整体と言うのは

体を整えること
今でのボキボキすることもなく整体の治療で体を整えていくことができますから。治療技術がない方やよく理解していない方が低周波治療器や電器などを使っています。

整体とは

整体とは

当院では、30年以上の経験から治療技術の向上と研究に努力して、マッサージ感覚でも骨盤や背骨の矯正ができるようになりました。マッサージ感覚と言ってもマッサージではありませんので注意しておきますが、もちろんマッサージではありませんが、体を揉むことはしていますが、目的は筋肉ではなく、歪みやズレの矯正だからです。

筋肉だけ揉んでも気持ち良さはありますが、痛みやこりの原因は筋肉ではなく歪みやズレですから。

①筋肉をほぐすこと。

②痛みやこりの起きている骨盤の歪み、背骨のズレを見つけだすこと。

③骨盤の歪み・背骨のズレが、どうして起きているのか、本当の黒幕を見つけて改善することこれが当院の整体の治療です。他院では多くの場合、2番目までが多いようです。

2番過ぎたら低周波治療器や電器をすることで痛みやこりが解消できなかった所に対して筋肉疲労を余計に起こさして、痛みやこりがわからなくなるようにしていきます。

これが他院の整体の方法です。(個人的見解)当院では、さらに骨盤の歪み・背骨のズレが、どうして起きたのか、そこまで探して治療に当たります。

当院の整体療法はボキボキしません。痛くない怖くない整体をしております。当院も開業当初は、ボキボキしたり、電機や機械などの色々ありました。 

一例で言うと、低周波治療器、パルス機械、ローラーベット、ホットパック、金魚運動牽引機、レーザー光線などがありました。 整体でボキボキした後に、ローラーベットをした後に電機やホットパックと言う感じでしたね。しかし、ある時、施術に入る前に患者さんの体を検査することをしました。そして、ローラーベットに乗ってもらいました。 

そうすると、ローラ-に乗る前と、後では検査の結果が違っていました。 そのことから考えて、考えて研究して、数年後にわかりました。ほとんどの電器や機械は、体を疲れさせているということが。 電器や機械は、刺激です。刺激はストレスと同じです。

疲れやストレスがたまっている体に余計にストレスを与えてわかなくしていると言う事です。整体と言うとボキボキしたりすることと思いますが、当院では違います。整体というと、日本には昔からある矯正法です。 

整体と言うのは、日本ではボキボキしたり電器やマッサージローラーと言う感じです。
日本では、昔は、柔道家の方が、けいこ相手に投げ技をして肩を痛めたり、膝を痛めたりすることが多く、これらを施術していたのが、今の整体の源流です。

柔道をしていて、肩や関節を痛めた時に、施術していたのが整体の施術になっています。昔は技術的な問題から、多くの機械やマッサージを置いていました。

体質改善を整体で

当院には整体でする体質改善の施術があります。体質改善と言うのは、変わらないものを変える事が出来る施術です。いくらボキボキしても、電気をしても、サプリメントを飲んでも、変わらないものが体質です。
内臓から色々な症状が起きています。根本的な原因は、内臓に蓄積した疲れやストレスです。内臓にたまる疲れやストレスは内臓の弱い所にたまります。

必ず、体には弱い所とそうでもない所があります。この弱い所は、疲れやストレスがたまりやすく、すぐに疲れてしまいます。

しかし、疲れると、それだけではすみません。内臓が疲れることで体は歪みを起こしていくからです。内臓が疲れを起こして歪みやズレが起きて、それが大きくなって痛みやコリになっていきます。この弱い所は、先将来の問題になりやすく、なっていく途中で疲れをためてしまって痛みやコリになっています。

当院の施術である体質改善の施術は、これをこのまま放置しておくと、いつかは、もっと悪くなってしまっていきますので。悪くならないようにしていく整体です。整体と言うと、体を整えていく事ですが、体を整えていくには、体調と体質が関係しています。

疲れやストレスが多く蓄積すると体調は落ちていきます。誰でも、初回やしばらく間を開けて来院させた方は、体質改善よりも、体調を優先して上げて体を整える整体をしていきます。体調が良くなって、少しでも維持できていれば、体質改善で体を直すことをして内臓を強くしていきます。

内臓を強くしていくというのは、わかりやすく説明すると、例えば、固い所があるとします。これを柔らかくしていく事なんですが、内臓は手で触れません。たとえ触っても、もんでも柔らかくなりません。

歪みやズレは
2019年02月04日