カイロプラクティック

  • はてなブックマークに追加
  • 北九州市でカイロプラクティックの矯正で歪みを整えて痛みやコリを楽に腰痛、肩こり、生理痛、便秘、首の痛みと首のこり、膝の痛み、などを解消する徳力整体院
カイロプラクティック

カイロプラクティック

カイロプラクティックと言うのは痛みやコリの原因は歪みやズレから起きていると言う理論のもとに歪みを矯正することをする治療法です。

多くの痛みやコリの原因は歪みから起きています。

しかし歪みを矯正しなくても痛みやコリは楽になります。

しかし楽にすることと、直すことは違います。

楽にする治療法は色々ありますが、

湿布を貼ったりしても炎症から起きている痛みやコリは楽になります。しかし、どうして炎症が起きていたのか、と言うことは関係なくですが。多くの痛みやコリは炎症を伴っています。この炎症さえ押さえてしまえば楽になることはあります。しかし原因を残したままです。

病院で注射を打っても痛みやコリが楽になります。注射を打つことは原因を探すこともなく痛み止めをしています。痛みやコリが起きるときには原因があります。この原因を見つけることなく痛みやコリがある部分に痛み止めの処置をすることを対症療法といいます。

マッサージをしても筋肉から起きているものは楽になりますから筋肉をほぐしていくと言う事も必要な方法です。ただし筋肉だけで起きている痛みはありませんが、コリはあります。

多くの治療院で使用している低周波治療器や電器をしても楽になることもあります。低周波治療器はプラスからマイナスへ低電気を流して刺激して運動と同じことをしています。自動運動ではなく他動運動ですが。他動運動とは電気で動かされる運動のことです。筋肉を刺激して動かすとリンパの流れは解消して老廃物が流れていきます。循環はしている時だけ良くなりますが筋肉疲労が多くなります。

整体院やカイロプラクティック院でボキボキしても楽になりますがボキボキしても、どうして歪みやズレが起きたのか、と言う事まで考えていませんし見ていません。

カイロプラクティックの治療とは

当院のカイロプラクティックの治療はボキボキしない痛くない矯正をしています。

カイロプラクティックの矯正と言うとボキボキしたりすることが多くありますがボキボキしても本当の意味での背骨の矯正はできていません。

ボキボキ音と言うのは気泡の音です。

体に疲れやストレスがたまると背骨の歪みが起きて、歪みが起きると椎間板の中にも泡が多くなっていきます。

この泡が多くなる時に、泡が弾ける音がボキボキ音です。

本当の背骨のズレは、この先にあるものの時に言います。

この背骨のズレは2通りのズレがあるとしたら手前の問題のズレになりますから、本当のズレは奥のズレになりますから、本態性のズレになります。

ズレには一過性のズレと本態性のズレがあります。

一過性のズレ

一過性のズレは、体調で起こります。その時の体調で違いがあります。

体調が落ちていれば歪みやズレはひどくなっていきます。

しかし体調と言うのは症状を感じていなくても落ちて悪くなっていることもありますから痛みやコリ、だるさなどの症状を感じていないからと言って体調が良いとは限りません。

体調が悪い、体調が落ちていると言うのは

疲れの蓄積が多くなってきた時です。

ストレスの蓄積が増えてきた時です。

骨盤の歪みが大きくなってきた時です。

背骨のズレが大きくなってきた時です。

リンパの流れが停滞して老廃物が多くたまっていっている時です。

循環も悪くなっています。

内臓の働きも低下しています。

これらが一つではなく、いくつかの重なりで起きています。

この時に感じる痛みやコリが一過性の背骨のズレで起きています。

本態性のズレ

本態性のズレが遺伝子が関係しているズレです。生まれつきあるズレになります。

家系的なズレであり、親からもらう遺伝子に関係しているものですが、これが先将来の病気につながります。

親が糖尿病になっていれば、子供や孫は糖尿病に進行していきながら、なる前にアレルギーやアトピー、乾燥肌、下痢をしやすい、などを起こしています。

親が肝臓の病気を持っていれば、子供や孫も肝臓の病気として進行していきながら進行途中でアレルギー、アレルギー性鼻炎、花粉症、膝の痛み、外反母趾などを起こしています。

病気になると言っている訳ではなく、あくまでもなる確率です。誤解のないように。

しかし病気にならないまでも、親と同じ内臓が弱いことには間違いありません。

これを少しずつでも変えていく事ができるのが体質改善の治療です。

簡単に変わる体質改善はありません。

何かのサプリメントを飲んでも、体質は変わりません。

何かのクリームを塗っても体質は変わりません。

食べ物で体質は変わることはありません。

体質と言うのを、しっかり考えて下さい。

遺伝子が簡単に変わることはありません。

体質=遺伝子です。

体質=家系的な弱さです。

体質=その人自身です。

体質=先将来、病気になりそうな所です。

おおもとは遺伝的に弱い部分に疲れやストレスがたまって年齢以上に悪くしたものが病気になります。

親からもらった遺伝子に弱さがあります。

親が弱い所が子供や孫も弱いことになります。

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから腰痛、肩こり、生理痛、便秘、首の痛みと首のこり、膝の痛みはカイロプラクティック徳力整体院。

2017年11月21日