肩こり

肩こりとは

肩こりを楽にしていくためには、肩こりの原因になっているものを見つけなければいけませんが、多くの肩こりを治療するという方法は対症療法という方法になっていますので、直しているわけではなく、楽にしているだけなんです。

肩こりとは

治療法には楽にする治療法と原因を見つけだして治していく方法があります。
対象療法という治療法は原因なんかは関係なく楽にすることを一番にしていく治療法のことですから、湿布を貼っても肩こりが楽に感じることもあるでしょうし、ドラッグストアなのに売っているサプリメントや肩こり解消する薬や肩こり解消グッズや低周波治療器や電気などを当てることでも肩こりを楽にすることができる可能性もありますが、楽にすることばかりしていると原因もいつの間に進行していくということがあります。

肩こりを改善しようと思うなら、原因を見つけ出して解消していくことをしないと多くの問題を残したままになっています。

肩こりを楽にするなら

肩こりを楽にしようと思うなら、検査をする事をして本当に筋肉のコリから起きているのかということを見つけなければいけません。
いつまでたっても肩こりを楽にすることばかり中心にしていると、原因もいつの間にか進行してしまって厄介な状態になっていくということも多く見受けられますので、こじらせたり

悪化させたりとゆうよりも形を違った状態で出てくることも多くあります。
肩こりをこじらせるぐらいならまだいい方です。

肩こりを悪化させる方がまだいい方です。

肩こりの原因

肩こりの本当の原因を知ってしまったら大変なことが起きているということが考えられますのでそのためにも検査をする事をしてどういう状況になっているのかということを確認しなければいけませんが多くの治療院の先生は専門家の先生でもそこまではしていません。
肩こりというのは、肩こりになる原因があるから、肩こりになっている訳です。

肩こりが起きる時には体に多くの疲れやストレスが溜まっている時が考えられます。
自分でも気がつかないうちに体に多くの疲れやストレスが溜まってしまって疲れやストレスがたまることが原因で色々な問題を起こして行っています。

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスというのは、毎日毎日の生活や仕事をすることや、運動することやテレビを見ることや食事を作ったりすることやショッピングをすること、歩いたりすることや掃除をすることでも多くなります。

疲れやストレスと無縁でいることはできませんので、必ず疲れやストレスと隣り合わせで付き合っていなければいけません。

生きている限り、生活している限り、疲れやストレスは付きまとってきますので、疲れやストレスというのは何をしても増えて、多くなるものなんですが、多くの方が疲れやストレスを減らすことをしていません。

美味しい鰻を食べても疲れやストレスは減ることはなく、鰻が美味しかったという感じだけですし、食欲が出たということで済ましています。

疲れやストレスで肩こりに

美味しい焼肉を食べても疲れやストレスとはあまり関係がありませんので、ただ焼肉が美味しかったというだけですし、疲れやストレスが減ることはありません。

カラオケに行っても余計エネルギーを消費しますので、カラオケに行って歌を大声で歌ってもストレス発散という感じと言いますが、ストレス発散よりも疲れを多く食べてしまっているのが現状です。

旅行などに行っても旅行に行く時に電車や車に乗っているだけでも疲れが多くなりますので、温泉に入っても景色を見ても気分は良くなるし、気分転換にはなるでしょうが、体には疲れがたまるばかりです。
この何をしても溜まる疲れやストレスが肩こりの原因になりますので、どうやって肩こりの原因と直結しているのかということを説明していきたいと思います。

どこにたまる疲れやストレス

例えばですけど、疲れやストレスというのは体に蓄積していくと説明しましたが、体のどこに溜まるのかということが問題になりますが、体には何があるのかということを考えてみてください。
例えばですけど、体重が百kgの方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると65キロもの水分が出てきますので体重の半分以上は水で構成されているというわけですけど、水って言って水と言っても単純な水ではなく血液だったりリンパ液だったり細胞の中の水だったりという感じだということなんです。

水に疲れやストレスが溜まるとは考えられませんので、あと残った35キロの中に疲れやストレスが溜まる所があるということなんですが35キロの中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と中枢神経系、内蔵になります。

内臓疲労から肩こり

この中で疲れやストレスが溜まりやすい所というのは、中枢神経系も内臓の1部ですから、内臓と筋肉により多くの疲れやストレスが溜まると考えられます。

毎日毎日の生活することや仕事をすることや運動することで色々なことをしていくと疲れやストレスが生み出されてきますが、生み出された疲れやストレスは筋肉にもたまりながら内臓に蓄積していくということで、体の中から崩れを起こし、まずは筋肉と同時に背骨のズレが起きていきます。
筋肉にも疲れが溜まり、緊張状態になりますので、緊張状態が起きると1時的に少し堅くなりますので、固くなったことが原因でリンパの働きが悪くなり、老廃物が多く蓄積していき、

循環が悪くなっていきますが、筋肉のコリや緊張という状態のものでしたら肩や首を動かしたりするだけでリンパの働きはよくなりますし、老廃物も流れていきますし、循環が解消されるはずです。

筋肉のコリから肩こり

しかし、筋肉の凝りだけではないために解消されないんです。
筋肉のコリや緊張が起きている時には、必ず背骨のズレが伴っていますので、当院の院長も

30年の経験から筋肉のコリや緊張だけで起きている方は1人もいませんでした
必ず背骨のズレが起きているということで、背骨がずれて動くことが原因で筋肉は骨から骨にくっついていますので、骨が動いてしまうことが原因で筋肉は引っ張られてしまいます。

筋肉が引っ張られたり、緩んだりすると緊張が高くなったり、硬くなっていきますので、リンパの働きや悪くなり、老廃物が多く蓄積していき、循環が悪くなっているということが起こりますが、この時に湿布を貼っても楽になる時もありますし、サプリメントを飲んで栄養を多くとっても楽になることもあるでしょうし、低周波治療器などを当てても肩こりは楽になっていくと思いますが、全て原因が残っていますので楽になることばかりしていると背骨のズレが残ったままになっています。

背骨のズレから肩こり

背骨のズレが残ったままになっていると、背骨が徐々に動きにくくなっていきますので、動きにくくなることが固定化を生じさせてしまいますので、固定化になると動かなくなりますから動かないことが原因で血液の流れが悪くなり、リンパの働きが悪くなり神経の流れも悪くなっていきます。

肩こりが起きる時には筋肉の疲労や緊張や硬くなることが1時的に起きていますが、多くの場合背骨のズレが重なって起きていますので、背骨のズレを解消しなければいくら揉んでも電気をかけても湿布を貼ってもサプリメントをかけても意味はありません。
しかし、電気をかけても湿布を貼ってもサプリメントを飲んでも効果はあることもありますから、肩こりは楽になっていきます。

背骨のズレは内臓疲労から

先ほど説明をしたように肩こりというのは内臓疲労から起きるという風に説明をしましたが、肩こりを主に起こす原因は心臓と肺と横隔膜が深く関係していますので、病気というわけではなく心臓や肺や横隔膜が何らかのトラブルを起こした時に背骨のズレが起き背骨のズレが起きることが原因で筋肉が引っ張られて肩こりになります。

肩こりの方を検査をしてみると、背骨の首と肩の部分の骨が歪んだりしていることが多くあり、ズレや歪みが起きているということで、筋肉は緊張を起こしていますので、まずはなんと言っても背骨の部分というのは内臓に直結していますので、歪みが起こしている部分の内臓に関係するところがあります。

背骨のズレというのは、内臓に直結していますので、例えば肝臓がアルコールに関係なく弱っている方は背骨-8番目の骨がずれています。
心臓が弱っている方は、胸椎-1番目と2番目の骨がズレを起こしています

背骨のズレ

肺が弱っている方は咳が出やすく息苦しさが起こりやすくなりますので、共通-3番目の骨が深く関係してずれを起こしています。

しかし、病気ではありませんので、何でもかんでも病気というのを結びつけるのはやめてください。

最近多くの方が眠りが浅い方が異常に多くなっていますので、眠りが浅いと一番に弱ってしまうのは心臓です。
肩こりの方に質問してみると、息苦しさや胸苦しさや咳が多く出ていないかとか、時々胸の

中央のあたりで一瞬だけどチクッとする痛みがないかという風に聞くと多くの方が、そういえばと言われます。

睡眠負債から肩こり

最近多くの方が睡眠負債状態の方が多くなっていますので、睡眠負債状態の方は寝ているようで眠れていないということなんですが、多くの方が目が覚めないから寝ていると勘違いしています。

眠りというのは、大脳が寝ていることだけを言いますので、人が見てスースーに影響を立てているような状態で寝ているとは言えませんし、夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えています。
眠りというのは、熟睡の眠りなんですが、本当に目が覚めた時に寝ているかどうかは寝ている方には分からないと思います。眠りが浅いということは、全ての内蔵が弱っていきますので一番弱りやすい所というのは大脳と生命機能の中枢である脳幹の部分です。

中枢神経系の大脳と脳幹の部分が弱っていくと、生命力は極端に落ちていきますので、大脳が弱ることが原因で痛みやコリを感じにくくなりまひ状態になっていきます。

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院は肩こりを解消しています。

2018年08月14日