膝の痛み

  • はてなブックマークに追加
  • 膝の痛みがある方が多くなっています、膝の痛みの方はは膝の裏が痛い、膝の内側が痛い、膝の外側が痛い、膝の下が痛いなど色々ありますが痛みの原因を見つけることを北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカ
膝の痛み

膝の痛みを解消する

関節が痛んでいるのは骨や軟骨の成分の不足ではありません。

筋力の低下、衰えもあるかも知れませんが、膝の痛みには関係ありません。

 

膝の痛みを楽にしていく為には、間に合わせに注射を打ってヒアルロン酸をしても、水を抜いても構いませんが、あくまでも一時抑えです。

一時的に楽にする方法は色々ありますが、ヒアルロン酸、サプリメント、湿布を貼ったり、サポーターを巻く、注射を打っても色々ありますが、膝の痛みには原因が関係しています、

当院では、その原因を見つけることから解消を目指していきます。

膝の痛みと言うのは、階段を上る時に膝が痛い、階段を降りるときに膝が痛い、膝が痛くて座れない、膝を曲げる痛い、歩くと痛いとか、膝の内側が痛い、膝の外側が痛い、膝の下が痛い、膝の上が痛い、膝の中が痛い、お皿の中が痛い、膝の水がたまりやすいなどの症状があります。

膝の痛みには原因が

しかし、この色々な症状が起きるのは原因があります。

もちろん、間に合わせで膝の痛みを楽にすることは構いません。

しかし、膝の痛みが、どうして起きるのか、原因からみつけることも大切です。

膝の痛みは老化もありますが、それだけではありません。

膝の痛みがある方が病院の帰りに来ることもありますが、病気では、何といわれましたか、と言うと、老化だとか、使い過ぎだとか、言われることが多いようです。

階段を上る時に膝が痛い、階段を降りるときに膝が痛い、膝が痛くて座れない、膝を曲げる痛い、歩くと痛いとか、膝の内側が痛い、膝の外側が痛い、膝の下が痛い、膝の上が痛い、膝の中が痛い、お皿の中が痛い、膝の水がたまりやすいには原因があります。

当院では検査することで原因をみつけていく治療をしています。

膝の痛みのある方の膝を触ると病院にって帰りでも炎症やハレがあることが多くあります。

炎症やハレがある場合は、炎症やハレから変えていくようにしています。

炎症やハレを手で改善することができますから、手で炎症やハレのある場所を確認して治療していくと炎症やハレが引いて膝が細くなっていきます。

炎症やハレがあると皮膚などがブヨブヨしています。

膝の痛みが片側だけの方は、大丈夫な方の膝と比べて下さい。

炎症やハレ

大きくなっていれば炎症やハレがあります。

触ってみてブヨブヨしていれば炎症やハレがあります。

この比べることが大切になります。

膝に炎症やハレがある時には、炎症やハレから変えていく事をしていきます。

当院では検査する事ができます。

対症療法的に膝の痛みがある部分から楽にしていく事をしています。しかし、それだけでは繰り返しますから原因をみつけていく治療をしていきます。

膝の痛みを楽にしていくことは、楽にしていく治療です。

楽になったら膝の痛みがどうして起きたのか、どこから起きているのか、見つけて改善することをしていきます

膝の痛みを起こす時には、体調の低下と低下から起きる骨盤の歪み・背骨のズレも膝の痛みに関係しています。

膝の痛みに深く関係するのが内臓です。

膝の痛みと言われるとある内臓が思い浮かびます。

その内臓は肝臓です。

膝の痛み=肝臓と言う感じです。

肝臓と言っても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。

肝臓が問題があると、膝の痛み、外反母趾、花粉症、アレルギー性鼻炎になります。

 

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから膝の痛みを解消することをしています。膝の痛みには原因があります。原因から治療することをしています。

2018年03月13日