自律神経失調症

  • はてなブックマークに追加
  • 自律神経失調症になる時には体調が落ちすぎている時に自律神経失調症になります。北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから徳力整体院
自律神経失調症

自律神経失調症を改善する

自律神経失調症になるのは色々な症状が起きていて病院で検査しても異常がない時に言われることが多いようです。

自律神経失調症の自律神経とは実際にある神経の事です。

この自律神経が悪くなった状態が自律神経失調症です。

普通は病院で診断を受けて自律神経失調症だといわれて当院に来る方が多くいます。

病院では薬やホルモン系の薬や睡眠薬などが主ですから、本当に薬で抑えると言うことが目的です。

薬では、どれくらい抑えられるかです。

良く使われる病名ですが診断基準があるわけでもなく、自律神経系の不定愁訴がある時に病気の検査をしても異常がない時に、用いられるのが自律神経失調症です。

ですから昔で言えば神経痛みたいですね。

自律神経失調症の時には起きやすい症状は慢性的なダルさ、疲れやすい、めまい、偏頭痛、頭痛、動悸、ほてり、不眠、便秘、下痢、手や足のシビレ、腹部痛、イライラ、ノドの渇き、不安感、疎外感、焦り、落ち込み、やる気がない、憂鬱、発汗、など自律神経に支配させている多くの問題を起こしていくのが自律神経失調症ですが、根本的には感情をコントロールするとか、落ち着けと言う、薬しか治療薬はありません。

自律神経失調症とは

自律神経とは意識しないでも勝手に働いてくれている神経です。ストレスがあったりホルモンが乱れたりして起きるものが自律神経失調症です。

自律神経失調症とは、自分の意志で動かせる神経とコントロールができない神経があります。

主には内臓を支配する事をしているのが自律神経になります。

自律神経には2つの働きをする神経があります。これが交感神経と副交感神経です。

交感神経と副交感神経は内臓のバランスをコントロールしています。

抑制や促進と言う目的で。

このコントロールがくるってしまう事が起きると自律神経失調症と言われます。

自律神経失調症になると色々な病気ではない症状が起きてしまう為に、検査しても異常が見つからない時の症状になります。

症状としては、動悸、胸痛、胸部圧迫感、息苦しい、息が詰まる、吐き気、下痢、便秘、お腹のハリ、頭痛、片頭痛、ダルイ、疲れやすい、などなど色々あります。

病院で検査しても異常が見つからない時に自律神経失調症と言われることが多くあります。

ストレスが原因

自律神経失調症になるのはストレスが原因だといわれます。

ストレスと言う言葉は意味不明な言葉です。

ストレスとは日本語で置き換えると疲れです。それも疲れの蓄積がストレスです。

疲れやストレスというのは、検査する事もできませんし、検査する機械もありません。

血液検査や尿検査でもわかりませんし、もしわかれば病気になっています。

つまり尿検査や血液検査は病気の検査だからです。病気になっている内臓がなれば判明するのが、この検査です。

しかし自律神経失調症というのは病気のようで病気とは言えません。

と言うのも病院では原因が不明でわからないからです。

わからないまでも、わからないとは言えませんから自律神経失調症と言います。

しかし腰痛が起きている時も自律神経は失調状態です。

肩こりの時も、自律神経は失調状態です。

風邪を引いていても、自律神経は失調状態です。

下痢をしている時も自律神経は失調状態です。

生理痛が起きている時も、自律神経は失調状態です。

眠りが浅い時も、自律神経は失調状態です。

自律神経が正常であれば色々な痛みやコリは起こりません。

自律神経失調症というのは背骨の両横にある神経の事です。

この神経のバランスが悪くなった時に自律神経失調症といいます。

この自律神経は脳の脳幹から出てきています。

つまり自律神経失調症とは交感神経、や副交感神経で起きるものではなく、さらに上の脳幹や脳から起きる問題です。

多くの自律神経失調症の場合、眠りに問題があります。

夜、寝ているようで寝ていない時に脳や脳幹が弱っていきます。

夜に眠れない方や、寝つきが悪い方は、わかりやすいと思いますが。

しかし最近の方は睡眠負債と言う言葉があるように異常に眠りが浅くなっています。

夜にすぐに眠れるから寝ていると思わないで、説明を聞いて下さい。

寝ている方は寝ていますから わからないと思います。

寝ていると思う事は目が覚めないと言うだけだったりします。

また、夢は、目が覚める瞬間に見ていると夢は見ると言われます。

しかし、一番、浅い睡眠の寝ながら考え事をしている睡眠は目が覚めた瞬間に忘れています。

これは例ですが、6時間の寝る時間がある方が、5時間50分の時間、寝ながら考え事をしている睡眠をしています。

本人は寝ているから、わかりません。

寝ていないと、眠れていないと脳が弱っていきます。脳にストレスがたまると自律神経失調症になり長く悪くなります。

自律神経失調症を改善しようと思うなら体調をあげていくことから始めて行かないと、サプリメントを飲んでも、マッサージをしても、低周波治療器や電器をしても、運動をしても、改善しないものがあります。

 

北九州市小倉南区小倉北八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから自律神経失調症を改善するには徳力整体院

2018年02月02日