首の痛み 首のコリ

  • はてなブックマークに追加
  • 首の痛み、首のコリには体調と内臓の関係があります、体調が悪いと歪みが起きています。歪みから改善と解消と

首の痛み首のコリが起きるのは、ストレスが多くたまって起きています。ストレスと言うのは『Distress』と言う単語が短くなって「Di」が消えてstressだけが残った言葉で初めの意味は苦悩や苦痛を意味する言葉ですが、和製日本語になると意味が違って『ストレスがたまった』と言う事に代表されるように、意味は、『疲れがたまった』と言う事だと思います。

 

 

僧帽筋で首の痛み、首のコリ

痛みやコリが起きる時には

体の何かの痛みやコリが起きる時には、痛みやコリが起きている所にもストレスはたまっていますが、体全体にストレスはたまっています。体全体にストレスがたまりながら特に痛みやコリがある所か関係する部分にストレスがたまって、そこに痛みやコリが起きています。

首の痛みや首のコリは

体全体にストレスがたまりながら、特に首の痛みやコリになる所にストレスがたまると起きてしまいます。この場合、寝違えも同じです。

首の筋肉は

首の痛み首の痛みを起こす筋肉は僧帽筋と言う筋肉です。この僧帽筋は、肩こりの筋肉としても知られています。僧帽筋は、頭の下の所まで行っている筋肉です。この僧帽筋が固くなってハル事や緊張して固くなると首の痛みや首のコリになります。

首の痛みと首のコリ

 

首は

首の痛みと首のコリは体にストレスがたまって起きています。ストレスが体にたまってくると骨盤の歪みや背骨のズレも起こります。筋肉やじん帯の緊張や硬縮状態も起こります。筋肉やじん帯が異常を起こすと骨まで引っ張られたり循環が悪くなったり、リンパの流れも悪くなったり、血流が悪くなったりしている場合が多く見受けられています。

これらは

この状態はすべてストレスから起きています。原因はストレスですが、ストレスが、どこにたまるのかで違います。ストレスもたまる所があります。このたまる所が問題です。

筋肉にも

筋肉にもストレスはたまります。しかしこのストレスは多くたまりません。もっと深く奥にたまる所があります。この部分にたまると、長く首の痛み、首のコリが起こりますし、繰り返し起こります。

ストレスは

体にたまると言われているストレスは、どこにたまるのか???。そこが一番重要ですが、そのほとんどは内臓にたまっていきます。内臓にたまるということは病気ではありません。病気ではない状態で日常茶飯事的に内臓にストレスがたまると言う事です。

内臓に一度

内臓に一度、たまり始めると、軽いうちでしたら自力解消が可能ですが、多くなると自力では解消できません。内臓にドンドン多くのストレスがたまって歪みが起きて、内臓にもストレスがたまって中から崩れていきます。

体全体が歪んで

ストレスがたまると体全体が歪んで、骨盤も歪みを起こして背骨もズレて、内臓にもストレスがたまって首の痛み、首のコリになっています。

 

 

ストレスから首の痛み、首のコリ

当院では

当院の首の痛み、首のコリの施術は、まず、症状がある所を中心にしていきます。首の痛み、首のコリでなれば筋肉やじん帯を柔らかくほぐしていきます。炎症や腫れあがってリと言う方もいます。筋肉やじん帯の浮腫をおこして腫れている方もいます。

筋肉、靭帯

筋肉、靭帯なども異常を起こす場合もありますが、骨まで炎症や腫れている方もいます。首の周辺の浮腫や首の痛みが単純な痛みではなく、ブヨブヨの方もいます。

一度で

一度で改善するものもあれば、回数がかかる首の痛み、首のコリもあります。度合いの応じて解消していかなければ解消しません。

椎間板ヘルニアで首の痛み、首のコリ

ストレスをためすぎると椎間板ヘルニアになっている方もいます。すべては、体調の悪さが原因です。基本形は体調を上げてストレスを減らすことにあります。ストレスも多くなると簡単には減ってくれません。




当院は北九州市小倉南区・小倉北区、八幡東区、八幡西区、戸畑区、若松区、門司区、下関市、行橋市などから多くの方が来院しています