肩こり

肩こり

肩こりになりやすい方や肩こりを繰り返し安い方などはいろいろな原因が存在していますので安易に筋肉ばかりほぐしていると原因もいつまでも同じままではいられませんので進行していくということが多くあります。
肩こりには肩こりを起こしている原因が存在しますので原因を見つけ出すことをしなければ表面上のこりをほぐすようなマッサージをするだけでは湿布を貼ったりするだけでは肩こりを解消するというグッズを買っても意味はありません。

肩こりとは

肩こりを起こす時にはどうして肩こりを起こしやすいのかということを考えなければいけませんので単純に筋肉に湿布を貼ったりサプリメントを飲んだりマッサージをしたり低周波や電気などをかけたりすることは構いませんが原因は残ったままになっていますので原因を見つけ出していかなければ表面上の距離を楽にすることをしても進行してしまうということもあります。

肩こりを起こしている原因を見つけ出すことは簡単な方法ではないために多くの肩こりを解消するという治療法は対症療法という治療法になっていますので対処療法という治療法は直しているわけではなく楽にする方法をとっているだけです。

2通りの肩こり

治療法というのは二通りあって対症療法という方法と根本療法という方法がありますので多くの治療法というのは根本療法ではなく解消療法になっています。
対症療法というやり方は一番根本療法よりも簡単なやり方ですから原因なんかは見つけ出すこともなく症状のある部分にに対して何かをするというのが対症療法です。
対症療法というやり方は湿布を貼ったりしても楽になることもありますから湿布を貼って治ったと思っているでしょうが実は原因がまだ存在しています。

対症療法とやり方はドラッグストアなどで売っているサプリメントや健康食品は飲んでも楽になることもありますから栄養や何かのエキスが入っている飲み物を飲んで楽になる方法というよりも楽になっているだけであり原因が残ったままになっています。

肩こり解消

肩こりを解消するというグッズなどを買っても普通に動かすことでリンパの働きを良くなり老廃物も流れていきますのでそれ以上のことをしてしまうと余計なものを積み重ねてしまっています。
家族の方にマッサージをしてもらっても専門家の先生にマッサージをしてもらっても肩こりというのは筋肉だけで起きているものは今まで30年間経験してきて一つもありませんので筋肉だけではありませんがしかし筋肉をほぐすことで肩こりは一時的にしろ楽になっていきます。
しかし原因が残ったままになっていますので原因を残したままでいると進行していくということがあるということです。

色々な肩こりの原因になってるものを解さなければまたは解消しなければいけませんがまずは表面上の筋肉からコリをほぐしていくことをしなければいけません。
表面上の筋肉のコリや緊張やリンパの働きを悪くなって老廃物が多く蓄積していき循環が悪くなることで起きるこりを解消していくことをしてその先にあるものを見つけ出すことをしています。

筋肉のコリが肩こり

普通一般的に筋肉のこりと言いますが筋肉のコリだけで起きているものはありませんのでその先にあるものも改善していかなければいけないということなんですが表面上のコリにある筋肉のコリをほぐすことで多くの方よりは楽に感じてしまうために混乱してしまっています。

肩こりというのはどうして起きるのかという意味がありますので肩こりを起こす原因というのは毎日毎日の生活や仕事をすること、運動することやストレッチをすること、歩いたりすることやジョギングをしたりすること屋ショッピングをしたりすることや座っているだけでも車の運転をしている時だけでも多くなっていくものが原因なんです。

いつもいつも体を動かしたりすることでも多くなったりするものであるんですが体を動かさなくても積み重なっていくものがあります。

生活で肩こり

体を動かさなくても積み重なっていくものというのは疲れやストレスです。 疲れやストレスというのは多くの方に蓄積しているものなんですが感じているかと感じていない方がいますので感じていることはわかると思いますが最近多くの方がストレスを感じにくくなっています。
ストレスを感じにくくなっている方はある現象が起きている方なんですがここでは説明はありませんので下の方を見てください。

ストレスを感じにくくなっている方は分かりにくいと思いますが色々な症状というのは限界になった状態で初めて感じてしまっています。
限界になって感じたものはすぐには治りにくく改善しにくいのがあります。
疲れやストレスと説明しましたがストレスというのは意味不明な言葉ですから英語でもありませんので日本人が作った和製英語の一つがストレスです。

ストレスの蓄積

体が疲れたストレスが溜まったと言うと思いますが体に溜まった疲れの蓄積状態がストレスという意味になりますのでストレスというのは蓄積疲労のことを言います。
体には毎日毎日の仕事や運動することやいろいろなものごとでストレスが溜まっていきますのでストレスは溜まるところがあるから溜まっていきます。
ストレスがたまるところというのは例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると65 K の水分が出てきますので体重の半分以上は水分で構成されているということなんですが水分と言っても単純な水ではありませんので血液だったりリンパ液、体液、だったり色々な部分に水が存在しています。
水に何かが起きるということはありませんので水にもストレスが溜まることはありませんから後残った35 kg 方にストレスがたまるところが存在しています。

ストレスがたまる

ストレスが溜まるところというのは神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と中枢神経系と内臓になりますからこの中でストレスがたまりやすいところというのは筋肉と内臓になります。
中枢神経系も内臓の一部ですからもちろん中枢神経系にもストレスが溜まりますが多くは体の内臓に溜まっていきます。

筋肉というのは表面上にあるものなんですが内蔵というのは体の奥の方にあるものですから体の奥のストレスから骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレが起きていきます。

背骨のズレが起きると色々な症状を起こしていきますので肩こりもその一環として起きているということが言えますが背骨がずれることが原因で筋肉は骨から骨にくっついていますので骨が動いたり移動したりすることで筋肉は引っ張られたり緊張したりします。

筋肉疲労から肩こり

筋肉が引っ張られたり緊張したりすることで一時的に固くなっていきますので固くなったものがリンパの働きを悪くなって老廃物が多く蓄積していき循環が悪くなるということで肩こりになります。

肩こりというのは体に溜まったストレスが原因なんですがストレスというのは筋肉にもたまにながら雷蔵に多く蓄積していくということで肩こりに進行していきます。
筋肉のコリだけでしたら単純に揉んだりすることだけでもなく腕を動かしたり首動かしたりすることでリンパの働きを悪くなったものが改善していくと思いますから後は湿布を貼ったり冷やしたりすることも重要なものなんです。

しかしそれだけでは改善できない場合は単純な筋肉疲労や緊張などで起きているコリではないという意味になります。
どうして筋肉が緊張したりコリを起こすのかということを見つけ出さなければいけませんので内臓に蓄積したストレスが原因だということで背骨がずれるということが肩こりに進行していきますがどうして背骨のズレが起きるのかということの問題とどこにストレスが溜まっているのかという問題がありますので体には多くの内臓が存在していますのでその中でどこにストレスが溜まることが原因で肩こりになるのかということを考えなければいけません。

内臓疲労から肩こり

肩こりというのは特にですが内臓にストレスが溜まると説明しましたが内臓も色々の内臓がありますので一番、肩こりになりやすい内臓というのは心臓と肺と横隔膜に関係するものだと思っています。

しかし内臓と言っても病気ではありませんので何でもかんでも病気というのを結びつけることなく内臓にストレスが溜まっていると説明していますので内臓の病気と言ってるわけではありません。
内臓に起きるものとして病気以外では内臓にストレスが溜まっていくということが普通に起きているんです。
しかし色々な検査というのは病気の検査をしていますので病気になっていない限りは何も分かりませんし健康だということで表されてしまいます。
何かの症状を感じているということは病気ではありませんが実際に何かが起きているから肩こりとして感じてしまっているわけですからその原因を見つけ出すことをしなければいけませんが検査というのは病気の検査しかありません。

睡眠負債と肩こり

最近は多くの方がストレス以外では睡眠負債状態の方が多くなっていますので睡眠負債状態が多くなればなるほど色々な症状を表していきますので洗える症状が睡眠負債状態で積み重なっていきます。
積み重なったものが色々な状態を起こしていきますので心臓と灰屋横隔膜の問題から胸苦しさや動悸や不整脈や胸の辺りに一瞬だけチクッとする痛みが時々あるということが起きる可能性もありますが感じていないかと思います。
胸苦しさや息苦しさがいつもあるという方はいませんのでまた胸の辺りで一瞬だけチクッとする感じがいつもしている方はいませんので時々忘れた頃に来るのがチクッとした痛みです。

しかし一瞬で済んでしまうため色々な問題を取り残したままになっている場合が多くありますので色々な問題が重なって行く前に改善していかなければいけないということなんですが睡眠負債状態というのはかなりしつこく寝ているようで眠れていませんので夜寝ようとするとすぐ眠れる市朝まで目が覚めないから寝ていると思っているか違いますがこれが大きな間違いになっています。

寝ているようで眠れてない

夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えているんですが長く夢を見ていたと思ってもたった数分の時間だということなんです。

睡眠負債状態というのは目が覚めないけど寝ながら考え事をしている睡眠になっていますので夜寝ようとするとすぐ眠れて寝ながら考え事をしている時間が5時間も6時間はあって目が覚める瞬間に夢を見ているから夢の記憶しか残りません。

睡眠負債がどれだけ体調悪くしているのかという問題がありますのですごくかなり無茶苦茶と言っていいほど体調が悪くなっていますが睡眠負債状態が重なっていくと脳内ホルモンの分泌が行われて脳内麻薬が多く出てきますので痛みやこりだけではなく自分の体調の悪さを感じ取ることができないぐらいになります。


2018年08月18日