小顔矯正の触り方

顔を小さくしていく小顔矯正をしていますが、今まで30年間で全員の方の顔を小さくできていますが、触り方に問題があり、シンプルなんですが、大変、難しい触り方です。

小顔矯正の触り方は

⓪鏡で顔の輪郭をみて大きさをおぼえる、見るのは左右差、出っ張り度合い、鏡で顔を見て右側が大きいのか、左側が大きいのか、左右差を確認。

①両方の手を手首の部分で合わせます。

②手首をくっけたままアゴの当てます。

③手のヒラを顔に密着させます。

④指も顔に引っ付けます。

⑤最後に左右差を感じます。

単純に言葉で言えば、これだけです。

小顔矯正

この時に重要なのは、鏡で見てもらう事です。鏡でみて自分の顔の形をおぼえる事なんです。鏡で顔を覚えたら、次は手で顔を触って下さい。

先ほどと同じように左右差が感じますか。場合によっては惑わされてしまう事もあり左右が逆転して感じる事もあります。

手で触ると言うことは目で見るよりも大変、難しいんです。

簡単に触ると記憶していられません。

手を当てただけでは、記憶の部分がおぼえていません。

小顔矯正と言っても

小顔矯正と言っても10センチも20センチも変わりません。

人は3センチ変わったら、どんな人も分かると思いますが、小顔矯正をして変わるのは1センチの時もあれば、2センチの時もあります。

どれくらい変わるかは矯正をしてみないと、わかりません。

そのため、しっかりと覚えてもらいたい訳です。

小顔矯正は1回で終わるモノではありません。

初回は顔だけ触って小さくしていきますが整えるのは体もあります。顔だけの小顔矯正では持続性はあまりありません。