小顔矯正

  • はてなブックマークに追加
  • 北九州市で小顔矯正をするなら30年の経験がある痛くない矯正で顔が小さくなる北九州の徳力整体院。
小顔矯正

小顔矯正をしています

当院では初めから顔が小さくなる小顔矯正をしています。当院の小顔矯正は特徴があり他とは違います。当院では他ではマネできない小顔矯正をしています。しかも自分で小さくなったのがわかるようにしています。

当院の特徴である小顔矯正は簡単にしているように見えますが、簡単な技術ではありません。しかし、できるから簡単そうにしているだけです。誰が見ても簡単にしているようにしか見えません。そのため受けている方が「簡単に変わるんですね」と言われますが、何度も言いますが簡単な技術ではなく、30年以上の研究と経験から生み出された小顔矯正の技術です。

簡単にできる事でしたら、自分でもできると思うでしょうが、実はできないと思います。

機械も使わずに小顔矯正をして顔を小さくしていく事をしています。

手のみの技術で顔を小さくしていきますが、ハッキリ言って初回の小顔矯正は顔を中心に小さくしていく事をしています。

小顔矯正を希望されてきていますから、顔を小さくしていくことを中心にしていますが、最高な小顔矯正をしても、あることが多くあると維持することができません。つまり小顔矯正をして顔を小さくしても戻りがあります。

これは誰でも同じです。小顔矯正をしたあとの顔の小ささを維持することはできません。

それには理由があります。

小顔矯正をしたあとの顔の小ささを維持できない原因は、すべて自分の体に原因があります。

小顔矯正で顔の維持ができないのは

実は当院では検査する事をしています。検査すると言っても病院の病気の検査ではありません。病院では病気の検査で尿検査、血液検査、レントゲン検査、エコー検査、MRI検査をしています。これに異常があると病気です。異常があって病名が付くと治療が始まります。

それに対して当院の検査は体調の検査、筋肉のコリ検査、骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレの検査、内臓の働きの検査、リンパの流れの検査などの検査です。

普通はここまでしている治療院はないと思います。

体調の検査、筋肉のコリ検査、骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレの検査、内臓の働きの検査、リンパの流れの検査の方法はで異常が見つかると、体調が悪い、体調が落ちている、疲れがたまっている、ストレスが蓄積していると言います。

痛みやコリがなくても、痛みやコリが感じなくても、体調は落ちている方が多くいます。

何か調子が悪い、とか、起きている方もいます。

最近は眠りが浅い方が増えています。

毎日の生活や仕事で疲れやストレスはたまります。疲れやストレスなしでは生きていけません。

疲れやストレスとは付き合うしかありません。

疲れやストレスの蓄積

この疲れやストレスが筋肉にもたまりますが、さらに多くの疲れやストレスがある場所にたまっています。これがどんな良い小顔矯正をしても維持できない原因になります。

疲れやストレスは筋肉にもたまりながら、内臓にたまっていきます。内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。勘違いしないで下さい。

内臓に疲れやストレスがたまると内臓の働きが低下していきます。内臓の働きが低下すると流れが悪くなります。流れが悪くなるとリンパの流れが停滞して老廃物が多くたまります。それが浮腫みになります。

特に朝から顔が浮腫んでいると言う方は体調が悪い方です。そして寝ているようで寝ていないから朝から顔が浮腫みます。浮腫みと言うのは浮腫(ふしゅ)です。

ふしゅですから体を動かすと動き出すと減ることもあります。浮腫みは脂と違い変化します。脂肪はあまり変化しません。減ったり増えたりするのに時間がかかります。

疲れやストレスがたまると言いますが、この疲れやストレスはどこにたまるのか。

それは内臓にたまりますが、内臓にたまると骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレになります。

つまり骨盤の歪み・背骨のズレになります。骨盤が歪んだり、骨盤が開いたり、背骨のズレは内臓に蓄積した疲れやストレスから起きています。

疲れやストレスが身体に多くたまればたまるほど戻ります。

小顔矯正をするには

当院の小顔矯正は顔を小さくしていくことができますが、疲れやストレスが顔にもたまりますから、顔に疲れやストレスがたまると皮膚や皮下脂肪、筋肉、じん帯、骨が炎症やハレを起こしています。

炎症やハレが顔にあると顔が大きくなります。

今まで小顔矯正を希望してきた方は全員が科の炎症やハレがありました。顔の炎症やハレを見つけることは簡単なことではありません。

目で見ても分かりません。しかし、それを治療して減らすことをすれば顔が小さくなります。

その為に検査する事ができますから目で見てわからないものを改善することができます。

本当に100人の小顔矯正を希望する方が来て100人が顔に炎症やハレがありました。

炎症やハレがあると

顔に炎症やハレがあると顔が大きくなります。顔のツヤが無くなります。顔のハリが減ります。

それを治療することができれば顔は小さくなります。しかし維持する力は、まだ上がりません。

維持する力は体全体が関係しているからです。

疲れがたまっていると維持することはできません。

眠りが浅いと維持する力は、もっとありません。

最近は多くの方が睡眠負債になっています。寝ているようで寝ていません。

眠れていないと脳が弱っていきます。もちろん体もですが。

脳が弱ると脳疲労になります。そうすると体内にインフルエンザウィルスが入っていても引く事もできません。このことを隠れインフルエンザと言います。

脳が元気だから熱を上げていきます。脳が熱を上げてウィルスや細菌を減らします。

つまり隠れ脳疲労の方が多くいます。

最悪な睡眠が寝ながら考え事をしている睡眠です。寝ながら考え事をしている睡眠は目が覚めた瞬間に忘れてしまいます。

だから寝ながら考え事をしている睡眠をしていてもわからなくなります。夢は目が覚める瞬間に見ています。だから夢をおぼえています。

その前の寝ながら考え事をしている睡眠は忘れてしまいます。

脳疲労が強くなると痛みやコリも起きていても感じなくなります。

痛みやコリを感じない、インフルエンザになっていても発症しないと言う方が小顔矯正を受けると回復していますからインフルエンザになることもありますし痛みやコリを感じるかも知れません。

 

北九州小顔矯正が得意なことで人気がある北九州市で有名な専門の先生が小顔矯正をしています。

2018年03月01日