眠り

  • はてなブックマークに追加
  • 眠りに関係する眠りが浅かったり眠れなかっかり薬を使うことなく原因から改善することをしないと進行していきます。

眠りの問題

最近、多くの方が眠りの問題を悩んでいます。

眠りの問題は、一番肝心なのは「アクビ」です。

「あくび」は脳が寝る準備が出来たと言う事で出ています。脳が寝る準備ができないで寝ると眠りが浅く、眠れません。

夢ばかり見る 寝ながら考え事をしている

時間だからで寝るのではなく、眠たいから寝るとういうのが理想です。いくら体は疲れていても脳から寝ないと眠っていません。

脳から眠ることが熟睡です。

脳が緊張したままでは、また、脳が興奮したままでは良い眠りはできません。

スース―寝息を立てていても、眠っていません。

グーグー寝ていても、眠りが浅い眠りしかしていません。

本人も寝ているつもりでも、眠りが浅く脳から寝る熟睡が出来ていないと言うことが多いようです。

脳から寝る睡眠をしてないと、記憶、うっかり、物忘れが多くなる方もいます。

眠りが浅い睡眠をしている期間が長いと、メンタル面を悪くしてしまいます。

いつもある程度、

寝る時間が決まっている場合、時間近くになると「あくび」が出ないと寝る準備ができていません。

眠りの問題も個人個人、色々あってパターンが多くあります。

眠りが浅い方

●寝つきが悪い方

夢ばかり見る方

●夜中に目をさます方

寝るときに中々 眠れない方

●夜中にトイレに行く方

興奮して眠れない方

●体は冷えて眠れない方

足がポッポっして熱くて眠れない

などなど色々な眠りの悩みがあります。

 

眠りの問題は安易に薬に頼りやすくなりますが、一度依存してしまうと、手放せなくなります。

薬は、

睡眠薬、睡眠を維持する薬、眠りやすくする薬、など色々な薬が在りますが、病院で処方する薬の方が強くなります。

ドラックストア―などで売っている薬の方が、お医者の処方がいらないので、まだ少しは体に優しい薬です。

しかし、以前はこの薬も医者が出している薬でした。

薬事法の改正で病院しか出せない薬が下りてきていると言う事です。

寝つきが悪い

 

眠りは

眠りと言うのは、眠りが浅い時間や期間が長いと、脳にも影響していくので要注意なんです。

眠りが浅い期間が長くに及ぶと脳細胞もドンドン減ったり、脳細胞が固くなります。人は年齢とともに脳細胞は減っていきますが、その減りが急速に早くなります。急速に減ってしまったものは、もう増える事はありません。

しかし、まだ活動してない脳細胞を活性化させることができるかも知れません。それはしてみないとわかりません。いくら施術しても増えると言う保証はありません。

増やすようにしていく方法がありますが、定期的に施術していかないと、再生しません。

眠りの問題が一番時間がかかります。と言うのは脳が弱っていると体もそれ以上に悪くなっているからです。

脳が弱っている時には、脳だけではなく、体も弱っています。

脳が弱っているだけだけではなく、脳が悪くなっていると、脳を直していくだけでも数回以上かかります。

脳が元気だから

脳が元気だから眠ることができます。眠る為の脳のパワーが必要です。脳が眠ることで脳は寝ている間に記憶の整理をしています。

この整理したり脳を元気にするために、かなりのパワーを使います。

そして寝るときに脳はパワーをいっぱい使います。