肩こり

  • はてなブックマークに追加
  • 北九州市で肩こりを楽にしていくには筋肉のコリから改善していきますが筋肉のコリだけで起きている肩のコリはありません。北九州地区の徳力整体院
肩こりを起こす筋肉

肩こりを楽にしていくには

肩こりを楽にしていく為には対症療法ばかりしていないで原因を見つけ出すことも大切です。

肩こりと言うと何と言っても筋肉のコリですから筋肉のコリを解明することをしないと一時しのぎになります。

一時しのぎとは対症療法という方法です。

肩こりを改善していくには一時しのぎの対症療法と原因を見つけ出す根本療法があります。

対症療法と言うのは多くの肩こりを改善していると言う治療院でしている方法です。

対症療法というのは原因を見つけると言うことは簡単ではありませんし、検査する事もできません。病院の検査で肩こりを検査すると言うことはできません。

病院は病気の検査をしていますから病気になってしまったら検査で訪れる所です。

病気として完成してしまうと血液検査、尿検査、レントゲン、MRI検査、エコー検査で陽性反応が出て見つかります。

病院では病気の専門家です。

内臓の病気になってしまうと見つかります。

対症療法というのは

肩こりを改善する時に対症療法と根本療法がありますが、短期で改善して楽になることができるのが対症療法です。

しかし対症療法をしていると原因を調べることも考えることもしませんから簡単な方法です。

当院でも昔は対症療法を対症療法だと知らずにしていました。

対症療法ばかりしていると原因も肩こりがないうちに進行していきます。進行した物が肩こりと違う形で出てきます。

肩こりが進行した物は、もう肩こりとしてだけでは起こりません。

対症療法と言うのは、

肩こりの部分に湿布を貼ったりすることも対症療法です。インドメタシンなどの薬効で鎮痛効果があった、冷やされたり、温湿布で温められたりするものがあります。

循環が良くなれば良いと言う事で温湿布を貼ることや使い捨てカイロで温めたりすることもありますが、ただ温めれば良いと言う訳ではありません。

温めた分だけ循環が良くなります。循環が良くなった分だけリンパの流れも改善しますが多くの血管はただ流れるだけではなく内臓を通っていきます。

内臓に何もなければ良い訳ですけど、最近は多くの方が内臓負担になることが多く見受けられます。

内臓に負担になることが起きていると何かの発作が起きることもあります。

循環をよくすると言う事が危険なこともあります。

何も考えずにしていると良くありません。

ですからお風呂も溺死が多い訳です。昔でしたら石鹸で滑ってお風呂に頭が突っ込んで溺死と言う感じでしたが、最近は多くの家庭のお風呂が多少大きくなりました。これが溺死を多くしています。

お風呂に入って寝てしまうことで溺死が起きると思うでしょうが違います。寝ていても息が出来なければ誰でも目を覚まします。

溺死はお風呂に入浴して時間の経過とともに血圧の低下になる場合があります。血圧と言うのは血の圧力ですから心臓の力が落ちた状態です。

心臓の力が落ちると筋肉にいく血の流れも低下していきますから、このことから筋肉に力を入れることができなくなります。

手や足だけではなく体にも力が無くなるとお風呂の中に体が入っていきます。

つまり生きながらにして呼吸しているから肺に水が入ることが溺死です。

肩こりを起こしている肩や肩こりがつらい方は、よく聞いて欲しいのですが肩こりと言うのは病気ではない状態で心臓の負担になっている時に起きています。

筋肉だけで起きている肩こりはありません。

院長の私が検査していますが、心臓に関連するものが肩こりを起こしていいることが多くあります。

肩こりを簡単に考えていると大変なことが起きてしまいます。

病院で定期検査しても心臓の問題が完成してしまわないとわかりません。

今まで異常なしだったものが1年で病気になることはありません。

進行するのも短期で病気なることはないからです。

病気になる時には細胞が変化しないとなりませんから変化する為には数年から数十年を要します。

人において進行スピードは違いますし、内臓も内臓で進行が違います。

細胞の変化が完成に近づいたものが検査でわかります。

それまでは、いくら検査しても健康です。

人は年齢があります。内臓にも年齢があります。人の年齢以上に歳をとったものが内臓で起きていれば、その内臓はその人の中でも弱い内臓が歳をとっていきます。

弱い内臓が歳をとれば病気です。

この病気を早めてしまうのは疲れやストレスの蓄積です。

疲れやストレスも早めに解消するようにしていないと大変なことになります。

人には生まれつき弱い内臓と、そうでもない内臓があります。

そうでもない内臓はあまり関係しませんが、弱い内臓ほど疲れやストレスをためやすくなります。

弱い内臓ほど進行が早くなるからです。弱い内臓が深く関係して肩こりを時々、起こしています。

肩こりを繰り返しやすい方は気温差も注意しなければ心臓の負担になります。

肩こりは内臓から

 

 

北九州市で30年の経験がある徳力整体院は肩こりを原因から改善することをしています。

当院では検索キーワードでも「北九州 肩こり」や「北九州市 肩こり」と「肩こり 北九州」と「肩こり 北九州市」でも人気があります。

2018年01月25日