カイロプラクティックとは

カイロプラクティックで歪みを矯正
多くの痛みやこりは骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレから起きています。

ボキボキしないカイロプラクティック

対症療法

湿布を貼ったり、注射を打っても、マッサージしても、低周波治療器や電器をしても、他院のカイロプラクティックでボキボキしても痛みやこりが楽になることができるかも知れませんが、その裏にある本当の問題まで改善や解消はできないと思います。
例えばですが、どうして骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレが起きるのかと言う問題があります。
ある人は姿勢が悪いとか、運動不足だとか言いますが、それは違います。

姿勢や運動不足でも悪くない時もあります。同じことをしても痛めるときもあれば、どうもない時もあります。
この差は、その時の骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレの状態にあります。骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレもいつも同じではなく少し良くなったり、歪みが大きく悪化したりしています。
この歪みやズレの変化が痛める原因です。
この変化が体調です。体調と言うのはいつも変化していますから良い時もあれば悪い時もあります。

悪い時に痛めることをすると痛くなります。

体調が悪い時にコリが起きるようなことをすると、コリが起こります。
体調が良い時に、同じことをしても痛みを起きないし、コリも起こりません。
体調と言うのは、すべての痛みやこりに関係しています。
カイロプラクティックと言うのは体の歪みを整えていく施術法です。カイロと言う意味は「手」という意味でプラクティックは『 術・技 』と言う意味です。

カイロプラクティックの治療で骨盤の歪み・背骨のズレを整えることで痛みやこりが楽になります。
しかし、骨盤の歪み・背骨のズレも原因が裏側にあって起きています。
何も原因がなくて骨盤の歪み・背骨のズレが起こりことはありません。
中枢神経系を守っている骨盤の歪み・背骨のズレが簡単に歪んだりズレたりしたら大変な事になります。

骨盤の歪み・背骨のズレは中枢神経を守るのが目的です。
簡単に歪んだりズレたりしていては守ることができません。
しかし、内部から起きた問題やトラブルには弱く、崩れを起こしていきます。

これが骨盤の歪み・背骨のズレを引き起こして痛みやこりになっていきます。
これを整えていくのがカイロプラクティックの目的です。
カイロプラクティックとは日本語では手技療法と訳されています。手の技で骨盤や背骨の矯正をしていく方法なので、カイロプラクティックは唯一、他の治療とは違い痛みやこりの原因から改善することをしています。

歪みやズレ

他の治療は痛みやこりの原因が歪みであると言うことがわかってもいないし、治療ができません。
だから低周波治療器や電器などで痛みやこりを中和しているだけです。中和していてもそれなりに楽になりますが、原因はすべて残っています。
この原因は痛みやこりがない時も進行していきますから、いつかは、痛みやこりが急に起きて、今度は治りが悪くなります。
原因もいつまでも、同じではありませんから、一時的に楽にすることが低周波治療器や電器などでもできますが、痛みやこりがない時も原因は進行して悪くなっていきます。

カイロは原因から

カイロプラクティックで行う症状の多くは原因があって起きています。体に原因がなくて起きる症状はありません。必ず何かの原因があって痛みやコリになっていきます。
体の歪みや背骨のズレが起きるのは、誰でも子供でも起こります。年齢や性別に関係なく起こるのが歪みになります。歪みが起きれば痛みやコリになっていきます。
この歪みや背骨のズレになるのは、ストレスが原因です。ストレスと言うのは『Distress』と言う英語がありますが、この英語は苦悩、苦痛と言う意味です。前のdiだけがなくなって後半が残ったのが今の「stress」ストレスです。

しかし、意味が全然違いますが、

今のストレスと言う意味は、ストレスがたまった=疲れがたまったと言う意味になります。
体の疲れ(ストレス)がたまってくると歪みになっていきます。この歪みが色々な症状になっていきます。この歪みをカイロプラクティックの施術で減らしていくのが歪みを解消する矯正になります。
カイロプラクティックと言ってもボキボキしないカイロプラクティックをしています。ボキボキしなくても背骨の矯正はできます。

疲れやストレスとカイロプラクティック
2019年02月04日