改善をする準備が必要だからです。
今まで30年間以上、体の治療をしてきて初回から体質改善ができた方はいません。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院

2018年08月21日