頭痛とは

最近は多くの方が頭痛、頭の痛み、偏頭痛に悩まされています。これには一つの原因があります。

痛みが起きると普通は頭痛薬を使うことがあると思いますが薬は一時的に痛みを押さえているだけです。その時に痛みを押さえても、また、しばらくすると痛みになる事があります。

頭痛、頭の痛み、偏頭痛

頭痛、頭の痛み、偏頭痛とは

頭痛がある方は痛みがない時でも原因は良くなったわけではなく水面下で進行しています。頭痛と言うのは時々、痛みを起して自分に知らせる事をしています。

自分に知らせる痛みが頭痛として頭の痛みになっています。せっかく何かの異常があると言う痛みを起してくれているのに、何も思うことなく痛み止めの薬を使うと言うことは良くありません。

多くの頭痛、頭の痛み、偏頭痛の場合は体と頭にたまった疲れやストレスが原因で頭痛につながっています。

体に疲れやストレスがたまると骨盤の歪み・背骨のズレになります。
頭に疲れやストレスがたまると脳が弱っていきます。頭に疲れやストレスがたまっていくと循環が悪くなります。老廃物も多くたまります。もちろん働きも悪くなります。
そうすると緊張が高くなります。緊張が高くなると頭痛になります。しかし緊張ではない頭痛の方も増えています。
特に頭が大脳が強く弱った時に頭痛、頭の痛み、偏頭痛になります。

頭痛、頭の痛み、偏頭痛の原因

頭痛が起きた時に薬を使うことは構いませんが、それで楽になるからと言って多用して良いのか、と言う事も考える必要があります。
今、痛みがある時には、服用しても良いと思いますが、強い痛み出なければ痛みがある時に、予約して下さい。と言うのは検査する事ができますから状態を確認しやすくなるからです。

頭の痛みと言うと色々なものが複雑に関係していることがあります。一つずつでも減らすことをしています。当院では頭痛の方の状態を検査する事をしていますから、しっかりと原因を把握する必要があります。今、痛みが起きていなくても原因を確認することができますが、楽になったか判断することができません。

当院では多くの頭痛の方が来院していますが、痛みがある方も、施術することで痛みが徐々に楽になっていく事ができます。そのため施術途中に痛みの度合いをお聞きする事をしています。その時に、まだ痛いのか、楽になったのか、と言うことも確認しています。

頭痛になる時には

頭痛、頭の痛み、偏頭痛になる時には、ある原因があって痛みになっています。当院では見た目で見て確認できないものを確認しながら施術することができます。
頭痛の方の痛みが起きる時には、体調が落ちています。体調が良い時に、もし痛みがあれば逆に大変です。

体調と言うのは実は意味不明なことなんです。

自分で体調が良いと思えば体調は良いのかも知れません。
しかし色々な痛みやコリが無いからと言って体調が良いとは限りません。
体調が良いか、悪いかは疲れやストレスの蓄積度合いで決まります。疲れやストレスが溜まるのは毎日、毎日の生活や仕事、運動、精神的なプレッシャー、緊張と睡眠負債で多くの疲れやストレスが多くなります。

毎日、毎日の生活する事の掃除や食事作ることでも洗濯する事でも買い物して歩く回る時や荷物を持つときでも多くなるものが体にたまるのが疲れやストレスです。何もしていないと言う方もいるかも知れません、そんな事はありません。

痛みやコリがないからと言って体調が良いとは限らないし、疲れやストレスを感じていないからと言って体調が良いとは限りません。
特に睡眠負債、睡眠障害がある方が増えていますので、睡眠の問題があると大脳は弱ってダイレクトに痛みやコリ、体調の悪さを感じなくなります。

眠りとは
2019年01月31日